フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2008年3月 | メイン | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

飛鳥藍染織館@奈良県明日香村

明日香村で頂いたお昼ネタ。
亀石を見学して、さあ次のポイントへ行こうか?と時計を見ると13:00.流石にお腹が減ってきたのでお昼にしようとチャリチャリと移動。丁度、亀石方面から石舞台に向かう間に蕎麦屋さんがあることをチェックしてきていたのだ。

1_4

お店の名前は飛鳥藍染織館なり。なかなか風情のある建物ですなあ。なんでも、元NHKアナウンサーが明日香村に惚れ込んで移住して始めたお店だそうな。

4_5  築150年というとてもりっぱなお屋敷なのだが、中には名前の通り藍染織などや玉蒟蒻などいろんな土産物も扱っている。サツマイモ餡やコシ餡が入ったきんつば、「六方焼」を実演販売されていて、なかなか魅力的だ。

来る前に一応予約しておいたのだが、かなり大きなお店で、時間も遅めだったので楽々席確保。お店の裏にはちゃんとPA完備だ。(今回はレンタサイクルでやってきましたが。。smile

真ん中に大きな火鉢が据えられた、木組みの立派ででっかいテーブル席に通される。いやー、なかなか風情がありますな。お昼メニューは蕎麦御膳¥1500、それに地鶏蕎麦御膳¥2100がある。えー?地鶏蕎麦?と思ったので、それを注文してみることに。


2_6

まず、こういう膳に料理が盛られて登場。
野菜の炊き合わせ、それに柚子味噌が塗られた田楽、ほうれん草のおひたしに玉子を乗せたもの、それに六方焼がデザートとして盛られている。ま、玄人未満な家庭料理なのだが、なかなかボリュームがあります。

3_5 サツマイモがキリンレモン煮、みたいなおどろくほど酸味がある面白い味付けだった以外sweat01は、普通に美味しく頂けました。

更に蕎麦の前に、地鶏とまいたけ、豆腐が入った醤油ベースのお澄ましが出てくる。これもほんわりと優しい味付けで、なかなかほっこり系な味わいですな。


5_3

んで、地鶏蕎麦がじゃじゃーんと登場。オーナー自ら手打ちした蕎麦で一日50食限定だそうな。

ぶっかけ蕎麦の類で、地鶏を炭火で香ばしく焼いたもの、それに白髪ネギ、名荷と青ネギが薬味なのだが、驚くべきは粒粒の黒い粒。挽きたての薫り高い黒胡椒なのだが、予想以上に蕎麦に合うものですな。不満点はもうちょっと量が欲しいかも!だけ。smile
6_3
蕎麦自体も田舎蕎麦というには更科風に白い、しかし腰がしっかりあるなかなかイケている蕎麦でした。

蕎麦御膳のほうはざるそばなので、蕎麦好きならストレートにそっちを食っておいたほうが良いかもしれませんが、なかなかインパクトのあるメニューで面白いですな。いやー、ご馳走様でした!


■飛鳥藍染織館
住所:奈良県高市郡明日香村岡1223
営業時間 10:00〜15:30・17:30〜21:00(夜は要予約)無休
TEL:0744-54-2003

2008年4月29日 (火)

明日香村に行ってきたMEMO@080427

ぽかぽかと麗しいお天気の日曜日。こんな日はどこかにドライブだよねぇ、と発作的に奈良の明日香村へドライブだ、ということに。

もしかして、嫁も俺も20年ぶりshockほどの再訪だったのですが、とてものんびりしたところで気に入りました。いつものごとく下手写真でご紹介〜。

10:00ごろ自宅出発、近畿道から南阪奈道路を使い一路桜井方面に。
新兵器のHDDナビのおかげで快適ドライブ。smile

rvcar
橿原を経由し飛鳥駅前に到着。Perfumeの「GAME」を聞き終わるほどの時間で到着。いやー、高速道路のおかげで予想より随分近い&便利ですな。ジャスト1時間。
rvcar
駅前でレンタサイクル屋がやたら沢山あることに気が付く。お値段を聞いてみると\900ほどで、良いお天気だし自転車を借りるのも楽しそうだよね、ということに。
こういう発作的行動でも沢山レンタサイクル屋さんがあるので、簡単に自転車が借りれそうな感じですな。smile
bicycle
1_5

まずは駅に程近い高松塚古墳方面に。田んぼの中の田舎道をちゃりちゃりと走っていくと、ぽこんと小高い丘があり、周囲はのんびりとした公園になっている。
現在、古墳近くに近寄ることはできない。が、古墳傍には壁画のレプリカを置いてある展示施設もあり、じっくり古代ロマンに浸ることもできる。
壁画は古墳から取り外され修復作業中だが、その見学会が近々執り行われるようだ。

foot

2_7

公園内に発見された壁画にちなんだ、四つの聖獣 青龍、白虎、朱雀、玄武を模した花飾りが。
bicycle

3_7

明日香村と言えば、どんな意味で作られたのか良くわかっていない、古代の石造物が沢山あることで有名だ。
まずは、亀石を見学。なんだか不思議な愛嬌がありますな。
bicycle
4_6

田んぼの真ん中にのんびりと佇む橘寺に。
聖徳太子誕生の地だそうなのだが、ここにも不思議な石像、二面石がある。背中合わせの二つの顔はそれぞれに人の心の善悪を象徴しているらしい。写真のほうが善の顔だ。
foot

5_4

境内に咲いていた大輪の牡丹の花。ゴージャス。
foot
12

橘寺の道向いは、川原寺があった跡地でひろびろとした広場になっている。
佇んでいると、ひばりやウグイスの声が自然に耳に入ってきて、脳波がアルファ波モードに切り替わる感じですな。
bicycle
6_4

お腹が減ったので、ご近所にあるお蕎麦屋さんでお蕎麦を頂いて、石舞台古墳に。
昔は田んぼの真ん中にででーんと、いう感じで存在していたような気がするのだが、現在は柵で囲まれて入場料が必要になっている。
大勢の観光客で、明日香村最高の人口密度、という感じですな。ここも石舞台周辺が広々とした芝生で大勢の人が思い思いにひなたぼっこを楽しんでいた。いやー、のんびり。smile
bicycle
7

お次、小高い竹やぶに覆われた小山に分け入っていくと、どどん!と登場する不思議な石造物で酒船石なり。めっちゃ存在感がありますな。
庭園の水を分配するためのものと考えられているのだが、我々の年代なら、手塚治虫氏「三つ目がとおる」で薬を調合するためのものだと覚えているかも。smile
bicycle
8

その小山の麓にはこれまた不可思議な遺跡、亀形石造物がある。
当時の禊などの祭事に使われたものだと言われている。
bicycle
9

博物館が色々あるので博物館マニアな我々はのんびり見て回りたいのだが、相当時間がかかりそうな予感なので、こういうときはお得な国立へ行け!と一番遠い明日香資料館をめざす。
foot
10

園内では藤の花がもうすぐ満開。
foot
11 流石国立だけあって、有名な石造物のレプリカが大体展示されているので、明日香村をたらたらとチャリ移動しなくても見ることが出来るのだ。写真は猿石レプリカ。


亀石、二面石、亀形石造物レプリカもあるので、お急ぎの場合は良いかも。明日香村の主要な遺跡や寺院についての説明もここで全部見物できるので勉強になりますな。

結構アップダウンのある道が多いので、変速機のないママチャリではかなり厳しい。帰ってきて太ももがパンパン。shock
なぜにMYチャリを持ってこなかったのだ!と嫁に責められたshockのだが、今度チャリを乗っけてきて気候の良いうちに再度見れなかった博物館を見物に来たいと思います。なかなか健康的且つアカデミックで楽しい体験でした。


■本日の万歩計カウント:17050歩
■おおよそチャリ走行距離:9.5km

2008年4月27日 (日)

故郷羊肉串店@島之内

土曜日の晩ご飯ネタ。
皆様方は既にGWに突入されましたでしょうか?な週末。ウチの会社は今年はほぼカレンダーどおり勤務なのだが、現在GW前進行で結構忙しく、へたばり気分な一週間。

1_6 そういうときは、なんかちょっとパンチのある変わったものが食いたいよねぇ、と嫁と意見一致。んで、今回チョイスしたのが、ミナミは島之内にある中華料理店、故郷羊肉串店だ。

中華カテゴリーでもあまりみかけない「延辺料理」なる中国と北朝鮮の国境あたりの地方料理で、こういう中国内のマイナー地方料理店のパイオニア的存在のお店だ。ご近所にもこういう面白い麺類を出すお店があります。smile

名前の通り、羊肉を中心にしたスパイシーな串焼きメニューが楽しめるらしく、期待満点でお店に。


お店は元々あった場所から1年ほど前に移転してかなり広くなっているとのこと。4人掛けの大きなテーブルが10席以上ありそうな結構大きなお店だ。テーブルの真ん中に串焼き専用の炭火ロースターがはめ込まれているのが特徴ですな。まだ新しい、中華としたら小奇麗なお店です。

2_8

生ビーを注文し、名前だけでは予想がつきにくいメニューを見ながら悩んでいると、とりあえず突き出し登場。ザーサイ、茹でピーナツ、それにあまり辛くなく、すっぱい大根キムチ。暇つぶしに適切なメニュー。smile

3_8

串焼きは色々種類あり。1本単位で注文可能で、羊串が¥150、分厚いラムチョップが¥500、牛串もあり血管やら筋、心臓などバラエティ豊富。うずらもある。加減がわからず、とりあえず串焼きだけを数種類注文。右から鶏砂ズリ、羊、ラムチョップ、それにうずらなり。

当然生で出てきて、どうやって焼くかな?と悩んでいたのだが、テーブルを見回っている店員さんが全て面倒見てくれるようなので無問題っす!。smile
4_7 んで、ほぼ焼きあがった時点でクミンをぱらぱらと、それに赤いスパイスミックスを適宜好みで付けていただくのだ。

スパイスミックスはチリパウダーをベースに、塩、胡椒、それに隠し味の魔法の粉が入っていそうなもので、適度な辛味、それに旨みで串焼きにとても合っていて大感心。(思わず、帰りに、このパウダーだけ売らないか?と聞いてみたがNGだった。。sweat01) これは気に入りました。このパウダーだけでも飲めますsweat01

5_5

野菜も欲しいよね、と追加した空芯菜の炒め物で¥1300なり。串焼きだけでなくこういう一品メニューも40種類以上スタンバイしてます。

しかし、これは意外に高いかも?と思ったら、なんのなんの、他の中華料理店の倍はあるボリューム感。ガーリックが程よく利いていて、街場の中華料理店的味付けなのだが、なかなか旨いですな。(しかし、色々食いたいので半分で良いから半額にしてくれんかなぁsweat01

6_5

麺類も欲しいよねぇ、と追加した温麺で¥1000なり。つるつる感のある変わった麺で、スープには唐辛子が程よく利いている。

7_2 麺は過去似たものを中華料理店で食ったことがない感じ。腰はあまりなく、つるつる感で食わせる麺なのだがどことなく冷麦とかに似た感じだ。

それに、乳酸発酵した白菜の古漬けのような、酸味のある白菜、それに豚肉などを炒めたものが乗っかっているのだが、この白菜が臭旨くてたまりませんなぁ〜。なかなかイケてます。

8_2

豚スペアリブの酢豚で¥1300なり。下ごしらえがちゃんとしているので身離れ良くなかなか。胡瓜、それに生っぽさを残したニンジンがダイナミックな感じsweat01 これも街場の中華料理店的味付けなのだが、ボリュームはしっかり、かつなかなかウマ。

犬鍋とか、繭(シルクを採る、あの繭ですよ)のから揚げとか、なかなか本格的あちら仕様の料理も色々あるのだが、ちょっとお願いする勇気がありませんでしたsweat01sweat01 日本人客と中国人客が半々ぐらい、という感じの現地仕様なお店ですが、お隣のテーブルに気になるメニューが多数ありましたので、また来そうな予感です。

んで、生ビー3で〆て¥8700なり。予想よりチョイ高め。タマにリクリエーションに来るのに楽しいお店ですな。ちょい推薦〜、ぐらいかな。smile

■故郷羊肉串店(フーシャン・リャンルー・チャイテン)
住所:大阪市中央区島之内2-17-20
営業時間:17:30〜29:00 不定休
TEL:06-6214-5548

2008年4月23日 (水)

豪火でディナー(4)@天満橋

土曜日のディナーネタ。
お昼はドライブがてら、蕎麦を食ったり、摂津峡方面まで温泉に行きまったり。16:00には帰ってきてダラダラしていたのに、のんびりしすぎてお腹が減ったよね!と時計を見ると、もう19:00!shock

こういう晩ご飯どうしようか〜、と悩んだときはとりあえず大阪天満宮方面を目指すのが最近のパターン。(が、ウチからは40分ほどかかったりするのですがsweat01

天神橋筋商店街で、数店に飛び込みで入って満席でsweat01、そうだそうだ、一度豪火に電話してみようよ!と電話したら21:00ごろならOKですよ、とのこと。お店に到着すると、当然のように満席の店内。10名ほどの宴会グループ客で賑やか。黒板メニューを確認し、さぁどうしようかな、ということに。遅めだし、軽めにね!とまずは4皿チョイス。

1_7

紹興酒(ポット¥900)で乾杯し、まずは季節野菜のさっぱり炒めで¥1150なり。みょうさい?なる青梗菜に似たさっぱりした野菜をあっさり生姜&塩味で炒めたものだ。しゃくしゃくの食感が嬉しい一品。

今回はとりあえず他のテーブルの食事が概ね終了しているので、お若いオーナーシェフお一人で鍋を振られているのだが、爆速で次々に料理が出てくる。

2_9

大海老のマヨネーズ炒めで¥2100なり。嘘偽りなく大海老で一口で頂くにはでかすぎ。ほおばるともうぷりっぷりだ。
下に敷いてあるのはレタスの千切り。一緒に頂くと文句なしウマウマメニューなのですが、一回目に頂いた塩炒めの方が好きかな。

3_9

みちのく鴨と春筍、芥藍菜(ガイランツァイ)の中国醤油炒めで¥2550なり。またまた鴨メニューです。smile

今シーズン最高鴨料理の称号を勝手に与えたくなるボリュームさ加減。胸肉の部分だが1切れが異常にでっかい。一切れを大口でほお張るとブリブリとした食感、熱々の肉汁があふれまくりで。heart 芥藍菜はキャベツの類なのだが太い軸はアスパラっぽいサクサク感で鴨と良く合う。いやー、ほんま大満足ですな。

4_8

んでいつものごとく、劇パラパラ炒飯を注文。本日は季節メニューで、しらすと桜海老の香り広東炒飯¥1250を注文。いつものごとく、ふっと息を吹きかけるとテーブル上が米粒だらけになりそうなほどにぱらっぱら。
桜海老の香りも良く、あいかわらずの旨さですな。smile

5_6

途中で紹興酒を追加したのが残っていたので、デザートに行く前にもう一品注文しようか?とお願いしたのが、五目あんかけ焼きそばで¥1200?なり。レギュラーメニューなのでお値段を押さえてくるのを忘れました。sweat01(他は全て季節の黒板メニューなり)

6_6 しっかり旨いのですが、どのあたりが旨いか?というと、麺が中華鍋でしっかり回し焼かれているパリパリさ加減。

が、全体がパリパリになっているわけでなく、パリパリだったりしっとりだったり適度にむらがあるのが旨い! 良く混ぜ返して添えられてくる酢、それに練りがらしが掛けて頂くとほんま旨〜!な一品。やるではありませんか。smile

7_3んで〆は嫁リクエストで、ココナッツとフレッシュ苺のプリン¥500を1つだけ注文。

ココナッツのざらっとした感触をあえて残してあるのがポイントですな。さらっと自然に旨し! 最後にポットティを頂いて、充実ディナー終了。いやー軽めにね!の予定だったのに、うかつにも食った食った。smile

人気のお店なので19:00までに入るには数日前予約必須!なのですが、これぐらいの遅めの時間なら結構するっと席が空いていたりする使えるお店ですな。天満周辺は安旨い中華屋さんが多数ある中華激戦地域ですが、その中でも別次元の旨さの良いお店です。

黒板メニューの単価が、ちょっと高めに移行しつつあるような気がしましたが、引きの強い魅力的メニュー多数。紹興酒ポット×2で〆て¥11000の大満足ディナー、引き続き推薦でーす。

2008年4月21日 (月)

手打ち蕎麦 東風(こち) @茨木市

土曜日のランチネタ。
最近車を買い換え、カーナビを付けたおかげでドライブ憑いている我々。いつも行っているあの場所を行き先にセットすると、まったく予想外の思わぬコースでガイドされたりして結構楽しいのだ。smile

で、土曜日は木金の出張でかなりへたばったので嫁運転でお気に入りの極上ぬるぬる天然温泉、摂津峡の「美人の湯」を目指すことに。となると、どこかその近くでご飯でも!ということになるのがいつものパターン。
行く前に検索して、今日も蕎麦だよ!とチョイスしたのが阪急茨木市駅前にある商店街に程近い「東風(こち)」なるお店だ。
 
1 活気のある商店街を抜けお店に。周辺は細い路地でかなりややこしい。お店の近くには車で近寄りにくいので適宜、ご近所のコインPAを使うべしだ。
 
元々「更科」という屋号のお店だったが、代替わりしてリニューアルしたのが最近のようだ。「魔法」にも露出したようで店前にステッカーが貼り付けられていた。12:00前に入場。
 
 
2 6席テーブルが1、4席テーブルが2、2席テーブルが1というこじんまりした店内。調度品は先代から受け継いだものも沢山ありそうですな。なかなか趣がある落ち着いた感じだ。奥には大きな窓があり、きちんと片付いた清潔な麺打ち場が見える。確かに手打ち蕎麦のようですな。smile
 
ちょっと早めだったせいで、先客はお一人だけ。4人掛けテーブル席に陣取り、さあ、どうしようか?ということに。
 
街の気軽な蕎麦屋さんのように丼物や細打ちの饂飩がある面白いメニュー構成。蕎麦は大好きなのだが、蕎麦だけ!というより色々食べられるほうが好きなので好印象。そばつゆで作った丼物なんてお昼には嬉しいではありませんか。smile

サービス担当のおかあさんと相談し、お勧めですよ!と鴨せいろ¥1400、ざるが¥680をチョイス。暫し悩んで親子丼¥800も注文する。

3

ピントが蕎麦に合っておりませんがsweat01、鴨せいろ。ネギはしっかり焼いてあり、鴨肉も厚めでいやー、宜しいですなぁ。味、超濃し。
 

4

んで、ざる。麺が超細麺。ほぼ冷麦程度の細さ。ここほど均質で細い麺は記憶に無いかも。結構好みの分かれそうな感じですな。
香りも良く、予想以上に腰はしっかりで個人的には好印象。それに盛りも結構しっかり。ダシはそれほど主張が強くないですが、宜しいのではないでしょうか。smile
 

5

んで、親子丼。写真ではなんだか訳がわかりませんがsweat01具は鶏肉、玉子、以上!みたいな潔さ。
玉子はもう限界的とろんとろん加減でしっかり甘辛いタレも良し。お安くはないけれど、これはありですな〜。ちなみにミニ丼は¥200引き、大盛りは¥200増しと調整可能なのも◎。蕎麦も大盛り可能で+¥300なり。大食漢でも大丈夫!。

いやー、かなりお腹一杯で幸せ状態。ウチの近所にもこういうタイプのお店が1軒ほしいなぁ、という、ちょっと小贅沢な普段使い店。細麺好きには大お勧めです。
 
 
 
■手打ち蕎麦 東風(こち)
住所:大阪府茨木市本町2-16
営業時間 :11:30〜14:30  17:00〜20:00 水・第3火休
TEL:072-624-2616