フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 京都へ行ってきたMEMO@20110409(その2) | メイン | 京都へ行ってきたMEMO@20110410 »

2011年4月13日 (水)

京都ネーゼ@三条

先週末の京都ネタ、その4です。
気分転換に桜で満開の京都で一泊なんていいよねぇ~、で急きょ決めた今回の京都行き。大阪大東市の我が家から、車でたった1時間チョイで付いてしまう便利な場所なのだが、せっかく宿を取ったのだから、泊りで無いと行けないようなお店にいこうよ、ということに。

で、チョイスしたのが三条にある人気イタリアン、京都ネーゼ。過去数回満席で予約を振られていて、開店時間に席を押さえるのは計画的に予約をしないと無理っぽいなぁ、と諦めていたのだが、LOが24:00と遅い時間までやっておられるので、それなら夜桜見物してから行こうと数日前に予約を入れ、22:00予約で席を押さえたのだ。席が空いたら携帯に電話してくれるので、時間を有効に使えるのも、旅行客にはありがたいですな。

清水寺のライトアップを楽しんで、高台寺方面に移動していたら、21:00チョイ過ぎにお店からTEL。お腹も減ったし、ダッシュでお店に移動。京阪電車で四条から1駅移動し25分ほどでお店の前に。高瀬川に面した三条の通り沿いの飲食ビルの3F全体がお店だ。

1_2

エレベータでお店に。カウンター席が8席、テーブル席が8席というこじんまりした店内。部屋の真ん中のテーブルにでっかいモモ肉の生ハムとスライサーがでん!と鎮座していて、カウンターの前にアクオスが張り付けてあり、無音で「アンタッチャブル」を流している。適度に雑然とした雰囲気の中で、皆さん程よく出来上がっている感じで旨いものを食うぞ!と言う波動が店内に満ち溢れている、そんな感じ。4人掛けのテーブル席とカウンターが2席空いていたので、モニターと対峙するカウンターに陣取ることにしたのだ。

メニューは、かなり豊富な部類。おやつを色々食べていたので、普段よりは少ない目でお願いすることに。

2

まずは生ハム盛り合わせで1人前にわけわけしてくれました。1人前で¥800ぐらい? サラミとチョリソーのセットで。部屋の真ん中に鎮座している巨大スライサーで切らせてくれるという変わったサービス付。(かなり、恥ずかしいかも。。)今回は宮崎産のマンゴーがあったので頂いてみました。ちっちょいですが、激甘、激ウマ。

グラスワインは白3種、赤4種ぐらいがスタンバイしていて、¥800~¥1200ぐらいのお値段。味見でハーフにでもできますよ、順番に出しましょうか?とサービス担当のマダム。とても客あしらいがお上手で、楽しいディナーになりますな。

3

お次は甘海老と紀伊長島産真鯛のカルパッチョ仕立てで¥1400なり。皮をさっと炙った肉厚に切った鯛が無茶ウマ。甘エビは後で頭を炙って持ってきてくれるという、居酒屋さんのようなサービス付。色々思いつかれますなぁ。

4

初めに初見なので、何皿ぐらいですかねぇ?とマダムにお聞きしたら、先にメインを持ってきて、パスタはお腹の具合をみてハーフにするなど色々できますよ、ということで、それなら〆にパスタを食べるのも良いよね!ということに。で、先に出てきた肉の皿。ネーゼにやってきたら、この燻製ができるお皿の料理を食おう!と狙っていたのだ。

シャラン産鴨胸肉のローストで¥2800なり。お皿の真ん中に燻製チップを入れることができる仕掛けがあるのだ。で、皿の外側のが塩焼きで、真ん中のものが軽いスモークになっているという芸の細かさ。
火入れもごらんのとおり完璧ですな。ジューシーこの上無し。(あ、昼も鴨を食っていたのを忘れていますなぁ。。)量はこれで2人前ですが、やや少ない目ぐらいですかね。

5

んで、パスタはこのお店の名物だという山田農場のカルボナーラ。今日はホワイトアスパラが添えられていて¥2600なり。

6

玉子&生クリーム&チーズの組み合わせは最初の一口はウマいが、濃厚さの波状攻撃でだんだん飽きてくるのが嫌であまり食わない。が、これは旨かった。2人前で卵黄5個分は伊達では無いたっぷり玉子、が、クリームはそんなに乗せておらず、チーズもさらっと軽いものなので、濃厚は濃厚なのですが、玉子ごはんのようなプレーンな印象のお味。もちろんフォカッチャを頂き、ソースもしっかり大堪能。

で、昼間におやつを頂いていたのが徐々に利いてきて、色々追加したいものもあるけど、今日はもう甘いもので勘弁しといたら!ということに。

7

自家製ジェラートをプチシューに入れたシュークリームがあるというので、嫁はそれを貰う!ということに。チョコに黒糖に、あと2つなんだったけ。¥150の可愛いデザートだが、計4個ほど頂いて、エスプレッソで〆て充実ディナー完了。。

で、生ビー1、グラスワインをハーフで6種類ほど飲んで〆て¥15000ほど。税込表示でサービス料も取っておられない、至極納得価格。我々が帰る時間帯(23:30)にも新しいお客さんがやってくる、京都で夜遅めに晩御飯!なら覚えておいて損無きお店ですな。季節が合えばジビエ系とか面白いものも色々あるようなので、機会があったらぜひ!来たいお店になりました。推薦です。

 

◆京都ネーゼ
住所:京都府京都市中京区三条木屋町上ル三軒目 三条木屋町ビルⅡ 3F
営業時間:18:00~24:00(L.O) 不定休
TEL:075-212-2129

 

9

京都ネーゼの前も桜の花盛り。。良い京都の夜になりました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/26305623

京都ネーゼ@三条を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿