フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

■フレンチ  2010年 Feed

2010年12月30日 (木)

ラペティ・ロアラブッシュ@北浜

今年はクリスマスもほぼ無しになりそうだった12月中旬。で、嫁への罪滅ぼしついでに出張先のジャカルタから嫁に電話して、月末にどこか美味しいお店でも予約しておいてよ、とお願いしておいたのだ。

で、仕事納めの最終日、その予約していたフレンチに出かけるのだ。お店の名前はラペティ・ロアラブッシュ。北浜周辺はフレンチ激戦区だが、その中で4年ほど前からやっておられる比較的新しいお店だ。前は何回も通ったことがあるのだが、今回初訪問。
大晦日にやってくる寒波の影響なのか異常に寒い今日の大阪だが、北浜駅からは南に徒歩5分足らずな便利な立地にあるのがありがたい。(お店前写真忘れました。こちらをどうぞ。

予約をしていた店を勘違いで間違える、というダイナミックなポカミスのおかげで、予約していた19:00を15分ほど遅刻しお店に到着。(どこと間違ったか当てましょう。。sweat01
プチメゾンらしく落ち着いた感じで、ほぼ満席な店内。なかなかお洒落ですな。ちょっと席の間隔は狭めだが雰囲気は良い。グラスシャンパーニュを頂きつつメニューを確認。¥6300と¥10500のコース2種類でメイン料理とデザートを適宜選択する方式。周りのテーブルは¥10500一本!と言う感じだが、飲む気満々だったので、ワインを1本貰って料理自体は軽めに¥6300にしておこうということに。

         1

一品目。あわび、ほたてなど貝類のカクテル。炭酸ガスで作った泡系ソースが素敵。ソースに入っている青海苔が利いてますな。全体的に押さえた塩加減。健康的だな~、な一品。

2

前菜はとても豪華。新鮮な魚介のサラダ仕立て。白いソースはなんちゃら大根、青は蕪の葉、赤いのは唐辛子で作ったムース状のソースで、野菜にこだわりのあるお店のようですな。魚介は帆立、オマール、それに蟹。これも全体的に淡い味付け。サラダに入っている生蕪の梨のような甘さにおおっと!とびっくり。

3

手長海老とキクイモのグルーテ、なるお料理。キクイモで作ったピューレを温かいソースに、ほんの軽く火が入った手長海老を頂く趣向。上に乗っかっているのはキクイモチップスなり。

4

で、可愛らしいカップに入ってきたのは、今日は海老尽くしなのか更に甲殻類系のお料理で海老のビスク。スーパー濃厚且つ、まろやか~な一品。当然、旨くないわけがないわけで。

5

メインは7種類からチョイスできるのだが、俺チョイスは子羊のロティ。ゴルゴンゾーラチーズで包んで焼いたもの。チーズの旨みが乗っかって軽い子羊がしっかり味に。火入れも完璧で旨いですな、これは。

6

で嫁チョイスは、北海道産蝦夷鹿のグリエ。「阿部さん」という非常に有名な猟師さんが撃ったものらしく、肉として美味しくいただける位置を狙って撃つそうな。。凄いですな。
その阿部さんのおかげなのか料理の腕なのか、中身が超ジューシーで野生の鹿とは思えない柔らかさ。驚きました。本日一の皿がこちら。

7

ワインを嫁と1本開けて程よい満腹さ加減。で、デセールも7種類ほどスタンばっているのだ。こちらは俺チョイス。ベリー系なデザート。シャンパンのソルベやら色々ベリーやらでテンコ盛状態。甘いもの好きならうっとり、でしょうな。。(もちろん、うっとりsweat01

8

こちらは嫁チョイス、キャラメルで煮込んだ洋梨コンポート。それにキャラメルアイス。定番ですがこれもとても好みの味。いやー、大満足なり。

9

で、最後のお茶にワゴンサービスで小菓子もついてくるのだ。10種類ありますので目移りしますな。カヌレとマカロンを推薦。はー、旨かった。

ボジュレーの赤が¥8500で、(一番お手ごろのボトルが¥7000)+グラスシャンパーニュ×2で、〆て¥27000、というところ。お料理も手堅いし,何よりも見た目も綺麗だし、お味もなかなか。お洒落なお店ですが、ジーンズにセーターみたいなスタイルでも全然OKで、付き合い始めのカップルで行くと幸せでしょうな。今年最後の外食も大満足なディナーでした。

 

 

◆ラペティ・ロアラブッシュ
住所:大阪市中央区今橋2-1-10 ダイセンビル1F
営業時間:11:30~14:00(L.O) 17:30~20:30(L.O) 月休
TEL: 06-6208-1808

2010年12月29日 (水)

マリヴォー@京都 宇治

日曜日のランチネタを1つ。
本業多忙のため、ケーキの予約もせず毎年恒例の漢料理もしなかった今年のクリスマス。で、日曜日は毎月恒例の京都方面行きなので、そのついでに美味しいランチでも、となるのが我々の毎度の行動パターン。
日曜日朝起きてから京都の醍醐寺方面に向かう前に、どこか良いところは?とググッてみたら、醍醐寺からも直ぐそばの宇治に、一軒屋フレンチを発見。早速予約してみたら、クリスマス明けの日曜日なのですんなり予約OK。醍醐で用事を済ませてからいそいそとお店に向かうのだ。

          1

宇治市役所前の通りを少し路地に入る。小高い丘陵地にひらけた住宅街の中に住居兼店舗、といった感じでお店があるのだ。お店から徒歩2分ほどの位置に契約PAが2台確保されているので、車をそちらに回してからお店に。どこにでもあるような極普通の郊外一軒屋的外観ですな。内装は家庭的なくつろげる感じでゆったりした作りだ。13:00予約だったのだが小学生のお子様2名が含まれる御家族5名客1組が先客。

メニューを確認。¥2000、¥3500の基本コースに適宜加算メニューを乗せる方式。¥3500のほうが主菜が魚・肉2皿になるので、軽めにね!ということで、¥2000のコースを2つチョイスして、嫁が+¥500の牛すね肉のワイン煮を、俺は前菜三種盛を五種にしてもらって+¥500、という作戦。ノンアルコールビール(麒麟のフリー)をお願いして、のんびりランチのスタートなり。

2

まずは突き出し。生牡蠣とカリフラワーのピュレで造ったムース。一口でぱっくり!という趣向。ほんわり柔らかい味。

3

スープ。野菜類たっぷりのコンソメ。直球ですな。これもしっかりとダシが効いていてなかなか旨し。

4

んで前菜五種盛り、といいつつ6種盛り。真ん中は鱧と野菜のテリーヌで蟹味噌のソースとあわせて。無花果が乗っかっているのがパテドカンパーニュ(肝系の味の強い滑らかなタイプ)、軽いスモークサーモン、奥が酸味の利いたエスカベッシュ(魚はなんだったか。。)ジャガイモの入っているテリーヌなどで盛りだくさん。どれも丁寧に作っているのがわかりますな。サービス担当は奥様、お料理は御主人1人でこなしておられるようだ。

5

で、嫁チョイスの牛すね肉のワイン煮。繊維までほろほろに柔らかく炊けていてGOODなり。甘みがしっかり乗っているのでどことなく砂糖醤油的な和な感じがある味わいで嫁も気に入った模様。パンはバゲットをしっかり量で出してもらえるので。量的にも大満足なり。

6

んで、こちらは俺チョイスの豚フィレ肉のロースト、エシャロットソースなり。表面にほんの軽く火を入れただけのジューシーな仕上がりでとても気に入りました。旨いっす!

7

デセールは、酸味で目が覚めそうなキウイのピューレに、洋ナシのコンポート(自分でも作る大好物)、バニラジェラート、ガトーショコラ、それに干し柿を使ったケーキ。これも手が込んでいますな。。で、嫁は紅茶、俺がエスプレッソを頂き充実ランチ完了なり。

ランチなので税サ込み込みで、以上で¥5600とかそういうお値段。(¥600はビール代) この内容なら大納得です。お近くにお住まいなら覚えておいて損無き良店ですな。また来まーす。

 
 

マリヴォー (MALIBEAU)
住所:京都府
宇治市宇治下居28-1
営業時間:11:30~22:00 (ディナーは前日までの完全予約制) 火休
TEL:0774-21-2358

2010年11月24日 (水)

セル ドール@京都 精華町

勤労感謝の日でお休みだった火曜日、ウチの会社は4連休の最終日。
朝のNEWSを見ていると、この数日の冷え込みであちこちの行楽地の紅葉が色づいている模様。月に1度の醍醐寺周辺の恒例行事もあるし、その帰りにどこぞで紅葉見物でもどうよ?ということに。

で、祭日に紅葉で大混雑しそうな京都市内に、それも車で出かけるのはかなり勇気がいるよねぇ、と、平城遷都1300年祭がそろそろ一段落しそうな奈良に行こうという作戦。で、宇治、奈良での移動中に車で行ける美味しいお店!はとググることになるのがいつもの行動パターン。で、困ったときの食べログ頼みで京都奈良県境の精華町にあるフレンチレストランに行ってみることに。 お店の名前はセルドール。住宅街にある一軒屋フレンチだ。

10:00ごろ、用事を済ませる前に醍醐から電話して無事席確保。12:30予約で、宇治から京阪奈道路を使いお店に。こういうことでもないと京阪奈道路など使う用事もないのだが、山沿いを走る自動車道は紅葉がかなり綺麗で、特に混雑もなく快適ドライブ。40分ほどで到着。小高い丘を造成した新興住宅街にお店があるのだ。幹線道路沿いにお店の大きな看板はあるのだが、入り口が幹線道路から奥まった路地に回りこまないといけないので、ちょっとまごつきつつ。sweat01

1

お店の隣に無理すれば6台駐車可能なスペースあり。既に4台駐車中。移動のために車の鍵を預けて席確保。先客は4人組が2組、3人組が1組とほぼ満席。カウンター席もあるが基本そこまで詰めていなさそうな感じ。。食べログ京都フレンチ2位だけありますな、流石。
ランチメニューは¥2900、3900の2種。前菜1種とメインがプリフィックスになっていて、品数の多い¥3900をお願いするのだ。

2

まずは前菜その1はお決まりで、平目のカルパッチョ。どことなく和、な感じがするドレッシングできっちりしっかりした味わい。一口食べて、うはー、飲みてぇと思ったのだが、車なのでノンアルコールビールを注文。(ちなみにアサヒのオールフリーでした) とりあえず休日ランチ気分が盛り上がるのだ。happy01

3_2 お次。いやーちょっと寒かったので非常に嬉しかったオニオングラタンスープ。今正にオーブンから出たばかりで激しく熱々。

玉葱たっぷりでとても上等な甘味。旨みの波状攻撃。。いやーこれは旨いですな。量も程よく言うこと無しです。

パンは自家製なのかゴルフボールぐらいの丸パンでむちっとしたゴミの出ないタイプ。テーブルが汚れないが個人的にはバゲットとかのほうが好みかな。

アコーディオンの調べも軽やかなフォースダンス系仏蘭西民謡にシャンソンなどがBGMで「クラシックではないのだねぇ」とか言いつつ、ノンビリ気分で食事は進行するのだ。

4

お次はプリフォックスの前菜その2。こちらは俺チョイス、雲丹のカクテル。コンソメジュレの下にはころころと生うに、その下はまろやかな雲丹のムース。とろける食感、お味も上等、なのだが食感的には何かもう1つ、遊びがあったほうが更に旨いかも、ですな。

5_2 こちらは嫁チョイス、ずわいがに、セロリラーブ(根セロリ)、ブドウのサラダ。

これもコンソメジュレの下に蟹味噌込みの蟹肉、それに千切りの根セロリ、マスカット!が一体化している。胡桃が食感のアクセントになっている感じ。

お味として一体化しているか?というと悩ましいsweat01のだが、そんなに嫌ではない組み合わせ。なかなかチャレンジングなものを出されますな。。

んで、口直しにヨーグルトのソルベが出て、いよいよメインディッシュなのだ。

6

こちらは嫁チョイス、仏産うずらのグリル 赤ワインソースなり。¥3900ランチのメインとしては非常にボリュームアリ!な一品。塩加減は思った以上に明瞭で火入れもほど良い感じ。付け合せの熱々ラタトゥイユチーズ入りも劇嬉しい一品ですな。旨いです。

7

こちらは俺チョイス、釣り鱈のムニエル、ケイパーバターソースなり。また1つ覚えで白子食ってますがたまたまです。coldsweats01 肉厚の鱈に全体的にふわっと火が入っていて劇ウマ~、な一品。ウズラよりもこちらを推薦!かも。本日一の皿。(いや、スープかな・・悩む。。)

8

んで、デザートは3種盛りなり。手前がメープルシロップのアイス、リンゴのタルト、可愛らしいモンブラン。劇ウマ!ではありませんがどれもちゃんとしていて美味しいです。

9 んで、焼き菓子に珈琲を頂いてノンビリランチ完了。支払いすると、税サオール込み込みで¥3900ぽっきりなのだ。これは非常にお得感が高いですな~。

キッチンは女性・男性シェフ(オーナー御夫妻?)二名、それにサービス担当の女性がお二人の4人編成。サービス自体は、良くも悪くもアマチュアだが一生懸命。メニューの説明もナンも無いが、この辺りに住んでおられる上流階級層向け普段使いランチ場所、のような判っている方向けなお店なのでしょうな。

ウチもあまり判っていないcoldsweats01のだが、お得大好きでサービスは適度にほっとってくれてOKなので、非常に印象の良きお店でした。近所に良いパン屋さんも見つけたので(次回お披露目予定)、また近日やってきそうな予感です。推薦!ですな。

セル ドール (Sel D'or)
住所:京都府相楽郡精華町桜ヶ丘3-26-6
営業時間:11:30~14:00(L.O)、17:00~21:00(L.O) 水休(祭日時営業)
TEL:0774-72-9286

Photo

食事のあとは奈良市内に移動し、国の名勝、依水園(いすいえん)へ。紅葉、とても綺麗でした。

2010年8月11日 (水)

ル・ジュー・ドゥ・ラシエット@東京 代官山

東京小旅行ネタ、その2です。
折角東京に行くのだから1箇所ぐらいはフレンチかイタリアンに行こうよ!と旅行2週間前からあちこちに予約電話を入れるが、次々に振られ続け、ようやく見つけたのが代官山にあるフレンチ、ル・ジュー・ドゥ・ラシエットなる小さなフランス料理店。
場所は山手線の恵比寿駅と東急代官山駅の丁度中間ほど。お洒落なカフェやブティック、雑貨店等が点在するこじゃれた地域で、恵比寿駅から緩やかな坂道を5分ほど登っていった場所だ。変なアングルですが、お店は小さなビルの2Fにありお洒落な感じ。開店時間の18::00にお店に到着。18席だけの可愛らしいお店です。

1_2

コースメニューのみで、ディナーは¥11500と¥13500の2種類。メニューは固定だが、¥11500の肉料理を子羊から鴨に変更すると+¥1000だと言うので1つそれをチョイス。サービス料は別途10%。ムーディーな薄暗い照明でフラッシュ無しで写真を取れるような照度ではないのだが、修正してなんとか絵にします。。

2_2

アミューズその1。串に刺さっているのがお米の泡で作ったというマシュマロ風なもので、中に鯛が入っている。右手はパルメジャーノと胡椒で作ったスティッククッキー、あおさのりのチップス、丸いのがトマトソース入りのミニミニパイでバジル風味。噛み割ると口でピッツア風の味になるのが面白い。

3_2

アミューズその2.丸いのは超柔らかく作ったブータンノワール。青リンゴのジェラートと青リンゴ角切りを合わせてソース風にして頂きます。。

4_2

更に前菜。塩で〆た鰯を45度の低温油でゆるゆるとコンフィーにしたものだ。火が微かに入っている程度で、生野菜と上手に調和している。ソースはオレンジやら鰯の肝を使ったフレッシュ感のある酸味の利いたもので健康的な一皿ですな。

5_2

温かい前菜。丸い器のものがえんどう豆のピューレで作ったムースと言うか、すり流しというか茶碗蒸し風なもの。フラン、というらしい。炙った帆立が乗っていて鶏ダシベースらしいのだが、どう味わっても和風に感じますな。。。個人的には大好きな感じ。泡で丸まっているのはこちらも帆立で作ったクネルで、帆立をミンチ状にして蒸して固めたお料理だ。上等なシューマイみたいな感じかも。

6_2

お次はフォアグラ。「赤ワイン “シャトー シマール”でポッシェしたフォアグラ 冷製と温製 パンデピスの香り」が正式名称なのだが、赤ワインでゆでて低温調理でゆっくり火を入れたフォアグラが劇ウマ・・・。奥のテリーヌ(というにはちっちゃいけれど)も酸味が利いたフルーツソースが美味しい。

7

で、本日の魚。甘鯛の鱗焼ですな。皮はさっくり、身はほっくりと仕上がった甘鯛の下に敷いてあるのはアワビとアスパラガスのソテーで、それをアスパラガスとアワビの肝で作ったソースで合えてある。本日1の皿がこちら。魚好き随喜の涙の一品だ。

8

嫁チョイス肉の皿。「ゆっくり火を入れたタスマニア産 仔羊背肉 のロースト ホワイトポルト風味のジュダニョー」なるお料理。これも低温調理なのだが、とろける旨さですな。。非常にGOOD。左手のロールケーキ風なものは羊肉を煮てからロール状にまとめて、更に焼いてあるチャーシュー的なものなのだがさっくり仕上がっていてこれも非常に旨し。。

9

こちらは鴨。これも低温調理でゆるゆると火を入れたもので、真っ赤なビーツ、貴腐ワインで作ったソースとあわせてある。羊ほど柔らかくは無いがこれも滋味&肉汁溢れる旨さ。ま、どこかで食べたことがある感じなのだが丁寧に作られているのは良くわかる。流石に美味しい。。

10_2ごらんのように一皿の量は一口・二口でぱっくり!ぐらいの控えめな量なのだが、これだけ次々と出てくると流石に満足しちゃいますな。。 

が、更にこれでとどめだ!とばかり、デセール3連続アタックと続くのだ。。

まずは1品目。「白桃のコンポート モヒートのジュレ ヨーグルトのソルベ」なる長ったらしい名前だが、お味はシャープだ。

桃の上にかかっているのはフレッシュミントがしっかり利いたモヒート(ラム酒とライムジュースベースのカクテル)の清涼感のある組み合わせ。ま、旨くないわけがないわけで。

11

「チョコレートのカネロニ “スル デル ラゴ”(イタリア ドモリ社カカオ75%) サマートリュフの香り トリュフのグラス」、食べログでどなたかが入力してくれていなければ、いつものように適当なメニュー名を書いてしまいたくなる長文ですな。。。coldsweats01 チョコレートクッキーで作った筒にビターチョコソースがしっかり!と入っているもの。サマートリュフの香りとチョコレートって良く合いますな。。

12

で、珈琲を頂きながら最後に小菓子(右手はエクレア、左手はなんだったけ。。。)が出て充実ディナー完了。。。ふはぁ、流石に大満足となりました。フレンドリーで付かず離れずの気分の良いサービスもGOODです。記念日にこういうお店を選んでおくと外さないでしょうな。

で、生ビール(プレミアム恵比寿)2、グラスワイン赤白計4で〆て¥35000ほど。ま、ウチの場合しょっちゅう行けるうようなお店ではありませんが、タマに行くならこんなお店、ですな。ご馳走様でした。

13

で、3:00弱の充実ディナーの後は、宿そばにある東京タワーで更にオノボリサン気分を満喫。
楽しい夜になりました。更に次の日ネタに続きます。。。

 
 

ル・ジュー・ドゥ・ラシエット (Le jeu de l’assiette )
住所:東京都渋谷区恵比寿西 2-17-5 サンビレッジ代官山 2F
営業時間:11:30~13:30(L.O) 18:00~21:00(L.O) 月休
TEL:03-6415-5100

2010年8月 2日 (月)

旨料理と旨ワインのお店 orange @西区新町

土曜日の晩御飯ネタを1つ。
先週のBABBI BABBIに続き、嫁の会社の近場で軽めにさっと飲もうよ、ということになる土曜日。で、チョイスしたのがまたまたバール系なお店で、新町の西外れにある「orenge」なるビストロというかワインバーと言うか。こういう感じのお店です。最近、当日予約を入れようとして数回NGだったので、前日予約で席確保。

Orange1

しっかり目のビストロ料理からパスタ類やらピッツアもある無節操なメニュー構成。お値段も随分お手ごろ価格。本日の黒板メニューがこちら。 先日のバビバビよりちょっと洒落っぽい感じだが、お若い人がフレンチやイタリアン、スパニッシュ系つまみをアテにわいわいやるところ、ですな。カウンターが6席、あとはテーブル席で、10人ほど入れる個室も完備。カウンターに陣取り、まずは暑い中歩いてきたので、生ビール(カールスバーグ)で乾杯なり。ふはー、幸せ幸せ。

Orange2

まずはちゃちゃっと出てくる前菜3種盛り。¥800とかそういうお値段。白ネギに牛蒡、ブロッコリーと野菜尽くしで健康的。真ん中の赤ワインビネガーに漬けていると思われる牛蒡が、はっ!と目が覚めるほどスッパ甘くて衝撃のお味。面白いですな~。ブロッコリーもガーリック超利かせ系で、思わずワイン類をお願いしたくなる感じ。

Orange3

レギュラーメニューからチョイスしたパテ・ド・カンパーニュ。あれば頼んでしまう好みメニュー。たしか¥1000ほどと非常にお安い。もちろんバゲット(¥250?)も忘れずに注文。
あまり固めておらずふわっとした食感で、滑らか。肉の味しっかりでこれはうまいです。白ワインをカラフェで貰ってちょびちょび頂きつつ、嫁御満悦なり。

Orange4

これはスパニッシュバール系?なメニュー。ムール貝のココット蒸し。いくらだったかなぁ、これも\1000ほどだったように記憶。可愛らしい厚手の鍋におつゆたっぷりで登場。貝そのものより残ったスープでパンを頂くのが嬉しい料理ですな。ちなみにバゲットは、Aのテーブルとかと同じようなバゲットが熱々で登場。外はあまりばりばりしないですが非常に好み。

これ以外にも、海老やらマッシュルームなどのオイル煮があるまさに、仏蘭西・伊太利亜・西班牙3カ国揃い踏みな西洋系居酒屋さんなのだ。面白いですな。。

Orange5

んで、今日はなんだか魚気分だよねぇとお願いしたメバルのポアレ、ブールブランソースなり。しっかりめ量のラタトゥイユと一緒に登場。これが¥1050とは驚きですなぁ。皮はばりっと、ではないが身がさっとふっくらと仕上がっていて上等上等。これはお得です。

Orange6

んで、ちょっと軽めに〆メニューをお願いしようと更にメニューを確認。パスタ類はロング・ショートにリゾットまで揃っているのだが、メニューの「おまけ」欄にあったので、いちびって注文したチョリソのピッツアなり。¥1100とかこういうお値段。
んー、白木屋とかで出てきそうな感じsweat02の冷凍生地でこれはお薦めできませんなぁ。お隣で食べておられたカルボナーラが劇うらやましく見えました。sweat01

で、〆ようとしたらサービスのカシスジェラートを頂いて、〆て、生ビー1、グラススプマンテ1、白ワインカラフェ1、グラス1で〆て¥9000弱というお得価格。これはおったまげるお安さですな。地雷メニューも一部あるかも?ですが、基本仏蘭西系なメニューを選択しておくのが硬そうな、使えるお店ですな。嫁は個室に入れる人数を確認したりして、会社宴会に使う気満々の模様でした。 夜遅くまでやっておられるので、遅い時間に軽めに飲みに来たいと思います。

 

旨料理と旨ワインのお店 orange
住所:大阪市西区新町 1-23-3 誠和ビル 1F
営業時間:18:00~26:30 月休
TEL:
06-6535-1233