フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

一如庵で二の膳を頂く(2)@奈良県宇陀市

先週、朝のNHKのニュースを見ていると、この季節恒例の「古都の秋」中継をやっていた。今年は京都ではなく奈良の紹介が多かったのは、平城遷都三千年祭があったからでしょうな。

で、奈良方面で紹介されていたのが、長谷寺、談山神社。そうだそうだ、長谷寺は紅葉も綺麗だったんだよねと思い出し、日曜日は長谷寺に紅葉見物!ということに。
で、またまたまたまたまたいつものパターンsweat01で、その御近所で何か美味しいもの、ということになるのだが、更に思い出したのが宇陀市にある、村の一軒屋的蕎麦屋、一如庵。まるで田舎に実家に帰ったような大きなお屋敷で旨い蕎麦を頂ける、都会に疲れた人なら無条件でなごめそうなまったりポイントなのだ。

予約できるかなぁ、と金曜の夜電話したら、11:00からならOKだとのこと。それなら、早めに出て長谷寺を見物してから行ってみることにしたのだ。

1_2

8:00に家を出たら特に混雑もなく1時間半たらずで到着。紅葉真っ盛りの長谷寺はとても綺麗でした。1時間ほどカメラでパチパチとあちこちを撮りまわり、さぁお昼にしようよ!と一如庵に。長谷寺からは車で30分ほどで到着。

1_3

前回ネタはこれなので、もう2年前ですか。。川沿いをうねうねと進むロードサイドにある一軒屋なのだ。

2 店内には既に先客が1組居られ、窓際の2人席に案内される。上手にリノベーションされており、ゆったりできる空間。
席数は結構あるのだが、席間も超ゆったり取られているのでとりあえず、ノンビリできます。

メニューは、予約で二の膳(¥3200のコース)をお願いしているので特に悩むことなく。

蕎麦茶と、ぷっくり膨れた蕎麦せんべいを頂きつつのんびりと料理を待つ喜びよ。はぁ、とりあえずまったり。

山の中の一軒屋、秋も深まりそれなりに寒いのだが、窓際の席は座席にホット座布団完備でお尻からぽかぽかと幸せになってくるのだ。happy01

4

まずは、温野菜の盛り合わせ。ブロッコリーにカリフラワー、蕪にラディッシュ。皿の上には炭塩に柚子、蕎麦の実が散らされている。血液さらさら的一皿。蕎麦の前に、こういう地元野菜を使った和食がコース仕立てで出てくるのだ。

       5

んで更に先付け的一皿。右からサツマイモのゴマ揚げ、かみなり豆腐の寒天寄せ、むかごと春菊の白和え、蕪の寿司(間に大徳寺納豆を挟んである)の四品。目にも綺麗でお味もとても健康的。

6

で、椀物。蕎麦屋さんなので蕎麦がきなのだが、白味噌仕立てで出てくる。ほんのちょっぴりの和芥子がとても利いていて劇旨し。いやー、いいですな、これは。

7

それぞれ量はちょっぴりなのだが、次々と色々出てきて楽しい。南京に牛蒡、白葱の天ぷら。あっつあつをサクサクと。微細粉の海塩で頂きます。

8

んで、いよいよ蕎麦。超細切り。これぐらいの細切りはぱっと思いつかないですな~。が、頼りないことは無くしっかりむちむちとした食感。それに量も予想以上にしっかり。鰹の香りが濃厚なツユもGOODなり。で、蕎麦湯を頂いてほっと一息。

9

んで、ご飯物は赤米?のおこわ。むっちむちと御餅のような食感でこれまた旨し。香の物まで気が配られていて良いですな。美味しいです。

10 デザートとかあるのかなあ、と言っていたら最後の最後の〆は、ゴマ入りの焼き餅が入ったあっさりぜんざい。

日本人に生まれてきてよかったなあ、と喜べる一品。ほっこりまったりできました。

ランチ時は一杯になるのかなぁ、と思ったのだが、当日は遅めの予約の人が多いようで、ウチと入れ替わりで2組ほど来店。ま、予約しておくのが固いお店ですな。

来年は一度、又兵衛桜を見物したいので、桜の季節になったらまたお邪魔したいと思います。推薦!ですな。happy01

(ちなみに、食事後談山神社に紅葉を見に行ったら、神社前に車が長蛇の列。駐車場まで60分!の看板を見て逃げてきました。coldsweats01来年は先に談山神社に行きたいと思います!)

2010年11月29日 (月)

テネレッツア@福島区

いつものごとく嫁はお仕事の土曜日。日曜日は朝から奈良方面に紅葉見物に行こうという作戦で、土曜日のディナーはなんぞ軽めに食べようよという計画を練り始める金曜日。
と、バイクでぶぶんと持ってきてくれるようなアメリカンなフカフカピザではなく、高温窯で1分足らずで焼き上げられたイタリアンなピッツアが久々に食べたいなぁと意見一致。そういうお店で行った事の無いところに行こうと検索を始めると、福島は聖天商店街にもそういうピッツア店が出来たようだ。

お店の名前はテネレッツア。既に開店1年ほどなのだがそういえば福島は最近御無沙汰だよね、と予約して無事席確保。19:30予約でお店に向かうのだ。
しかし、聖天商店街はそんなに広い地域ではないが、行くたびに何か発見のある楽しい場所ですな。大阪の食べ歩きスポットでも天満市場周辺とともに大好きな地域で、劇ウマ洋食のココ真っ赤な辛旨中華、女性にも人気のお洒落な串カツ店ボリューム満点のビストロなどお気に入り店が沢山。焼き鳥屋やお好み焼店もやたら沢山ある。福島駅方面からのんびり散歩しつつお店に向かうのも楽しい商店街だ。

で、お店に。どういうわけだがお店前写真を忘れたsweat01のだが、店内はこういう感じです。

6

カウンター6席に、にカーテンで仕切られた個室に、10人ほど座れる大テーブル(相席用、と言う感じ)それに2人掛けに4人掛けテーブルなど色々なテーブルアレンジが可能そうな結構ゆったりした空間。ご覧のように山小屋風というかウッディな感じでとても清潔。珍しい雰囲気のイタリアンですな。個室はいっぱいのようだったが、テーブルは結構空いていたので4人掛けテーブルに案内される。

メニュー はこういう老眼のおっさんには厳しそうな細かい字でぎっしり。ピッツア用の石釜を利用した焼き物料理が色々あり、ピッツアリア+α、という感じ。結構豊富ですな。明日は早起きなので軽めにね!と嫁に釘を刺されつつ、メイン無しでパスタにピッツアを中心に注文。

2

まずは色々野菜の炭火焼盛り合わせで¥1600。茄子にパプリカ、トマトに玉葱、ぶっといエリンギ、奥のチーズをかけて焼いてあるのはレタスの類だそうな。
ま、お安くは無いが塩分に油も極々控えめでとてもヘルシーですな。エリンギにさっくり感が残るレタスがヒットなり。

3

で、更に石釜焼き料理で有頭しらさ海老の石釜焼。2匹で¥880なり。頭に皮ごとばりばりっと頂ける、ということだが、皮取ったほうが好き。sweat01 肉質ぶりりんとなかなか旨し。

4

マリゲリータにカプリチョーザなど定番ピッツアは9種類。お薦めだというクアトロフォルマッジョ¥1600をチョイス。トマトソース無しで4種類のチーズのみのシンプル此上無し!なピッツア。
北海道産の小麦100%だそうだが、薄めでむっちり感のある旨いピッツアですな。油分も軽いので女性でも1枚ペロリ!とイケそうな、そんな感じ。適当にテーブルに備え付けのピリ辛オリーブオイルを付けつつ、どんどん幸せになってくるのだ。

5

んで、ピッツア2枚にするかと悩んだ末チョイスしたパスタ。地鶏の野菜煮込みトマトソースで¥1300。メニューでリングイネだと思ったら1.4mmほどの細手スパゲッティで登場。(間違い?)ソースは野菜のピューレのせいなのか、非常にまろやかでなかなか旨いが、やっぱこのぽってりとしたソースならフィットチーネとか、リングイネのような太目のパスタが合ったかも。

7

今日は、腹7.5文目で帰ろうよ、という作戦なのだが、やっぱ甘いものは別バラだよね、ということに。嫁チョイスで、少しづつのデザート盛り¥780なり。チーズケーキに洋ナシタルト、右手のはセミフレッドかな。ちゃんとしております。

で、今日はこれぐらいにしといたら!と、生ビー1、白ワイングラス1、ハーフボトルのスプマンテ(¥1800)?で計¥9000チョイ割、だったように記憶。(伝票紛失。。sweat01) メイン料理も石釜を使った旨そうな焼き物がスタンバっているのだが、ワインにカクテルなどドリンク類も豊富ですし、こういう軽い使い方もOKなのがありがたいかも。個室もあるようだし、御近所なら便利に使えるお店でしょうな。happy01

 
 

溶岩石の窯焼きイタリアン&ピッツァ Tenerezza (テネレッツァ)
住所:大阪市福島区鷺洲2-9-15 エイトワンビル 1F
営業時間:
12:00~13:30(L.O) 17:30~22:30(L.O) 火休(祭日の場合営業、翌日休)
TEL:06-6450-0678

 

2010年11月27日 (土)

regal+e (レガル)@京都府木津川市

またまた非常に引きの強いパン店を見つけてしまいました。お店の名前はregal+e (レガル)、京都の南はずれの木津川市、奈良市のほん北側、という位置。

1_2以前、京都の人気パン店、クロアのネタを書いていたら、コメントで御紹介頂いたお店のうちの1軒。近畿圏パンマニアにも既に知れ渡っている人気店ですが、今回はこちらのフレンチに行こう!と思い立って、そこから結構近いので寄ってみる気になったのだ。

で、まったりランチ後、奈良公園方面に向かう道すがらお店に。15分ほどで到着。どことなくかっちょよいパーマ屋さんのような外観。(なぜか写真大失敗。看板だけをご覧あれ。。。coldsweats01

店内に入ると、14:00すぎだったが品数はかなり豊富。ハード系はあまり種類はないが、バゲットに、甘いおやつ系、具がフンダンにトッピングされたお惣菜軽食系など30種類近くはスタンバイ。大阪で言うと靭公園タケウチとか本町パンデュース、みたいな全方位的商品構成ですな。

が、あまり他のお店では見かけない、このお店が大プッシュしているのがバターロール系パン。これは珍しいねぇと数種類、複数個購入し、「今日の晩御飯は、パンとワインだよね」とニコニコと帰ることに。

2

で、これらがそのバターロール系パン。くるっと円形になっているのがバターロールで¥140、曲がり方の違う2種が、それぞれシナモンロール¥150(真ん中?)、シュクレブール¥170なり。ベースはバタールールと同じだが、それぞれシナモンパウダー、蜜をくるくると巻き込んだものだ。 帰ってきて特に火にもかけずそのまま頂く。

3

んで、断面図。こういう空気を含んだ形で、表面はさっくり、噛むとむっちり、という感じ。バターの香りが食欲をそそるが脂っぽさは微塵も無く、ミルク感がある確かに旨いバターロールなのだ。これもそのままよりも生ハムなんぞと一緒にくるっと頂くと良さが倍増しますな。3種類ともそれぞれに劇旨いっす。どことなく懐かしい感じなのもGOODなり。

4

んでベーグルも扱っているので数種類購入。当日はレーズン、チョコ、プレーンがスタンバイ。レーズンとチョコを買ってきた。1個¥170ほどだったように記憶。(チョコは写真割愛)レーズンはころっころと大粒のレーズンがしっかり入っていてなかなか旨し。しっとりむっちり系でなかなかイケてます。合格ですな。

で、1つだけ買ってきた甘いもの系が左のバナーヌで¥160なり。これもパイ生地のようなさっくさくパン。上に載っているのはバナナチップス。全体的にざっくざっくとしたおやつパンで、これはあまり感心しなかったかも。

5

でこれもこのお店で人気の天然酵母クロワッサンで¥160なり。ご覧のように非常に緻密に層が形成されているのが判る。言わずもがなのサックサクでバターの香り濃厚なのだが、噛むと脂がじゅわっとなるような過剰にオイリーな感じではなく、さらりとしていたのが印象的。
ま、机の上がパン屑まみれになるので、普段はあまり買わないのだがこのお味ならたまには買おうかな?という感じ。(クロワッサン自体はこちらのほうが更に好みですが、それぞれに良さがありますね)

とりあえず、バターロール系はパン好き必食のお味。1つこういう他店で買えないような商品があるお店は良いですな。近日中に再訪確実!なお店です。moon3

 
 

regal+e (レガル)
住所:京都府木津川市州見台5-1-1 ライブリー州見103
営業時間:
9:30~19:00 火休
TEL:0774-73-1788

 

2010年11月25日 (木)

ベッカライ・ビオブロート@芦屋

先日行った京都の外れの美味しいパン屋ネタを書こうとしたら、芦屋の有名店ネタを書き忘れていたので御紹介。お店の名前はベッカライ・ビオブロート。パン屋マニアにもとても人気のあるお店で、近畿圏でもベスト3に推されるような、そんなお店だ。有機小麦を石臼で自家製粉して作るこだわりのドイツパンが有名ですな。

1実はもう3回目の訪問。で、なぜに書かなかったというとこのお店の看板商品、クロワッサンがいつも売り切れだったから。過去2回とも日曜日に来たのだが15:00過ぎには在庫切れな模様。電話予約もお願いできるようなのだが、ま、機会を狙っていたわけです。

今年のまったりテーマである、神戸付近温泉銭湯めぐりとセットで立ち寄るには良い場所なのだが、温泉帰りに寄るとまた買いそびれるので、今回は温泉に行く前に立ち寄り無事購入。(車を停めるところが近所に無いのが痛い。)

対面販売方式で、初めて来たと伝えると、全身からパンが好きだ!という波動を放つ店員さんが、親切丁寧に商品説明をしてくれます。happy01

ちなみに 商品点数はそれほど多くなく全部で10点ほどしかなかった。パン生地自体も3・4種類ほどしかなさそうな予感ですな。



2

この3種は前も購入できたもので、奥から薫り高いシナモンロールで¥170、右手がシンプルなクノーテンで¥140、左がシナモンロールに胡桃がプラスされたヌスシュネッケンで¥220なり。どれも生地自体は同じで有機全粒粉100%。軽く酸味がある生地に自然な甘みが乗っている。

ま、美味しいのだが食事用でもなく、おやつでもなく、うーん、みたいな感じで。上質で健康的なのは判るがウチの好みとは違うな、という感想。

3

上の3点だけしか買っていなかったら、多分ネタにはしていなかったと思うのだが、こちらの食事用パンが、激しく旨い。特にクロワッサンは衝撃の劇旨さだった。

奥がその非常に特徴的なクロワッサンで\170なり。層を何十にも重ねた感は少なめで全体的にはしっとりしている。これも有機全粒粉で粒々感が残る面白い食感。それに薫り高いバターが一体化していて食事用として非常にイケている感じ。他の店のサクサククロワッサンとは違って、パン屑が出にくいのでサンドにすると非常に具合がよさそうだ。ご近所にあるデリカテッセン、 メツゲライ・クスダで旨いロースハムを買ってきて挟むと良さが2乗されそうですな。happy01

手前のカボチャの種、それにゴマがくっついたシンプルな食事パンもなかなか旨いっす。(値段はどちらも¥140なり) これもクリームチーズをぬりぬりすると幸せなランチになりそうだ。

4

んで、当然のようにウチ大好物の商品、胡桃とレーズンの田舎パン(本当はドイツ語のややこしい名前)も購入。ハーフで¥445なり。お値段もそれなりにするが、ずしりとくる重量感で、全体的にしっとり仕上がっていて、これもなかなか旨かったです。

ま、全般的にお得なお店ではありませんが、確かに上質ですな。また温泉銭湯とセットで早めの時間に立ち寄りたいと思います。食事パン好きならクロワッサンは必食アイテムですぞ。happy01

 

ベッカライ・ビオブロート (BACKEREI BIOBROT)
住所:兵庫県芦屋市宮塚町14-14
営業時間:9:00~18:30 火・水休
TEL:0797-23-8923

2010年11月24日 (水)

セル ドール@京都 精華町

勤労感謝の日でお休みだった火曜日、ウチの会社は4連休の最終日。
朝のNEWSを見ていると、この数日の冷え込みであちこちの行楽地の紅葉が色づいている模様。月に1度の醍醐寺周辺の恒例行事もあるし、その帰りにどこぞで紅葉見物でもどうよ?ということに。

で、祭日に紅葉で大混雑しそうな京都市内に、それも車で出かけるのはかなり勇気がいるよねぇ、と、平城遷都1300年祭がそろそろ一段落しそうな奈良に行こうという作戦。で、宇治、奈良での移動中に車で行ける美味しいお店!はとググることになるのがいつもの行動パターン。で、困ったときの食べログ頼みで京都奈良県境の精華町にあるフレンチレストランに行ってみることに。 お店の名前はセルドール。住宅街にある一軒屋フレンチだ。

10:00ごろ、用事を済ませる前に醍醐から電話して無事席確保。12:30予約で、宇治から京阪奈道路を使いお店に。こういうことでもないと京阪奈道路など使う用事もないのだが、山沿いを走る自動車道は紅葉がかなり綺麗で、特に混雑もなく快適ドライブ。40分ほどで到着。小高い丘を造成した新興住宅街にお店があるのだ。幹線道路沿いにお店の大きな看板はあるのだが、入り口が幹線道路から奥まった路地に回りこまないといけないので、ちょっとまごつきつつ。sweat01

1

お店の隣に無理すれば6台駐車可能なスペースあり。既に4台駐車中。移動のために車の鍵を預けて席確保。先客は4人組が2組、3人組が1組とほぼ満席。カウンター席もあるが基本そこまで詰めていなさそうな感じ。。食べログ京都フレンチ2位だけありますな、流石。
ランチメニューは¥2900、3900の2種。前菜1種とメインがプリフィックスになっていて、品数の多い¥3900をお願いするのだ。

2

まずは前菜その1はお決まりで、平目のカルパッチョ。どことなく和、な感じがするドレッシングできっちりしっかりした味わい。一口食べて、うはー、飲みてぇと思ったのだが、車なのでノンアルコールビールを注文。(ちなみにアサヒのオールフリーでした) とりあえず休日ランチ気分が盛り上がるのだ。happy01

3_2 お次。いやーちょっと寒かったので非常に嬉しかったオニオングラタンスープ。今正にオーブンから出たばかりで激しく熱々。

玉葱たっぷりでとても上等な甘味。旨みの波状攻撃。。いやーこれは旨いですな。量も程よく言うこと無しです。

パンは自家製なのかゴルフボールぐらいの丸パンでむちっとしたゴミの出ないタイプ。テーブルが汚れないが個人的にはバゲットとかのほうが好みかな。

アコーディオンの調べも軽やかなフォースダンス系仏蘭西民謡にシャンソンなどがBGMで「クラシックではないのだねぇ」とか言いつつ、ノンビリ気分で食事は進行するのだ。

4

お次はプリフォックスの前菜その2。こちらは俺チョイス、雲丹のカクテル。コンソメジュレの下にはころころと生うに、その下はまろやかな雲丹のムース。とろける食感、お味も上等、なのだが食感的には何かもう1つ、遊びがあったほうが更に旨いかも、ですな。

5_2 こちらは嫁チョイス、ずわいがに、セロリラーブ(根セロリ)、ブドウのサラダ。

これもコンソメジュレの下に蟹味噌込みの蟹肉、それに千切りの根セロリ、マスカット!が一体化している。胡桃が食感のアクセントになっている感じ。

お味として一体化しているか?というと悩ましいsweat01のだが、そんなに嫌ではない組み合わせ。なかなかチャレンジングなものを出されますな。。

んで、口直しにヨーグルトのソルベが出て、いよいよメインディッシュなのだ。

6

こちらは嫁チョイス、仏産うずらのグリル 赤ワインソースなり。¥3900ランチのメインとしては非常にボリュームアリ!な一品。塩加減は思った以上に明瞭で火入れもほど良い感じ。付け合せの熱々ラタトゥイユチーズ入りも劇嬉しい一品ですな。旨いです。

7

こちらは俺チョイス、釣り鱈のムニエル、ケイパーバターソースなり。また1つ覚えで白子食ってますがたまたまです。coldsweats01 肉厚の鱈に全体的にふわっと火が入っていて劇ウマ~、な一品。ウズラよりもこちらを推薦!かも。本日一の皿。(いや、スープかな・・悩む。。)

8

んで、デザートは3種盛りなり。手前がメープルシロップのアイス、リンゴのタルト、可愛らしいモンブラン。劇ウマ!ではありませんがどれもちゃんとしていて美味しいです。

9 んで、焼き菓子に珈琲を頂いてノンビリランチ完了。支払いすると、税サオール込み込みで¥3900ぽっきりなのだ。これは非常にお得感が高いですな~。

キッチンは女性・男性シェフ(オーナー御夫妻?)二名、それにサービス担当の女性がお二人の4人編成。サービス自体は、良くも悪くもアマチュアだが一生懸命。メニューの説明もナンも無いが、この辺りに住んでおられる上流階級層向け普段使いランチ場所、のような判っている方向けなお店なのでしょうな。

ウチもあまり判っていないcoldsweats01のだが、お得大好きでサービスは適度にほっとってくれてOKなので、非常に印象の良きお店でした。近所に良いパン屋さんも見つけたので(次回お披露目予定)、また近日やってきそうな予感です。推薦!ですな。

セル ドール (Sel D'or)
住所:京都府相楽郡精華町桜ヶ丘3-26-6
営業時間:11:30~14:00(L.O)、17:00~21:00(L.O) 水休(祭日時営業)
TEL:0774-72-9286

Photo

食事のあとは奈良市内に移動し、国の名勝、依水園(いすいえん)へ。紅葉、とても綺麗でした。