フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2010年5月 | メイン | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月23日 (水)

TRE VERDI(トレ・ヴェルディ)@京都 宇治

三室戸寺にアジサイを見に行く前に立ち寄ったイタリアンネタを1つ。
梅雨になったら行こう!と狙っていた三室戸寺。それなら美味しいランチをセットで!となるのがウチの毎度のパターン。で、食べログなどをつらつらと見ていると、三室戸寺から車で5分圏内の宇治に人気のイタリアンがあることが判明。ランチ予約OKだというので、当日の9:00に電話したら予約が取れた。ラッキー!と、お店に向かう開店時間の11:30。

場所は京阪宇治駅の道向い、府道247号線沿いにある。お店前写真を忘れたのですが、最近多用しているこの写真をどうぞ。周りは観光地、宇治のお土産屋さんが並んでいるのだがごく自然に溶け込んでいる。2008年3月開店の比較的新しいお店だ。

開店5分過ぎほどにお店に到着。お店前には「予約で満席」の掲示が。店内に入ると既に半分ほど席が埋まっていた。カウンター5席、2人テーブルが12席。こじんまりしているが、宇治とは思えないお洒落な店内。つんつん頭のお若いシェフと御年配の女性がカウンター内で忙しそうに調理中。あと、すらりとしたサービスの女性が1人。予約していることを告げるとテーブル席に案内される。

ランチメニューは3種。詳細はこちらをご覧アレ。一番お高いので¥2400と比較的リーズナブルな設定だ。折角なのでそれを2つチョイス。本日のパスタ3種、メインは魚・肉からチョイスできるプリフィックスになっている。

2

まずは前菜。新玉葱の冷たいポタージュ、カポナータ(ジャガイモが入っているのが好き)、鴨の燻製のサラダ、海老と帆立のマリネ。どれも塩分控えめな健康的な味わいですな。

3

俺チョイスパスタは、鶏燻製のクリームソースペンネ。しっかりとした鶏の燻製臭と軽めのクリームソースが劇マッチ! グリーンペッパーをぴりりと効かせているのが旨さ倍増。 これは大感心の一品。

4

こちらは嫁チョイス、自家製ソーセージと万願寺唐辛子のオイルパスタ。定番の組み合わせですがオイルは完璧乳化。唐辛子の意外なほどのピリリ感が劇GOODですな。。

5

結構パスタもしっかり量だよね、と思ったら、メインの皿も結構しっかり。嫁チョイスはいさきのハーブローストなり。フレッシュ焼きトマトソース、みたいな健康的な一品。

6

で、こちらは俺チョイス、子羊もも肉のトマト煮こみ。ほろっほろに煮込まれた柔らかい子羊にうっとり。味付けもはっきりくっきり明瞭。このお店では魚より肉系の方が好みかも。量も程よいレベルだ。

7_2 2周目からは予約なしでも受け付けているようで、13:00過ぎからポツポツ外に並ぶ人も居る盛況ぶり。

早めに席を空けてあげようか?と、嫁と相談していたらでてきたデザート。紅茶とナッツのケーキ、マンゴーのパンナコッタ(というかムーズみたいな)、それにミルク紅茶味ジェラートに、グレープフルーツとシャンパンのゼリー。これは充実していますな~。happy01happy01happy01 それにどれも標準以上に旨し。特にマンゴー味のパンナコッタが旨かった。

で、最後に俺はエスプレッソ、嫁はストレートティを頂いて充実ランチ完了。いやー、お腹一杯、幸せ一杯になりました。しかしデザートが良いと全体の印象が更に良くなりますな。¥1800でワンプレートランチがあるのですが、お隣で食べていられたそれが非常にお得そうに見えました。お薦めです~。

◆TRE VERDI(トレ・ヴェルディ)
住所:京都府宇治市東内 13-2
営業時間:
11:30~14:30(L.O) 17:30~21:00(L.O) 水休
TEL:0774-20-9545

2010年6月20日 (日)

京都へ行ってきたMEMO100620@三室戸寺のアジサイ

諸事情で、昨年11月から毎月1回醍醐寺周辺に用事があるのだが、梅雨の季節になったらぜひ行きたい!と思っていたのが、「花の寺」で名高い三室戸寺(みむろとじ)だ。
で、あまり天気の麗しくない週末、そうだそうだ、今週は醍醐に行くついでに三室戸寺に行こうよ!ということに。

お昼前に自宅を出発。出るときは雨は降っていなかったのだが、第二京阪で枚方を超えた辺りから雨がぽつぽつと。11:30には宇治にあるイタリアンに到着。(また後ほどネタに) お店に入るときは叩きつけるような雨だったのだが、1:30後お店を出ることには一応雨が止んでいた。そのまま寺のそばにある駐車場に移動。(後払いで¥500なり)

1

入山料は¥500なり。花のない冬に一度覗きに来たのだが猫一匹いなかった。今日は駐車場から満車状態で、山門をくぐると大勢のアジサイ見客でいっぱいだ。

2

先におまいりをすまそうよ、と急な石段を登り本堂に。本堂前には大きな鉢に活けられた蓮が、大きなつぼみを膨らませていて、そろそろ咲きますよ、見たいな気配。3

お寺の花情報blogによると、今日二輪咲いた様だ。来週辺り綺麗な予感ですな。。我々はごったえす本堂をあとにして、早速アジサイ園に向かう。

4

おー、関西人なら一度はローカルニュースで見た記憶がある風景ですな。なんと1万本のアジサイが植えられているのだ。(ちなみにツツジは2万本)

42

いやー、これは凄いですな。。。。。。。昼すぎに降った雨つぶをつけ、生き生きとしたアジサイが美しい。(湿気も凄いのですが。。。。)

5

色々なアジサイ、その1

6

色々なアジサイ、その2

71

色々なアジサイ、その3

7

こういう「赤」と言えるほど鮮やかな色のアジサイもあるのだ。これは美しいですな。

8

色々なアジサイ、その4で赤いアジサイのアップ。

9

色々なアジサイ、その5。和テイストな色合いですな。。

10

色々なアジサイ、その6。本格的アマチュアカメラマンや、携帯で写真を取るライト系カメラマンまで色々な人が梅雨の晴れ間を楽しんでおられました。。1時間ほどあちこちで写真を取りまくって、さぁ次はあのいつものお店に行こうよ!ということに。

12

ここまで車で来たら、お土産はもちろんたま木亭のパンで。ここ半年、毎月来ているのでおよそメニューは制覇したのですが、お気に入りは今トレイに乗せているようなものですな。。で、醍醐でいつもの用事を済ませて17:00過ぎ帰宅。梅雨の晴れ間を有効活用できた良いお休みになりました。happy01


2010年6月18日 (金)

VIN SANTO (ヴィン・サント)@神戸市灘区

ちょっと前、六甲道にあるお洒落なイタリアン、トラットリア レットに行ったネタを書いたとき「魚の美味しいイタリアンがもう1件、レットの近所にあるよ」との情報。
日曜日、またまた六甲道の天然温泉銭湯にのんびりしにいく作戦で、それならその旨い魚イタリアンでランチでも!ということに。当日朝、予約を入れようとTELしてみたら、土日のランチは予約は受け付けておらず、早いもの勝ちですよ、ということだ。

お店の名前は、 ヴィン・サント。朝から雨がそぼ降る日曜日。、我が大東市から阪神高速を使って1時間足らずで、お店があるR2の徳井交差点前に到着。PAは無いが徒歩数分の近所に数箇所コインPA完備だ。(※6/20追記:PAあるようです。コメント欄参照↓)お店前の写真を忘れたのですが、こちらにあります。向かって左隣のお店の「刀削麺」の赤い巨大看板が否が応でも目に入りますな。(それも気になるかも。。。。)

12:30ぐらいに到着したのだが、強い雨のおかげか半数ほどの入り。20席ほどのこじんまりしたお店だが、オープンキッチンの中はハンチングにTシャツ姿のシェフ3名が忙しく調理中。サービスのお姉さんにテーブルに促され、さぁ今日は何を食べようかということに。

ランチは¥1000、1500、2000の3種類。¥1500は前菜とパスタのランチで、¥1500のは前菜とメイン料理、¥2000はそれにパスタが付くという構成。パスタは2種、メインの魚料理が大変豊富でランチだと言うのに6種類からチョイスできるのだ。確かに魚好きには非常に嬉しいお店ですな。(ちなみに肉料理はありません~)お茶は別価格で¥300、それにデザートもつけると+¥500という色々組み合わせ。
暫し悩んで、嫁が¥1500+お茶とデザート、俺が¥2000で+お茶の¥300という組み合わせてオーダーしてみた。

Vinsanto1

まずは前菜。いやー、¥1000ランチも基本同じのようなのだが、これはなかなか充実しておりますな。。蛸のバルサミコ煮、ライスコロッケ、穴子の南蛮漬、手前がパンとツナのサラダ、奥がアジのスモーク。飲みたくなる組み合わせだが、車なので我慢、我慢なのだ。

Vinsanto2

先に嫁のメインが登場。黒鯛のローストでイカ墨と大葉のソースなり。川のかりり感よりもさっと火を入れてありふっくらした仕上がり。一切れが非常に巨大。丸々半身ですな。これは確かに魚好き随喜の涙の一品かも。写真では判りにくいですが、帆立の形のバーベキュー串で焼き野菜もしっかり付いているのが嬉しい。

Vinsanto3

んで、パスタは鰯のトマトスパ。激しく湯気を上げつつあっつあつで登場。写真もちょっとスモークが入ってます。sweat01 麺はそれほど多くないですが大羽の鰯が数匹分入っていそうな具沢山パスタ。軽く火の入った鰯が劇ウマ! 大根なども入っていて家庭の味系ですが、これはイケてます。

Vinsanto4

んでこちらは俺チョイスメインで、コイチの青ネギペースト焼。コイチというのはあまり聞いたことの無い魚ですがスズキの類のようですな。そのニンニク醤油掛け。でっかい魚ですがほろほろっとした白身の上品な味わいで、それにしっかり目のガーリックと醤油の香りが食欲を倍化させる、そんな感じ。ちょっと塩分高めだけど、旨いっす!

Vinsanto5 パンもしっかり頂いて、お腹パンパンなり。
嫁はデザートにも挑戦。3種類からチョイスでき、これはリンゴのバターケーキ。シロップが丁度良い具合に染み込んでいて非常~にGOOD!なり。

で、最後に濃厚珈琲で〆て充実ランチの完了なり。確かにこれはお得ですなあ。当日のメインの魚は、あと、金目鯛、イサキにスズキにコブダイ。魚も種類豊富だし、調理方法もいろいろあるようなので、これは季節が変わるたびに覗きに来たくなる良店ですな。また、おとめ塚温泉とセットで来そうな予感です。。happy01

 
 

◆ VIN SANTO (ヴィン・サント)
住所:神戸市灘区徳井町4-1-3 高栄マンション 1F
営業時間:
[月~水・金~日] 11:30~15:00(LO14:00) 18:00~23:00(LO22:00)
       [第3 金曜]18:00~22:00 木休・第3(金)のランチタイム休
TEL:078-843-4308

2010年6月13日 (日)

墨国回転鶏料理 QueRico(ケリコ)@天満市場

火曜から金曜まで九州方面に出張だった先週。ちょっと外食疲れ気味なのだが、食欲は相変わらず旺盛sweat01、居酒屋系メニューが続いていたので、ちょっと傾向の違うものが食べたいな、となった土曜日。

んで、そういうときに我が家で自然と足が向くのが天満市場周辺。店舗の一部がオープンカフェ、いやビニールシートに覆われて屋台化している各国版バールのようなお店が色々あり、天ぷら練り物系バールやら、にぎり寿司バール、中華点心バールに、ワインバー、かんてき系炭火焼バールなど様々な安ウマ飲み屋が林立していて、なかなかアジアンチックで元気な地域なのだ。壁がビニールシートだったりするので寒いときはちょっと勘弁、だったりするのだが、気候も良い感じで、久々に覗きに行こうということに。

天満市場到着19:30。安ウマバール系のお店はどこも人気。久々なのであちこちぶらぶらと見学しつつ今晩のディナー場所を物色。と、丁度席があいたのが市場の北東角そばにある、メキシカンバール、ケリコだ。以前、ハシゴの途中で引っかかって一度鳥をつまんだことがあるのだが、丁度こういうものが食いたかった!と早速店内に。ビニールシートで囲まれた、ざっくばらん系お店なのだが、良い季節にはこういうお店もなかなか風情がありますな。

結構メニューは豊富。暫し悩んでお勧め系のを数点チョイス。

1

とりあえず嫁は白ワイングラス、俺はコロナビールを頼む。突き出しはコーンチップとトマトサルサ。野菜で一番好きなのがトマトなので、こういうのは結構好き。丁度いい暑さで、良い感じですな。。

2

コーンチップが気に入ったので注文した素早く出てくるメニュー、ワカモレなり。アボカドのディップが健康的な¥600なり。

3

んで、このお店のメイン料理、墨国回転鶏。半身で¥850なのだが、えらいしっかりボリューム。トマトサルサ¥100と香菜¥100のトッピングを追加で。タコスは小麦とトウモロコシ粉の2種からチョイスできるが、香ばしいトウモロコシ粉が気分ですな。鶏は軽い塩分以外はまんま鶏そのものと言う感じで見た目以上にあっさり系なお味。くるりんとタコスに巻いて、たんまりハラペーニョなどのタバスコ系ソースを付けて頂くと旨いです。ちなみに、タコス皮2枚追加で¥100なり。

6

んで、ビニールシートにこういうメニューランキングが貼っていったので素直な我々は、追加注文。

4

こちらがイカ下足のハバネロ焼で¥350なり。半生、のような絶妙な火の入れ具合。辛味もすっかりでビール系の飲み物や、このお店では外しちゃいけないマルゲリータがぐびぐびいけるメニューですな。しかし、量もしっかり。

5

んで、こちらはタキートスなる、メキシコ風な海老春巻きで¥600なり。これもトマトサルサ味!なのだが、トマト好きなので結構うれしい。揚げ春巻きの類だが、これもアテにぴったり系ですな。。なかなか旨し。

鶏のボリュームが相当あるので結構おなか一杯。もう〆ようか?とメキシコ風のリゾットをお願いしたのだが、すっかり忘れられていてsweat01、更にこちらも話に夢中になっていてすっかり忘れていてsweat01帰ろうと思ったら通っていなかったのでキャンセルして帰ることに。で、結局コロナビール1、白ワイン1、マルガリータ2で〆て¥5300なり。お安いですな~。

うだうだと世間話をしながら、おおらかに飲んだりするのに適切な、なかなか良いお店です。ま、最近は福島や京橋にも支店ができていて人気のようなのだが、ほぼ屋台の延長線的な気軽なお店なので、いい季節にはとてもいい感じ&細かいことは言いっこ無しよ、ですな。またタコスとか食いにきます~。happy01

 

 

◆墨国回転鶏料理 QueRico(ケリコ)
住所:大阪市北区池田町8-4
営業時間:15:00~24:00(L.O.23:30) 不定休
TEL: 06-4801-8424

Aのテーブルでランチ(4)@靱公園

またまた、5日ぶりのご無沙汰、スイカです。先週の日曜日ランチネタを1つ。
街中に出て買い物や散歩でもしようか?という作戦を立て始める日曜日。お天気もそこそこ麗しく、梅雨前の晴れ日を有効活用しようということに。軽めのランチが良いよねぇ、と特にランチ場所を決めず、靱公園にででもノンビリしよう!と車でお出かけ。

靱公園周辺は、日曜日は締めておられる店が多い大阪市内でも、特に日曜日にあけておられるお店が多い地域で、公園の綺麗な緑を眺めながらカフェでのんびりランチやお茶したり、インド料理店やら、和食にイタリアンにフレンチ、お安い店から高級店まで色々と 選択肢がある場所だ。で、公園傍のPAに車を停めて、ふらふらとお店を探す。

で、数軒のお店を覗くが既にお客さんで一杯で、あ!と思い出したのが、オーストラリア産食材にこだわる気軽なフレンチ料理店「Aのテーブル」なり。そうだそうだ、Aのテーブルで健康的なランチを頂こう!と公園の北側に移動。お店を覗くと、まだ半分ほどの入りで無事席確保。我々が席に着いたら、あっという間にお客さんで一杯に。ふう、よかった。

いやー、しかし久しぶりですな~、と思ったら前ネタがこれ、なので4年ぶりですか。。小綺麗なカフェ風で片付いた店内の雰囲気は以前と変わらないのだが、ランチメニューは見直しされていて、こういう感じで メニュー価格の見直しがされていた。一番お安いのが¥1800、それに¥2800、¥3500の3種。以前はデザート無しランチが¥1200で、さぁ、どんなもんだろ?と期待も膨らみつつ¥1800のをお願いする。

A1

前菜は3種類からチョイスできる。俺嫁ともチョイスが、真蛸のカルパッチョなり。こりこりと歯ごたえ良く酸味は控えめ。しかし、大きなガラス皿に綺麗に盛り付けられていて、以前のランチの盛り付けは、おおらか&ダイナミック!という感じだったsweat01のだが、上品な感じになりましたな。

A2 んでお次はスープ。器もこういう感じでフレンチ!と言う感じ。

カリフラワーとうすいえんどうの冷たいポタージュ。野菜味濃厚。うまいっす!目が覚める感じのひやひやさ。

パンは以前と同じ表面がさっくり焼けたバゲットで、中ふっくらで旨し。冷凍生地でコストコにあるとの情報だが、これは美味しい。おかわりもOK。

A3

んでメインは肉、魚からチョイスできる。俺チョイスは牛フィレ肉のロースト マスタードソースなり。やっぱ、盛り付けが綺麗で、以前のダイナミックなイメージとは随分変わっちゃった感じですな。量は控えめですが、日曜日のランチに頂くと丁度良い幸せさ、というバランスの良いものでした。美味しいです。

A4_2

嫁チョイスは魚。真鯛とサーモンのポアレで、軽いトマトソース。焼き面はかりりと、中ふっくらと仕上がっていて 嫁にっこり。黒米のリゾットも付いていて、量も程よい感じで。

A5

で、ちゃんとデザートも付いてくる。ココナッツのブランマンジェ。

お味にそれほど特徴のあるものではないが、これもなかなか美味しい。んで、セガフレードザネッティの濃厚珈琲を頂いて、充実ランチ完了。いやー、これはお得ですな。。

仕事途中のパワーランチにはちょっと優雅すぎるが、休日ののんびりランチにはいい感じではないでしょうか。

 

 

◆ナチュラルダイニング Aのテーブル
所在地:大阪市西区京町堀1丁目17-7-1A
営業時間:11:30〜14:30 18:00〜23:00(LO22:00)月休
TEL:06-6445-6008