フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

■中華料理 2007年 Feed

2007年12月18日 (火)

廣東料理 民生@西梅田

日曜日のランチネタ。デジカメ購入やら嫁のクリスマスプレゼントの下見やらで梅田にお出かけ。前日夜も北新地で晩ご飯、だったのだが、最近忙しかったためにJR大阪天満宮より西に出るのは久々な気分。
 
ヨドバシやらそのお向かいのカメラのキタムラで買い物を済ませ、ちょっとお腹も減ったし!とどこかで適当にお昼ご飯ということに。
 
1_5 どうも梅田は不案内で、新地方面に戻るぞ!と気が付いたらココにやってきていたヒルトンプラザウエスト。どこかで軽めにランチとチョイスしたのが廣東料理の民生(みんせい)。たみおではありません。sweat01
 
B2Fのレストラン街というベタなロケーション。が、西梅田駅からケンケンでもやって来れそうな駅近物件でとても便利。短めだが並んでいる人も居るぐらいで随分人気だ。

回転は良くあっという間に我々の順番に。ランチメニューが色々。軽めにね、と嫁が汁ソバのセットモノ¥1100を、俺が馬鹿の1つ覚えで麻婆豆腐セットで¥1250なり。先にちゃんとポットでお茶が出てきて嬉しい。
 
2_5

こちらが青梗菜や海老などが入った汁ソバ。棒々鶏とご飯がセット。お昼はご飯おかわり自由。最近食べすぎなのでご飯要りません!ということで。さっぱりさらっとして健康的な感じ。
 
3_6

こちらは麻婆豆腐セット。トウモロコシ玉子スープ、点心2個もついている。量もそこそこあり。麻婆豆腐も辛さ控えめで、普通に旨いです。
 
4_4んで、デザートの杏仁豆腐。ふるふるのとろっとろ。お味は薄めだけれど、ま、こんなものですかね。
 
夜メニューは一皿\2000平均ぐらいの準高級店。一度大勢で夜にも行ってみたいかな。お昼は随分とお値ごろ価格で、使いやすいですな。そんなに特徴のある感じでは無いですが、小奇麗な内装でさっとランチが頂けるなかなか便利なお店かも。
 
 
■廣東料理 民生ヒルトンプラザ ウエスト店
住所:大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザ ウエストB2
営業時間:11:30〜23:00(L.O.22:00) 不定休
TEL:06-6345-5435
 
んで、阪神百貨店で色々お菓子やらを仕込んで帰宅。新デジカメで撮った写真を1つ。
 
1_6

サザエのおはぎ4種。1つ¥150ほどとお手ごろ価格で甘さ控えめ。初めて食いましたが、サイズも程よい大きさで、米の半殺し加減も良〜くつぶしていて好み。なかなかいけるかも。smile

2007年11月20日 (火)

ホンコンサイドでランチ(2)@箕面

溜まっている小ネタ出し週間、ということで更に2週間前ほどのネタ。
冬用の衣料品を買い込みに箕面にある謎の総合卸売り「SSOK」に行くことに。ついでにお気に入りのスーパー銭湯水春に寄ってまったりしようとお昼前からお出かけ。
 
んで、当然のようにランチは箕面周辺ということになるのだが、なにやら麺類を食べたい気分だったので前に行って気に入ったお洒落な中華料理店、Hong Kong Sideに行こうよ、ということに。
 
22roco9j
また、記憶が怪しくなっているのを意味無く大きな写真でごまかすことにします〜。sweat01 お店は垢抜けた感じで油ギッシュ感はまるでなく、店内もカフェ風というかそういうお洒落な感じ。
 
お店の前の2車線しかない結構細い道に大体、でっかいベンツやらBMWの7シリーズなんぞがででんと横付けされているので直ぐにわかったりするお店だ。sweat01
 
Bxjjivlj
¥2100のランチコースが人気で、回りのテーブルの半数はそれを食べているのだが、体調が今一なのであっさりと麺類で行こうということに。
 
汁麺類は、こういうトロミ系のさっぱり麺類しかないのだが、こういうのが食いたい気分だったので具合が良い。俺チョイスは牛肉汁そばでたしか¥850なり。
あくまでさらっと上質。前日に濃厚なフレンチを食べた後でも胃にも優しそうなさっぱり感。しみじみ旨いっす〜。
 
Achmn0us
嫁チョイスはピントボケボケで申し訳ないが、海鮮汁そばで¥1050なり。
こちらのほうがこのお店らしいチョイスかも。味の組み立ては、牛肉入りと同じ。
 
Gzx9itb0
これだけで帰ると大変健康的なのだが、前回食べて旨かったのでつい再注文した海老入り玉子とじご飯でたしか¥800。
 
ビジュアル通り、玉子劇とろっとろでウマいっすな。味付けも上品、量はそれなりなんですがイケてます。
神戸別館牡丹園で修行されたシェフのお店だそうですが、使える良いお店ですな。
こんな上質な広東料理をお昼にさらっと頂けるのに結構空いているのも◎なり。SSOKファンならPAから徒歩圏なのでお勧めです〜。

2007年11月 4日 (日)

中国瀋陽家庭料理 香園@堺筋本町

金曜日の晩ご飯ネタ。
最近、本業が佳境に入りつつある関係で更新が滞りがちなのですが、ちょっとホッと一息つけた週末。金曜日はお休みにして、こういうときはパワーアップのために何か濃い目の食事が良いよねぇ〜!と朝仕事に出かける嫁と打ち合わせ。 
 
ごちゃごちゃと溜まっている用事をこなして、16:00ぐらいから気になっている数件のお店に当日電話を入れるが次々とNGでsweat01、5件目にして予約が取れたのが中国は瀋陽(しんよう)なる中国東北部地域の家庭料理を出すという「香園」(こうえん)なるお店だ。
  
I_veh14r 瀋陽というのは旧満州地域のようだが、あまり他の類似のお店を聞かないのでどんなもんかなぁ〜、と楽しみにお店に向かう19:00ごろ。地下鉄堺筋本町駅から北西方面に数分のビジネス街のど真ん中にある。
 
入り口からB1Fに降りる階段をとんとんとんと下り扉を開ける。まだ新しく全然油ギッシュではないスマートな内装。店の中に飾り付けられているヘタウマ風お店ロゴは黒田征太郎氏によるものだそうな。なかなかお洒落ですな。予約がすんなりできたのでどうかなーと思ったが、売り口傍にあった12人ほど入れる個室、テーブル席も満席だ。ざっと30席ほどですかねぇ。
 
メニューを確認。サービスのお姉さんたちとややこしいコミュニケーションをするのは難しそうな感じ。が、一生懸命お勧めとか教えてくれるので無問題ナリ。
 
5_kgoxio まずは前菜その1、ピーナッツとセロリの和え物で¥530。あまり他のお店で見ないですなぁ。
 
こちらにも書いたが、茹でピーナッツは大好物なので躊躇なく注文したのだが、なかなかイケますなぁ。ほんわりとした塩味でビールにも合います。良いスタートなり。
 
Gypyzq38 これも前菜で押し豆腐の和え物劇辛バージョンで¥680なり。
 
押し豆腐とは圧力をかけて水分を十二分に抜いた豆腐で中国料理などでたまに見ますな。食感は豆腐とは思えないしっかりシコシコしたもので、おつまみに出てくる「チーズ鱈」のロールタラにどことなく似ている。

それを胡瓜やニンジン、白髪ネギ、ピーマンとともにラー油、唐辛子などで合えたものだ。予想以上に容赦なくHOTなのだが、ビールにめちゃくちゃ合うお味。コレを食ったとたんにこのお店が気に入った我々だ。smilesmile
 
Fqgiqwvz サービスのおねえさんがたどたどしい日本語で「お店の名物メニューでお勧め」だと教えてくれた豚肉味噌炒めと押し豆腐包む皮5枚セットで¥950なり。
 
しっかりした甘味噌味の豚肉を白髪ネギとともに先の押し豆腐の薄切りに包んでぱっくり、という趣向。
かっちり&むっちりしている押し豆腐の皮が他に類を見ない食感で甘味噌味の豚肉とも相性ばっちり。
 
Djkucs0a お次が玉子とトマト炒め¥800なり。
 
ボリュームはたっぷり。天五の双龍居でもお気に入りメニューなのだが、双龍居は玉子とろとろ系、こちらは火入れがしっかりしていてほわっとした感じ。味付けは控えめでとても上品な感じだ。

 
A6z6pn3v 紹興酒も瓶入り、5年物、10年物がスタンバイ。
 
今日は控えめにしておこうと、瓶入りをグラスでお願いしたらこういう湯呑みみたいなのにたっぷり入れてくれた。¥450なり。2合位のデキャンタでも¥1900とお安いです。
 

5


んで、今日はコレを食いにきた!活魚の蒸し物なり。メニューでは¥1500〜、になっていたので、今日はどんな魚がありますか?と聞いたら、イサキ、アイナメ、天然鯛がありますよ、と言われた。後で計算したら多分¥1800ほどなのだが良心的なお値段ですなぁ。程よい蒸し加減で、思わず分解作業に熱中して静かになっちゃうメニューだ。smile
 

7

〆メニューはどうしようかなぁと悩んだ末に麻婆豆腐とチャーハンを注文。まずは麻婆豆腐¥790なり。
 
量はやや少なめなのだが、とても個性的な味わいだ。辛さは控えめ。山椒は利いているが味噌味は濃くなく、ベースにチキンブイヨン風なものを感じる。しかし、他に類を見ない味付けですな。なかなかイケてます。smile
 
M0zpvhfr んでチャーハンは¥600なり。こちらは量的には期待通り。具はミンチ肉、玉子、ネギ、ニンジンだけのシンプルでさっぱりした塩味系。
 
こういうのが麻婆豆腐とかと合うんだよなぁ、と自然にニコニコ。
 
ふはー食った食った。 デザートの杏仁豆腐が売り切れだったのだが、食べる余地がないほど。(でも一応聞いたshock)が、そんなに油たっぷりな味付けでないので後でお腹にもたれない。なかなか良い、健康的中華!だと思いました。
  
で、〆て生ビー2、紹興酒グラスで2で計¥8950なりとなかなかお安い使えるお店。smile
他のお客さんが頼んでいた名物料理「火鍋」が大変旨いらしいので再訪しそうな予感です。(その前に嫁が会社の宴会で使いそうな予感smile)推薦〜。
 
 

  
◆中国瀋陽家庭料理 香園
住所:大阪市中央区安土2-4-5 日本SBPビルB1F
営業時間:11:30〜14:30 17:30〜23:00(LO22:00)年中無休
TEL:06-6264-2900

2007年8月 5日 (日)

THE DIM SUM BAR@福島

お盆休み前のタイトな進行のおかげで、またまた、4日ぶりの更新です。shock 
しかし、夏まっさかりな大阪地方。土曜日は嫁はいつものごとく仕事で、朝から1人ポタリング。
台風5号一過、のはずなのにどんよりと曇天。これぐらいの方が日差しが少ないから!と10:00出発。淀川沿いの枚方大橋−毛馬閘門間を往復していたら、あまりの暑さに500mlのペットボトルを2本持って行ったけれど全然足らず、途中で2本買い足したのだが、それでも足らず。
3時間ちょいで60kmほど走り、帰ってから体重を量ると2kg痩せていて、びっくり。
が、喉がやたらめったら渇くので、買い置きしているスパークリングウオーターVals(1.25L)をほぼ一気飲みして、あっという間に体重が戻りましたshockshockshock
 
で、いつものポタリング日誌がわりの長いマクラはこれくらいにしてbearing、土曜日の晩御飯ネタ。
仕事が遅番になった嫁と、21:30過ぎにJR新福島駅で待ち合わせ。ウチでは珍しく遅めの時間帯なので、こちらのMeetsの記事を読んでバールの新店なんか良いよね〜ということになったのだ。
 
淀川花火大会が丁度終了した時間帯で、福島駅は結構な人ごみだ。まずは、福島駅からほど近い、イタリアン系バールの「Jannah」(ジャンナ)に。
10席ほどしかない小さなカウンターバールでFOODも予想以上にウマい。いやー、これは使えるお店ですな〜と感心したのだが、あまりに作り手のお兄さんとの距離が近く、写真を押さえるのが恥ずかしかったりして。。sweat01 で、今回はハシゴする気満々だったので、軽めにチェックして次のお店に。
 
Dim_sum_bar1お次のお店の名前はTHE DIM SUM BAR(ザ ディム サム バール) 。この6月に出来たばかりのお店だ。
 
ここもMeetsネタなのだが、リアル香港な飲茶バールだと聞いて、そりゃ行かないと!ということに。smile
 
既に23:00とかなり遅めのお時間だが、淀川花火大会から流れてきたお客さんで盛況だ。この季節はお店前にもテーブルを出していてなかなかにぎやか。奥のテーブル席が空いていたので席確保。
 
お店の壁には立派な中国風な看板やら、中国の雑誌の切り抜きやらがペタペタと貼り付けられていて、香港の食堂そのままの雰囲気だ。厨房の中もサービスのお姉さん方もあちらの方が大勢おられるようだ。本格的ですな〜、これは。
 
Dim_sum_bar2 飲茶バールなのでフード類はほぼ¥500まで。一番お高い あんかけの福建焼飯で¥819とお安い。ドリンクも紹興酒はもちろん、ワインやカクテルなど色々揃っている。
 
青島ビール(チンタオ)は他の中華料理店でも見かけるが、燕京ビール(エンキョウ)があるのが珍しいですかね? どちらも¥609なり。瓶のまんまが気分ですな。
 Dim_sum_bar3
まずは旬の茹で野菜のオイスターソース掛けで¥504なり。本日はレタス。写真では判りにくいですが、結構な盛り加減。
 
さっと火が入ってしんなりしたレタスに軽めのオイル+中華醤油が。そのままでも、オイスターソースを付けても。単純な料理だがウマいですな。
 Dim_sum_bar4
更に大根餅。飲茶といえば必ず注文するお気に入りメニュー。2個で¥399なり。うは、やっすいですな。
 
中華ハムがころころと。むっちりとして、やっぱりウマいものですな。XO醤がかかったスペシャルバージョン¥504もあり、次回是非に。smile
 Dim_sum_bar5
店員さんに、「ここに来たら是非食べてくださいよ!」と推薦していただいた、えび餃子香港スタイルで2個¥294なり。
 
タレ無しなのだが、海老の旨みが乗った丁度良い塩加減のおつゆが中からじゅわわわ−んと。海老は刻んであるが、もうぷりっぷり〜。ウマいです。
 
Dim_sum_bar6

で、初めて頂いたのが、腸粉(チョンファン)なる点心。チョンファンとは米の絞り汁を蒸して作るクレープらしい。
 
お粥を炊くと米のでんぷんで上に膜が張りますが、それを作為的に作った「米製湯葉」のような物でちゅるるんとした食感だ。中に入る具が色々あるようで、チャーシュー、牛ミンチ、黄ニラと海老の3種類がスタンバイ。写真のはチャーシュー入りで¥504なり。面白い食感で結構気に入りました。
 Dim_sum_bar7_2
牛もも肉のオイスターソースで¥714なり。もう、光り輝きそうなソースの「照り」がたまりません。たっぷりの茹で青菜の上に乗って登場。smile

お肉は、生姜がしっかり利いたお味でなかなかウマいですな〜。ビール進み系メニューばかりで困りますなsweat01

 
Dim_sum_bar8

で、結構満腹になり、香港焼きソバ¥609で〆ましょうか?ということに。
これもオイスターソース味で丁度良い塩加減。平たい独特の細麺がたまりませんな。具は貧相なのだが麺が主役!という感じでそれが良い。香港を思い出させるお味。smile
 Dim_sum_bar9
デザートが8種類ほどあり、やっぱ甘いものも行っとく?とチョイスしたのが、ココナッツミルクとタピオカのセパレートパフェで¥399なり。そのままでも混ぜ混ぜしても。
 
タピオカが尋常では無い量。これでもか!と入っていてぷちぷちとウマし。青いのはメロンを球状にして凍らしてあるもの。さっぱりして油分多めの食事後にピタリ!でした。
 
で、〆て¥4000なにがしとお得価格。(結構アルコールが回っていたので忘却の彼方へshock
 
デジカメでぱちぱちと写真を撮っていたためか、0:00近くになり流石に人も少なくなってきたためか、最後に「お土産にどうぞ!」と焼きそばとか点心類を数点頂いてしまう。いやー、ええお店ですなsweat01sweat01 雰囲気良し、食べ物良しの気軽な使えるお店。遅めの時間帯食事ドコロに覚えておくと幸せでしょう。推薦!

 

  

◆THE DIM SUM BAR(ザ ディム サム バール)
住所:大阪市福島区福島7-21-8
営業時間:17:30〜25:00 日休
Tel: 06-4795-1150

2007年4月30日 (月)

豪火でウマウマ中華(3)@天満橋3

GWネタ、その1の土曜日ネタ。
といっても、嫁はその日が仕事納め。いつものように「晩御飯はどこかで食べようよ!」と前日予約で席を押さえた天満橋3にある、最近一番お気に入りの中華料理店、豪火を目指す19:00。初回訪問ネタはこちらに。
 
季節の黒板メニューが魅力的なお店で、グランドメニューも結構種類がありどれを頂こうか目移りしちゃうのだ。今回も黒板メニューを中心にチョイスしてみた。

 
1_32

まずは、予約時に一緒に予約するか確認される前菜盛り合わせ¥1800なり。
今回は、こごみと貝柱の冷菜、それに写真では判りづらいが卵を蓄えた甘えびの老酒漬けが素敵に旨かった。良いスタートですな〜。smile
 
2_37

お次は、黒板メニューから「活けホタテ、とり貝の湯引き葱醤油仕立て」で¥2150なり。

生のホタテととり貝に熱々に熱した油をじゅじゅっとかけてほんのり火を入れた劇ウマな一品。魚醤のような田舎くさい香りがとても食欲をそそる。生ビールから即効でヌル燗の紹興酒に切り替えちびちびと頂くのだ。

3_37

名物メニューの黒酢の酢豚なり。あいかわらずでっかいですなぁ。相当な大口でも一口で食べるのは不可能な大きさだ。
それにうっかりかぶりつくと、口中の上側がべろんべろんになりそうなほど劇熱な一品。黒酢の甘みがもう濃厚でたまんないー! 絶対外せない¥980なり。
 
4_29

黒板メニューから「合鴨、ふきのとうと芽キャベツの四川山椒炒め」で¥1850なり。
肉厚に切られた合鴨が中心部はほぼレア。かみ締めると肉汁がじゅわわわわーんと。ふきのとうと一緒に頂くと独特の苦味で更にウマさ倍増かも。全体的に辛味はそれほどでもなくちょうど良い感じですな。いやー大感心です。smile
 
5_25

〆の炭水化物系メニューから、これまた名物の雪菜の香り炒飯。たしか¥850とかそんなお値段。
雪菜はからしなに似た中国の漬物のようだ。色合いからみると、かなり古漬けでしょうな。超微細みじん切りになっていて、パラパラチャーハンとの相性もGOOD! 
 
しかし、旨いですな〜。ボリュームも十分なのですがあまりにぱらぱらすぎて口の水分を奪われるのでスープと一緒なら更に旨そう。

6_23 で、〆に1つだけ本日のデザートを注文。今日は苺とマンゴーのムースで¥550なり。
 
柔らかプリン、ぐらいの硬さでふるふると柔らかくなかなか旨し。そんなに特徴のある感じではありませんが、フルーツもごろごろと沢山入っていて充実感あり。

 
で、生ビール2、紹興酒をポットで1で〆て¥12000なりとお安いとは言わないが至極納得価格。今のところ嫁と「行く度に新しい感心がある良いお店だねぇ」と納得しきりな良いお店ですな。JR天満駅からはちょっと歩くけれど、もろともせず通いたい感じです。また来ます〜。