フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2007年11月 | メイン | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月29日 (土)

久々、このは(6)@土佐堀

年末も押し詰まった平日夜ネタ。今年も食べ歩きの〆は和食が良いよね!と2週間ほど前から予約を入れていた「このは」に向かう。
 
ご主人と奥様の2人でやられている小さな、でも心配りの利いた旨い和食が頂けるナイスなお店なのだ。20:00にお店に入るが、当然満席。考えてみればこの記事以来丁度1年ぶりなのだ。ご無沙汰ですな。俺も嫁も思い出すと予約が取れるか確認を入れていたのだが、週末に席を取るのはなかなか難しくなりましたな。

1_25 で、メニューはほぼ考えることなく、¥5000のおまかせということに。smile

まずは、とりあえずビールで喉を潤した後の突き出し。アンキモ、それにほうれん草だったかのおひたし。さらっと上質ですな。
 
2_30 お次は、鴨丸と焼き葱のお吸い物。入っているしいたけがむちむちでむちゃ旨い!と嫁。

鴨丸に練りこまれたぎんなん、それに香ばしい焼き葱が期待通りの仕事をする一品。鴨好きには堪えられないですなsmile
 
3_30

お刺身。本日卵たっぷりな甘エビ、それに隠れてひらめ。これは日本酒を行っとこう!と「奥能登の白菊」のぬる燗に切り替えちびちびと。いやー呑める幸せ。


4_25

お次は焼き物は、まながつお西京焼に、同じく甘味噌がかかったレンコン、お猪口に入ったのは、花ッコリーのおひたし。呑まずにはいられないビジュアル。これも期待通りにウマし。

 
5_21 天ぷらは、わかさぎ、イカ、半割の芽キャベツ、オランダ、かぶら、大葉なり。
 
ぬったりした田舎くさいかぶらがたまらん〜。しかし、今頃から芽キャベツなんぞがあるのですな。さっぱり系なのに味が乗った天ツユがたまらなくウマく、最後までごきゅごきゅと頂いちゃうのだ。sweat01

6_21丸大根と海老芋の柚子味噌餡かけ。
 
野菜だけでこういうほんわりとした一品が出てくるのが和食の美点ですな。きっちりと旨いです。

7_13

あとは食事になりますが、ということで、日本酒を更に追加したのでちょっとアテ系なモノが欲しいな!とサービス担当の奥様と相談し、お勧めいただいたのが、鰻の八幡巻なり。
 
これは男ならもうほぼ80%ほどの割合で好きな人が居そうなしっかり甘辛味。牛蒡と鰻って合いますなぁ。更にしっかり日本酒にもぴったり。

8_6

んで、本日のお食事は「かにご飯」なり。ほんのり塩味と蟹の旨みだけで超あっさり系な味わい。
 
普段はご飯は控えめにしている嫁も思わずお代わり!しちゃうウマさだ。smile ぶりぶりなわかめの赤だしも、お漬物も隅々まで心が行き届いた充実感。

9_7んで、〆のデザート。色々面白い試みをされているので結構楽しみにしているのだが、今回のは最大級のヒット。
 
白餡、それにうすいえんどうで作った綺麗な緑色の餡が中に入った自家製上生菓子なのだ。上に乗っかっているのがあんぽ柿。これは凝ってますなぁ。糖分は抑え目で豆らしい瑞々しさが口全体にぶわっと広がる逸品だ。大感心なり。

最初から最後まで、めくるめく美味しい体験。グラスビール2、上等な日本酒ぬる燗2合で〆て¥15000割れで気分的には超お安い感じ。久々に気分良く酔っ払いました。来年は機会を作ってもっと足を運ぶことにします。

2007年12月28日 (金)

釜だしうどん やしま(2)@守口市

坊さんも走り出すrundash忙しない年の瀬。いよいよ押し詰まってきましたな〜。
本業の方がなかなか思ったように片付かず、ぴしっと年末までに有象無象含めて全部終わらしてやるわい!とか思っていたのですが、なかなかどうして、年明けにずるずる引っ張りそうな今日この頃です。shockshock 皆様はすっきりお正月を迎えられそうですかね? smile
 
んで、なぜかクリスマスイブのお昼に出かけた比較的近所のうどん屋ネタを1つ。
 
ま、ウチの掟では通常、クリスマスは自宅で地味飯。特に何をする、というわけでもないのですが、とりあえずケーキでも買いにいくか、でも梅田まで出るのはしんどいねぇ、と京橋辺りで適当に何か買うことに。出かけたのが丁度お昼時。なにやら麺類気分で、どこか適当な所はないかな?と思い出したのが、先日行って結構気に入った饂飩店、やしま。 定食類が充実していて、あまりお安いとは言えないが、なかなか旨いし、とにかくお腹一杯になりそうなので守口方面に車を走らせる、祭日の月曜日、11:30。
 
お店のPAに車を停め、お店の中に。先客は1組だけだったのだが、祭日もやっているのでクリスマスイブとか関係無しで結構人気で、12:00ちかくになるとどんどん人が集まってくる。メニューを睨み暫し検討。
 
1_2

こういう定食系メニューが充実。メニューの数もやたら多い。鍋焼き饂飩のセットモノが¥1600もしたりするので、あまりお得!とは言いがたいのだが、ごらんの「ミニ丼三昧定食」のように、炭水化物まみれになって午後からの活動に差し支えそうなボリュームなのだ。

2_2

んで、俺チョイス、とりからカレーセット¥980のご飯をかやくご飯に変更して¥1030なり。
いやー、ボリューム満点ですな。速攻でとりからカレーうどん化して頂くことに。辛口カレー饂飩好きが嬉しいサービスで辛口、劇辛を御願いできるので、試しに辛口で御願いしてみた。
 
流石にしっかりした辛味で、はっきりとお子様にはお勧めしにくいレベルにまで唐辛子の辛味を感じる。いやー、小麦粉に利いたややもったり系ダシだけれど、これはうまいっす!辛いのが得意な方はぜひ劇辛に挑戦頂きたい!ですな。smile 麺もほどよい腰加減。前回同様、鶏のから揚げもしっかりガーリックが利いたジューシーなものでウマウマ。その上、かやくご飯も炊きたてほかほかなのだ。全体的に期待以上にハイレベルじゃん!という感じ。smile
 
3_2

嫁チョイスがミニ丼セット¥880なり。親子丼+こんぶうどんの組み合わせ。女性が好みそうな感じですな。
 
うどんは昆布だしが利いたダシも旨いし、麺もしっかり。親子丼もちょっとしっかり甘辛い丼ツユがイケてます。期待以上にウマかった、お腹は満腹のちょっと嬉しいランチでした。smile
 
Photo_3

んで、クリスマスケーキを買いに京橋の京阪モールへ。あまり量を食べたい気分でなかったので、今回はベタですが、アンリ・シャルパンティエでショートケーキを買ってみた。
 
1個¥575前後。ビジュアルはなかなか可愛らしいのですが、うーん激しく普通な感じ。ウチの感想は「アンリはやっぱフィナンシェ&マドレーヌにかぎるぜ!」という結論に。

2007年12月25日 (火)

キッチン洋久でディナー(4)@今福鶴見

クリスマス、イブイブイブだった土曜日のディナーネタ。
そのイブイブイブの土曜日も嫁は仕事。俺は休みで3連休だったのだが、この季節としては珍しく朝からずーっと雨でどこにも出かける気がせず、かといって飯を作って待っておく気もしないダラダラ気分。shockshock
 
夕方、一向に雨が止まないので嫁を駅まで車でお出迎え。そのまま、どこぞで晩ご飯でも食おうよ!ということに。思い出したのが今福鶴見にある洋食屋、キッチン洋久なり。このblog4回目の登場。お店の直ぐ傍にコインパーキングがあるのと、ハイレベル洋食のわりには空いていて、ちょっと時間を外すとすんなり入れるので気に入っているのだ。
 
20:00チョイすぎで雨もそぼ降るお出かけするにはうっとうしい日。その上、クリスマスイブの2日前の土曜日という微妙な日で楽々席確保。さあて、今日は何にしようかなぁということに。前回記事コメントどおりビーフシチューを軸に前から気になっているメニューを注文。
 
1_3

まずは、初めて来た時からずっと気になっていたメニュー「コンタン」で¥850なり。
 
塩漬けにしたタンをボイルにして薄切りにしたものだそうな。脂分の少ないコンビーフのような味わいで、ビールにぴったり。嫁に「悪いけど帰りは運転してよ〜」と交渉し、無事生ビーにありつきウマウマ。 このお店としてはボリュームは控えめなメニューだがなかなかイケてます。
 
2_3

んで、お次も気になっていたわかさぎのフライでなんと¥420なり。突き出しメニューと思って注文したら、通常ハンバーグ等が乗っているのと同じ大きさの皿で出てきてびっくり。いやー、お得ですなこれは。
ほろ苦いワタの旨みとサクサク衣のハーモニー。これもビール進み系で自然に笑顔がほころんでくるのだ。

3_3

んで、嫁チョイスメイン。ミックスグリルで¥1900なり。アツアツの鉄板に乗って登場。牛ヘレステーキ、皮ぶりぶりの自家製ソーセージ×2、エビベーコン巻き×2、ホタテ貝柱フライ×2、というボリューム大メニュー。ボリュームだけでなく、お味のほうも相当イケてます。smile
 
しかしサービス満点ですな、これは。嫁は身長149cmしかなく痩せてはいないが太ってもいないのだが、「今日はお腹が減っているわー」と、これと、やたら盛りの良いライスを軽やかに、且つニコニコと平らげるのだ。(一部お手伝いはしましたが。。sweat01
 
4_2んで、こちらは俺チョイス、ビーフシチュー¥1600なり。いやー、こちらもたまりませんな。smile
 
具は牛肉、それにジャガイモ、プチ玉ねぎ、マッシュルーム、ニンジン、インゲンなど。牛肉はもう歯が不要なほどとろっとろ。それとビターさはかなり控えめで酸味もほど良いデミグラスソースも良いですな。
 
5_3

お肉も量しっかりで、これなら大食漢でも満足できそう。とにかくライスが進みまくるメニューなのだ。
 
んで、生ビーは嫁に運転をお願いしているので遠慮してsweat011つだけ。〆て¥5500ほどの大堪能!。コスパ劇高いですな。ご馳走様でした〜!

2007年12月24日 (月)

天ぷらの山@箕面

クリスマスまでカウントダウン、日曜日のお昼ネタを1つ。
年末年始用の買い物を済ませるために、箕面の繊維団地コムアートヒルにある、知る人ぞ知る総合卸売「SSOK」に買い物だ!ということに。
箕面の新船場一帯には、そのSSOKの衣料品やらインテリア品、調理器具、食品に雑貨、等々を扱っている複数のビルが点在していて、そのビルの間をシャトルバスが行きかう珍しい形態のお店なのだ。 衣料品は大体どれも市価2割引〜とお安いので週末は大混雑する。
今回もクリスマス直前ということで、多分混雑するだろうなぁという予想で、早めに自宅を出て午前中には勝負を付ける!作戦。
 
が!10:00には新船場に到着したのに、既にSSOK本館付近はPA待ちの車で長蛇の列。shockshock コムアートヒル内にはSSOKの契約PAもあちこちに確保されているのだが、係員さんの誘導で本館から遠いPAにどんどんガイドされてしまい、10分ほど離れた場所にようやく駐車。shock
 
1_4 が、そのおかげで思い出したのが、丁度本館とPAの中間地点ほどにある「天ぷらの山」なる天ぷら屋さん。2006年開店のお店でこのblogのコメントでも推薦していただいていたので、この機会に行こう!ということに。(長い前置きですみませんbearing
 
SSOKでざっと買い物を済ませ、へたばってきた12:30ごろ。さぁ、エネルギー充填だ!と天ぷらの山方面へ徒歩移動。SSOK本館から5分ほどの位置だ。
 
2_4

中に入ると、食券制のお店なので券売機が2台あり、右手が入り口、左手にでっかい液晶ディスプレイが置いてある。ほー、なかなかうまそうに見えますな。
 
カウンターで揚げたて天ぷらをお手軽定食で頂ける、あまり大阪では他に無い方式の天ぷら店なのだ。九州博多方面のシステムらしい。 
 3_5
40インチぐらいのでっかいディスプレイを凝視して、どれにしようかなあと考えていたら、画面の中ほどにこういうアイコンを発見。ちょっと小ダサいが、手作り感が良いかも。sweat01
  
暫し悩んで、俺が山定食¥890に単品の穴子¥300を追加。嫁が冬定食¥1000をチョイス。
 
4_3色々定食があるのだが、天ぷらの組み合わせが変わるだけでサイドメニューも無く、キホン天ぷら一本のお店だ。
 
定食はご飯と味噌汁、取り放題の浅漬けが付く仕組み。

奥に4人掛けのテーブルが4席、キッチンを矩形で囲む長ーいカウンターが40席ほど。お昼時で満席だ。郊外型回転すし店のように壁際の長椅子に腰掛け、10分ほどで我々の順番に。

5_4


席に着くとまずご飯と、味噌汁、それに金属製のトレーがセットされる。このトレーに揚げたてアツアツの天ぷらを揚がった順に乗せてくれるので、アツアツを冷めないうちに頂く仕組み。
 
6 山定食は、海老にキス、でっかいイカ、ナス、カボチャ、レンコン。あまり他の天ぷら店ではお目にかかれないのが豚ロース。

量的にはこちらこちらのボリューム感には全然届かない良識的な量。具が薄手に切ってある分、サクリ!と本当に軽やかに揚がっていてなかなか旨いですな。
 
甘めの天ぷらつゆにぐりぐりと浸してご飯とともにわしわしとダイナミックに頂くのが正解。smile 油モノをしっかり頂くと味覚がだれてくるのだが、キャベツの浅漬けが口直しにぴったり。。

7 嫁の冬定食は、ふぐ×3、海老、ゴマ餅、じゃがいも×2の組み合わせ。半分づつトレード。
 
この丸っこいのがジャガイモですが、どういう手法なのかやたらホクホクした水分感の少ないものでなかなかにウマし。穴子¥300は思ったよりちっちゃいめだけど、これも上等。
 
 
SSOK周辺でお昼ご飯というと、ホンコンサイドがお気に入りなのですが、たまにはこういうお手軽天ぷらも良いのは、と思っちゃう良店ですな。中休みも無いし、年中無休。SSOKに行かれる方向け推薦〜。(って、SSOKマニアには、説明不要なほど有名なお店かも。。)
 

 
■天ぷらの山
住所: 大阪府箕面市船場東3-9-2
営業時間:11:00〜21:00 年中無休
TEL: 072-730-2290

2007年12月18日 (火)

廣東料理 民生@西梅田

日曜日のランチネタ。デジカメ購入やら嫁のクリスマスプレゼントの下見やらで梅田にお出かけ。前日夜も北新地で晩ご飯、だったのだが、最近忙しかったためにJR大阪天満宮より西に出るのは久々な気分。
 
ヨドバシやらそのお向かいのカメラのキタムラで買い物を済ませ、ちょっとお腹も減ったし!とどこかで適当にお昼ご飯ということに。
 
1_5 どうも梅田は不案内で、新地方面に戻るぞ!と気が付いたらココにやってきていたヒルトンプラザウエスト。どこかで軽めにランチとチョイスしたのが廣東料理の民生(みんせい)。たみおではありません。sweat01
 
B2Fのレストラン街というベタなロケーション。が、西梅田駅からケンケンでもやって来れそうな駅近物件でとても便利。短めだが並んでいる人も居るぐらいで随分人気だ。

回転は良くあっという間に我々の順番に。ランチメニューが色々。軽めにね、と嫁が汁ソバのセットモノ¥1100を、俺が馬鹿の1つ覚えで麻婆豆腐セットで¥1250なり。先にちゃんとポットでお茶が出てきて嬉しい。
 
2_5

こちらが青梗菜や海老などが入った汁ソバ。棒々鶏とご飯がセット。お昼はご飯おかわり自由。最近食べすぎなのでご飯要りません!ということで。さっぱりさらっとして健康的な感じ。
 
3_6

こちらは麻婆豆腐セット。トウモロコシ玉子スープ、点心2個もついている。量もそこそこあり。麻婆豆腐も辛さ控えめで、普通に旨いです。
 
4_4んで、デザートの杏仁豆腐。ふるふるのとろっとろ。お味は薄めだけれど、ま、こんなものですかね。
 
夜メニューは一皿\2000平均ぐらいの準高級店。一度大勢で夜にも行ってみたいかな。お昼は随分とお値ごろ価格で、使いやすいですな。そんなに特徴のある感じでは無いですが、小奇麗な内装でさっとランチが頂けるなかなか便利なお店かも。
 
 
■廣東料理 民生ヒルトンプラザ ウエスト店
住所:大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザ ウエストB2
営業時間:11:30〜23:00(L.O.22:00) 不定休
TEL:06-6345-5435
 
んで、阪神百貨店で色々お菓子やらを仕込んで帰宅。新デジカメで撮った写真を1つ。
 
1_6

サザエのおはぎ4種。1つ¥150ほどとお手ごろ価格で甘さ控えめ。初めて食いましたが、サイズも程よい大きさで、米の半殺し加減も良〜くつぶしていて好み。なかなかいけるかも。smile