フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

■麺類・らーめん 2010年 Feed

2010年7月29日 (木)

タンタンヌードゥルショップ 担担 @京都 四条大宮

日曜日のランチネタを1つ。
我が家の毎月恒例行事、京都の醍醐寺に行く週末。これで醍醐寺周辺に毎月10ヶ月連続訪問。晩秋から盛夏の醍醐寺を見物したのだが、流石にこの暑い暑い季節が一番客足も少なそうですな。

1

世界遺産、醍醐寺の山門に立つ仁王様も心なしか元気がなさそうに見えてしまうほど、とりあえず暑い!!のだ。

2

で、今回醍醐寺の写真を出したのは、昨年ごろから改修工事をされていた国宝の唐門の改修が完了したので御紹介。以前はこういう感じの渋い山門だったのだが、漆なのか、全体的にテッカテカで、どことなくボンテージっぽい、なんともゴージャス!な感じに生まれ変わっていました。分析技術の発達とともに、現在はひなびたお寺が創建当時はゴージャスな極彩色世界であることが判ったりしているので、この改修も賛否両論ありそうですが、これが本来の状態に近いのでしょうな。

で、話は飛んで、さぁどこぞでランチだ!ということに。今回チョイスしたのは京都市内、四条大宮駅近くの坦々麺専門店の、「坦坦」なるベタな名前のお店だ。12:30ごろに到着。お店の近所のコインパーキングに駐車しお店に着くと、このくそ暑いさなか、10名以上の行列が出来ている。マンションの1Fにお店があり、そのマンションの入り口付近からマンションの通路側に行列しているので、直射日光が当たることは無いのが救いだが、それでもとりあえず暑い!のだ。
行列のおかげでお店前写真が取れなかったので、こちらをどうぞ。

回転は比較的良く、30分たらずで我々の順番に。カウンターだけの奥に細長いお店で、カウンター内を3名のおにいさんたちが忙しく動き回っている。メニューは非常にシンプルで、基本坦坦麺しかないのだ。俺はチャーシュー坦坦麺¥850を、嫁は冷やし坦坦麺¥700をチョイス。炒飯も旨いらしいので1つお願いする。

3

こちらは俺チョイスチャーシュー坦坦麺。チャーシューは肉厚しっかりでトロトロ。ナッツの風味を強く感じるまろやかなスープ。辛さは常識範囲内。テーブル上にラー油に、ニンニク入り豆板醤、微細粉の一味がスタンバっているので辛いのが好きな人は適宜調整を、という作戦ですな。
麺は、坦坦麺はこういう感じでしょ?というような縮れ系低加水麺で、腰もしっかりあり旨し。
が、ウチは坦坦麺は山椒が利いてないとだめでしょう~、派なので、ちょっと眠い味に感じますな。。ま、こういうのが万人向けだとは思いますが。

4

こちらは嫁チョイスの冷やし坦坦麺。見た目は温麺とほとんど一緒ですが、タレはゴマドレッシング系の甘酸っぱいものでなかなか旨し。うーん、でもやっぱ変化球ですな、こちらは。

5

お願いしたかにあんかけ炒飯の中で¥650なり。ふわほわっとした上出来炒飯に、蟹たっぷりの優しい餡がからむからむ。味付けは非常に塩分を抑えた健康的なもので、非常に好みの味。これは旨いっす。

結構並ぶようなので、いつも行きたいお店ではありませんが、まろやかで香ばしいスープにファンが多いのも納得ですな。うちは京都の坦坦麺というとこちらのほうが好みですが、一度食っておいて損無きよきお店です。お近くに立ち寄られたらぜひどうぞ。

 
 

タンタンヌードゥルショップ 担担
住所:京都市中京区四条通千本西入ル壬生花井町23
営業時間
:11:30~15:00 17:30~21:00 木休・火不定休
電話:075-822-5211




2010年7月11日 (日)

時屋@西中島南方

参院選の投票日となる日曜日。どんよりとした梅雨空の中、お昼前に投票を済ませて、さぁランチにでも行ってから、買い物に行こうよ!と言う事に。なぜか麺類気分だったので日曜日でもやっている所を検索。と、前から気になっていたつけ麺店を思い出す。

1_2お店の名前は「時屋」、関西のラーオタには既に名の通った名店で、いっつも行列ができているらしい。11:30オープンなので、行列は嫌だから開店待ちで行こうと10:30ほどに自宅出発。ゲリラ豪雨なのか、いきなりの激しい雨の中、お店に向かうのだ。

で、店の近所にあるコインPAに車を停めたがまだ開店30分前。が、かなり勢い良く雨が降っているので流石にダレも並んでいなかった。仕方なく近所のコンビニで時間つぶししていたら、10分ほど前から雨の中なのに1組カップルが並びだす。こりゃいかんと直ぐに後ろに並ぶのだ。

で、開店時間には丁度満席になるほどの行列が。いやー、この雨の中たいしたものですなあ。

で、無事2組目の客として店内に。小奇麗なバーのような感じで、ぱっと見、ラーメン屋さんっぽくない。が、入り口傍の券売機が、最近のラーメン屋っぽいですな。2人掛けのテーブル席が2、4人掛けが1、カウンター席が7席ほど。カウンター内は調理担当のお兄さん4名、サービス担当の女性1名と結構大人数。テーブル席に案内される。

メニューを確認。濃厚な豚骨スープと魚介のあわせダシが人気のつけ麺、それにあっさり鶏&魚介の合わせの醤油ラーメンの2本立て構成。麺の量、それにトッピングは色々選べるようだ。あとはチャーシューを使ったご飯物が数種類。うー、と悩み、いつもはつけ麺担当の嫁が醤油ラーメンを食べる!と言うので今回は俺がつけ麺を頂いてみることに。

2

まずは、嫁がご飯物が欲しいというのでお願いしたサイドメニューから、豚炙り丼で¥380なり。小さい丼なのだが非常に手がかかっている。こういうご飯物には大体甘口醤油ダレがかかっているのが定番だが、タレは量が非常に控えめで、ご飯にカツオ節粉がたっぷりかかっているのが斬新。その上に炙った柔らかいばら肉チャーシューが3枚、味玉子半個、それに白髪ネギ。全体を纏め上げているのが香り高い黒胡椒。全体的に強い組み合わせのように思うが、ちゃんと一体化していて旨い。
これは上手に出来ているねぇ、と大感心。嫁ニコニコ。(尚、醤油ラーメンと「まかない豚丼」のセットで、¥850というお得メニューあり)

3

嫁注文の醤油ラーメン(賑わい)で¥830なり。どの辺りが賑わっているかというと、具が沢山、ということですな。これまた炙ってある巻きバラチャーシューが2枚、角切りチャーシューが2個、それに味玉子半個、メンマにかいわれ大根、それに海苔。
綺麗に澄んだ醤油ダシは、魚介の旨みはそれほど効かせていないが、スッキリした上質なものだ。

4

個人的には麺が非常に好みだった。やや太目の平打ち低加水麺で腰はしっかり、喉越しも良好。(あまり食べると嫁に怒られるので2口だけ。sweat01) 某鶴見のつる麺と同じ傾向のように思った。

5

んで、つけ麺¥800が登場。これが一番麺の量が少ないもので200g。300gの大盛(¥880)、350gの特盛(¥930)もお願いできる。

この漬け汁が非常に濃厚。豚骨も強いのだが、カツオ粉なのか魚味が超濃い。塩分もそのままではかなり濃いレベルでポタージュスープのようにとろんとろんだ。

6

麺はしっかりと存在感のある太麺だが、このとろんとろんのスープのおかげでダシが良く麺にからむ。魚粉が麺にくっついて更に濃い味に感じますな。。

ダシには中に角切りチャーシュー、ひねたメンマが入っているが、具をうんぬんするよりも、先にダシの強さに感動ですな。。日頃ほとんどつけ麺を食わないが、これは旨いと思った。

7

で、つけ麺をお願いすると、麺を食べ終えたタイミングで、この「だしご飯」が漏れなく全員についてくるのだ。写真が他と同じ大きさなのでサイズがわかりにくいですが、極小さなおにぎりぐらいの量しかない。これのあっさりカツオダシのかかったご飯に、つけ麺の残ったつけ汁を加えていただく趣向。これもさらさらっとイケてなかなか旨いこと考えるな~と感心。

(でも、もうちょっと量が欲しい!、だけが不満ですな。sweat01

お腹もしっかり一杯になって、店の外に出ると雨が上がっていて、入店前より更に長い行列が。。。しかし、このお味なら確かに流行るでしょうな。。ウチはつけ麺の優先順位が低いので再訪率は低いですが、これならタマに来たいな、と思いました。ウチも推薦です。happy01

◆時屋
住所:大阪市淀川区西中島5-1-4
営業時間:
11:30~14:30 18:00~20:30 不定休
(大体月休のようだが、火・水・日も月1度は休んでいるようなので電話確認が吉)
TEL:06-6829-7676

2010年5月25日 (火)

つけ坦々麺専門店 風来房(1・2)長岡京市

めずらしく、連続で食べに行ったので、5/2の記事に5/25追記。

****************************************************************

世はGW。今年は飛び石連休なので、ウチの会社としては珍しく5連休なのだが、有休休暇をくっ付けて10連休以上している猛者もちらほらと。sweat01 俺は連休明けにまたインドネシア方面出張などが控えている関係であっさり5連休。実家方面でのんびりしようと画策中。

1GWネタの前に、うおー、これは久々にスマッシュヒットだね!と感心した先週の日曜日ネタを1つ。

いつものごとく月に1度の京都醍醐寺方面に用事のある週末。今回は車でちゃちゃっと行って、たま木亭でパンを仕入れたらマッハで帰ってくる作戦。でもお昼時にはかかるのでランチはどこが良いかなぁと前日夜にググッていたら、通り道の長岡京市に人気の麺類店を発見。用事の前にランチだね!と当日開店待ちの時間帯に寄ってみる事にしたのだ。

お店の名前は風来房。つけ坦々麺だけを専門に出している国内唯一のお店だ。(多分sweat01
長岡京市のR171沿いで大きな工場が点在するロードサイドのお店だ。住宅兼店舗、のような結構大きな建物なのだが、席数はカウンターのみで10席。

開店前15分ほどに到着してしまう。店の裏手にPAが3台分ほど。まだ他のお客さんが居らず、PAに車を停めて店前で待っていると開店5分ほど前からお客さんが集まりだし、開店時には15人ほどの行列が。なかなか人気なのですなぁ。感心しつつとりあえず店内に。

2_2

メニューはこんな感じ。辛いものは結構好きなのでとりあえず辛さ5倍だと言う「鳳凰」に目が引かれますな~。以前、あびこにある坦々麺専門店、まるたんでも初回にノーマル版を食べて後でちょっと後悔したので、今回は黒ゴマたっぷりだという玄武¥730に、辛二¥60を追加。嫁はこのお店基本メニュー白虎¥670を。麺は温・冷を選択できるが温をチョイス。あと肉みそ飯¥270をわけわけする作戦。

3

こちらが俺注文、玄武+2辛。どどっと回しかけられたラー油、それに唐辛子に山椒の香りが鼻に抜ける。

5

ねりゴマの風味濃厚な存在感のあるつけ汁が旨いですな~。2辛でお~!結構辛いじゃん~、ぐらいの辛さ。十分お子様にはお薦めできないレベルですな。サイコロ切りのチャーシューがころころと入っておりボリューム感もそこそこあり。油分が坦々麺としては少ない目なのも良い感じ。

麺はやや細目のストレート中華麺。温麺は器の中でくっついて器に入れにくいが、ちょっと塩分高めのつけ汁とのからみ具合は良い感じ。太目のちぢれ麺をチョイスしていない理由がわかったような気がした。ゆっくり食べても麺が伸びませんし、なかなか面白い作戦ですな。

4

こちらは白ごまベースの白虎。こちらは辛味を追加していなので、まろやかですがちょっと頼りない感じに思えますな。このレベルの辛さ、それに塩分濃度なら普通に坦々麺にしても良いレベルかも。肉みそ飯はとろみ、且つまろやかな甘味のある肉味噌餡がたっぷりかかっていて、非常に好みのお味。イケてます。

んで、当然麺を平らげたあとは、つけ汁にご飯を入れたりして楽しめるのだ。替え玉¥120もあるのだが、食後はやはりご飯投入雑炊化のほうが幸せそうな予感ですな。
それにテーブルにポットが置いてあり、カツオと昆布の合わせダシが入っているので、それで割っていただくのも非常に美味しい。いきなり和風な感じになる残りのスープだけで一品になりそう。非常に気に入ったので次回はぜひ辛5に挑戦したいと思います。いやー、大満足なり。辛いもの好きなら大推薦!

****************************************************************

と、ここまでが5/2ネタ。それから1ヶ月弱。また京都にいく用事があるので、前回食べなかった激辛メニューの鳳凰を食べに行こうぜよ!ということに。そぼふる雨の中またまた長岡京市に車を走らせる日曜日。

お店前にまたまた開店15分ほど前に到着してしまう。豪雨の日なのでダレも並んでいなかったが、開店時間とほぼ同時に人がどこからともなく集まりだし、開店時間ピタリに丁度満席になるほどの行列が。ほんま人気なのですなぁ。んで、またまたカウンターの端っこの席を確保し、嫁ともども鳳凰をお願いしてみることに。

6

黒ゴマのほうではなくて、白ごまベースの白虎に辛味成分を加えた!という感じですな。ぱっと見油分が少なそうに見えますが、混ぜるとこういう状態になります。予想以上にオイリー。

7

おほー、表面にはラー油びっしり! んでは早速一口。確かに辛いのですが、極常識的範囲内。玄武+2辛と比べてもあまり変わらないかも。食べるラー油が人気ですが、そういう複雑な旨みのあるお味で当然期待通り旨いのですが、辛いものを食うぞ!と気合を入れると肩透かしを食いそう。

上の写真のように山椒系の辛味があまり振りかけられていない控えめものなので、山椒大好きな我々とするとちょっと辛味が単調。次回は玄武+5辛にしてみようか、と妄想中。季節メニューなどもあるようなので、また近日中にお邪魔しちゃいそうな予感ですな。お薦めです。

 

◆つけ坦々麺専門店 風来房
住所:京都府長岡京市神足大張8番地
営業時間:
11:30~15:00 18:00~21:00 不定休
TEL:075-951-1747


2010年5月 5日 (水)

2010年上期 最近食べたラーメンまとめ編

最近、本業が忙しい!を理由に怠慢かましていて月10回更新が精一杯の当blog。が、別に外食が減ったわけではなく、書いていないネタが山積だ。coldsweats01
で、GWでまとまった時間が取れたので、他の用事もあり写真データを眺めていたら、麺類ネタで書いていないのを何点か発見。で、その中でも特に気に入ったのをいくつか、まとめ編として御紹介。

1_3

まずは、思い起こすと初春ごろネタ。狭山市にあるつけ麺が人気のラーメン店「純情屋」なり。昨年の2月ごろ、仕事の関係でこのお店周辺をうろうろする機会があり、その際数回お世話になったのだが、久々の再訪。
写真は、注文したスペシャルつけ麺で¥1150なり。このお店の全部乗せメニューですな。角切りのばら肉チャーシューがごろごろん、キムチにメンマ、韓国海苔。醤油の素材感・存在感たっぷりのつけ汁には、温玉まで入っているというサービス過剰メニューだ。
これまた、ふっとくて強腰の麺と強いダシのマッチングで、お腹一杯になるのは大保証!なメニューなのだが、食べるうちに疲れてきて「これならチャーシューつけ麺¥800で良いかなぁ」と、寄る年並みには勝てないことを思い知らされた悲しいメニューでした。ちゃんちゃん。crying

2_3

お次は、自宅から歩いて行ける近場。こちらのトルコ料理店から東に1km弱にある「大東ラーメン 丸橋」の源味¥650にチャーシュー¥200をトッピング。

最近結構気に入っていて数回通っているのだが、元々和歌山ラーメン店だったお店で、名前は大東ラーメンだが、和歌山ラーメン的豚骨醤油ラーメンだ。麺がストレート細麺で腰があまり無いのも和歌山っぽい。まろやかなスープで全体的には好みの味なのだが、もうちょっと醤油が効いていても良いかな。ちなみに餃子もなかなか旨し。

3_3

更にお次。東淀川区菅原にある五目炒麺が人気の中華料理店、可門。こちらのネタ、それにこちらにも書いているお気に入りの一軒。で、1回目に五目炒麺で「せっかくパリッと焼けた麺に餡がかかるとみるみる柔らかくなっちゃうのが残念」と書いたら、御主人にコメント頂いて、そういうときは逆さで!と注文してみて、と教えていただいたのだ。

で、今回ようやく逆さで!とお願いしてみた。と、野菜たっぷりの餡を下に敷いて麺が乗っかった形で出てくる。最初にかき混ぜないで端から順に頂くと、確かに最後までぱりっとした麺とあっさり餡のハーモニーが楽しめるのだ。旨いですな、これは。
が、流石に初見のお客さんにこういう出し方をするのは、ちょっと難しそうなビジュアルかもしれないですな。

4_3

んで更にお次。ポタリングの途中で立ち寄った、「麺や天四郎」のチャーシュー麺で¥850なり。ラーメンマニアなら御存知の人気店「麺や輝」の4件目の支店にあたるお店だ。

本店は東淀川区菅原にあり、PA無しで近所にも手ごろなPAがない非常に行きにくいお店だったのだが、こちらは天神橋4丁目にありJR天満駅から歩いてもそんなにかからない便利な場所にあるのだ。
ラーメンはじっくり煮出されたトロミのある鶏ダシ&イリコのあわせダシで旨みも十分。チャーシューも柔らかく食いごたえあり。細い縮れ麺で良くダシが絡み、全体的にはかなり好み。なぜネタにしていなかったのか我ながら不思議ですな。

5_3

更にお次。吹田にある九州長浜ラーメン店、南州屋。大阪で九州系ラーメン!というとココを押す人が多いので、九州系ラーメンも大好きな我々は前から気になっていたのだがようやく訪問。
注文したのはチャーシュー麺¥800なり。何も言わなくても、超細ストレート麺がやや固めに供されるのが嬉しい。チャーシューも5mmほどの厚切りがででんと。白濁豚骨ダシに若干の魚介系ダシを加えているようだがまろやかで旨いスープですな。天神旗の老スープや無鉄砲などのちょっと非常識な濃度ほどではないが、それなりに濃度も高めでクリーミー。バランスの良いラーメンですな。

6_3

で、最後のネタ。高槻にある、ラーメン店「あす流」(あすりゅう)。海老味のラーメンがあると聞いてそれは一度食わんとなぁ、と御近所にある人気パン店、「プレザン」とセットで訪問。あす流は、海老醤油ラーメンと塩ラーメンの2本柱で頑張っておられるお店だ。

写真は俺注文の海老醤油チャーシューメンで¥900なり。どういう形でダシを取っているのか確かに海老味が濃厚! ちょっち塩分はきつめだがこのダシは旨い! でも、麺が自家製麺を名乗るお店でよく見かける、平べったい細い目のリングイネのような麺(きんせいのような)なのだが、ちょっと腰弱傾向でもう少しぶりぶりっとした麺なら更に旨いような気がした。全体的には非常に好みなので、また覗きに来る確率大。

以上、2010年上期、ラーメンまとめ編でした。

2010年3月11日 (木)

担々麺専門店 まるたん@あびこ

雨の日曜日。春になる雨、と言いたいところだが戻り寒波なのか寒い朝だ。
こういう日はやっぱスーパー銭湯でまったりだよね、となるのがウチのゴールデンパターン。久々に住之江にある「湯楽」に行って、死海風呂でぷかぷかしたり、大量のプラスチックのあひるさんと戯れようか?ということに。

1 で、いつものようにその近所でなんぞお昼でも食べようよ、と検索を始めるのだが、なにやら麺類気分だったので、あびこにある坦々麺の専門店に行ってみることにしたのだ。お店の名前は「まるたん」なり。普段ほとんど近寄らない地域なのだが、カーナビのおかげで無事到着。PAは無いが、お店から徒歩50歩ほどの近場に、10台ほど駐車可能なコインPAが完備だ。雨の日は非常にありがたいですな。

中華料理店の〆料理として、坦々麺は大好きな一品。数店専門店があるもの知っているのだが、坦々麺だけを目的にお店にやってきたのは始めてかも。

ゆったり目に自宅を出てきたので13:00をチョイ回った時間帯。お店はカウンターばかりで10席ほど。ウッディな作りで、ラーメン店としてはなかなか小奇麗に片付いている感じ。

カウンターの上に、金色に輝く小ぶりなやかんが70cmほどの等間隔に並んでいるのがちょっと面白いかも。お水が入ったやかんのようだ。にこやかな笑顔が良い御夫婦2人で回しておられる小さなお店です。

2 メニューはこんな感じで、基本白ゴマ、それに黒ゴマ仕立ての坦々麺と、その辛さの違いによる組み合わせがある。
異色なのが酸辣坦麺(サンラータンメン)の坦々麺バージョンがあることですかな。

初見で劇辛に行く勇気が無かったsweat01ので、俺は叉焼坦々麺¥950の白ゴマバージョンを、嫁は酸辣坦麺の白ゴマバージョンをお願いすることに。

お隣のテーブルを見ると、スープにご飯を入れるのが非常に旨そう。これは他の中華料理店ではお願いしにくいよねぇ、とご飯も1つ注文。

5

先に出てきた餃子。¥230なり。きっちりとは包んでおらず、くるんと筒状にアンを包んでいる形。皮はぱりっとしていてなかなか美味しいのだが、ちゃんと包んでいるほうが好みかな。でも、こういう形なので自家製で¥230で出せるのかも、とか思いつつ。

3

嫁注文、酸辣坦々麺なり。ミンチ肉に青梗菜、青ネギと坦々麺と同じ構成。酸味の利いたまろやかなスープ。ほーなかなか旨いかも。ノーマルバージョンでは辛味は非常に程よい感じで、たっぷりのラー油のおかげで見た目はかなり脂ギッシュな感じだが、意外にさらりとイケてしまう。

4

やや太目の縮れ麺で、そこそこ麺の存在感もありますな~。が、麺よりも圧倒的にスープが強いので、先ほどのご飯が超魅力的に見えてしまうのだ。で、麺を頂いてから、お下品にスープにご飯をどどどっと入れると、その強いスープを余すことなく頂けて非常に大満足なり。

6

んで、俺注文の叉焼坦々麺。標準版の¥300アップ!は伊達ではない、存在感アリアリな叉焼を見よ!ですな。happy01 ちゃんと温めなおされ、脂もとろとろんな上出来叉焼で、1cmほどの厚みのものがなんと5枚!の大盤振る舞い。文句なし旨いっす。白ゴマの利いたまろやかで程よい辛味の乗ったスープも劇ウマ。個人的には酸辣坦々麺より、更にコクのあるこちらを推薦したい。

麺の量が他店よりもやや少ない目のような気がするが、このお店ではご飯セットがデフォルトっぽいので、この量で程よい感じですな。

 

当然、こちらも〆にご飯投入で大満足でした。次回は劇辛の黒ゴマを目指して一目散にやってきたいと思います。とりあえずご飯は必須の方向でよろしく!、な感じですな。happy01 間違いなく又、来ます~。happy01

 

◆担々麺専門店 まるたん
住所:大阪市住吉区我孫子東2丁目10-6
営業時間:11:30~14:30 18:00~24:00
TEL:
06-6695-5225