フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2010年8月 | メイン | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月28日 (火)

紫野和久傳 堺町店@京都 烏丸御池

実は本年5回目のインドネシア出張中のスイカです。で、今回も1週間の出張予定なのですが、先週書いておいた(汗)2週間ほど前の京都ネタを1つ。
こちらで劇ウマパンを購入してから、温泉上がりの気分のよさで、何か冷たいものでも食べに行こうか?ということに。で、前から気になっていた甘味処に向かうのだ。場所は地下鉄なら烏丸御池が最寄り駅の、堺町という地域だ。お店の名前は紫野和久傳 堺町店。和久傳といえば会席料理や、以前ご紹介した高級なお弁当が有名だが、こちらでは美味しい和菓子をいただきながらまったりできるのだ。

1

近所のコインパーキングに車を停め堺町に移動。なかなか京都らしい風情のあるお店ですな。このお店のお向かいが、以前こちらで御紹介した、甘味処、月ヶ瀬の堺町店という甘味店密度の高い地域なのだ。

2

1階は和菓子やお弁当が買えるショップ、2階が茶菓席になっている。とんとんと階段を上がると奇跡のように空いている店内。いやー風情ありありですな。メニューを確認すると、お茶菓子が結構色々そろっていて、魅力的なセットモノ多数。暫し悩んで注文。

3

俺チョイスは、作りたてワラビ餅のセット。今練り上げました!みたいな熱々なわらび餅の真ん中にあんこの玉が隠されている趣向。香ばしい黄な粉が素敵なお味だ。それと冷茶がなんともまろやかで旨い。甘露、とはこういうのを言うンだろうなおぁ、というようなまろみのあるお味で非常に旨かったです。 確か¥1050とか、こういう高級店ではお手ごろなお値段ですな。

4

嫁チョイスの抹茶ソルベ。わらび餅もちょこんと可愛らしいのが付いてくる。カキ氷ではなく、抹茶が溶け込んでいる濃厚なシャーベットだ。これも見事に粒がそろったあんこがピカピカと輝いていますな。。 ¥850ほどだったように記憶。高級和菓子店とすると非常にリーズナブルな価格設定。お味もGOODなり。

5 ゆったりと時間の流れる店内。良いですなあ。格子窓の隙間からあふれるこぼれ日に小さな花瓶に指された秋花が揺れるテーブル。

なんとも贅沢なひと時でした。意外に空いているようなので、超お勧めポイントです。とてもまったりできました。

 
 

◆紫野和久傳 堺町店
住所:京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町679-20
営業時間:茶菓席  11:30〜18:30(L.O.18:00) 年末年始休
TEL:075-223-3600

 

2010年9月23日 (木)

鶏一途@神戸 住吉

またまた神戸方面で温泉銭湯三昧だ!という計画を立てた3連休の中日、日曜日ネタ。
今回は電車でのんびり移動して、神戸周辺で晩御飯を食べて帰ってこようよ、という作戦。

日曜日お昼前、有馬街道にあるスーパー銭湯、すずらんの湯の休憩室から晩御飯どころにピックアップしていたお店に電話。で、某食べログで非常に人気が高いので気になっていた焼き鳥屋さんの20:00からの予約が取れる。すずらんの湯で15:00ごろまでまったりし、六甲を下って2週間前にやってきて気に入った湊川温泉で、再度1時間ほどまったり。
ようやくほんのり秋めいてきた近畿地方、湯上りの気持ちよさで、湊川から神戸、三宮まで散歩。元町の高架下や中華街を久々に見学して、気が付いたら19:30。さぁさぁ焼き鳥だ!とJR三宮駅に移動。三宮から東に7分、住吉駅で下車し駅から徒歩5分足らずでお店に到着。

お店の名前は「鶏一途」(とりいちず)、開店前に150店以上の焼き鳥屋を食べ歩いたという焼き手の御主人、野菜ソムリエの資格を持つ奥様、という要するにマニアな御夫婦2人だけでやられている小さな、でも結構ゆったりした焼き鳥屋さんだ。もちろん満席状態、2周目。(またまたお店前写真失敗。。。sweat02

クラシックが小さく流れるなかなかお洒落な店内。カウンター上にはワイングラスがディスプレーされ、黒板にワインリストや生の果物を作ったサワーなど、色々こだわりのあるメニューが並ぶ。こだわりは黒板だけでなく、メニューやお店のHPでも見て取れる。とりあえず、こだわりバリバリですな。。happy01 こだわりに負けないよう頑張って書くことにします。sweat01

メニューを確認。単品でももちろん注文できるのだが、¥3000と¥3500のコースがあり、色々試してみることができそうなので、そちらをお願いする。尚、予約時に「鶏刺身は取り置きできますよ」と言われたので、それもお願いしておいた。綺麗に注がれた旨い生ビールで乾杯し、暫し料理を待つのだ。
突き出しは鳥皮と玉ねぎのポン酢和え。そういうのから何気に旨し。。今回、写真が大変多いので写真は省略。

1

で、暫しの後刺身登場。ズリ、笹身、ムネ、心臓、それに中央にででんと鎮座する白キモ。醤油、ゴマ油は用意されておらず、2種類の塩と山葵のみで頂く。自信があるから醤油をださないんでしょうなぁ。白ギモはいつもあるわけでない、とHPに書いてあったので本日はラッキーかも。happy01 生臭さ丸で無し、新鮮この上無きお味、というのはこういうのを言うんでしょうな。激しく旨いです。

2

で、野菜の前菜盛り合わせ。手前から、ゴーヤとクリームチーズをおかかで合えたの、もやしと茄子、せせりを茹でたの、オクラの煮びたし、サツマイモと無花果のサラダ、小松菜と長芋に酸味を効かせたゼリー状のドレッシングが乗っかっているの、の5種。
どれも野菜の味を前面に押し出した押さえた味で、家庭的、且つ健康的な組み合わせですな。特にゴーヤはウチでもやってみたくなりました。量もしっかりでこれだけで飲めます。。

3_2 で、ビールの次は何を飲もうかな~と悩む。ドリンクメニューも非常に豊富。

で、フレッシュな果物や野菜を使ったサワーがあるのが楽しい。写真は健康そうなのでついお願いしてみた生トマトサワー。トマト1個丸々をガガガガガガーッと、ミキサーでサワーにしているのだ。

綺麗なサーモンピンクで、これはなんだ!と驚くような色合いですな。アルコール度数も低めでとても飲みやすいお味ですな。
これ以外にも、グレープフルーツにキウイにライム、季節代わりメニューでピオーネがスタンバイ。ピオーネも飲みましたが、そんなに甘くなく、すんなりいただけました。旨いっす! お値段は¥500はしなかったように記憶。

4

4皿目は生ムネ肉が入ったサラダ。アボガド、山芋が印象的。単品なら¥680とかそういうお値段。あおさのりを使ったというピリ甘辛い感じのドレッシングが旨し。量も随分たっぷり。

5

流石に冷たいお料理が続くので、そろそろ焼き物が欲しいなぁ、と思ったら出てきた、せせりの黒胡椒焼き。キャベツの千切り、それに刻みネギを乗っけてくるっと巻いて頂くと、シャキシャキとしたキャベツのさっぱりさ加減と、ほとばしる鶏の脂がナイスマッチング!なお味。黒胡椒LOVEな一品。

6

でお願いしたコースが焼き野菜3品+串5本。15mmほどの肉厚に切られた山芋。上に乗っかっているのは甘口のお味噌。これだけ厚めに切ってあるとホクホク感とさっくり感が同居する歯ごたえに。焼鳥店で一番好きな焼き野菜で、嫁ともどもニコニコ。

7

感動の大きさに合わせて、普段のネタより、ちょっとでかめの写真にしてみました。happy01
上、ようやく出てきた串物で、雄の皮。塩で頂きます。こちらのお店では、何種類かの部位は雄・雌で食べ比べができるようになっているのだ。それぞれ違った持ち味があるようで、雄の皮はバリッとした歯ごたえを楽しむようなしっかりした食感。ちょっと厚手で食い応えあり。
下のねぎ身は、やや大きめのサイズにさっと火が入った感じで、噛むとおつゆがほとばしりでる、超フレッシュ感のある焼き鳥ですな。これも塩。

8

お次の焼き野菜。ミニトマトで「アイコ」なる品種。上にバジルソースとオリーブオイルを垂らしてあるイタリアンな一品。皮が薄めの品種のようで、急いで口に入れると熱々で大変。トマトも大好物なので、更にニコニコ。

9

上、つくね。パン粉をまぶした京橋のうずら屋と同じ方式だが、こちらはパン粉がやや少なめ。脂分の少ない部位で割るとおつゆじゅわー、ではなく、ふわふわほくほくを目指している感じ。でっかくて食べであり。
下、随喜の涙を流したぼんじり。噛むと通常の脂ジュワーの3倍量、のジューシーさ加減。旨い、言葉を失うほどに。。ま、ヘタな文書では表現不可能。本日1メニュー。

10

青茄子の炭火焼。これも焼きあがってから、昔ながらの木製の鰹節けずり器を出してきて、マスターがしゃっしゃっしゃと鰹節を削り始めるのだ。こだわってますなぁ。トロトロになるところまでは焼いておらず、フレッシュ感を残しているのが面白い。

11

で、あまりのビジュアルに、出てきたとたん写真を撮る前につい一口食べてしまった背ギモ。これは見ての通りのタレ焼きですな。火の入り抜群、タレもしっかり甘辛口で好み。いやー、レベル高すぎですな~。鶏に対するイメージがまた変わっちゃうほどに。

12

で、〆には親子丼や焼きおにぎりなど魅力的メニューが並ぶのだが、コースなのでこのお店オリジナルメニュー、「鶏パン」が出てくるのだ。海老パンの鶏バージョンなのだが、なかなか面白いお味。海老パンを超えているか?と言われると、いやー、まー、なんというかー、なのだがsweat01、炭火でさっと焼いたバゲットもなかなか旨いね、と感心。流石にお腹一杯になり、焼き物を追加しようか?という野望は木っ端微塵に打ち砕かれました。轟沈ですな。(お隣が食べていたでっかい手羽先にむしゃぶりつきたかったなぁ~)

13

で、〆のデザートはほんのり上品に甘い無花果で、とりあえずお腹も心も超一杯になりました。。いやー、大満足なり。

HPの予約注意事項を読むと、子供さんおことわりとか色々詳細な注意書きが書いてあるので、どんないかついおっさんがやっている店なのだ!と考えつつやってきたのだが、偉そうにふんぞり返っているようなお店ではなく、サービスも一生懸命で気分よく食事できました。小規模家族経営飲食店を楽しむコツ(ワインなど飲み物をちびちびやりつつ、トークで時間つぶしできること)を心得ている人なら無問題な、非常に美味しいお店です。
100%、再訪確実なのですが、ウチから1時間30分ほどかかるsweat02のが唯一の欠点ですな。いやー旨かった。御近所が超うらやましいぞ、と。

 

◆鶏一途(とりいちず)
住所:神戸市東灘区住吉本町1-4-4 ASビル1F
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00) 木・第3水休
TEL:078-857-1795

 

で、生ビー2、フレッシュサワー2、冷酒1、白ワイン1とちゃんぽんで色々飲んで、〆て¥11000ほど。 お値段もこの質なら大納得なり。ま、鶏好きなら一度ぜひ挑戦を。

2010年9月20日 (月)

ベジキッチン やまつじ@北浜

5年ほど前、大病を患ってから毎日1万歩のウオーキングを日課にしているのだが、自宅から徒歩25分の通勤という近場なので、通勤途中で超遠回りして大東市の自宅周辺をうろうろ歩き回っている毎日。(最近、本業が馬鹿忙しいので滞りがちだがsweat01
で、なぜだか料理も趣味の1つにしているので、近所のスーパーがウオーキング中の定番立ち寄りどころに。俺が晩御飯の調理担当日は大体、どこかのスーパーで買い物しているのだ。
無花果がぼちぼち安くなってきたなとか、都会で季節感を感じられる数少ない場所ですな。大規模チェーン展開していない地元密着系の八百屋さんや魚屋さんなどのお店に足しげく通っていると、このお店は新しいチャレンジングな食材を扱いだすのが早い、とか日本海側の旨い魚があるとか、肉が安いとか色々得意分野があるのがわかって面白い。週に2・3回ほどはそういう主夫活動に勤しんでいるのだ。sweat01

長い前フリだが、今日はそういうような北新地の老舗八百屋が、北浜にお洒落な八百屋兼野菜料理レストランを出しておられるので、覗きに行ってきた。お店の名前はベジキッチン ヤマツジ。北浜のビジネス街のど真ん中、道修町にある。

1

3連休の初日の土曜日、嫁はいつものごとくお仕事で、日曜日は神戸方面に旨いものを食べに行く予定だったので、なにか健康的で美味しいものを、とチョイスしたのがこちら。珍しく予約していなかったのだが、19:00ごろお店に到着。ほぼ半分ほどの席は埋まっていた。予約で一杯のようで4席だけのカウンター席しか空いてないといわれたが、無事席確保。健康的な野菜料理メインなので、お客さんは女性がほとんどですな。。
店舗の半分が色々こだわりの食材がならぶ八百屋、2年前の開店当時は野菜バールのようなお店だったと思うのだが、現在は週末の夜メニューは¥3000のコース1本だけ。ちなみにメニューがこちら。 パスタは2種からチョイス、メインは3種で適宜加算される方式です。

3

まずは前菜。右手はインカのめざめ、なるジャガイモのトマト煮。真ん中はパープル鳴門、という紫芋と北海道産の「栗マロン」というカボチャ。味濃いですな~(気に入ったので帰りに1個購入。中ぐらいのが¥698と、ま、ええお値段ですが)左手は焼き茄子に茗荷とオリーブオイル。これは、家でもやってみたくなりました。

4 紫色のジャガイモ「パープルインカ」のおかげで、全体的に妙な色合いですが、野菜とソーセージの入った具沢山のスープです。

ビーフコンソメベースの予想以上にしっかりしたお味でなかなか旨し。

5

俺チョイスパスタ類から、トマトベースの大麦のリゾット。大き目の甘いカボチャと人参のおかげでボリュームもけっこうアリ。健康的ですな、の一言。

6

嫁チョイスはリングイネ。大葉の浮いたスープパスタですが、ビーフコンソメ系なのか見た目以上にしっかり味。こりりんとしたシャッキリ感の残る薄切りのカボチャが面白い食感ですな。

9で、メインの前に野菜のオーブン蒸し。小松菜、ブロッコリーに加賀太胡瓜、アスパラにトマト、大きなはたけしめじなど。それを鶏ベースのあっさりダシで蒸した、シンプル此上無いお料理。

それに、ガーリックとドライトマトとあわせたフレッシュ感のあるオリーブオイルか、自家製の胡桃味噌と岩塩をあわせていただく趣向。ま、素材感そのまんまの健康的なお味ですな。小松菜の渋味が美味しい。

胡桃味噌などの野菜につけていただくと美味しいトッピング用味噌類はお隣の八百屋さんコーナーでも販売中。(¥600弱ほど。これも気に入って1つ購入)





7_2

メインはハーブチキンソテーのサラダ仕立て。ま、予想通りの健康的なお味なんですが、特筆すべきは合わせてある天然酵母パンの旨さ!。ムッチリ感と適度な力強さのあるパンで、「フィセルを更に歯ごたえある感じにしたようだよね」と、嫁と予想していたら、谷六にあるgout(グー)の食事パンだとのこと。goutは数回買ったことあるのですが食事パンはノーチェック。次回は買うことにします。いや、旨かった。。

8

野菜メインなのでお腹具合はどうだかな~と思ったのですが、予想以上にしっかり量で結構お腹一杯。デザートとお茶は別料金だが嫁はもちろん甘いものは食べるよ!と梨のパンナコッタを注文。¥450とかそういうお値段で、お持ち帰りも可能です。シャキシャキしておつゆ溢れる梨がまろやかなパンナコッタと非常に良く合っていて旨し。

ワイン類などもあまり聞いたことに無い北海道産の「宝水ワイン」を出しておられ、「ナイヤガラ」という葡萄感溢れるフレッシュな白ワインがなかなか面白いお味。野菜のカクテルも色々揃っていて嫁はキャベツのカクテルなどを注文して喜んでいました。で、結構機嫌よく飲んで、生ビー2、白ワイン2だったか3だったか、野菜のカクテル1で〆て¥9000なにがしだったように記憶。

野菜メインでお腹にもたれないイタリアン、という感じですかね。最近、ちょっと野菜不足だな!と思ったときに思い出すと良いお店かもしれませんな。チョイ、推薦。
併設している八百屋さん部門は、良いお値段ですが、あまり他ではお目にかかれない野菜が色々ありなかなか楽しい商品展開。料理好きなら楽しめると思いますな。。

 

 

◆べジキッチン やまつじ
住所:大阪市中央区道修町1-2-11 アルテビル道修町 1F
営業時間:11:00~22:00 日祝休
TEL:06-6201-5550

2010年9月15日 (水)

中国料理 かなめ@御幣島

土曜日の晩御飯ネタを1つ。
長い長い暑い夏も、ようやくちょっとだけマシになりつつある9月中旬。が、仕事が嫁ともどもハードワーク続きで流石にお疲れ気味。で、家族会議の結果、晩御飯は美味しくて多少カロリー高めなものが良いよなぁ、と意見一致。そういえば最近中華料理を食ってないよね、久々にどこか行った事が無いお店に行こうよ!ということに。

某食べログで調べると、東西線は西淀川区、御幣島(みてじま)なる駅に、旨い広東料理を食わせるお店があるらしい。まったく過去降りたこともない駅なのだが、大東市の我が家からは電車一本で行ける、ある種便利な場所だ。前日に電話を入れ、20:00とちょっと遅めの時間で予約OK。土曜日、仕事帰りの嫁と北新地駅で落合い、御幣島に向かう19:30。

お店は御幣島駅から北にただただまっすぐ5分チョイの位置。間違いようのないわかりやすい場所だ。またまたうっかりしていてお店前写真をわすれました。sweat01 

2_2お店はコじゃれたカフェかバーのような感じで脂ギッシュ感はまるで無し。インストのJAZZナンバーが軽やかに流れる店内。1階は2人掛けテーブル席が6つほどで既に満席。予約している者だと伝えると、2F席に案内される。2Fは、4人掛けテーブルが2、6人掛けが1つ、の編成でかなりゆったりした作りだ。

サテ何を食おうか?と メニューを確認。季節代わりのメニューが30種類弱、グランドメニューも40種類チョイあるので、種類は豊富だ。オーナーシェフは神戸にあるホテルで修行されていたらしいですな。HPに書いてありました。

アワビや伊勢海老など高級食材も頂けるのだが、今回は軽めにね!と厳選4種をチョイス。まずは生ビー(麒麟一番搾り)を頂きつつ、前菜。

自家製なのか生湯葉を甘酢で合えたもの。ちゅるんとしたなまめかしい食感で、ひんやり旨し。さぁ、これから何が出てくるのか期待しちゃいますな。

3

まずは、前菜でお願いした北海道ホタテ貝柱の中華刺身サラダ和え。山椒ソースがぴりりと効いていて¥1470なり。白髪ネギに香菜、ベビーリーフやレタスにワンタンの皮、砕いたピーナッツと新鮮なホタテをざっと合えて、香り高い山椒ソースとともに。
フレッシュ感溢れるソースが非常に美味しかったので、全部使わずそのままキープして、他料理も試してみたりして。happy01

4

お次。干し牡蠣の煮込みの天ぷら。山椒塩風味。戻した干し牡蠣をほわっさくっとした衣で包んだ熱々天ぷら。これは初めて食べましたが、なかなか旨いものですな。気に入りました。付いている山椒塩だけでも一杯飲めそうなお味です、の¥1570なり。

5

で、一緒に乗っていた食べられるお花。なんだろう、ねっとり感があるので、つるむらさきですかね? なかなか珍味でした。

6

レギュラーメニューから、広東料理店でついお願いしてしまうお気に入り、春巻き。4本で¥630とリーズナブル。外は香ばしくさっくり、中はとろりんと劇ウマ。が、脂のキレが良く全体的にはさらりと軽やか。これは非常に気に入りました、大推薦。このあたりで相当ご機嫌になってくる我々だ。happy01

7

牛肉細切りの味噌炒め、中華クレープ添えで¥1260なり。牛肉と白髪ネギをくるりんとむっちり食感のクレープに巻いてぱっくり頂く趣向。甘味噌味が超濃厚で旨し。いやー、このお店外れないですな~。

8

レギュラーメニューから追加した豚フィレ肉の酢豚。Sサイズ、Lサイズが選べるのが色々食いたい派の我々には非常に嬉しい。これはSサイズで¥840なり。
一般的なバラでなく、わざわざ脂身の少ないフィレで作っているのがこのお店のこだわりですな。が、黒酢を使った予想以上にしっかりソースが皿をべろんべろんと舐めたいほど美味。金芯菜に玉葱たっぷりの健康的お味。旨いです。

9

〆メニューも非常に豊富なのだが、嫁と協議の上今回チョイスしたのは海鮮土鍋あんかけ炒飯で¥2050なり。玉子にネギ、以上!のようなあっさりぱらんぱらん炒飯に、海老にイカ、貝柱の角切りがごろんごろんと大量に入った塩アンをたっぷり絡めていただく趣向。じゅわわわわわわ~と激しく蒸気を上げて、部屋中に旨そうな香りが大充満。これはたまりませんな。。happy01
お味はもちろん量もしっかり目で大満足。デザート類も色々あるのですが、今回はこれでギブアップなり。いやー旨かった。

 

以上で〆て、生ビー2、紹興酒2で¥9000ほどという超納得価格。。。あまり飲まなかったのもありますが、このお料理でこの質で考えるととてもお安いですな。お洒落だしお得なコース料理も揃っているので、4、5人でちょっと良い日に使うのもよさそうな感じ。
全般的に油の使いかたが非常に巧みで、上品で上等なお味です。アワビなど制覇してみたいものが色々とあるので、東西線を片道25分ほどかけて通ってみたいと思いました。この1年ほどで行った中華では最大のヒット!。近日中にまた来ま~す。

 

◆中国料理 かなめ
住所:大阪市西淀川区御幣島5-9-13
営業時間:11:30~14:30(L.O.14:00)  17:30~21:30(L.O.21:00) 火休
TEL:06-6472-3247

2010年9月13日 (月)

クロア@京都 鷹峯藤林町

暑い季節にお風呂屋さんめぐりする妙な趣味の我が家。先日の神戸温泉銭湯めぐりの次のネタは、以前から懸案だった、滋賀にあるスーパー銭湯にまったりしにいくことに。

2

で、今回のお風呂は、「スパリゾート雄琴あがりゃんせ」。場所は、雄琴温泉。昔なら女性に「休みは雄琴にお風呂に入りに行く」というと、色々と差しさわりのありそうな場所sweat01だったのだが、最近はこういうスパリゾートもある御家族連れで行ける温泉街に変身中。とにかく、わが町大阪府大東市から高速道路を利用すると1時間20分たらずでついてしまう便利、且つ、お手軽に小旅行気分を味わえるのがよろしい場所だ。

10:00開店でほぼオープン時間に到着。1日温泉に入り放題で土日祝は¥1550。普通なら、え!高いじゃん!と思うのだが、店内はマッサージ器やぶるぶる式アスレチックマシンが無料だったりとお風呂以外の設備が充実。琵琶湖を眺めながらまったりできるリクライニング式のチェアが沢山並んでいて風呂だけでなく、1万冊もある漫画本を読んだり、うたた寝しながら、ノンビリだらららーっとできるのが非常によろしい。温泉そのものは、ま、そんなに特徴は無いが平日に行くと激しくノンビリできるでしょうな。経営母体がこってりラーメンで有名な、天下一品だ、というのも意外な感じ。

で、漫画本を読みながら1日ゆったりしたかったのだが、貧乏性な我々は15:00にはお目当てのパン屋さんに行こうぜよ!と、更に京都市内を目指す。

1

で、山中越えを通って約40分。やってきたのが、京都市の北西はずれにある北区鷹峯藤林町。以前から行きたい!と考えていたパン屋さんにやってきたのだ。
お店の名前はクロア。最近、毎月1度は買いに行く黄檗にあるパン店、たま木亭とともに京都を代表するパン店ですな。とりあえず、たま木亭もかなり辺鄙な場所だが、ココは更に辺鄙度では遥かうわ手を行きそうな、そんな感じですな。

2_2 お店は、佛教大学の北側で結構きつい坂路を登ったところにある。以前からママチャリでアタックできる場所なのか、一度車で行って確認してみよう!と思っていたのだが、変速機付のスポーツサイクルか、電動アシスト付で無いと厳しそうな感じだ。市内中央部からママチャリで行くのはもうちょっと涼しくなってからにしたほうがよさそうだ。

んで、近所をぐるぐる回って車が止められそうなところを探し、お店に。

16:00前だったのだが、店内はこういう感じで、なかなか良い雰囲気のお店なのだ。品数も20点弱ほどはありそうな感じですな。

で、なんのパンの仕込み中なのかむせるほど超甘く生姜を炊く香りを感じつつ、暫し悩んで厳選7点、計¥1400ほどを購入。(しかし、あの生姜は何に使うのだろうか。。。)



3

晩御飯はパン!と、帰ってきてからちょっと良いワインを開けて早速頂いてみることに。で、まずはおやつ系パンを御紹介。
奥左は焼きカレーパン。優しい味の甘口のキーマカレーが入っているが、スパイスの香りもしっかりで相当旨い。奥右、食事用なのか胡桃とオニオンのパン。手前左は、柚子餡が入ったアンパンで大きな胡桃がトッピング。非常に上品且つ旨し。一番気に入ったのがカボチャの種のくっついたパンで、中にも滑らかなカボチャ餡がたっぷり。とても自然な甘さでウマい!
どれも材料から上質だな!と感心する味わい。。

4

で、特に気に入ったのが食事パンで、スイートコーンの入ったリュスティック。むちむち生地にフレッシュ感のある非常に甘いコーンが激烈に合う!  これらのパンは¥168~¥178ほどと、お値段もお手ごろ価格。たま木亭を超えるか?と言われると、サイズも幾分小ぶりだが、このお味なら全然納得ですな。

で、超超超感心したのが、全部お食事系パンなのだ。たま木亭のお惣菜系パンやおやつ系パンは超お得且つ存在感ありありで、どれも非常にお薦めできるのだが、お食事系パンはあまりウチの口には合わなかった。(尚、我が家では、パンドミは買わないので知らない)
こちらでは、食事系パンがとてもウマそうに見えたので、しばし悩んでフリュイ・セックと、胡桃とレーズンの入った田舎パンは外せないでしょう?と、ハーフサイズを購入。

5

フリュイ・セックはハーフサイズで¥315なり。ドライフルーツとナッツ類もたっぷりだが、パン生地とのパランスもちょうど良い感じ。ドライフルーツのシロップで戻した加減も程よい柔らかさでちょうど良い。大阪でフリュイ・セックというと、ウチも大好きな本町のアッシュがあるが、あそこのフルーツ練りこみ系パンは、あまりにフルーツが多すぎで既にパンの領域をはみ出しているような気がするので、こちらのほうが随分パンらしい。

それに特筆すべきはライ麦のパン生地で、パサツキ感がまるで無くむっちりと頃合の柔らかさ。生地自体にそれほど重厚感は無いのだが、いやー、これはウマい。。。。ウチのフリュイ・セック選手権、暫定№1としたいほどだ。

6

で、こちらは、レーズンとくるみのカンパーニュで、ハーフで¥242とお値ごろ価格。こちらは適度に空気を含んでいるが、むっちりと水分を含んだ生地が劇ウマ。トーストするより、薄切りにして、そのままわしわしと頂きたいウマさ。これも大推薦です。

また1件、京都に行くと立ち寄りたいお店が増えたのだが、とりあえず、車で無いとちょっと近寄るのが大変なのが唯一の欠点ですな。。次回はバゲット等を攻めたいと思います。いやー、ウマかった。。

 
 

◆クロア
住所:京都市北区鷹峯藤林町6 長八館 1F
営業時間:
9:00~18:00 火・水休
TEL:075-495-6313