フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2009年8月 | メイン | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月28日 (月)

鶴麺@鶴見区

最近、内環状線を走っていると鶴見緑地の南西側、ちょうどでっかいホームセンター、ホームズがあるあたりに、いつも人が並んでいるラーメン屋さんがあるのを発見。大阪のマニアックなラーオタ諸氏にも人気が高い「カドヤ食堂」もすぐ近くの場所なのに、なかなか人気だなぁ!いつか行ってやろうと狙っていたのだ。で、シルバーウイークも最終日、晩御飯は軽くラーメンでも啜りに行きますか!ということに。

1

夕方は18:00開店なのだが、18:15ほどに到着して既に満席。が、外にはまだダレも並んで居らず一安心。我々が2回転目になりそうだ。中のお兄さんに声をかけて暫し並ぶ。

2

外壁にメニューが貼り付けてあり、ちゃんと照明を当てて読みやすくしているので、並んでいる間に十分検討できるのだ。つけそばが人気で、どてそばも気になったのだが2人とも珍しく中華そばを食べたい気分。ラーメンでは無く、あえて中華ソバなのも気になるよね~、と2人とも中華そばをチョイスすることで意見一致。意外に回転は早く10分ほどで我々の順番に。

店内はキッチンを囲むカウンター席のみ、なかなか男前&清潔感のあるおにいさんたち3名が忙しそうに調理中。しかし非常に丁寧な仕事ですな~。1つ1つの流れるようなアクションがいやがおうにも期待感を高めてくれる感じですな。happy01 サービスもしゃきしゃきと気分の良いお店です。

3

じゃじゃーんと登場、中華そば。厚手に切られたジューシーなチャーシューが2枚、自家製なのか柔らかくて長めのメンマ、長葱、青葱だけの非常にシンプルな構成。いっただきます!

麺は国産小麦100%の特注の超細麺。「固めはお断りしています」とメニューに書いてあったのだが、腰も程よく、湯で加減も文句なし。スープはごらんのように醤油味は控えめ、鳥と魚介の合わせらしいのだが、見た目以上にコクがあり、キレとも申し分無し。カドヤの豚そばのほうが醤油の香りが良くスープは好みなのですが、麺はこっちのほうが更に好み。全般的にはかなり気に入りました。happy01

4

んで、セットにすると¥300になる豚あえ飯。もやしの上にチャーシューのヘタがたっぷり、男なら誰でも気に入りそうな甘口醤油ダシでなかなか旨いです。唐辛子ばっば!で更に旨し。

5

嫁も珍しくご飯をもらう!と卵かけごはん¥250を注文。最近こだわりのラーメン店で、たまごご飯を出すお店が多いですが何かメニュー編成上の秘密があるんですかねぇ。ま、まちがいなくはっきりしっかりとたまごご飯。卵も新しそうで、嫁喜びつつ食べる。

周りを観察していると、ほぼ全員がつけそば、それも、塩が人気の模様ですが、中華そばもなかなかハイレベルで旨いです。遅くまでやっているし、カドヤ食堂よりは並ばなくてもいただける感じなので、お近くによられたらぜひどうぞ。

 

◆中華そば つけそば 鶴麺
住所:大阪市鶴見区鶴見5-1-9
営業時間:11:30~15:00 18:00~25:30 水休
TEL:06-6939-2126

2009年9月27日 (日)

南インドカフェダイニング  チャルテ・チャルテ@三宮

シルバーウイークに神戸方面に遊びに行ったネタ、続き。
お昼はこちらの家庭的雰囲気の中華料理店で舌鼓。食後は更に1件、長田方面にあるスーパー銭湯で一汗かいて夕方ごろまでまったりしてから、久々に三宮、元町あたりをぶらぶらと散策。

1で、いつものように晩御飯食べてから帰ろうか?ということになるのが我々のパターン。車で来ているしアルコール無しでささっと食べられるところが良いよね、と最近ちょっとハマっているカレー系なお店にしよう!ということに。(実は3日連続、カレーだったりするんですけれど。。。。sweat01

お店は阪急三宮駅西口から生田ロードを生田神社に向かって約2分の超駅近物件。南インド系の料理が食べられると聞いて狙っていたお店だ。こういう雑居ビルの1Fにお店があるので、道路に出ている看板を目安に歩けば、まず間違いなく見つかります。

行く前に一応電話して空いているか聞いていたので、早速お店に潜入。小さなインド風カフェ、みたいな感じで、お若いカップルがメインの気軽な感じのお店ですな。全20席ほど。

サービス担当のお若いおねえさんにさっき電話した!というと奥角のテーブル席に案内される。

メニューはかなり豊富。単品で注文できるビールのアテになるようなものもたくさんあるので、ほんまインドカフェ、みたいな使い方でもOK。暫し悩んで、今回初めてなので¥2500のコースをお願いしてみることにしたのだ。

2

初めにでてきた突き出し。手前がインド風塩味クッキーのようなもの、後ろがスパイス味の衣がついたピーナッツ。豆好きは非常に嬉しいメニュー。嫁に帰りの運転をお願いし了解を取り付け、遠慮しつつ冷え冷えビールで1人乾杯。いやーたまりませんな、これは。次に小さいキャベツ系サラダが出てきて(写真失念)次は何かなあ~と期待も膨らむのだ。。。

3

んで、北インドのタンドール料理もありーの、南インドの豆ドーナツ「ワラ」も出てくる構成。ワラは初めて食べましたが、見た目は揚げベーグル?のようなもので、中身はふんわりと豆腐のような感じでとてもあっさり健康的。ポンデなんちゃら、よりも更に豆腐的な感じですな。いっしょにでてくるサンバル(写真失念~の、野菜入りスープカレー)を付けて頂くとなかなかオツなものです。
手前は酸味のあるカッテージチーズですが、こういうのに助けてもらう必要が無いほどカレーの辛さは控えめで、くったりと炊けた野菜の甘みと旨みが溢れるとても野菜野菜した感じ。この数日、結構濃いカレーが続いていたsweat01ので、なぜかほっとしました。happy01

4お次がメインのカレー2種。1つがカリフラワーとおくらのカレー、もう1つはひよこ豆のカレー。

この2つも野菜の旨みで頂くカレーという感じで、とても優しい感じ。先ほどのスープカレーよりは辛味はありますが、相当辛いのが苦手な人でも美味しくいただけそうなもの。

それよりなにより、特筆すべきは後ろにあるぷっくらと空気を含んだ揚げパン?の類。空気を含んで膨らんでいて、出てきて直ぐはラグビーボールほどあるか?というでっかさなのですが、直ぐにへこんで通常のナンほどの大きさになります。

ナンよりも更にむっちりした感じで旨いものですな。。気に入りました。

5

2枚でてきた揚げパンの1つはここまでさっくり揚がっていて、更にサクサクした食感で、非常に香ばしく、旨いです~。ボリュームも十分なり。

6 んで、ちゃんとデザートも付いてきます。マンゴーソースのかかったミルクアイス。いやー、堪能しました、はい。

メニューの一部がぐるなびにありますが、インド料理店でここまでメニューが豊富なところは知らないので、一度制覇してみたい気分。

ま、上のぐるなびに割引クーポンも完備happy01で、お安く南インド料理を楽しめるのも嬉しい感じ。ちょっと珍しいインド料理が御所望なら、なかなか良い選択肢だと思いますな。大阪にもこういうお店ができればよいですなあ。

 

◆南インドカフェダイニング  チャルテ・チャルテ
住所:神戸市中央区下山手通2-1-17 城村ビル1F
営業時間:11:00~16:30 17:00~22:00 無休
TEL:078-392-6886

2009年9月25日 (金)

広東料理 天天@王子公園

シルバーウイーク中のネタを1つ。
特に遠出する用事も無かった我が家のシルバーウイーク。高速道路も大混雑、こういうときは近所でなにか旨いものでも食べるのが幸せだよねぇ、とだらだらしちゃうのが我々のパターン。でも、流石にいつものように大阪市内で、というのは芸がないので、ちょっとだけ足を伸ばして神戸方面でのんびりお風呂&美味しいもの!ということに。

0

やってきたのが先日に続き、またまた六甲道。こちらの篠原温泉は、先日ご紹介したおとめの湯から数キロ西側にある天然温泉に入れる銭湯なのだ。銭湯なので入浴料は¥410なり。しかし、このあたりは銭湯で温泉に入れるところがたくさんあるようですなぁ。
11:00の開店時間に入れたので男湯は3人しかお客さんが居らずまったり。薄褐色の色がついたほんのり塩分を感じるなかなか良いお湯だ。もともと31℃なので加温しているのだが、その源泉のままの冷たい浴槽と温めた浴槽の交互浴が楽しめるのがとても良い。夏向け大推薦!なお湯ですな。。ちゃんと無料PAもあるし、空いている時間帯なら大推薦!

1んで、お昼までのんびりお風呂につかり、次はランチだね!と更に西に3kmほどの王子公園前に移動。狙うお店は人気中華料理店、天天なるお店だ。

随分並んでいますが、食べ終わった後の写真で、我々が行った12:30にはまだ行列はなかった。またまた某食べログネタで随分人気があるようなのでチョイスしたお店です。

丁度席が空いたところでカウンターに待ち無しですんなり着席。いやー、ラッキー。カウンターが6席ほど、テーブル席が14席ほどの、窮屈でいかにも街の中華屋さん!という感じなのだが、あの「料理の鉄人」なる伝説のTV番組に出演したことがある痩身のマスターが1人、中華鍋をふるうお店なのだ。

2お運びのおじさんが2名、お母さんが1名、カウンター内にはマスターとサブのおにいさんが1名のどう見ても中国からやってきましたよ我々家族は!みたいな家族経営的雰囲気が濃厚。どう見ても綺麗に片付いているとは言い難いのだが、旨いものを食うぞ!という気配も満ち満ちている感じ。happy01

カウンター上にお勧め料理の黒板が掲げられている。

これ以外にもメニューはかなり豊富なほうで、暫し悩んで2人なので4皿見当かなぁと厳選4種類をチョイス。(車なのでビールは我慢我慢なのだ。。。weep

3

まずは人気の鶏の空揚げで¥500なり。量はお値段なり。皮の部分が何かバーベキュー系スナック菓子のような味わいでサックサク。衣全体に中毒醤油系なのかしっかり味が乗っていて非常にビールに合う感じだ。レモンがあると更に映えそうな予感。

4

んで空芯菜と豚肉の炒め物で¥1200なり。これは油分もしっかり中華醤油系炒め物、みたいな濃厚な旨み。中華鍋で激しく炎を上げつつ1分足らずで火入れが完成するスピードメニュー。炒め物は手際が味だ、と再認識するメニューですな。下ごしらえの良さなのか豚の柔らかさに驚きを感じます。

5

んで、豚足の特製みそ煮込みで¥1200なり。うはー、これは量もりっかり!とろんとろんにとろけるコラーゲン大量摂取メニュー。甘い味噌味もたまりません~。コラーゲン好きなら無条件!お勧めします。

6

んで、ローメンってなんだ?と注文したチャーシュー入りローメンで¥900なり。腰しっかりのそうめんほどの細麺に熱いソースを絡めたもの。どことなく博多の焼きラーメンとかと同じ傾向の豚骨っぽいお味ですな。。量もしっかりでなかなか旨かったです。

ま、どう考えても食べログ神戸ナンバー2中華のお店とは思えない大衆感バリバリのお店ですがsweat01、雰囲気や味付けが大阪にはない独特の風情がありますな。予約もできるようなので一族郎党でわさわさっとやってきて、好きなものをバンバン注文し、皆でわしわしと頂くようなスタイルがぴったり、ざっくばらん系日常使い店です。 チョイ推薦~、かな。happy01

 

広東料理 天天
住所:神戸市灘区王子町1-2-15
営業時間:(火~金)11:15~14:30 17:00~23:00
       (土・日)11:15~15:00 17:00~23:00 月休
TEL:078-882-3958

2009年9月23日 (水)

バンブルビー@西本町

世はシルバーウイークなのだが、書きそびれていた先週の月曜日ネタを1つ。
嫁ともどもお休みにした月曜、が、元々計画していた用事が段取り不十分で没になり、それなら久々に大阪市内ポタリングなんてどう?ということに。

1で、最近買った情報誌のMeetsでカレー特集が組まれていていたので、カレーなんか良いよね、ということに。
が!、カレー好きな嫁は勤め先の南船場からかなり遠いお店も1人で食べに行っていて大体チェック済み。前から気になっている孤高のカレー屋「カシミール」それに「らくしゅみ」に「KALUTARA」にも、行ったことがあるという。

それならまだ行ってないところはどこ?と聞くと西天満のもりやま屋、それに西本町のバンブルビーはまだだとのこと。それなら運動がてら、遠いほうのバンブルビーに行こう!とキコキコとチャリを漕ぎ出す10:00.

ビジネス街の真ん中、西本町。大阪城公園でちょっとだけ休憩し、頑張って走ってきたので11:15ぐらいには到着。11:00オープンだと聞いていたのだが、店内に入ると、痩身でどうみても今は無き憂歌団のメインボーカル、木村さんにそっくりなマスターがカウンター内で忙しそうに仕込み中。

「もうちょっと仕込みにかかりますがよいですか~?」と言われテーブル席で待たせてもらうことに。カウンターが8席ほど、4人掛けテーブルが2という小さいお店だが、インド風BARというか激しく飲み屋系な気配が濃厚な風情。でもこの雰囲気でお昼だけ営業のお店なのだ。

2カウンターの上にはシングルの真空管アンプが蒼いなまめかしい光を放ちながら稼動中。その横にはガラス瓶に10種類以上のスパイスが鎮座している。ガネーシャなどの飾り物は如何にもインド風なのだが、BGMは80年代ロックだったりなんともマニアックな気配ぷんぷんですな。。。

11:25になってサービス担当の女性が出勤されてきて、常連さんがぱらぱらとやってこられて12:00前にはほぼ満席に。。やっぱ人気なのだ!と納得。

メニューを写してくるのを忘れたので、お店前の看板をどうぞ。カレーの種類はかなり多くて、3種類のカレーを合いがけしてあるメニューが何種類かあるのが、色々食ってみたい派としては嬉しい。ジビエ系と称して、馬やら猪、山羊などのカレーもあるようだ。なかなかチャレンジングなメニュー編成ですな。

暫し悩んで、嫁は定番の3色カリー¥900を注文。俺は鳥3姉妹なる鳥系キーマカレーを注文することに。

3

こちらは嫁チョイスの3色カレー。鶏肉カレーと野菜カレーにあと1色は好みでチョイスできるのでマトンを選んだもの。ご飯は白米、玄米がチョイスできるので玄米を選んでみた。盛り方も、それにお花が添えられているのも斬新ですな、確かに。

4

こちらは俺チョイスの鳥3姉妹。鳥キーマ&手羽先、鴨キーマ、それに鳥肝キーマという組み合わせ。

んでお味。カレーでここまで衝撃を受けたのは久々、いや初めてかも。とにかくスパーシー。カレーがスパイシーなんて当たり前だ!というようなレベルとはレベルが違う。スパイスの香りは揮発性なので毎日朝から焙煎されていて昼営業しかできないらしいのだが、確かにこの鮮烈な香りといったら。。。。驚きました。唐辛子は頭皮の汗かき具合からそれほど利いていないと思うのだが、驚くほどの辛さ。なんだろう、胡椒系?
とりあえずハマる人、だめな人がはっきり分かれるほどの辛味。おかげでキーマ系カレーの肉の味の違いが良くわからなかったが、鳥肝キーマは特に旨いように思った。カレー好きな嫁も「辛いですよ!」というようなレクチャーが事前に無かったので、相当衝撃を受けた模様。(尚、野菜カレーはまろやかで辛味は控えめなので、辛いのが苦手なら野菜カレーをどうぞ。。。)

5 これは野菜類もちょっと欲しいよね、とお願いしたセロリ+きゅうり+ヒヨコ豆のサラダで¥150なり。

冷たいオイル系のサラダなのだが、塩味系なので激しく辛味を放つカレーを中和する機能としては不十分。ここは酸味のあるサラダが欲しいところかも。

しかしまぁ、久々にもう一度食いたい~、と熱望してしまうカレーに遭遇。最近の大阪カレー事情はこういうのが流行りか?と思ってこのシルバーウイーク中あと3件ほどカレー屋に行ったのですが、やはりバンブルビーの香辛料の使い方はここ独自なような感じですな。辛いもの好きなら必食ですぞ! いやー、旨かったなり。近日中に再訪確実!

 

Bumblebee (バンブル ビー)
住所:大阪市西区西本町1-14-2 住吉ビル1F 
営業時間:11:00~16:00(お客さんがいるまで、らしい) 日休
TEL:06-6534-0894

2009年9月21日 (月)

barroco (バロッコ)@新町

世はシルバーウイーク、5連休の方も多いと思われる週末。
土曜日、南船場に仕事に出ていた嫁と落ち合い、今日はこの辺りでちょっと軽めに一杯引っ掛けられるところにしようよということに。で、嫁がたまにランチを食べに行っているイタリアンバールはどう?ということになり、早速行ってみることにしたのだ。

0 お店の名前はbarroco (バロッコ)なり。なにわ筋沿いのビルの2Fにお店がある。1Fは中津にある情熱うどんなお店「讃州」の系列店、「山斗」(やまと)なるお店だ。細い階段をとんとんと上がって店内に。

カウンターが10席ほど?そこに常連さんが数名、窓側に4人がけテーブル席が3。テレビが置いてあり、BSのサッカーの試合が無音で流れているようなざっくばらん系なお店だ。
25:00と遅くまでやっておられる使えるお店なのだが、20:00前でまだまだ夜はこれから~という気配。半分足らずの入りでテーブル席が空きだったのでそちらに陣取る。

メニューを確認。テーブル席前のカウンターは冷蔵ショーケースが置いてあって、今日の前菜類が色々と置いてあるのだが、3種類チョイスで¥800、5種類チョイスで¥1200と非常にお安い。パスタ類が数種類、ピッツアにメインも色々あるのだが、んー、と悩みつつ生ビー(ハートランド)をお願いし、今日は休み1日目なので軽めにね!と、アテ系なものを中心に軽く注文。

1

¥1200の前菜なり。うはー、これは盛りが無茶良いですなぁ。happy01 右手前がイサキのエスカベッシュ、左手前が鴨とさといものマヨネーズ和え、真ん中が鶏肉と栗の蜂蜜煮でこれはほんのり温めてあった。右手奥がイタリアンオムレツ、奥がクスクスのカレー風味のサラダ、という超てんこ盛り状態。小食の2人ならこれとパスタ1皿で十分!みたいなお得感。特に鴨、栗がうれしかった。

2_2

んでパスタ。ころころ野菜のラザニアでたしか¥1000とかそういうお値段。シメジにエリンギ、ブロッコリー、ピーマンに玉ねぎにジャガイモなど小口切りの野菜類がたっぷり挟み込んである熱々のトマトソースのラザニア。ま、定番なんですが量もしっかり目でちゃんと旨いですな~。

グラスワインが赤白計10種類ほどスタンバっていて、¥500~800とお安いのもありがたい。スッキリ目の白を頂きつつ、うだうだと夜も更けてくるのだ。

3

イワシの香草焼きで¥600ほどのお値段。中羽ほどのころあいの大きさ。ガーリックがしっかり効いていてクサ旨ですな~。写真のように頭を潰しているおかげで、ワタと一緒に頭からわしわしと頂けてカルシウムもたっぷり取れます。(背骨は流石に食いにくいですが。。)

4

んで、これで〆ても十分だよねとは思ったのだが、米が食いたい~気分だったのでお願いしてみたキノコのリゾット。んー、これも¥1000前後だったように記憶。

5

中はこういう感じでホワイトソースたっぷり。軽めのソースで家庭的な味わいなんですが、とりあえずチーズもたっぷりしっかりでこういうバールに飲みに来た仕上げの一品に非常に嬉しい感じ。

いやー、軽めと言いつつ結構お腹一杯で幸せ気分。

以上で、生ビー2、グラス白ワイン1、赤ワイン2で〆て¥8000というお値打ち価格。メイン料理を頂かなくてもこういう居酒屋使いで全然OK!なお店ですな。本日はカウンター内はお二人で回しておられたのですが、混んでくると料理進行はかなり遅めになります。アルコール類はカクテルも含め非常に豊富なので、酒飲み友達同士でのんびりうだうだ世間話するのに適切なチョイス!という感じ。靭公園のASSEもそうですが、こういうジャンルのお店を1つ知っておくと色々と便利に使わせてもらえますな。。。又来ます~。happy01

 

◆barroco (バロッコ)@新町
住所:大阪市西区新町1-33-16 大阪屋新町ビル 2F
営業時間:(月~金)11:30~16:00 17:30~25:00 (土)17:30~25:00 日休
TEL:06-6531-0869

2009

んで、お腹も一杯になったし、アルコールで火照った頬に秋風も気持ちよいし~、とちょっと散歩。ちょっとのつもりが気が付いたら中ノ島公園sweat02まで来ていて、水都大阪2009のメイン会場に到着。まんなかの魚のオブジェは大阪湾に流れ着いた漂流物で作ったものだそうな。ライティングも綺麗でなかなか幻想的な気分になりました。