フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

■麺類・うどん 2010年 Feed

2010年8月30日 (月)

極楽うどんTKU@玉造

またまた、ジャカルタ出張で1週間ぶりの御無沙汰、スイカです。
1週間大阪に居ないうちに、真夏日連続記録が更新されたようで、とりあえず馬鹿暑い大阪地方、いや日本国。朝夕はほぼ赤道直下のジャカルタよりも暑いって、どうよ?とか思いますなぁ。

またまたあちらではインドネシア料理三昧、と行きたい所が相棒が食中毒で2日目にダウンしたためsweat01、インドネシアでの食い意地ネタは特に無し。で、帰国日の次の日が日曜で、「とりあえず猛烈に饂飩が食いたい気分だ~」と、いうことになり、日曜もやっているところ!で思い出したのはウチのド定番饂飩店、門真の真打。が、そういえば玉造にあるお弟子さんのお店「TKU」には行ってなかったよね!と思い出し、検索すると日曜日もオープンしているとのこと。そうだそうだ、玉造のTKUに行こうよ!と車を走らせる、AM11:45。

Tku1 暑い、とりあえず暑い。太陽の照り返しで頭がくらくらするほどの熱気。車のエアコンが無いとお出かけする気力も起こらないほどだ。
もう8月も月末だと言うのに、この夏一番の暑さを記録した大阪地方。これだけ暑いなら、きりりとイリコの効いた冷のぶっかけなんて魅力的だよねぇ、とか言いつつ近所のコインパーキングに車を停め、お店方面に移動。

お店傍に来ると10人ほどの行列が。TKUの東隣り3件目に、人気ラーメン店「東成きんせい」があり、こちらも日曜日に開店しているのでそちらに並んでいるようだ。しかし、まぁこの気候で並んで待つのは厳しいですな。。
幸い、TKUには行列は出来ておらず、お店に入ると店の中に1組親子連れが待っておられ、2組目の行列客に。店の中で待つことが出来たのは天の思召しですな。。

待っていると、直ぐに女性の店員さん(奥様?)に、メニューを渡され注文を聞かれる。メニューは饂飩店とするとかなり豊富な部類ですな。ちなみに写真がこちらです。

ちょうど一杯になったタイミングだったようで、15分ほど待って我々の順番に。驚いたのは先にメニューを聞いてくれているので、座るタイミングで調理が進んでいて座ったとたん、ほぼ間髪を入れず注文品が登場したこと。タイミングばっちりすぎ。いやー、饂飩でJITが実現されているとは大感心。

Tku3

じゃじゃーんと登場、嫁注文の鳥玉天ぶっかけの冷。¥790なり。鳥天がやたら巨大。赤ん坊の握りこぶし大ほどのが3個ででんと。揚げたて熱々で不用意にかぶりつくと口の上の皮がべろんといってしまいそうなほどあっつあつ。

Tku5

麺どアップ写真。太さはころあい、若干太目気味ぐらい。表面はソフトで芯に餅のような弾力性がある剛麺。伸びもほとんどない。もうちょこっとぐにーんと伸びたほうが個人的には好み。ボリュームは女性には十二分にたっぷり。

Tku4

で、冷のぶっかけが良い、と言っていたことなどメニューを見たらぶっとぶカレーうどん好き。sweat01 このお店の最高価格メニュー、極楽カレーうどんで¥1150なり。ごらんのように具沢山。でっかいから揚げが1個沈んでいて、甘辛く炊いた牛肉たっぷり、竹輪天半分に温泉玉子、それに山芋。更にお昼時は小ご飯が無料で付いてくる過剰サービスメニュー。カロリー高すぎで嬉しい悲鳴ですな。happy01

この強いサービス精神はお師匠さんの影響を強く受けていそう。カレー自体も山芋のおかげで辛味は高くなく、もうちょっとスパイシーで汗ざっくざくで頂きたい!とインドネシア帰りで辛いものばっかり食っていた者は思うのだ。とりあえずこのボリュームには文句は微塵もありませんな。

色々面白いメニューもあるようなので、またタイミングを計ってやってきたいと思います。いやーなかなか美味しいお店ですな。推薦です。

 
 

◆極楽うどん TKU
住所:大阪市東成区東小橋1丁目1-4
営業時間:11:30~14:30 17:30~21:00 11:30~15:30(日・祝) 月休
TEL:06-6981-1333

2010年5月31日 (月)

讃岐うどん 銭形@豊中市

久々の饂飩ネタ。
ココ最近、大阪でも本格的讃岐饂飩が手軽に食べられる良いお店が増えたのだが、ウチは腰しっかりの本格讃岐饂飩も良いが、ダシの旨さで食わせるスパイシーなカレーうどんも大好きだ。で、大体ぶっかけなどの讃岐饂飩は嫁担当、俺がカレーうどんを食っているというパターンが多い。

1そういう、ぶっかけ系もカレーうどんも美味しい店は無いんかいな?とググっていたら、阪急沿線は服部駅の近くにそういう饂飩店があるらしい。それもカレーうどんは和風ダシではなくミンチ肉しっかりのキーマカレー、だとのこと。それは一度食いにいこうぜよ、ということに。お店の名前は讃岐うどん 銭形。関西食べ物情報系TVにも露出している人気店のようだ。

ランチがてら車で出かける日曜日。駅近くの、土地勘の無い者が車で近寄るのはちょっとためらっちゃうような場所なのだが、カーナビのおかげで無事到着。お店前にPAが2台分完備で、空きが1台。するりと駐車。

こういう感じで如何にも昭和の饂飩屋さんだよねぇ!というような風情。2Fでは座敷もあり、うどんすきが楽しめる、そういうお店だ。店内も奥に向かってカウンター席が延びる如何にも昭和な雰囲気だ。

2

テーブル上のメニューを確認。あれ?カレーうどんだけでキーマカレーうどんが無いなぁと思ったら、店内に張ってある大きなお品書きに書いてあった。悩むことなく俺はキーマカレーうどん(ご飯付きで¥1000なり)を注文。 待っている間も御近所の常連さんが切れずに次々とやってくる人気のお店ですな。

3

じゃジャーンと登場、キーマカレーうどん。入れ物が開口部が大きいすり鉢風なお皿。香辛料のいい香りがあたりに充満するのだ。
早速一口。ほー、これはなかなか旨いですなあ。和風な感じも多少するが基本本格カレー的な辛味と旨み。チキンブイヨンベースらしい。辛味は常識的レベルなのだがなかなかイケてます。

んで、麺。ごらんのように扁平の太麺で、びよよーんと伸びがあるタイプではなく白玉だんごのようなもちもち感&存在感しっかりの饂飩ですな。噛み締めると潔くぶっつんと切れる。ウチはどちらかというと苦手な食感なのだが、ややオイリーなカレーが饂飩にほどよく絡んで、これはこれで旨し。

4

嫁注文は、三つ盛り生醤油うどんで¥750なり。饂飩はカレーうどんと同じなのだが、冷水で〆てあるので更に激しく腰あり。もっちもっちと噛むのが大変なほどの強麺になりますな。。。
んで、とろろに大根おろし、鰹節に、すだちとこのみの薬味でづるるるっと頂く趣向。しっかり麺が好きな嫁も「腰凄いね!」と驚く強麺でした。

お隣で食べておられた天ぷら系饂飩類が非常に魅力的に見えたので、また機会があったら覗きに来たいと思います。ご馳走様でした。

 

◆讃岐うどん 銭形
住所:大阪府豊中市服部西町2-2-21
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00 水休・第3火休
TEL:06-6862-9090


2010年4月21日 (水)

朝打ちうどん 大鶴製麺処@東淀川区瑞光

特に用事の無い日曜日。今日はなんだか麺類気分だねぇ、という話で盛り上がる朝、10:00。こういうことを書くと、のべつまくなし食事の話ばかりしている妙な家庭のように思われてしまいそうだが、実際、そうなのだ。sweat01

で、今日は饂飩気分だ!と意見一致。あまり遠くに出かける根性はないので、近場でさっと行けるところ、で思い出したのが東淀川区瑞光にある、大鶴製麺処。本店は上新庄の人気豚骨ラーメン店、天神旗。その支店が瑞光にあり「野暮天」なる店名だったのだが、もう半年ほど前から讃岐饂飩店になり店名も大鶴製麺処に変わっている。大鶴製麺処は天神旗のつけ麺部門だったのだが、こちらに移転されてつけ麺と饂飩両方出すお店になっているようだ。大阪の饂飩好きなら、既にもう御存知な有名店ですな。

饂飩屋さんがラーメン屋に宗旨替えするのは他にもありそうな気がするが、つけ麺、それに本格的な讃岐饂飩も出されるというのはなかなか聞いたことがない変更ですな。大阪の饂飩マニア御一同にもなかなか評判が良いので一度いこいこ!と言う事に。

11:00オープンで、10分過ぎほどにお店に到着。PAは無いが、店の北側徒歩3分ほどの位置にコインPAも完備。が!既に満席だったのだ。ラーメン時代も人気があったが流石人気店ですなぁ。中に声をかけてプラスチックの番号札を貰って番号を呼ばれるまで待つこと、約10分。

1

待っている間、店の入り口に横幅2mほどありそうな巨大メニューがあるので、それを見ながら暫し検討。しかし、この手作り看板、天神旗グループ共通ぽいが、なかなか味のある字体ですな。お上手です。つけめんも魅力的だが、初志貫徹で今日は饂飩を頂くことに。

2

中に入って、直ぐにカウンターに番号札を見せて注文する。またまた番号を呼ばれたらセルフで取りに行くシステムだ。ラーメン店時代から綺麗とは言えない雑然且つ混沌とした店内だったのだが、相変わらずですな。テーブル脇にはテンカスやら卸し生姜に大根卸しがセルフで撮り放題。 このセルフシステムのおかげか、饂飩は大阪市内の有名店よりかなりお安めの設定のようだ。

3

まずは番号を呼ばれて嫁注文の釜揚げ並登場。これで¥350なり。鳥天は¥250、それとでっかい野菜のかき揚げも¥250で嫁と半分こする作戦。

こちらは釜揚げなので麺の腰はそれほど感じない。粘りはあまりなくぷつぷつと口の中で潔く切れる。ダシは結構しっかり塩分を効かせていて香りよく好みの味だった。これで¥350はかなりお得ですな~。 鳥天はま、普通に旨いのだが、野菜のかき揚げが太めに切ったサツマイモ、カボチャに人参が非常にダイナミック! お薦めですな。

4

んで、こちらは俺注文のぶっかけの大で¥450なり。麺二玉なので量は非常にしっかりだ。

5

久々超どアップ写真を。こちらは冷水で締めてあるので腰も十分。グミ感強めでびよよんと伸びもあり、やはりここではぶっかけが一押し!ですな。旨い&お得です。卸し生姜が大好きなので更に馬鹿ほどかけてニコニコ。

周りを観察していると、つけめん派が7割、饂飩派が3割ほどの感じ。ウチは饂飩を推薦したいかな。また来ます~。

2010年2月 1日 (月)

お気に入り饂飩店、2題@楽々(2)ときすけ(4)

いやー、10日ぶり?の更新。スイカです。
先々週は嫁が出張でハワイに、先週は俺も5年ぶりの海外出張でジャカルタに行くというバタバタ。寒いのは苦手なので温かいインドネシアはありがたかったのですが、たった5日間だけですっかり寒さ耐性がなくなってしまい、関空に帰ってきてから劇調子悪い状態に。ようやくご飯のネタを書く根性が蘇って参りましたので、久々の饂飩ネタを1つ。

先々週、嫁がハワイから帰ってきた翌日に何が食べたい?という話になり、肉ばっか食っていたので麺類、それも温かい饂飩が良いね!という話に。日曜日、嫁の実家にお土産を持っていくついでに、以前行ってお気入りの一軒になった饂飩店、交野の楽々に行こうよ!ということに。圧力釜で饂飩を茹で上げるこだわりのお店だ。
すっかり人気で行列の出来るお店なので、11:00開店待ち!で行こうとしたのだが、出かけにぐずぐずしていたので11:10ほどに到着。駐車場はもう既に満車。。。。ま、当然ですな。。

んで、ちょうど車が汚れていたので、楽々の向かいにある洗車場に車を入れ、30分ほどでちゃちゃっと洗車。(休日を有効に使えた気分が盛り上がる。。。sweat01)列が短くなったところに並びに行くのだ。結局お店に入ったのは12:00をちょっと過ぎたころだった。 前回訪問ネタがこちら。前回出せなかったこの全メニュー写真をこちら。

1

んで、暫し悩んで注文したのが俺注文、鴨汁釜揚げセットで¥1080なり。あとから、「すみません~」と薬味のすりゴマと青ネギの小口切り、卸し生姜が出てきた。前回はウズラ卵が付いていたので若干の違いあり。
麺はびよよんとよく伸び、くにくにとなまめかしい食感で非常に旨い。ツユはちょっと脂ギッシュなのだが、濃さは程よい感じでイケてますな。。

2

こちらは、嫁チョイスの冷たい天ぶっかけ¥980なり。こちらは冷たく締めた麺なのでもう白玉団子のようなぐにぐにした非常に強い食感。この腰はもうちょっと過剰なほど。。

帰りに御主人が必ずレジに立たれて、「ありがとうございます」と挨拶してくれ非常に好感度が高いのだが、カウンターで「これは凄いね~」と我々が驚いていたのを聞いておられたようで、「今の季節は温かい饂飩がでるのでそれにあわせた茹で加減になってしまって。冷たいのは固すぎませんでしたか?」と声をかけてくれた。「いえいえ、そんなことはないですよ。美味しいですよ」と言いましたが、やっぱちょっと過剰かな。。。sweat01 
とは言え、我々のようなタマにしか来ない客にでも気配りを忘れない、ちゃんとしたお店ですな、こちらは。また来ます~。

 

んで、なぜか饂飩ネタ2本目。
PM2:00という変な時間から開店する旨い饂飩店、中津のきすけ。ウチでは特にお気に入りの1店で、特に天ぷらがイケている!という感想。それにオリジナルメニューのきすけ風釜たまが非常に旨い!ので、気に入っているのだ。こちらも俺がジャカルタから帰ってきた翌日の日曜日、わざわざお昼時間をずらして訪問。前回訪問ネタがこちらメニュー写真はこちらでどうぞ。

1_2

久々なので、超破壊力メニュー、きすけ天ぶっかけを食ってやろう!と思ったのだが、メニューから外されていた。(やっぱ、原価合わなかったのかなぁ。。。sweat01) 暫し悩んで嫁が注文したのは、舞茸天ぶっかけ¥700に、鯛ちくわ¥150をトッピング。
さっくりクリスプに上がった舞茸天、非常に旨し。やっぱこのお店、天ぷらがお上手だね~と嫁ともども納得。饂飩はグミ感も程よく好きなお味です。

2_2

俺は馬鹿の1つ覚えで、きすけ流釜玉¥780に、かぼちゃ天¥100をトッピング。(かぼちゃ天は別皿で登場) たっぷり卵が絡んだ程よい腰の麺を温かいダシにつけてふうふうと。いやー、相変わらず旨いですな、こちら。

以上、久々饂飩ネタ2連発でした。happy01