フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2009年11月 | メイン | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

ナガーン クッチーナ イタリアーナ@長堀橋

ようやくお正月休み休暇に突入、スイカです。今年もあとわずか、今年最後のネタはイタリアンで〆を。
先週の土曜日、知り合いで足場も組める芸術家、Nさんから心斎橋の某クラブでライブペインティングがあるので見においでよ、というお誘いを頂き、そのライブの開演時間22:00前に、嫁の元同僚でもあるN奥様、それにこれまた元同僚のFちゃんと久々に一緒にご飯でも食べようよ!ということに。

心斎橋周辺なら嫁のホームグラウンドなのでお店のチョイスは嫁担当。チョイスしたのがNさん御家族も使っておられると言う長堀橋の交差点を南に少し下がったところにあるイタリアン、ナガーン。嫁は一度ランチで使ってから結構お気に入りの1軒になり、会社のちょっとした集まりにも使っているようだ。予約時間の19:00に30分ほど遅刻しsweat01お店に。(おかげで店前写真を忘れました。。。coldsweats01

カウンターが10席ほど、それに2人掛けテーブル席が4ほどのこじんまりしたお店で、明るく気軽な感じ。テーブル席は既に我々の席を残し満席状態。今回はお喋りに夢中でメニュー関係のチェックが非常におろそかになっておりますがsweat01 御紹介なり。

先に来て前菜(ハンガリー産フォアグラのソテー、これは写真無し)を突っついていたN奥様から、ちょっと分けてもらいとりあえずワインで乾杯。

1

本日の魚料理、寒ブリのカルパッチョ。(チョイピンボケでスマヌ)この2週間ほどでぐぐっと寒くなったおかげで良い型の寒ブリが日本海沿岸で揚がっているようですな。無茶脂のりのり!で旨し。赤い大根のスライスとともにさっぱりと頂きます。

2

牡蠣のソテー。超大粒で火の入り適切でぷりっぷり。ケッパーの酸味、それにガーリックの香りが渾然一体! 本日1番の皿がこちらかな。いつもなら¥1500!これは安い!とかお値段まで書くsweat01のですが、今回は飲みすぎで写真も忘れ、記憶もあやふや。。でも、前菜やパスタ類は全皿¥2000せず、メインも¥2500ほどだったようにうっすら記憶。sweat01

N奥様が先に注文していた牡蠣のリゾットやらクリームチーズソースのペンネを頂きつつ、更にアルコールのピッチが上がってくるのだ。。

3

このお店名物、オージー産の鰐のピカタ。あの鞄やらベルトになっているワニだそうな。黙って食べると、ちょっとだけ繊維質しっかりな胡椒が効いた鳥胸肉、みたいな感じで違和感まるで無し。皆でわいわいとネタにするにはぴったりですな。

4

本日の黒板メニューから、スカンピのリングイネ。スカンピから海老ダシ出まくり~で美味しい。オイルも完璧乳化でなかなかGOOD!なり。

5

〆は鴨ロースト。バルサミコソースのオーソドックスなものですが、茸に野菜類がたっぷりで非常に健康的。味付けは好みなんですが、火の入りがもうちょっと軽いほうが更に好みかな。

ターボモードでお喋りしたおかげで珍しくアルコールのピッチが上がり、4人でワインを3本空けたのですが¥3000~¥4000のワインが色々あるのでお安く済みました。あまり食わなかったのもありますが、割り勘時、2人で¥10000で良いよ!と太っ腹N奥サマ。いやーありがとうございます&うるさい客ですんません。又来ます~。happy01

 

Naga~n cucina italiana (ナガーン クッチーナ イタリアーナ)
住所:大阪府中央区東心斎橋1-3-7 ENT長堀 1F
営業時間:(月~金)11:30~14:30 (月~木)18:00~22:00
       (金・土)18:00~26:30! 日休
TEL:06-6252-5566

club今年のblog更新はコレで終了です。来年は1月3日より更新予定です。皆さんも良いお正月を!

2009年12月26日 (土)

我が家のクリスマス、2009

昨年もネタにした、クリスマスの自作晩御飯ネタ。クリスマスは1年間の感謝を兼ねて俺が晩御飯を作るというしきたりになりつつある我が家。今年は23日にちょと早めのクリスマスディナー、ということに。

1

一皿目、真鯛のカルパッチョなり。皿にちょっと良いオリーブオイルを塗って塩コショウぱらぱら、鯛の切り身を並べて、ワインビネガーをチョイ垂らせばしっかりイタリア風。軽めにガーリックを効かせたサラダと合わせるとなかなか旨し。非常に簡単、パック刺身があれば5分間でできるメニューsweat01 

2_2何は無くてもアルコール。今年空けたのはシャンパーニュ。日本橋のFUJIMARUさんの、去年買った福箱に入っていて、飲めずに置いてあったもの。sweat01

毎年年末に6本売りの福箱が出るので楽しみにしているのだ。今年の福箱は6本ともシャンパーニュのセットだったので開ける気になったんですな。。。

3

んで、更に前菜。クリスマスメニューのために新しいレシピを1つ覚えよう、という作戦なのだが、今年はこちらで見たレシピでパテ・ド・カンパーニュを作ってみた。実は1回試作もした

のだが予想以上に簡単。

焼くのはオーブンで1時間半ほどかかるが準備は意外に手早くできるのだ。2人家族でちゃんとテリーヌ型を使って作ると1週間ぐらい食べ続ける必要があるほどの量ができるsweat01ので、普段お惣菜入れに使っている耐熱性のガラスタッパーで作ったらなかなか綺麗にできました。ちょっと胡桃も入れて。
金柑の蜂蜜煮をきざんだもの、それに美味しいパンと一緒に食べると至福のひと時。このとき用に買っておいた京都たま木亭のカンパーニュ(田舎パン)も流石に旨かったっす。

4

これも切るだけ超簡単メニュー、洋ナシとスペインの生ハム、ハモンセラーノ。よく熟れた洋ナシの濃厚な香りと塩気たっぷりの濃厚なハモンセラーノがよく合う。メロンよりもこっちのほうが好きかな。ハモンセラーノもこういうほんまもんが、カルフールで¥398で売ってました。。最近の円高の影響か価格破壊ですなぁ。

5_2 んでちょっと温かいのが欲しいよね、用意しておいたのがブルーチーズのグラタン。

ベシャメルソースは出来合いのインスタント。それにカルフールで買ってきたブルーチーズと、パルメジャーノチーズを超しっかり投入して練り上げると、非常に濃厚で飲まずには居られない一品に。。

でグラタンがなんか全体的に妙な色合いである理由がこれ。

11

イタリアは、padonniなるメーカー製のどえらいファンシーなファルファッレを入れてみた。しかしまぁ、なんとも派手ですな、これは。とりあえず色合いが他のものと調和しないので茸や海老を居れずにブルーチーズとこれだけで勝負したほうが良かったかな、と大反省。coldsweats01

6 んで、超でっかい塊肉のとろとろの牛赤ワイン煮を仕上げに用意してあったのだが、ちょっと濃いもの&パンを食いすぎて、明日の晩御飯にまわそうよ~ということに。(俺が一口だけ食べた分。。)

7_2

が、当然デザートは入るわけで。今回は生菓子系はやめてちょっと普段食べないようなものを食べようといくつか買っておいたのだ。
これは本町のフール・ドゥ・アッシュ謹製、「ベラヴェッカ」なる仏蘭西はアルザス地方の発酵菓子。大きさはちょっと大き目のサラミぐらいですかね。。ドライフルーツの洋ナシやナッツ、スパイスをほんのわずかの生地でつないだ焼き菓子なのだ。

8_3切ってみると、こういう感じでドライフルーツが8割ほどを占めている感じ。一ヶ月ほど日持ちし、こういう感じで薄切りにして生地と果物がなじんでいく味の変化を楽しむものだそうだ。

ドライフルーツマニアとすると、ほの甘い洋ナシがなかなか旨い。ワインのアテにもなりますが、¥1500とこのサイズでこれか~、と驚くほどお高いのが欠点。

9

もう1点、京都は黄檗にあるたま木亭謹製の「カソナッドのシュトレーン」で¥900なり。こちらはドイツの発酵菓子ですな。カソナッドとはサトウキビ糖。中に3種類のベリーと胡桃が入っている。

10

こちらもこういう感じでベリーがタップリ! が、粉糖もたっぷり振りかけてあり、相当甘いので濃い珈琲のお供に良い感じですな。なかなか面白いお味です。

以上、我が家のクリスマスネタでした。多分、来年に続く!かも?happy01

2009年12月23日 (水)

イタリア食堂 クアトロアミーチ @京都 三室戸

日曜日のランチネタを1つ。
諸事情で京都にある醍醐寺に用事ができた日曜日。それなら車で行って黄檗にある京都一人気のパン屋さん「たま木亭」にいくのはどう?という作戦を練り始める前日の夜。
で、いつものパターンで近所で手ごろなランチ処は無いかなぁとググッていて発見したのが、今回御紹介する「イタリア食堂 クアトロアミーチ」なるお店だ。

場所は花の寺で有名な三室戸寺がある京阪三室戸駅のすぐ前、という立地。三室戸駅は京阪宇治線を中書島から宇治方面に向かう、宇治の1つ前ののんびりした雰囲気の駅だ。京阪宇治線は500mピッチぐらいで駅があるので宇治からも全然徒歩圏内という感じですな。

1

駅前にこういう感じで「スマイル」という地元用スーパーがあり、その2階にお店がある。写真手前側に道路を挟んでスーパー兼用のPAがあるので車でもOKなり。スーパーの外にあるウッドデッキ風の階段をとんとんと2Fに上がると、そこがクワトロアミーチだ。ちなみにお店HPがこちら

最上階の2F、周りに高い建物が無いので日当たりがとても良好。イタリア食堂と名乗るだけあってカフェ風の気軽な感じだが掃除は隅々まで行き届いていて気分の良い空間。カウンター席が14席ほど、あとは4人がけテーブルが2の、2人掛けが2ほどのこじんまりしたお店だ。2人掛けテーブルを確保しメニューを確認。ランチは¥1050、1600、3150の3種類でメインの皿がついているのは¥3150だけ。後はパスタランチ。んー、、と悩み¥1600のを1つお願いする。パスタは4種類からチョイス可能だ。

2

お店の明るい感じが判りますかね? 前菜の皿がとてもしっかりしていて色々入っているのが嬉しい。チキンソテーにカプレーゼ、鰯のトマト煮に玉子焼き、白いんげんとツナを合えたの、ヨコワとアボガドのカルパッチョ等。味付けは控えめで変なひねり無く健康的な感じ。

パンも自家製で蜂蜜入りのほんのり甘口フォカッチャにゴマたっぷりの田舎パン。これもなかなか健康的、かつ量もしっかりですな。

3

俺チョイス、茸たっぷりのボロネーゼ。写真から期待できるそのもののお味、という感じ。ちゃんとしてますな~。旨いです。が、パスタは1.4mmの細手のもので茹で上がりが早く便利なのだが、こういうしっかり系のソースにはもちょっと太いのが合っているように思った。(湯で加減は適切でしたが)

4

こちらは嫁チョイスの牡蠣と春菊のオイル系パスタ。牡蠣は大粒で火の入りも完璧、オイルは完璧乳化。こちらは細麺でも言うことありません、旨いですなhappy01
量もかなりしっかりあるほうで、女性ならもう十分すぎるほどだと思います。

5

んで、前菜と同じくデザートもしっかりしているのだ。なかなか乙女心くすぐる構成ですなぁ。ミルクアイスにブルーベリーのタルト、シフォンケーキと、苺の入ったふるふるゼリー。どれもちゃんとしていて感心。で、〆に嫁ストレートティ、俺珈琲を頂いて充実ランチ終了。

大阪市内で¥1600ランチでメインの皿が付いていないと、えー、それはちょっとお得感薄いンじゃないの?とか思うのですが、こういう日当たりの良い郊外のお店なら、食事の後にしっかりデザートを頂きつつのんびりお喋りを興じたりするのが平和でよろしそうな感じですな。花の寺参りなど、御近所に寄られたらぜひどうぞ。happy01

 

 

◆イタリア食堂 クアトロアミーチ
住所:京都府宇治市菟道田中14-3 三久ビル 2F
営業時間:11:30~15:00 18:00~L.O.23:00 不定休
TEL:0774-23-2330

2009年12月21日 (月)

葡萄酒場 裏HIROYA@天満市場

1週間ぶりの御無沙汰、スイカです。
業務状況も非常にタイト、更に忘年会続きで平日も飲んでいて、ごちゃごちゃと雑事が多く、年明け早々久々の海外出張などもあり、その段取りやらなにやらで。が、本当に多忙な理由はmixiの三国志ゲームにはまり込んで、自宅に帰ってきてからPCの前でうーん、と悩んでいる時間のせいかもしれませんな・・・家庭内生産性、爆低下中sweat01

んで、土曜日の晩御飯ネタを1つ。嫁はいつものようにお仕事で、会社に出かける前に「今年も大阪市役所のところでクリスマスイルミネーションの催し物、「光のルネサンス2009があるので食事前に見に行こう」ということにしたのだ。すっかり師走の大阪の風物詩に定着しそうな感じですな。今年は御堂筋や、最近改装された中ノ島公園でも盛大に行われるらしいので、夕方北新地駅から嫁が待つ淀屋橋まで移動。

1

大阪市役所前は今年は巨大ツリーはなく、壁にLEDでツリー風に飾り付けられているだけでちょっとさびしいのだが、淀屋橋駅から南に向かって御堂筋沿いがずっとイルミネーションで飾られていてとても綺麗。が、今年は12月と言うのにもう1月中旬並の寒波がやってきていた関係で、異常に寒いのだ。。

大阪市役所の南側を中ノ島公園に向かって進むと、エルポニエンテなど有名レストランの屋台が立ち並んでいて旨そうな香りを通りに振りまいているのだが、とりあえず寒いので足早に通り過ぎる。カメラのシャッターを押す手が震えて成功確率が異常に低かった・・・・。

2

んで、LEDに飾られた並木を抜けると、中央公会堂が凄い。。。。公会堂自身をスライドのキャンバスにして、華やかなCGが投影されている。んー、これは幻想的というかなんとも不思議な雰囲気ですな。。ちなみに普段のライトアップ風景はこちら

3

こういう感じで数分置きに画像が変わり、雰囲気も変わるのだが、ダレの趣味なのかとりあえずどれも非常に派手。草原の景色とか写実系のアニメとか写すと面白いかも、とか思いつつ、とりあえず腹が減ったのと寒いのとで、早々に退散。(寒さのおかげでクリスマスらしくはありました。。)

5

なに食べようか~と寒い中てこてこと30分ほど歩いて、気が付いたら天満市場sweat01 やってきたのが葡萄酒場 裏HIROYAなり。もう居酒屋マニアには有名なお店のようですな。
ごらんのように元々市場で働いている人相手の飯屋さんなのだが、夜の間だけバールに変身するお店なのだ。

4

中に入ると、もう雑然を通り越して相当くたびれた感じで、清潔感とは激しく距離がありますな。。sweat01 キッチンを囲んだカウンター席ばかりで20席ほどありそう。が、どこで聞きつけてきたのか中年カップルでほぼ満席でびっくり。奥の席に入りメニューを確認。これ以外にもパスタ等お二人でやっているのにメニューはそこそこ豊富。

先にドリンクを注文。とりあえずワインがデキャンタで¥900という劇安価格。それもこれでもか!という勢いで表面張力の限界までワインを「盛ってくれる」、そういうお店だ。グラスワインをお願いすると、なみなみ注ぐ勢いがあまって、テーブルにだらだらとこぼれるので濡れ布巾が完備、という周到さ。ワインは国産で一升瓶に入っているようなものなんですが、ソコソコイケます。

6

前菜5種盛り。活ブリカルパッチョ、イタリア風玉子焼き、鳥のタタキバジルソース、牛モモ肉タタキ、カマンベールチーズ。これで多分¥1000ほど。いっやー、これは男前な価格設定ですな、流行る訳だと納得。お味も多少塩強めでワインのアテにぴったり。なかなかのモンです。

7

ガーリックトーストで¥400。jガーリックもほど良い効き加減なんですが、これは結構オイリーかも。

8

トリッパの煮込みで¥550なり。量もしっかりあり、非常にちゃんとしてます。トーストと一緒に頂くと良さが200%アップ。至福のひと時。

久々の天満周辺だったのでちょっと探検してみたくなり、温かいメニューが食いたいよね、と早々に河岸を変えることに。以上で¥3000チョイという劇安価格なり。いやー、この清潔度では絶対駄目な人も居ると思いますが、ウチは懐がさびしいときにお世話になりそうな予感ですな。。

で、お次は生ビール一杯目¥100!の看板に誘われ、天5の商店街に出来た串かつ屋で一杯。なぜだか写真とお店の名前失念。この写真だけ成功していました。

9

串かつ10本盛り合わせ(いくらだろう¥1500ぐらい?)、湯豆腐の豆腐抜き(おすましですな。。)、イカ焼きをお願いして生ビー1、焼酎お湯割り1でこれも¥3500とかそういうお値段。結果、非~常にお得な夜でした。happy01

◆葡萄酒場 裏HIROYA
住所:大阪市北区池田町5-1
営業時間:15:00~23:00 日休
TEL:非公開

2009年12月14日 (月)

香味(シャンウエイ)でディナー(3)@西天満

今月もほぼ半分まで来たというのにようやく12月、3回目の更新、スイカです。
お坊さんも走り出す12月、ウチの会社ももうすっかり年末進行でバタバタ中。私事のほうも賀状やらなにやら細かい用事が次々と。

その忙しい中で、今年も昨年クリスマスネタと同じようなことをやるため買出しやら試作やらなにやらしつつ、mixiの無料ネットゲーム「ブラウザ三国志」で東方征伐のために兵士を送り出す準備やらなにやら。sweat01 貧乏暇無しとは旨いこと言うものですな、ご同輩。coldsweats01

で、ちょっと体力消耗中なので今日のディナーはちょっと軽めにしようよ、ということになった土曜日。嫁はお仕事で、夕方どこかで落ち合う作戦。我々がそういう特に予約もしていない時に自然と足が向くのがJR大阪天満宮周辺で、その辺りで何か旨いものが無いかなぁ?と考えて思いついた第一候補、中華料理の香味。電話してみたら席があると言うのでいそいそとお店に向かう19:00。 今年このネタで初めて伺って、これでもう3回目。かなり気に入っている!お店だ、ということですな。happy01

にこやかなオーナーシェフ、それに奥様の2人編成の小さなお店で、あっさりした野菜料理に、ボリュームのある他の中華料理店ではほとんど見かけない豚肉料理が非~常に美味しい。今回もまたあれを食うぞ!とやってきたのだ。入ってみると、全部予約席になっていたので、当日予約で入れたのは、ほんまラッキーだったようですな。。。

1_2

定番メニューとともに月代わりの限定メニューがある。これは魅力的だよねぇ、と暫し悩んで辛いもの系を中心に限定4品を注文。

2

まずは冷たい前菜。四川風よだれ鶏で¥600なり。量は前菜なので多くは無いが、この山椒と甘味噌の絶妙なバランスは!みたいなお味。辛いのがお好きなら外せない一品。この辛い料理と、まろやかな8年物の瓶入り紹興酒のデキャンタ(500ccで¥1500)が素敵に合うのだ。

3

んで、これも辛い目の料理で限定メニューからチョイスしたのが、広島産牡蠣のふわふわ四川唐辛子炒めで¥1500なり。唐辛子は油に辛味を移しているだけで食べてはいけません。

片栗粉で作ったと思われる衣が、むっちむちのぶるぶるのふわふわで非常に面白い食感。どことなくお餅風な感じだ。それとまろやか辛い甘酢が絶妙にマッチ! 見た目ほど辛くはなくほのかな辛旨さ。

4

お次も限定メニューから特製水餃子¥1000なり。煮込んだお湯にダシが出ているので適宜甘味噌ダレを合わせてスープ風に頂く趣向。野菜控えめで肉汁たっぷりのソーセージのような餡が素敵だ。

5

これを食べにやってきた!な豚肉料理「パイグー大魔王」で¥1600なり。とろとろの骨付きスペアリブが辛味の効いた海老味を感じる香辛料と絶妙にマッチ! ま、豚肉好きなら一度食え!な逸品ですな。今日のお料理の中ではこれが一番辛旨いです。

6

最後の〆。まだここの炒飯も食べてないし悩むねぇ、とチョイスした成都汁無し坦々麺で¥1000なり。 今日はなぜだか辛いもの尽くしになりました。

実は汁無し坦々麺を頂くのは今回初めてなのですが、ラー油の程よい辛味とナッツ類の香ばしい味わい、それにゴマのまろやかさが渾然一体で旨いものですな~。少し固めにゆでられた存在感のある麺も非常にGOOD!。嫁曰く「今年一番旨かった麺類はこれだ!」とのこと。happy01

最後の〆料理が良かったので非常に満足して、甘いもんはやめとこう!と言う事に。で、以上で〆て紹興酒500ccデキャンタを合わせて、なんと¥7400という、この満足感からは考えられない劇安さ。あっさりとした塩味系の野菜料理も非常に美味しいのですが、このお店はやっぱ上品で辛いお料理がイケてるな、と感じますな。間違いなく、又来ます!