フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2010年4月 | メイン | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

讃岐うどん 銭形@豊中市

久々の饂飩ネタ。
ココ最近、大阪でも本格的讃岐饂飩が手軽に食べられる良いお店が増えたのだが、ウチは腰しっかりの本格讃岐饂飩も良いが、ダシの旨さで食わせるスパイシーなカレーうどんも大好きだ。で、大体ぶっかけなどの讃岐饂飩は嫁担当、俺がカレーうどんを食っているというパターンが多い。

1そういう、ぶっかけ系もカレーうどんも美味しい店は無いんかいな?とググっていたら、阪急沿線は服部駅の近くにそういう饂飩店があるらしい。それもカレーうどんは和風ダシではなくミンチ肉しっかりのキーマカレー、だとのこと。それは一度食いにいこうぜよ、ということに。お店の名前は讃岐うどん 銭形。関西食べ物情報系TVにも露出している人気店のようだ。

ランチがてら車で出かける日曜日。駅近くの、土地勘の無い者が車で近寄るのはちょっとためらっちゃうような場所なのだが、カーナビのおかげで無事到着。お店前にPAが2台分完備で、空きが1台。するりと駐車。

こういう感じで如何にも昭和の饂飩屋さんだよねぇ!というような風情。2Fでは座敷もあり、うどんすきが楽しめる、そういうお店だ。店内も奥に向かってカウンター席が延びる如何にも昭和な雰囲気だ。

2

テーブル上のメニューを確認。あれ?カレーうどんだけでキーマカレーうどんが無いなぁと思ったら、店内に張ってある大きなお品書きに書いてあった。悩むことなく俺はキーマカレーうどん(ご飯付きで¥1000なり)を注文。 待っている間も御近所の常連さんが切れずに次々とやってくる人気のお店ですな。

3

じゃジャーンと登場、キーマカレーうどん。入れ物が開口部が大きいすり鉢風なお皿。香辛料のいい香りがあたりに充満するのだ。
早速一口。ほー、これはなかなか旨いですなあ。和風な感じも多少するが基本本格カレー的な辛味と旨み。チキンブイヨンベースらしい。辛味は常識的レベルなのだがなかなかイケてます。

んで、麺。ごらんのように扁平の太麺で、びよよーんと伸びがあるタイプではなく白玉だんごのようなもちもち感&存在感しっかりの饂飩ですな。噛み締めると潔くぶっつんと切れる。ウチはどちらかというと苦手な食感なのだが、ややオイリーなカレーが饂飩にほどよく絡んで、これはこれで旨し。

4

嫁注文は、三つ盛り生醤油うどんで¥750なり。饂飩はカレーうどんと同じなのだが、冷水で〆てあるので更に激しく腰あり。もっちもっちと噛むのが大変なほどの強麺になりますな。。。
んで、とろろに大根おろし、鰹節に、すだちとこのみの薬味でづるるるっと頂く趣向。しっかり麺が好きな嫁も「腰凄いね!」と驚く強麺でした。

お隣で食べておられた天ぷら系饂飩類が非常に魅力的に見えたので、また機会があったら覗きに来たいと思います。ご馳走様でした。

 

◆讃岐うどん 銭形
住所:大阪府豊中市服部西町2-2-21
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00 水休・第3火休
TEL:06-6862-9090


2010年5月26日 (水)

麺dining 月乃家@和歌山県有田川町

ネタが無い平日。最近取った写真を眺めていたら、GWに和歌山で食べたラーメン店の写真が出てくる。もうほぼ1ヶ月前で、普通ならすっかり忘却の彼方、なのだが、とても印象が強いお店で、一本良いネタが書けそうな気がしたので御紹介。

実家方面に帰ると、「どこかドライブがてら近場の温泉でもどう?」と両親を誘うのが、いつものパターン。でもGWはいつものように高速道路が大渋滞で、白浜など紀南方面にまでかけるのは、ちょっと億劫。で、ウチのお気に入りは有田市にある「有田川温泉 光の湯」。和歌山市内から高速を使わずに1時間チョイで到着するので、結構お気に入りの日帰り温泉施設だ。
冷たいお風呂と熱い湯の交互浴が楽しめ、とろりとした肌当たりの良い湯で、スチームサウナにタワーサウナも完備。

で、その温泉から15分ほどの距離の「藤並」にあるラーメン店でランチを頂いてからお風呂に行こうということに。お店の名前は「麺dining 月乃家」、昨年開店したばかりの新しいお店だ。

1

お店はこういう感じの一軒家。向かいがスーパーの駐車場で、車はそこに停めればOK。周りはのんびりした農村地帯の風景が広がる。しかし、ラーメン屋にはとても見えない佇まいですな。。

中に入るとウッディな内装で、お洒落系居酒屋のような雰囲気。結構大きな箱だが20人ほどのキャパですかね。4人単位のテーブル席がパーテーションで区切られているので、子供連れでも気兼ねせず食事できそうな構成ですな。

メニューを確認すると、やたら豊富。和歌山ラーメン店というより、最近の人気ラーメン店を色々研究されたような、そんな感じで、和歌山系豚骨醤油が一応標準なのかも?、だが、豚骨塩に鳥白湯、マー油入りに味噌ラーメンなど、種類は豊富。つけ麺もあるのだ。ランチセットがラーメンに半炒飯に小鉢がついて¥850とお安いので、それを注文。

2

まずは、お袋様と親父様が注文した豚骨醤油。相当しっかり煮出しているようで、ベースの豚骨はかなり濃厚な味わい。角のたたないまろやかな味わいだ。煮卵半分にメンマ、肩ロースあたりの脂肪分が少なく柔らかいチャーシュー、それに刻みネギ。ニンニクチップが良い味を出しているがこれが¥650。
和歌山ラーメンなのか?と言われると、その延長線上にありそうだが、ニンニクチップが入っているので印象はちょっと違う。なかなか旨いが、うーん悩ましい感じ。嫌いではありません。

4

んでお昼のセット物付属の半炒飯と小鉢。小鉢はお盆に10種類ほど色々違うのを盛ってきてくれたので、茄子の煮びたしと、金平牛蒡をチョイス。どれも普通にちゃんと旨いのだ。

3

んで、俺注文。今回コレを食いに来たのだ!の「特濃」で¥750なり。
一口啜ってみて驚いた。これではまるで天下一品のようではないか! 天一は鳥ベースと聞いているが、それに負けずとも劣らない濃いスープ。間違いなく、丼に割り箸を立てると、そのまま垂直に保持されそうなポタージュスープのような濃厚さだ。和歌山市内に似た傾向の中華そばを出す「山為商店」があるが、濃厚さではこちらが一枚上手。 (しかし、スープが印象的過ぎて麺がまったく印象に残っていないのだ。残念なり。)
これを食べると標準の豚骨醤油は、スープを倍ぐらいに希釈したぐらいの感じですな。いや、恐れ入りました。こういうのも大好きなので、ニコニコと頂きました。

6_2 んで、嫁注文は、つけ麺でこれも¥750なり。

麺は平打ちの存在感のあるぶりりと腰のある麺。つけ汁のベースは特濃そのものの濃い豚骨スープ。これも天一と同じ傾向の味付けだ。トロミのあるスープがよく麺にからむ。

もちろんつけ麺なのでしっかりと醤油ダレを入れた明確なお味で、コレもそれなりに旨い。

いやー、面白い。まさかこんなに天一と同等かそれ以上のお味に和歌山の南のほうで会えるとは思わなかった。

和歌山市内では天下一品は、あまり人気がなく、出店するたびにつぶれているような印象なのだが、こちらはそれをブラッシュアップした印象。濃厚ラーメンが好きな人は、ドライブついでにぜひ一度食べに行ってみてください~。(温泉もセットでねhappy01

 

麺dining月乃家 (メンダイニングツキノヤ)
住所:和歌山県有田郡有田川町 大字天満428-1
営業時間:
11:00~14:30 17:00~22:00 火休・第3月休
TEL:0737-52-5716

2010年5月25日 (火)

つけ坦々麺専門店 風来房(1・2)長岡京市

めずらしく、連続で食べに行ったので、5/2の記事に5/25追記。

****************************************************************

世はGW。今年は飛び石連休なので、ウチの会社としては珍しく5連休なのだが、有休休暇をくっ付けて10連休以上している猛者もちらほらと。sweat01 俺は連休明けにまたインドネシア方面出張などが控えている関係であっさり5連休。実家方面でのんびりしようと画策中。

1GWネタの前に、うおー、これは久々にスマッシュヒットだね!と感心した先週の日曜日ネタを1つ。

いつものごとく月に1度の京都醍醐寺方面に用事のある週末。今回は車でちゃちゃっと行って、たま木亭でパンを仕入れたらマッハで帰ってくる作戦。でもお昼時にはかかるのでランチはどこが良いかなぁと前日夜にググッていたら、通り道の長岡京市に人気の麺類店を発見。用事の前にランチだね!と当日開店待ちの時間帯に寄ってみる事にしたのだ。

お店の名前は風来房。つけ坦々麺だけを専門に出している国内唯一のお店だ。(多分sweat01
長岡京市のR171沿いで大きな工場が点在するロードサイドのお店だ。住宅兼店舗、のような結構大きな建物なのだが、席数はカウンターのみで10席。

開店前15分ほどに到着してしまう。店の裏手にPAが3台分ほど。まだ他のお客さんが居らず、PAに車を停めて店前で待っていると開店5分ほど前からお客さんが集まりだし、開店時には15人ほどの行列が。なかなか人気なのですなぁ。感心しつつとりあえず店内に。

2_2

メニューはこんな感じ。辛いものは結構好きなのでとりあえず辛さ5倍だと言う「鳳凰」に目が引かれますな~。以前、あびこにある坦々麺専門店、まるたんでも初回にノーマル版を食べて後でちょっと後悔したので、今回は黒ゴマたっぷりだという玄武¥730に、辛二¥60を追加。嫁はこのお店基本メニュー白虎¥670を。麺は温・冷を選択できるが温をチョイス。あと肉みそ飯¥270をわけわけする作戦。

3

こちらが俺注文、玄武+2辛。どどっと回しかけられたラー油、それに唐辛子に山椒の香りが鼻に抜ける。

5

ねりゴマの風味濃厚な存在感のあるつけ汁が旨いですな~。2辛でお~!結構辛いじゃん~、ぐらいの辛さ。十分お子様にはお薦めできないレベルですな。サイコロ切りのチャーシューがころころと入っておりボリューム感もそこそこあり。油分が坦々麺としては少ない目なのも良い感じ。

麺はやや細目のストレート中華麺。温麺は器の中でくっついて器に入れにくいが、ちょっと塩分高めのつけ汁とのからみ具合は良い感じ。太目のちぢれ麺をチョイスしていない理由がわかったような気がした。ゆっくり食べても麺が伸びませんし、なかなか面白い作戦ですな。

4

こちらは白ごまベースの白虎。こちらは辛味を追加していなので、まろやかですがちょっと頼りない感じに思えますな。このレベルの辛さ、それに塩分濃度なら普通に坦々麺にしても良いレベルかも。肉みそ飯はとろみ、且つまろやかな甘味のある肉味噌餡がたっぷりかかっていて、非常に好みのお味。イケてます。

んで、当然麺を平らげたあとは、つけ汁にご飯を入れたりして楽しめるのだ。替え玉¥120もあるのだが、食後はやはりご飯投入雑炊化のほうが幸せそうな予感ですな。
それにテーブルにポットが置いてあり、カツオと昆布の合わせダシが入っているので、それで割っていただくのも非常に美味しい。いきなり和風な感じになる残りのスープだけで一品になりそう。非常に気に入ったので次回はぜひ辛5に挑戦したいと思います。いやー、大満足なり。辛いもの好きなら大推薦!

****************************************************************

と、ここまでが5/2ネタ。それから1ヶ月弱。また京都にいく用事があるので、前回食べなかった激辛メニューの鳳凰を食べに行こうぜよ!ということに。そぼふる雨の中またまた長岡京市に車を走らせる日曜日。

お店前にまたまた開店15分ほど前に到着してしまう。豪雨の日なのでダレも並んでいなかったが、開店時間とほぼ同時に人がどこからともなく集まりだし、開店時間ピタリに丁度満席になるほどの行列が。ほんま人気なのですなぁ。んで、またまたカウンターの端っこの席を確保し、嫁ともども鳳凰をお願いしてみることに。

6

黒ゴマのほうではなくて、白ごまベースの白虎に辛味成分を加えた!という感じですな。ぱっと見油分が少なそうに見えますが、混ぜるとこういう状態になります。予想以上にオイリー。

7

おほー、表面にはラー油びっしり! んでは早速一口。確かに辛いのですが、極常識的範囲内。玄武+2辛と比べてもあまり変わらないかも。食べるラー油が人気ですが、そういう複雑な旨みのあるお味で当然期待通り旨いのですが、辛いものを食うぞ!と気合を入れると肩透かしを食いそう。

上の写真のように山椒系の辛味があまり振りかけられていない控えめものなので、山椒大好きな我々とするとちょっと辛味が単調。次回は玄武+5辛にしてみようか、と妄想中。季節メニューなどもあるようなので、また近日中にお邪魔しちゃいそうな予感ですな。お薦めです。

 

◆つけ坦々麺専門店 風来房
住所:京都府長岡京市神足大張8番地
営業時間:
11:30~15:00 18:00~21:00 不定休
TEL:075-951-1747


2010年5月23日 (日)

イル・ブラチーノで充実ディナー(2)@南久宝寺

土曜日のディナーネタを1つ。
最近、出張やらなにやらで外食が多いのだが、一応他人さんと食事をする時は周りの人に合わせるので、居酒屋とかベタなお店が多い昨今。インドネシアくんだりまできて何が楽しくて日本料理店なのだ!と言いたいのだが、あちらが気を使ってくれていることも解るので、ま、素直に頂いております、はい。

1で、嫁も最近異常に忙しいようでぐったりしている状態。で、これはちょこっと贅沢で、元気になるものでも食いにいこうぜよ!ということに。で、選択したのがずいぶん前にランチに行って、とても美味しかったので一度ディナーに行こうと思っていた炭火焼イタリアン、イル・ブラチーノなり。NETでの評判も上々で、前からずっと気になっていたのだ。(と、南船場にある嫁の仕事場から徒歩5分足らずの便利な場所で、楽に近場で済ませようと考えた、というのもありますsweat01

当日の昼予約で「カウンターになりますが」と言われ席確保OK。予約時刻の19:00、お店前に。20席ほどの結構ゆったりした箱。カウンター内で黙々と1人料理をこなすシェフ、サービス担当のサブのおにいさんの2名体制。全部カップルばかりで我々を含め4組しかいれておらず、非常にゆったりとした感じですな。テーブルも空いているのだが、シェフの手技が見えるカウンター席をお願いするのだ。

夜メニューはアラカルトで前菜7種、パスタ6種、メインの魚と肉料理が各3種。コースは¥5000からのお任せだが、随分お得にしているとのこと。魚・肉とも食べたかったので今回はアラカルトで注文してみた。嫁はグラススパークリングワイン(¥700)、俺は生ビー(¥550だったかな・・)で乾杯し、のんびりディナーのスタートなり。

2

まずは前菜で、活けアナゴの重ね焼きで¥3000なり。料理は全て1人前ずつに分けてサーブしてもらえます。香ばしく焼けた肉厚のアナゴと付け合わせの冷たい夏野菜煮込み(カポナータ)がバランス良く調和していてGOOD! 軽やかで健康的ですな。塩辛くはないがワインが程良く進み系なお味。喉が渇いていたので珍しく白ワインをボトル(ちょっとだけ張り込んで¥5500。イタリアワインは¥3000ぐらいから結構選択肢があるのだが、お勧めはなぜかブルゴーニュ)で頂き早速ご機嫌に。

3

お次は手打ち麺でタリアテッレ。讃岐か?と思うほどの存在感ある太麺で腰もしっかり。地鶏と肝のラグーだがタケノコも入っていて全体的にもちもち、むちむち、さくさく、くにくにと楽しい食感ですな。お味は脂分濃くなく素材感重視!みたいなこれまた健康的なお味。旨いです。量もしっかりで¥2000なり。

4

で、暫しの後登場したのが、魚料理。高知県産の甘鯛の鱗焼で¥3800なり。 非常に肉厚。この1年で結構似たものを食べているような気がするが、いやー、火入れ完璧ですな・・・・。鱗は、これ以上無いというほどさっくさく。身はほっくほく。参りました、その1ですな。

5

んで、ワインを開けたので結構お腹がいっぱいになってしまい、次のが重かったらいやだなぁ、とか思っていると出てきた鴨。¥3500なり。表面を炭火でこんがりと火が入っていて燻製臭がよい感じ。が、中は半生、というか火は入っているがほぼ生、みたいな状態。火の入れ方が非常に巧み。肉が甘い~。鴨好き随喜の涙の逸品だ。あと、付け合わせが豆ご飯リゾット版みたいなあっさり系リゾットなのも泣かせる構成。この皿だけでやって来る価値あり!ですな。参りました、その2ですな。

6


で、ついつい肉もぺろりと完食。デザートは盛り合わせにもしてくれるのだが、流石に重そうなので、嫁の分だけ注文のカタラーナなり。¥600とかそういうお値段。これはおっどろくほど濃厚で旨し。濃厚プリンをまんまアイスにしたような濃厚さ。最後まで旨かったです。

んで、珈琲を1つ頂いて、以上で〆てパン代が¥500/人必要なので¥21000ほどでした。お安くはありませんし、料理自体はオーソドックスなものですが、炭火焼をメインに置くだけのことがありますなぁ。この火入れは確かに驚き。。

お二人で回されてるので流石に飲むか、楽しいおしゃべりが無いと時間つなぎは大変かも、ですが、カウンターでは炭火焼の様子が見えるので、それをのんびり眺めているのもGOOD。 タマに行くならこんな店、ですな。 お薦めです。happy01

◆イル・ブラチーノ(IL BRACINO )
住所:大阪府大阪市中央区南久宝寺町4-5-11 ライオンズマンション1F
営業時間:11:30~15:00 17:00~23:00 月休
TEL:06-4704-5582

2010年5月18日 (火)

久々、ボッチオでランチ(7)@南船場

思い起こせばGWネタ、書き忘れていたのを1つ。
GW最終日。せっかくの日曜日だから街に出て、買い物やら美味しいランチにしようか?とお昼前からお出かけ。最近車でミナミ方面に出るときは新町にお安いコインPAを発見したので、そこに車を停め、さぁとりあえずどこか日曜日でもやっているお店に予約を入れようか?と検討を始める11:00チョイ前。

 

んで、前日マイミクさんがボッチオにランチに行ったネタを書いているのを思い出し、そうだそうだボッチオに行こうということに。電話したらGW最終日、という特異日のおかげかすんなり席が取れる。(当日予約ではほぼ振られるので、なるべく前日までの予約が賢明だ)
前回はディナーだったが、ランチは本当に久々だ。が、12:00スタートなのでまだ1時間ほどあるよね、と激しく遠回りして靭公園まで散歩!ということに。

Photo_2

いやー、癒され感のある風景ですな。緑芽吹く春、という感じ。大阪市内でも特に好きな風景だ。タケウチが開いていたのでパンを少し買ってから、バラ園方面に移動。

1

こういう感じで大輪のバラが満開。全体的にはまだまだ5部咲き、といったところだった。(ちなみに2週間前です) で、バラ園のバラを堪能し、ぐるっとまわって南船場の西外れに移動。そろそろお腹も減ってきた。。

丁度開店時間にボッチオ前に。もう1組待っている人が居られて、そのまま階段をトントンと2Fに。窓際の席を確保したら、5分足らず、あれよあれよと言う間に満席に。あいかわらずの人気ぶりですな。ランチメニューは、¥1200のお安いランチ1種類だけなのだが、お値段以上にお値打ち感のある健康的ランチだ。

1_2

一皿目は、前菜兼魚料理、という感じの皿が出てくる面白い構成。今日は太刀魚のパン粉焼。柔らかい火当たりでソフトな仕上がり。旨いですな。
それと、えんどう豆なのか綺麗なグリーンの豆ピューレで和えられた春キャベツが、目にも鮮やか。微かな酸味が食欲を倍増させる。嫁に運転をお任せして生ビール「エーゼルピルス」を頂きつつニコニコなり。

2

パスタは、とり胸肉と小松菜のトマトソース。原価はお安いが味はピントぴったり! スープパスタ的にしゃばっとしたソースですが、全体的にはしっかりしたお味。いやーセンスありますなぁ。ウチの自宅でも似たものを作りますが、ここまでフォーカスが合わない感じ。旨いです&量もしっかり。

3

んで、濃厚なエスプレッソと小菓子を頂いてランチ終了。¥1200ランチとは思えない充実した気分になれました。また、タイミングがあったらやってきます~。