フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2008年7月 | メイン | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

洋食鉄板焼 OPEN SESAME!@天四

久々に埼玉、群馬方面に3日間の出張があった先週。最終日はゲリラ豪雨のおかげで電車のダイヤが乱れて、帰ってこれるかかなりどきどきしたのだが、30分ほど新幹線が遅れただけでなんとか無事帰り着く。

盆休み途中から食べすぎか体調が今一優れなかったcoldsweats01のだが、出張のおかげで精神が張り詰めていたせいかようやくやや復調。土曜日、朝でかける嫁に「とりあえず大阪天満宮あたりで晩ご飯!」と宣言して、半日だらだらしてようやく元気復活。夕方どこで飯を食おうかなぁとネットで調べていたら、先日たまたま前を通りかかって、お!と思ったお店を発見したので早速行ってみることに。

0

お店の名前は、「オープンセサミ」なり。JR天満駅徒歩3分たらずの超駅近物件。お向かいはカレーうどんで人気の「てんま七福亭」だ。この3月にオープンしたばかりの新しいお店なのだが、鉄板焼き料理の〆にお好み焼を出す洋食屋さんで既にお得なランチで人気のようだ。しかし、大阪ではこういう鉄板焼&お好み焼店が1ジャンルを形成している感じですな。

お店の中に。40代後半とおぼしきご夫婦がお2人でやられているお店で、お店の外観どおりカフェ風というかおっさんだけで行くにはちょっと可愛らしすぎる感じ。鉄板を囲んでカウンターが8席ほど、テーブル席が10足らずというこじんまりしたお店だ。

が、メニューはステーキやハンバーグ、チキンソテーやビーフカツなどの洋食モノと捻りのあるお好み焼という、おっさんがビールやらワインをぐびぐびしつつ頂きたいメニューが目白押し。焼酎なんかも置いているのが好ましい。コースもあるのだが、とりあえずアラカルトでもらっとこ、ということに。

1_2 始めに10種類ほど用意してあるいろんな種類のお箸から好きなのをチョイスさせてもらい、お料理がスタート。エコロジーな良いサービスですな。

で、とりあえず生ビー!のアテにお願いしたポテトサラダ(写真、おもいっきり失念で¥470なり)のあとにでてきた、貝柱のレモンバター醤油焼で¥890なり。

これもふんわり火が入っていてウマウマ。当然ビールが進むわけで。(ビールはエビス生)

2 んで、洋食屋さんだったら、やっぱオムレツ系でしょう、とお願いした¥680だったかの、ビーフオムレツなり。

これも玉子3個分ほど。優しい味わいのデミグラスソースたっぷりで、オムレツの中にはビーフの超荒いミンチがうりゃ!とどっさり。

焼き加減や整形は、ここほどじゃないけれど中はとろとろで好感大。

3 んで、野菜もほしいなぁ、とお願いしたサラダ風焼肉で¥890なり。

焼肉は甘醤油味で更にマヨネーズがどかんと。男なら無条件で好みそうな感じ。それが玉ねぎスライスの上にたっぷり。ウチでもタマにやるんですが、流石プロ、旨いですな。

珍しくチリワイン赤をボトルでもらい(たしか、¥3300だったかな)かなりご機嫌な気分になってくるのだ。

4

久々に牛肉食っとくか~、とお願いしたサーロインステーキ200gで¥2200なり。肉の量が調整できるので100gで¥1200からm300gで¥3200までお好きなのをどうぞ。

5ソースはポン酢、デミグラス、玉ねぎ醤油、チリの4種類から2つチョイスできます。このコストなので当然オージーでしょうが、ニンニクチップどっさりでなかなかウマ。

レアでお願いしたのだが、ミディアムレアぐらいですかね。(しかし、かなりピンボケ。。。すみません)

6

んで、当然〆はお好み焼ということになるわけで。ノーマル豚玉が¥770なのだが、やっぱ変則的なのが良いよね!とお願いしたガーリック豚玉で¥930なり。いやー、明日は会議、みたいな日には不適切なお料理ですな。が、パリパリのニンニクチップってほこほこさくさくお好み焼と良くあうんだなぁ、という発見がありました。旨いっす! 

んで、生ビー2、ワインボトルで1本で、¥10000割れとお得価格なり。これはなかなかお安いですな~。大感心なり。デザートが無いのが欠点だが、アルコール類の種類もそこそこあり、なかなかイケているお店ですな。旨い洋食をアテに一杯飲むか!みたいな日にぴったりです。推薦!です。(しかし、いまくらで味を占めたので、暫くこういう系のお店を回りそうな予感ですな。。。sweat01

■洋食鉄板焼 OPEN SESAME!(オープンセサミ)
住所:大阪市北区天神橋4-7-20 ウイング扇町 1F
営業時間:11:30~14:30(L.O) 17:30~21:00(L.O) 日祝休
TEL:06-6881-0117

2008年8月25日 (月)

更新停止のご案内。。

こんにちわ、いつも当駄blog「毎日快晴時折曇天2」にお越しいただきましてありがとうございます。

管理人が木曜日まで埼玉・群馬方面に出張している関係で、金曜夜まで更新が停止する予定です。最近は更新頻度がすっかり怠慢ペースで週3回ほどに低下していて、4日ほど止まったからどうなんじゃい、というお声も聞こえてきそうですがsweat01、コメントへのお返し等できませんのでご了承ください。

仕事なので大したものも食えそうにないですが、とりあえず行ってきます~。

2008年8月24日 (日)

8月度外食ランチネタ、小ネタ集

夏休み中、2日間金沢、3日間和歌山に帰省した以外はかなりだらだらと怠惰な生活をしていたおかげで、ウチとしては外食が多かったんですが、金沢ネタなどを書いていたおかげで、旨かった!という記憶以外はほぼ忘却の彼方へ。。。

とりあえず、先ほど撮り貯めた写真を見て「あー、この店にも行ってたんだ」と思い出したので、小ネタ集としてご披露します。全てランチネタなり。

1

まずは、靱公園周辺に出かけていて「夏向けのさっぱりしたものが食いたい!」と思って、思いついたラ・ヴェルドュール・デュ・ヴェトナムなるお洒落なヴェトナム料理店。今回初訪問。

ランチ時は結構ボリュームのあるセット物がある。写真は本日のフォーから、蟹とトマト、玉子のフォーなり。添えられているニンニクチップ、唐辛子、ライム、それに甘味噌を加えると、さっぱりしたスープが立体的な感じになり美味しい。これと小さい丼物、揚げ春巻がついて¥1280とかそういうお値段。(こういう風に忘れていくんですな。。。sweat01

5_2

こちらは嫁注文で、日替わりランチの豚肉のベトナム焼肉風丼。焼肉は甘味噌味のようなもので、パクチーが入っていなければ和風といっても判らないほど。なかなか旨いっす。
大根ナマスに、玉子焼が、それに別に鶏肉入りのミニサイズのフォーが付いて、これも¥1200とかそういうお値段。

2

これは、えーと、こちらで晩ご飯ネタをご紹介した、島之内にある中華料理店、朋友雑穀食府のお昼のセット物で¥980なり。8種類ほどある中からチョイス。たしか全部¥980なり。しかし、ランチ時はお店に日本語を理解している人がいなさそうなので、かなりどきどきします。メニューを指差し、これ!と言って下さい。「これはどういうお料理ですか?」とか聞くと後で罪悪感に苛まれたりするので要注意です。sweat01

綺麗な緑色の水餃子の皮だけのような平打ち麺は、真ん中にある如何にも辛そうなラー油&中国酢のタレに付けて頂くんですが、劇ウマっす! 雑穀ご飯もぷちぷちと歯ごたえ良く健康的で嬉しかるかる(年寄りしか判らない表現)なのだが、開店当初からはちょっとボリュームダウンですかね。。ま、これでも十分お腹一杯なり。

3

夏バテ気味な予感がしたので、エネルギー充填に天神橋5丁目にある魚伊の支店でお昼のセット物を。鰻1匹が入った鰻重、肝吸い、鰻巻小のランチセットで確か¥2300なり。いうことは特にありませんがとりあえず、身はほっくり皮はさっくりと夏の小さな幸せなり。

4

夏に食欲がなくなったら、和食なら鰻を、洋食ならカレー!と相場は決まっているわけで。最近お気に入りの古川橋にあるインド料理店、ガナパティのキーマカレーセットなり。これも値段失念。¥1280とかそういうお値段?(質問は反則ですなsweat01

ナンがなんともまっかっかですが、赤唐辛子をばらばらっと振りかけてあるものです。韓国の唐辛子のように唐辛子の風味はしっかりあるが、辛さはそう強くないもので、まろやかなキーマカレーとの相性もばっちし。夜でもこういうセットメニューを注文できるので2人でしっかり食って¥3000とかで済むのがありがたかったりするお店です。

以上、8月度小ネタでした。来月はネタを貯めすぎないように、それにできるだけ忘れないうちに書くようにします、だはは。coldsweats01

鉄板焼・お好み焼き いまくら@住道

いやー、久々にウチの近場でとてもよいお店に遭遇してしまいました。こちらの記事でご紹介頂いたしげさん、ありがとうございます。happy01 んで、本日のネタは住道駅南口から徒歩2分の駅近物件「鉄板焼・お好み焼 いまくら」のご紹介。今でも予約必須の人気店で常連さんに恨まれそうですが書いちゃいます。coldsweats01

先般、コメントで教えて頂いた鉄板焼店、いまくら。教えてもらった翌週ぐらいに「どの辺りにあるんだろう」と偵察。お店の前に置いてあったメニューが、時分時たけうちを彷彿とさせる鉄板焼メニュー。これは旨そうだな!と当たりが付いたのでタイミングが合った今日、ようやく訪問。もちろん、前日予約しました。

0_2 後で調べたら、シェフはホテルニューオータニ出身だそうな。

が、そういう高級感とは無縁な感じのほんわりした外観のお店。うーん、このぴかぴか光る電飾はあまり無いほうが良さそうに思いますな~。sweat01

店内に入ると4人掛けテーブル席が3、カウンターが4席。2Fにも16席の座敷があるそうだ。意外にでかいキャパ。

が、基本的に料理は純白のコック帽にコックウエアに身を包んだシェフ1人でこなしておられるようで、あとはサポートのお兄さん1人+サービス担当のお姉さん2名体制。

カウンター席に通される。メニューは時分時とオーバーラップしますな。調理器具として鉄板を使ったものを中心に、美味しいものならなんでも、と言う感じでかなり種類豊富。焼き物も地鶏に仔牛やら仔鴨やら通常のお好み焼店では考えられないもの多数。黒板メニューなどを睨んで暫し検討。飲み物も豊富だが、基本ワインを飲んでね、という気配濃厚。ニューワールド系のグラスがたっぷり量で¥450とお安く、ボトルも¥3000から。とりあえず俺生ビー、嫁グラスの白で乾杯し、厳選5品を注文。

1_2 んで、まずはチーズオムレツで確か¥480なり。サイズ的に言うと玉子3個分、というところですな。

見たまんま、「どうだい、素人さんにはできるまい?」という感じですな。happy01
ふっくらで中はとろとろ。文句なし旨いっす!

2_3 んで、このお店に来られる方が全員推薦するえびぱんなり。1個¥150とリーーズナブル。

海老すり身をたっぷりつけたふわふわ系パンをこんがりと両面焼いて、マヨ系ドレッシングとバジルソースをたっぷりかけたもの。

もう飲まずにはおられない!みたいな感じで。

3_2

んで、これもお好み焼店とは思えないメニュー、アボガドと温泉卵のカリカリサラダで¥1000なり。これが鉄板焼メニュー?って思うでしょうが、このカリカリワンタン皮は鉄板上で手早く揚げられたもの。鉄板にさっと多目の油をひいて、こういうカリカリのワンタンができるんですなぁ。分厚く切られたベーコンもGOODです。

4_2

んで、仔鴨のポワレ 赤ワインソースで¥1780なり。ごらんのように量しっかり。自家製なのかマーマレイドとマッシュポテトを乗せて、ぽったりと甘い赤ワインソースをたっぷり絡めていただきます。ま、旨くないわけが無いわけで。大満足なり。

5_2今回特に気に入ったのが 、黒板メニューからチョイスしたjこちらの「牛すじ肉のピリ辛グラタン」で、うーん確か¥780なり。

海老パン用のトーストされたパンと共に登場。通常、こういうのにはバゲットが付いてきますが、その倍ぐらいありそうなパンのボリュームだとお考えください。happy01

6_2 グラタン、と言うが中身はほぼとろんとろんに炊いてある牛すじ。どことなく上質なコンビーフのような味わい。

それに唐辛子がぴりりと利いて、パンに乗っけていただくともうたまりませんなぁ。これは旨いです!

7

んで、こういうワインに合うメニューの後、〆にお好み焼をいただけるなんて嬉しいですな。通常の大阪風のふっくらお好み焼と、たこやきのような「とろーり焼」というのができるんですよ、と教えていただいて、そのとろーりとした豚玉に、これまたありえないトッピングでトマトチーズを入れていただいた。ノーマル豚玉¥650+トッピング¥250を追加注文。

8 こういう感じで、とろんとろんとした通常お好み焼というには柔らかすぎなのだが、アツアツのトマトが良く合っていて旨い~。

シェフが見事な手業で、広島風やモダン焼など他のテーブル用の料理を仕上げるのを見ながら、おもわずニコニコと頬の筋肉が緩んでくるのだ。happy01

んで、生ビー1、ワイングラスで5で、〆て¥7520なり。安すぎますな~、これは。足らなかったら焼きそばでも貰うか!と思っていたのだがデザートも食えないほど満腹なり。(桃のコンポートを使ったアイスが合ったのが心残り。。)

ま、ウチからは頑張って徒歩圏内。この豊富なメニューを制覇するため近々再訪しそうな予感ですな。ご馳走様でした~、また来ます!!

 

◆鉄板焼・お好み焼き いまくら
住所:大阪府大東市新町4-24
営業時間:17:00~23:00(火~土)17:00~22:00(日) 月休
TEL:072-872-3677

 

spadeこのblogの他のいまくら記事:その2その3その4その5

2008年8月23日 (土)

中華そば 楠本屋@和歌山県海南市

和歌山の夏休み帰省ネタその2を。
和歌山に帰ると、ついつい足を運ぶのが中華そば屋。両親も中華そば好きなので当時あまり外食しない我が家でも中華そば店には結構足繁く通っていたのだ。特に贔屓にしていたのが和歌山市内、小松原にある「まるやま」の本店で、もう何度行ったかも定かではないのだが、俺の成長期には随分お世話になったような気がしますな。。

大体、和歌山の中華そば店というと、人の良いおばちゃんと無口なおっちゃんが2人でやっているような家族経営のこじんまりしたお店で、最新のラーメン事情の影響をまったく受けない世間から隔絶されたような昭和が色濃く残るお店!というイメージで、いまだ多くのお店はその通りなのだが、最近、新しくオープンされたお店は、和歌山ラーメンの味やスタイルは受けつぎながら、オペレーションや店舗デザインなど他の有名ラーメン店を実際に回って研究したと思われるお店が何店かできている。 

以前ご紹介した丸田屋もそのうちの1軒だと思うのだが、今回もう一軒、丸田屋のご主人のおにいさんがオーナーだと言う、和歌山ニューウエーブ系な中華そば店をご紹介。店の名前は「楠本屋」なり。和歌山市から海南市に向かうR42沿いにあり、和歌山マリーナシティからも近い。

1

こういう感じで国道沿いにあるので、いやがおうでも目立ちます。PAが3台分ほどしかないのが欠点だが、19:00だが空きがありスルリと駐車。お店はカウンター席が10席+αほど、4人掛けテーブル席が2のお店だが、ラーメン店というのにゆったりしたウッディな造り。まだオープンして時間も経っていないようで、店内は清潔で十分掃除も行き届いている。テーブルは満席で、カウンターに4席空きがあったので詰めてもらって直ぐに着席。

2_2

和歌山の中華そば店のお約束、テーブル上には鯖の早寿司と茹で玉子、いなり寿司と巻き寿司(俺のテーブルには無かったが)がスタンバイ。

3

ちょっとピンボケですがメニューを確認。うーん最近値段改定があったようですな。丼物やら餃子、炒飯などは一切用意されていない潔いメニュー編成。おいてある日本酒が黒牛(海南市黒田の地酒)というのがお洒落ですな。嫁と両親はねぎそばを、俺は豚大そばを注文してみる。

4

まずはねぎそば登場。期待通りネギたっぷり。いや、もっと多くてもよいかな。sweat01
どんぶりは和歌山風よりも多少大きめ。豚骨醤油の井出系、と言われるカテゴリーに入るものですな。

5 塩分濃度も適切、まろやかなスープで、脂分も本家の井出商店よりも重くなく、なかなかイケてます。

 

麺は和歌山であまり見ないほどの細麺。おおよそ冷麦ほどの太さ。和歌山風に腰よりもつるつる感を重視している感じだが、細麺好きなら絶対気に入るはずですな。固めでお願いするほうが良いでしょう。

6

んで、これが豚大そば。チャーシューは薄いのが5,6枚。和歌山の中華そば店では一般的な量だが、チャーシューの味自体は良い。あとはメンマ、カマボコ、ネギとこれまた文句の付けようのない和歌山風構成。量はそれほど多い!というほどではありませんが、十分満足できました。

両親もかなり気に入ったようでご満悦。旨かったです!また来まーす。happy01

 

■中華そば 楠本屋
住所:和歌山県海南市船尾257-9
営業時間:11:30~14:00  17:00~23:00 木休
TEL:073-482-1661