フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

■麺類・蕎麦 2009年 Feed

2009年11月 9日 (月)

手打そば乃田再訪(2)、それに星のブランコ

日曜日のお昼ネタ。
突き抜けるような青空になった日曜日。いい天気なので毎日1万歩ノルマを達成するために、どこかいい空気のところに散歩にでも行こうか?と言う事に。で、前から気になっていたほしだ園地にある星のぶらんこ、なるでっかい人道つり橋を見物することにしたのだ。

で、ま、当然のようにその辺りで何か旨いものが無いかなぁ?と考えていたら、以前行った交野市にある旨い蕎麦屋さんを思い出す。そうだそうだ、今日は乃田にいこう!と思い立ったら直ぐ出発だ。(場所情報は、前のこちらのネタをご覧アレ)

11:00オープンで日曜日もやっているお店で、柔和なおかあさんと無口な職人気質の御主人の2人編成のお店だ。PAは無いのだがお店前に2、3台ほどは駐車できそうな感じですな。。前も12:00を回ったとたんに満席になったので11:30ごろ狙いでお店に到着。既に3組ほどが蕎麦を啜っておられたのだが、カウンター席を無事確保。

1

前回メニュー写真無しだったので、小さくてちょと読みにくいですが御紹介。天ぷら類は無く、基本十割蕎麦のみ、という編成。日本酒や焼酎も良いものを置かれているようだ。車なので、当然アルコールは×なので、俺は珍しく温かい蕎麦が欲しくなり、にしんそば¥1200を、嫁はつけとろろそば¥950を注文。前回お願いして美味しかった、じゃこと大葉のまぜごはんも1つお願いしてみた。

3

そばを揚げた突き出しをポリポリと頂いていると、暫しの後、嫁のつけとろろそば登場。左手のとろろの入った器とは別に、「薄かったら使ってくださいね」と追加のダシも出てくるサービスのよさ。今日は新潟産の新そばだそうな。

5 こういう感じでねっとり、じっくりと摺られたわさびを乗せて頂くと劇ウマですな~

かなり細い蕎麦なのに、腰もしっかり!むちむちとした噛みごたえで いやー美味しいですな、こちらは。嫁も大満足なり。

4

んで、こちらは俺注文にしんそば。温かい蕎麦を美味しく頂くには、蕎麦が熱でへたらないうちに一気呵成に頂くのが一番。が!ついうっとりするほどのダシのウマさ。それにとろけるほどのにしんの柔らかさ。にしんをそんなに甘く炊いていないのが好ましく感じますな。旨い!です。これは、お薦めしますです。

マニアック蕎麦店の勘違いした偉ぶったような感じがまったく無い、ほんわかサービスと確かな手業で大推薦なお店です。一度こだわりの日本酒も飲んでみたいなぁ、と妄想中。。。。。

んでご飯の後はちょっと散歩に行こうと、乃田から車で20分ほどの「ほしだ園地」を目指すのだ。御存知ですか? 私市近くにある大きな自然公園です。R163沿いに駐車場があるので車を止め(¥600なり)、公園の中央部にある「星のぶらんこ」なる巨大人道つり橋を目指すのだ。。公園自体は無料です。

10

まず、駐車場から木製の歩道橋を進んでいくと、公園入り口付近にこういうロッククライミングの練習場がそそりたっているのだ。目指す星のブランコは、ここから20分ほど山の上に上ったところにある。

9

こういう感じで、足元は階段状に整えられているので子供さんでも大丈夫だが、なかなかハードな階段だ。20分ほどこういう道を地道に登るのだ。

6

と、いきなり目の前が開けると、そこが星のブランコだ。長さ280m、最高地上高50m!のりっぱなつり橋が山の谷に架けられている。残念ながらまだ紅葉には早かったのだが、紅葉の時期は大変綺麗だとのことだ。(後1ヶ月後ぐらいですな。。)

7

橋の幅は大人が両手を広げたほど。橋の中央部は風で結構揺れてスリル満点。はっきり言って高いところはかなり苦手coldsweats01なのだが、小さな子供さんがだだだだ~と脇を走りぬけるのを横目に見つつ、冷や汗をかいて空元気でなんとか制覇。。。(丁度逆光だったので、写真は橋を渡った後です)

8

橋を渡って、少し山を登ると、交野から枚方や大阪平野を一望できる展望ポイントがあり、そこで大休止。いやー、激しく眺め良好ですな。ここから眺める紅葉は絶景でしょうな。。

あとはゆったり山を下り、約1時間半ほど散歩して帰宅。森林浴でリフレッシュ!できました。こちらもなかなか良い散歩コースですな、また紅葉が進んだら見物に来ます~。

2009年10月17日 (土)

蕎麦処 乾(いぬい)@羽曳野市

またまたほぼ1週間ぶりのご無沙汰です。九州3週連続出張もようやく2回制覇、あと来週3日間だけでなんとかなりそうな業務進行中。日ごろはしっかりぐうたらしているため、ちょっとヘビーな状況になるととたんに息が上がりますな。。。

ぼやきはこれぐらいにして、先週の日曜日ネタから1つ。
体がへたばったとき、リフレッシュしようと思い出したのが羽曳野にある巨大岩盤浴が売りのスーパー銭湯、延羽の湯。ウチからは1時間ほどの距離にあるのに数回通っているお気に入りの1軒。

1で、ウチのパターンとしては当然ながら、その近所で旨いご飯屋さんがないかを調べることになるわけで。お昼は蕎麦なんかよいよね、とチョイスしたのが大阪府内でも大変人気がある蕎麦屋さん、「乾」なり。11:30オープンなのだが時計を見ると11:00。大東市から高速を飛ばして11:35ごろ、お店前に到着。。

郊外ののどかな住宅街の中にぽつんとあるお店で、こんなところに蕎麦屋なんぞあるのかなぁ?と心配になるようなところにある。

明らかに住所兼店舗のような立派な一軒屋ですな。ナビのおかげで無事到着したのだが、お店の隣のPAはわずか2台分。既に一杯でちょっと離れたところまで車を停めにいき。再度、お店前到着11:45。

中に入ると6人ほどかけられそうな大き目のテーブルが3つだけ。思ったよりも広く掃除の行き届いた清潔な空間。

ぱっと見、こだわりの蕎麦屋!のような風情は少なめなのだが、奥に見えるキッチンが相当広そう。キッチンの目隠しに使っているパーテーションに今日使っている蕎麦の産地が誇らしげに掲げてある。うーん、相当こだわりはあるようですな。相席でよいですか?と促され、1人チャリでやってこられた本格的自転車乗りだーの男性の席にお邪魔することに。

2

メニューはこういう感じで極シンプル。最近胃腸を酷使しているので大盛りではお願いせずに、いつものパターンsweat01でチョイス。しかしざるの普通盛が¥900、大盛りが¥100アップなら大盛りでお願いしたくなりますな、こちらの値段構成では。

3 蕎麦を待っている間に蕎麦を揚げた突き出しがでてくる。いろんな蕎麦店で蕎麦せんべいやらかりんとうやらを頂いたが、突き出しにこんなにテンコモリで持ってくるお店は珍しいですな~。happy01

塩味は極控えめでぽりぽりと良い暇つぶしだ。

4

当blogの馬鹿の1つ覚えで、当然注文した鴨せいろ¥1500なり。焼き葱&厚手の鴨ロース肉が3枚、香り高い粉山椒も添えられておりほぼ好みの構成。汁もしっかり濃厚でいやー、これはイケてますな。蕎麦自体は細切りのつるると喉越し爽やかなタイプで、むちむちと腰もしっかりあり、おいしい。量はかなり少なめだったのでやっぱ大盛りにしておけばよかったかなぁと反省。。

5 んで、こちらは嫁チョイスの海老おろしで¥1200なり。(んーん、写真は大ピンボケ。。。)

ぶっかけの類なので、ダシは飲み干せるようなさっぱり系なもので、ほど良い腰の蕎麦とも好相性。ざる、とかよりもこういうほうが旨いかもしれませんなぁ。(ま、あくまで好みですが。。。)

嫁曰く、「海老天も肉が詰まっていてぶりぶり!」と気に入った模様。

メニュー数は限られているが、確かに蕎麦好きには受けそうな気配ぷんぷんですな。
お昼営業だけのお店だが、土曜はもちろん日曜日もやっておられるので、我々のような遠距離のお客さんも行きやすいのがメリット。

が、PAが2台分なだけが不満ですかね。。蕎麦好きならぜひ一度どうぞ。おいしいですよ。

 

 

◆蕎麦処 乾
住所:大阪府羽曳野市野々上2-23-1
営業時間:11:30~14:30
TEL:0729-52-1011

2009年8月22日 (土)

そば処 むら玄@有馬温泉

更に夏休み中ネタを1つ。
どうにもスカッとした天気が少なかったこの夏休み。丁度最終の土曜日で朝起きると、ま、快晴ではないのだが雨は降っておらずそれなりに麗しいお天気。嫁と「どこか近場でお風呂にでも入りに行く?」という話になって、有馬温泉方面にお出かけを。

阪神高速でちょっと渋滞に捕まり1時間30分ほどで到着。有馬里駐車場なる温泉の中心部から15分ほど登ったPAに車を止める。11:00、銀の湯でさっと汗を流した後、金の湯に行く前にとりあえずどこかでご飯でも食べるか!ということに。

駐車した有馬里駐車場は契約しているお店で¥1000以上買い物をすると無料になるシステムで、そこでもらった地図を確認していると、人気の蕎麦屋さんも契約していることがわかる。どうせご飯は食べるのだから駐車場が只になるのは嬉しいね、と向かったのが今回ご紹介する「そば処 むら玄」だ。

1_2

金の湯からだと住宅街に入っていくちょっとややこしげな場所にあるのだが、電柱を見ていると案内看板があちこちにあるので直ぐにわかるのだ。こういう風情のある宿場宿風な造りでなかなか良い感じですな。丁度12:00チョイ前。店の外には行列は無かったが1組だけ中の席で待っておられたので、我々も中で待たせてもらう。店内には電動式の大きな石臼がででんと置いてあり、自家製粉自家製麺、それも十割!だと主張するのだ。happy01

2_2

丁度1組目が入ったところ、と言う感じで20分ほど待って我々の順番に。なかなか風情のある内装ですな。和のテイストを取り入れたデザイナーズ解釈風、みたいなお洒落な感じ。席数は16席ほどのこじんまりした空間。メニューを確認。うーん、観光地価格なのかなかなか良いお値段ですな~。

3_2

んで、部屋の中を漂うダシの香りが非常に芳しかったので、珍しく温かい蕎麦を注文した俺。

4_2にしんそばで¥1500なり。京都の某名店よりもチョイ高価sweat01だったりするのですが、なかなかどうして旨いではありませんか。。薄口醤油で煮込まれたと思われる柔らかなにしんもGOODなり。
ま、温かい蕎麦なので腰がどうのこうのと言いにくいのですが、流石ハイレベルだと感心。

んで一緒に注文した炊き込みご飯で¥400なり。いや、これもある種、ぐっときそうなお値段ですなsweat01

かしわ、人参、牛蒡ぐらいのシンプルなものでコレも結構好印象。(でもやっぱ高いな~)にしんそばと一緒に食すると、かなりお腹一杯になりました。

5_3

んで嫁は、俺が一つ覚えで注文する鴨汁を注文。¥1680なり。思わずこのblogで過去書いた蕎麦屋ネタを確認し、5年ほどで書いた蕎麦店の最高価格!であることを確認。(大盛りでは、もちょっと高いのはありますが。。。)ま¥200ほどの差なのだが¥1500を越えると流石にお高く感じちゃいますな。

お値段とバランスしているか?というと有馬という場所代、雰囲気代込みsweat01な感じですが、蕎麦の盛りはかなり良いほうで腰も程よく。ツユも濃厚、葱は焼いていないが柔らかい鴨肉も肉厚でなかなかGOOD。劇ウマ!とは言いませんが嫁は結構気に入った模様。 

夏休み中の金の湯・銀の湯は流石人気の「芋洗い状態」でちょっと凄かったsweat02のですが、こちらは打って変わってゆったりと落ち着いて食事出来るなかなか良いお昼ご飯場所でした。happy01

 

◆そば処 むら玄
住所:兵庫県神戸市北区有馬町1136
営業時間:[水~日] 11:00~15:00 月・火休

TEL:078-904-1101

2009年7月21日 (火)

そば切り文目堂 (あやめどう)@谷六

3連休の最終日、月曜日のお昼ご飯。
特に用事の無いお休みで、健康診断前の節制の反動sweat01でちょっと食べすぎ気味な週末。で、こういうときのランチは蕎麦なんかをつるつるってどう?ということになるのが、我々のパターン。
嫁が「知り合いのNさん(空堀在住)が、近所に旨そうな蕎麦屋ができたので一度行って報告しろって!」、と指令が出ているsweat01というので、それはいつもお世話になっているのでお返しにレポートしようということに。

早速嫁の最近開店した谷六周辺の蕎麦屋、という記憶だけでググッてみると、直ぐに判明。とても評判の良いお店のようだ。で、早速地図を印刷して開店ぴったりに到着するようおでかけするのだ。谷六の交差点から長堀通のひとつ北側の路地を西に進むとその蕎麦屋さんがある。お店の名前はそば切り文目堂 (あやめどう)、まだ開店して2ヶ月ほどのお店だ。

1

こういう佇まいのお店です。いやー、なんともレトロ&モダンな感じですなぁ。この辺りは大阪市内で数少ない大戦の戦火を逃れた地域らしいのだが、この建物、昭和どころか大正モダンな雰囲気がありますな。。。丁度開店5分前に到着し、1組目の客として店内に。

2_2

一組目の客だったので入り口傍の席から奥にむかってパチリ。 店内は上手にリノベーションされ、とてもモダンでなんとも非日常な異空間になっている。結構広いのに席数は20席ほどしか取っておらず、席間もとてもゆったり。お若い女性の店員さんにお聞きしたら、前は印刷屋さんが入っておられたとのこと。

3

んで、メニューはこんな感じ。日本酒アテ系メニューも別に数種類揃っていて、昼間っから一杯、もOK。車でやってきているので暫し悩んで蕎麦がき¥800と、俺は阿保の1つ覚えで、鴨汁そばを粗挽きでお願いし(¥1300)、嫁はざるを細切りで(¥800)。大盛りが¥400でちゃんとメニューに書いてあるのが大食いには嬉しい限り。

4

んで、暫しの後蕎麦がき登場。いやー、盛りしっかりの蕎麦がきですな。直径が500円玉ほどしかない超可愛らしい醤油射しとともに登場。
ごらんのように蕎麦の粒々感が残るのだが、ふわっと上手に空気を含んでいて水分量は多め。しっとりと旨いですな。醤油も良いのをお使いで。

5

嫁の細切りのざるがまず登場。かなりの細麺でむっちりと腰もある美味しい麺だ。つゆは関西風なほど薄くはないが、醤油濃い!というほどでもなく適度な感じ。良いではありませんか。ご主人は枚方の天笑のご出身、とうわさで聞いていたのだが、つゆは全然違う傾向ですな、こっちのほうが好きです。

6

じゃじゃーんと登場、鴨汁なり。濃厚ですな、こちらのつゆは。鴨肉はロースで3枚。葱も太い白葱と細葱を2種類使っていて、それぞれ焼き葱にしている芸の細かさ。んで、個人的に非常に好感度大!な理由が、とりあえず「つゆが熱々!」なこと。添えられた堺は「やまつ辻田」の山椒が利いた七味唐辛子が絶妙に合いまくり!。

粗挽きはぶつぶつと非常に短い蕎麦になっていて、どこかでも似たようなものを食った記憶あり。。香り高い、というより旨い水をまとってフレッシュさを感じさせるような、そんな蕎麦でした。 蕎麦湯は比較的さらっと目だがこれもたっぷり熱いのがでてきて、つい全部飲み干したsweat01ので、額に汗が浮き立つほどあっつあつ。(唐辛子効果もあり。。。)

いやー非常に好みな感じ。今のところは特に並ぶ必要も無さそうでゆったりとできるので、こっそり大推薦なお店ですな。。次回はNさんご家族と一緒に頂いていそうな、そんな予感です。happy01

 

◆そば切り文目堂 (あやめどう)
住所:大阪市中央区安堂寺町2-2-26
営業時間:11:30~14:30 17:30~20:30  木休
TEL:06-7504-5260

 

んで、残念ながら酒を飲むところで〆の甘いものがないので、空堀通まで歩いて5分。最近気に入っているジェラート店に。こちらです。

2_3

空堀周辺住人なら知らない人はいないかも、のジェラテリア、チルコドーロなり。お持ち帰り中心ですが、中に4席のちっちゃいカフェ(初夏の良い季節は外にテーブルが出ていたりするが。。)があり、イートインもOK。こういう暑い季節には自然に足が向くお店ですな。。

1_2

俺はこのお店看板商品のアイスミルク「クリーミークリーミー」を沖縄黒蜜かけで頂いて¥280なり。嫁はチョコ¥250を選択。味見で1匙ぶんだけ他のアイスをつけてくれるのだ。今回はできたてのバナナ。ソフトで激しく口どけが良い理想の状態で出されるので、こちらで頂く価値有り。エスプレッソも本式のマシンがあり、盛りの良いアッフォガードも旨そうだ。。

保冷バックを持ってきていたので(用意周到なり)10個ほどお持ち帰りを買って帰宅。ドライアイスは30分ぐらい持つのが無料です。1個¥250~¥350と良いお値段なのだが、風呂上り、冷蔵庫にこれがある小幸せには代えがたいかも。こちらも激しく推薦です~。

 

◆ジェラテリア・チルコドーロ
住所:大阪市中央区谷町7丁目3-4新谷町第三ビル114
営業時間:11:00~19:00 不定休
TEL:06-6767-0515

2009年3月18日 (水)

そば日和@羽曳野

良い天気になった日曜日。3月も中旬で日ごと日ごとに春らしくなってくる大阪地方。最近発表された開花予想では大阪のソメイヨシノは例年よりも幾分早めに咲きそうだ。
んで、天気も良いのでドライブにでも行こうよ!、昨日の晩ご飯がちょっと濃いメニューだったので、お昼はずるるっと蕎麦なんかが良いね!、となるのが我が家のいつものパターン。happy01 今回は羽曳野方面の洒落たお蕎麦屋さんを目指すことに。

お店の名前は「そば日和」なり。2005年開店、というからもう4年目。住宅街のロードサイドにある蕎麦店なのだが、ご主人は和歌山の人気割烹、銀平出身。更に蕎麦の修行は西天満の名店、なにわ翁でやられたとのことで、いやがおうでも期待が高まりますな。蕎麦も旨いらしいが、銀平譲りの和食が頂けるセットメニューが人気で、我々のように「蕎麦だけだとちょっと寂しいねぇ」という食いしん坊には嬉しいお店だ。

1

R170を南下し、マダムヨーコで人気の洋菓子店FLOUR羽曳野店がある「軽里北」交差点を西に。小高い丘陵地を軽くアップダウンしながら道なりに1kmほど進むと右手にこういうお店が見えてくる。結構大き目の窓があるナチュラル系cafe風な外観なので、でっかい木の看板がないと蕎麦屋とは思わないかも。PAは、道向いの月極PA内に数台分確保されている。

11:30オープンでほぼ時間通り到着。予想以上に広い感じで壁に向かうカウンター席が6、4人掛けテーブル1、6人掛けが1、2人掛け1だったように記憶。(カウンターに直ぐ座っちゃって店内を見渡せなかったのでエエ加減です、はい)12:00ごろから予約客が集まりだし、我々が帰ることにはほぼ一杯になりました。人気ですな。

お昼のセットメニューは、季節の料理、それにご飯と蕎麦がセットになった「御馳蕎麦膳」が¥1600、更に天ぷらが付いてくる「蕎麦日和膳」¥2100、ご飯が無い代わりに蕎麦が温冷2種ついてくる「ひとそろえ」¥2600がある。昨日食べ過ぎたsweat01ので軽めに御馳蕎麦膳を2つお願いすることに。

2

蕎麦の前に、こういうお料理が運ばれてくる。ほー、流石銀平出身だねぇ、という感じですな。湯飲みに入っているのは卸し山芋入りの茶碗蒸しです。あしらいもなかなか綺麗だし、あくまで上品な味付けなので日々食べていると健康になりそうな予感。happy01

3なにが嬉しいと言っても、ご飯は銀平でも名物の「鯛めし」が付いてくるのだ。いやー、これは劇嬉しいですな。ほっくら上手に炊けている。

生姜の風味が効いていて、ま、期待通りにさっぱりウマウマですな。

4 これは健康的なお料理だねぇ、とニコニコしながら料理を突っついていると、揚げたてをどうぞ、と更に揚げだし豆腐が登場。

割ってみるとゴマ豆腐の揚げ出しでした。初めに出てくるお料理が冷たいものがほとんどなので温かいものも出そう、という心意気が嬉しい。。

5

んで、俺チョイスお蕎麦登場。ま、いつものごとく鴨せいろをお願いする。¥200加算でチョイス可能だ。初めのお料理がそこそこ量があるので、これは半人前ほどの盛りですな。濃厚なツユには分厚く切られた鴨肉が2枚、それに鴨丸も! ネギは焼いていないがほぼ好みの濃厚さ。蕎麦は更科系で極細麺ではなく一般的な太さ。むちむちした食感でなかなかよろしい感じでした。

6

こちらは嫁チョイスで、若草そばなり。酸味のある冷たいツユのぶっかけ。サラダ風にがさがさっと頂く健康メニューなのだが、嫁曰く「面白いけれど、盛りで良かったかな~」とのこと。とりあえず量は相当少なめです。

7が、昨日食いすぎだったので、程よいお腹の加減。で、〆にちゃんとデザートも用意されているのだ。heart01

きなこ味プリン?パンナコッタ?のようなものなのだが、香ばしいきな粉の風味と黒蜜が調和していて、かなり!いや、非常に旨し。充実していますなぁ~。満足満足。

セットモノは評判どおり充実したものでしたが、蕎麦そのものもかなり好みの味だったので、次回は蕎麦メニュー&そばがきを大盛りで頂いて見たい感じ。メニューはかなり豊富な部類なので、次回も悩みそうな予感です。推薦!なり。

 
 

◆そば日和
住所:大阪府羽曳野市はびきの4-21-13
営業時間:11:30~14:30 17:30~21:00 火休・第3水休
TEL:072-958-1770