フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 奈良に行ってきたMEMO@090504 | メイン | 釜ひろ再び(2)@長居公園 »

2009年5月11日 (月)

asse(アッセ)@江戸堀

まだGWボケ覚めやらぬ土曜日、世間では16連休!というめでたいのかお気の毒か分からないほどの長期休暇な会社もあるようだが、ウチは木曜から平常勤務に突入。嫁はいつものように土曜日はお仕事。

ま、とりあえずGWボケにはカラダに活だ~!、と朝からポタリングで大阪市内をぐるぐると走り回るが、どうにもガス欠気味で全45km、平均時速19.2km/hと休憩しつつ2時間ほどで打ち止め。お昼からは久々にミナミに1人で出て本屋めぐりやらで時間つぶし。20:00、仕事が終わった嫁と落ち合いディナーにでも、ということに。

今回目指すのは江戸堀にあるイタリアンバール「asse(アッセ)」なるお店。某食べログで評判が良いので当日予約でやってきた、20:30。ぼけーっとしていたので思いっきりお店写真を忘れました。こちらを参照ください。食べログの記事はこちらを。場所は、靭公園を基点にすると、靭公園の北側、イル・クアドリフォーリオとか、サンタルチアがある通りをとれてれと北に5分、というところ。

お昼は久々に28℃まで気温が上昇した大阪地方。お店は入り口の扉が開け放たれ旨そうな香りが通りにあふれている。かなり薄暗い照明で、カウンターが8席ほど、テーブルが大小いろいろ12席ほどのこじんまりしたお店だ。カウンター内は金髪のつんつん頭のシェフ、それにサブのめがねのお兄さん、サービス担当のお若い女性1人。ま、気軽で元気なイタリア系飲み屋さん、みたいな感じですな。happy01

Asse1

カウンターの上にでかでかと黒板メニューが掲げられているのだが、カウンターの端っこに座ってしまったため読めない。sweat01 ま、ちゃんと各テーブルにはこういう手書きメニューが配置済み。しかし、カウンターの隅っこはこの暗いお店の中でも特に照明が暗くて、年寄りには結構きびしい。ISO400設定のデジカメのシャッタースピードが1Sになるほどの暗さなので、あまり料理が旨そうには写っていないことを先に謝っておきます、すみません。

メニューを確認。種類は非常に豊富。おつまみ系メニューが6種類+αありすべて¥300というお得価格。前菜はすべて¥900で10種類ほど、ピッツアは9種類で大が¥1800、中が¥1500、ハーフ&ハーフにしてもらって+¥200、パスタは乾麺、手打ちはロング、ショートいろいろあり13種類、さらにメインが6種類ほど。ワインもボトル¥2000、2500、3000のものが非常に数多くありカクテル系も揃っていて目移り! とりあえず俺生ビー、嫁白ワイングラスで本日の健康にカンパイし、ゆるゆるとスタートなり。

Asse2

色々食べたかったので「前菜、適当に盛り合わせてもらえますか?」とお願いしたら、こういう25cm級のでっかい皿にこんもりと山盛りで出してくれた。サラミにロースハム、自家製のオイルサーディン、炒めたまねぎが劇甘いキッシュ、野菜の旨み濃厚なカポナータ、ポテサラに、グリーンサラダ、枝付きのプチトマトなどなど。清算した後で考えてみると¥1500にしてくれていたようだ。こういう飲み屋系のお店なら、普通味付けはアルコールが進むような濃いしっかりしたものにしていそうなのだが、こちらは素材の味重視の程よい塩分濃度なのも気に入った!

はっきり言ってこの質でこのボリューム、小食な2人ならこれだけで帰っちゃいそうな予感ですな。。。あっというまにビールを空けたので、泡物の安いのありますか?と聞いたら¥2000でプロセッコのボトルがあったので速攻でお願い。確かにお安いです。

Asse3

ピッツア中サイズ¥1500で、なんだったろ生ハムとトマト、モッツアレラのシンプルなピッツアをお願いする。これで中か~、でっかいっすな。専用の釜は無いがきちんと粉の旨みのあるむちむち生地に焼き上がっていて旨し。これも期待以上にちゃんとしてました。

Asse4 んでおつまみメニューから追加で、ガーリックトーストで¥300なり。

でっかい外さくさく、なかふわっと系バゲットにガーリックとバジルで作ったペーストが劇マッチ。食べログでも推薦されていたのだが、確かに若い人に受けそうな感じですな、これは。

Asse5

んでもうメインは食えないよねぇ、と悩んで〆にお願いした手打ちショートパスタで「トロフィエ」の桜海老とおかひじきのフレッシュトマトソースなり。お若いサブのお兄さんに「これどうやって作るんですか?」とお聞きしたら、手でよじって1つ1つ作るんですよ、とのこと。それは結構大変ですな。。。happy01
白魚のような形で、表面のつるりんとした食感が面白い。それに桜海老の味の濃厚なことと言ったら!。これで¥1500とは期待以上。いや~、イケてますな。(が、ちと食いすぎました。。)

Asse6 最後にアイスで〆。5種類ほどあり全部¥200なり。これで¥200とはまたまた、期待以上なボリュームですなぁ。

これはラムレーズンですが、ま、さらっと軽い造りで乳脂肪は押さえ気味。あっさりとしてよかったです。

以上で〆て計¥8400というテーブルチャージもなんもない税込みでの明朗会計。

ま、4人ぐらいでわさわさっときて、ボトルで好きなワインを空けて、好きなものを色々頼んで突っつきあうのが一番幸せそうな感じですな。残念に思ったのは、ちゃんとご飯は旨いのに、あまりに暗すぎてほとんど旨そうに見えないことだけですな。自宅に帰ってきてから写真データを見て、「前菜って、パスタってこういう色合いだったんだ~」と感心するほどに暗かったです。sweat01

ま、遅くまでやっていて便利に使えるのと、コストパフォーマンスは相当に高いので特にワイン飲兵衛向け大推薦なお店です。基本お若い方向けのお店なのですが、かなり気に入ったので、年をもろともせず近日中に再訪したいと思います。happy01

  

◆asse(アッセ)
住所:大阪市西区江戸堀1-22-2
営業時間:11:30~14:00 18:00~翌2:00(L.O.翌1:00) 日休
TEL:06-6443-9100

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/19694389

asse(アッセ)@江戸堀を参照しているブログ:

コメント

お~、ワインが進みそうなメニューで、
前菜すっごいボリュームですねlovely
ピザにガーリックトーストもおいしそうですheart02
そしてワインもリーズナブルですね!
行ってみようっとwine

ココ、我がオフィスのすぐ近くなんです(^^)
安いしボリュームあるし美味しいし、
ホントCPいいんですがぁ・・・
暗いっ!とにかく暗い!
何食べてるかわかんないくらいですよねー。
全くもって、ブロガー泣かせですわ。
きれいに撮れてますが、これはストロボ撮影ですか?

もうちょっと照明を明るくして、禁煙にして頂ければ
絶対再訪するんですが(^^;;)

##ばるばれす子さん

前菜はぜひ盛り合わせできますか?と確認してください。種類が多いのでお好きなものをリクエストすれば適宜調整してくれそうな予感です。
¥2000~\3000のワインを全種類制覇しようと思ったら1回1本空けても、30日以上かかりそうな選びがいのあるお店ですよ!

## k.dinoさん

おー、このお近くなんですね。それは魅力的なお店が選び放題!ですねえ。happy01

このお店、ほんまに照明暗すぎですよね。前菜盛り合わせも色合いを考えて綺麗に盛ってあるのですが、テーブルにくると何を盛ってあるのか突付いてみるまでわからないほどですな。
帰りに「もうちょっと明るくしたらモット流行りますよ!」とプッシュしておいたんですが考えてくれませんかねぇ。遅くまでやっておられるので、22:00以降は暗くするとか方法がありそうなんですが。。。

しかし、ここでフラッシュ使ったら周りのお客さんにしばかれますな。。。先に書いたようにシャッタースピードを1秒にして手ぶれは根性で無くす!方法です。ま、レタッチは相当頑張っているんですが、ま、カウンターの隅では俺の腕ではこれが限界です。。。

ここの前菜はいいですよねー。
ランチでも盛り盛りでした。
カウンターだったので、シェフや店員さんの
常連さん?お知り合いの方とのやりとりが
初めて一人で行く私には、身の置き所が
ちとなかったです。テーブル席で友達と
料理を楽しむのがいいのだろうなと
思いました。

OLさん、こんにちわ。

そうですね、基本飲み屋なのでカウンター席は身内で盛り上がる用、みたいな感じですな。ウチが夜行ったときもそうでしたよ。空いていたら特にここに座れ、と案内されるようなお店ではないので、適当にほっといてほしいならテーブル席に座るほうが良いでしょうね。

ランチは本当にお得みたいですねえ。あちら方面でランチってあまり機会は無いのですが一度行ってみたいかも。

良いお店ですね。ぜひ行きたいです。

びたみんさん、お久しぶりです。

¥300のアテメニューが色々あるのと、アルコール類もそろっているので酒飲みはうれしいお店ですよ。ワインも色々揃っているのですが、周りのテーブルではギネスが大人気でした。beer

コメントを投稿