フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2007年9月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

そば 月山@谷町九丁目

日曜日のお昼ご飯。
日本晴sunの良いお天気にめぐまれた日曜日。久々にチャリで大阪市内をポタリングでもしようかとお出かけ。

嫁の提案で空堀商店街で開催されているイベント「からほりまちアート」を覗きにいこうよということに。数年前から空堀界隈で定期開催されているアートイベントで、空堀に残る古い町並みの中で、公募で選ばれたアーチストの作品を展示するというなかなか面白い催し物なのだ。今年はこの10月27、28日の2日間の開催。

アート作品を見物するだけでなく雑貨やアクセサリーの販売があったり、エクチュアで美味しいチョコを買ったりも出来るし、今回は、我々の知り合いの小学生のぼんぼんの作品も展示されるので、おおーどんなもんだろうと楽しみに出かけるのだ。smile

いつものように大東市の自宅をお昼前に出て、大阪城公園でちょっと一服し、玉造のH&Lベーグルズで「帰りに取りに寄ります!」とベーグルを一通り14個ほど買ってから空堀商店街に到着したのが12:30ちょい過ぎで16kmの行程。おー、なかなか凄い人出ですやん。。。空堀商店街にこんなに人が居るのを見たのが始めてかも。。

Jd0myhe7 で、ここからはいつものネタに突入するわけですがsweat01sweat01sweat01とりあえず腹がへっては!とチョイスした本日のお昼どころは谷九にある渋い蕎麦屋、月山(がっさん)なり。

空堀商店街からチャリで行けば数分の距離。谷九の交差点の北東角側からちょい、ビルの1Fにあるのだが入り口が結構ビルの奥まったところにあり、またまた見落として通り過ぎる。なかなかマニアックな雰囲気がする佇まいですな。

お店の中に。カップル1組が中で待って居られ、10分ほどでテーブル席に案内される。カウンターが8席ほど、4人掛けのテーブルが2、10人ほど座れそうな大きなテーブルの小上がりがあり適度に薄暗くて、田舎の実家に遊びに来たよ、みたいな風情。なかなか良い雰囲気ではありませんか。

山形産の蕎麦粉を使っているこだわりの蕎麦屋なのだが、季節の刺身類や天ぷらなど酒のアテ系が大変充実しているお店で回りは昼間っからビールや日本酒でわははは、と楽しそうに歓談する近所のおじさん連中の憩いの場状態。
夜はコース料理や鍋料理もある「蕎麦も頂ける和風居酒屋」みたいな使えるお店のようだ。

暫し悩んで、俺は小鉢、それにかき揚げ小丼が付いているお昼のセット物¥990のかけそばを鴨汁に変更し、¥1290なり。嫁は「あとでおやつ食べるよねぇ?軽めにしておこ」と細打ちのもりを注文。¥750なり。大盛りも+¥350UPでお願いできるようだ。
 
Zh_iinbm 初めに小鉢ででてきた冷奴。ちゃんと嫁の分も出してくれた。
 
最近はスーパーでも手に入る男前な豆腐のおかげで、よほど濃厚でクリーミーなものでないと印象に残らないがなかなか旨いですな、これ。
 

3wx2xhyy 更にかき揚げ小丼なり。
 
なんきん、サツマイモ、ニンジンと玉ねぎ、それに小エビのかき揚げ。サクサク、というよりふっくら、という感じでなかなか旨し。なんかエエ感じですな。こういうのを食べると天ぷら系メニューは期待できそうです。smile
 
_nfelldl
で、鴨汁。単品でも¥1050とかなりお安い部類。鴨肉は4枚入っているし、ダシも濃厚。写真映りが今一ですが、うーんスンバらしいではありませんか。
実はデジカメを某リコーの広角がイケるのに変更したのだが、加減がまだ摘めずピンボケ写真を量産しております。shockshockshock
 
Vljle42y 蕎麦はけっこう短めだがエッジが利いたなかなかイケてるものだと思いました。うまいっす。
 
(が、量だけが不満かも。。と蕎麦屋レビューで必ず書く俺。。。sweat01
 
期待以上に旨かったので、先に刺身とてんぷらで軽く一杯頂いてから、夜15食限定で出されている太打ちの板そばをぜひ〆で頂いてみたいな、と思っちゃう良きお店でした。推薦〜。
 
 
■そば 月山 (がっさん)
住所:大阪市中央区谷町9-2-23 谷九城福ビル1F
営業時間: 11:30〜14:00 17:00〜22:00 月休(祝日時も休)
TEL&FAX:06-7663-0199

2007年10月28日 (日)

魚を食べに、ひでぞうに(4)@今里

またまた5日ぶりの更新です〜。
更新が止まっているのにアクセスカウンターがコチコチと上がっているのを見ていると、非常に精神衛生上良くないですなsweat01 定期巡回して頂いていると思われる読者の皆様(いやー、なんとも奇特な方ですな)には誠に申し訳ないっす。bearing 11月中旬までこういう感じの更新頻度だと思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
 
で、土曜日の晩ご飯ネタを一発。土曜日は嫁が遅番で会社が終わるのが20:00過ぎるというので、21:00ひでぞうに集合!ということに。
 
一度お店に伺っても再訪確率は非常に低い我々が「魚が旨い居酒屋」ジャンルで今年ダントツ一押しなお店がこちら。初回記事はこちら。先日、関西どっとコムで我々と同じご飯ネタで活躍されているmaaさんも行かれたようだ。写真紹介されていた鯖寿司が劇ウマそうに見えたので、青魚マニアとしては押さえておかないと!ということに。smile
 
9a5ixo1x
嫁の仕事が予定より早めに終わったので20:30ごろお店到着。カウンターは一杯で今回は初テーブル席。本日のメニューはこういう感じです。まだ1周年+10日のお店なのだ。
 
Wcv6tcxw んで、嫁は焼酎前割の芋、俺は生ビーで乾杯し、突き出しを頂く。突き出しがへー!と驚く旨さがあるので楽しみだったりするのだ。
 
今回は鯖の南蛮漬け。甘酢の濃さが絶妙〜、大盛りで欲しいぐらいだが〆は鯖寿司だと決めているので我慢我慢。
 
Lhggrh9m
で、いつものごとく劇お得系刺身盛り大で¥1280なり。本日は右から気仙沼カツオ腹身、知多半島ブリ腹身、知多半島アオリイカ、三重産活カンパチ、岩手活ホタテ、根室ツブ貝、愛知トリ貝なり。カツオにブリが脂のりのりでうっまー。貝類が色々あるのも嬉しい。
 
Uacysm6j 赤穂の牡蠣酢ポン酢で¥580なり。牡蠣好きな嫁大推薦の一品。ぷりっぷりでミルキー、ま、量はそれなりですがお安いですな〜。

今回は写真が多いのでさらっとご紹介。(良く食った、ということですなsweat01
 
H3cg0qts 野菜類も欲しいよねぇ、と注文したズワイガニとアボガドのカルフォルニアサラダで¥680なり。
 
ほぐしたズワイガニの身がたっぷり。アボガドが丁度良いころあいに柔らかくなったのが半個分。ぬったりとしたアボカドととびっこのプチプチ感が良いハーモニーですな。
 
Cltccrzl でお次が「本日限定数3」の焼き物。アオリイカのゲソ耳焼きなり。おー、まだ残っているのラッキー!と注文の¥430なり。
 
無茶でっかいイカ。1/4個切りされたレモンと比較すると盛り加減が判るかも。信じられんCPです。
ほんのり中心部に火が通るか通らないか、ぐらいの火加減。カボスをぐりぐりっと絞りかけて頂くとイケてます!。
 
Vlojupyx これも本日の限定数4の揚げ物。赤ヤガラのから揚げで¥480なり。赤ヤガラという魚は初体験ですな。NETを検索してみると水族館にいそうな感じの魚だ。フレンチの食材にもなったりするようですな。
 
お味の方は脂分を感じない、ぐっと締まった肉質。白身なんですがあまり他に類を見ないしっかりした食感ですな〜。なかなかの珍味でした。次回は刺身で頂いてみたいかも
 
Ggnj_r36 魚の刺身を量しっかりと頂くと体が冷えてくるんですよねぇ。なんぞあったかいものが欲しいよね〜、と注文してみたレギュラーメニューのシーフードグラタン¥480なり。
 
海老やらイカやら貝類などの刻んだのがころころと入っていて、こりりっとした食感も楽しい一品。こういうのもちゃんとイケてるのがえらい!(このフレーズ、前回も書いたかも。。sweat01
 
Khqd0lpo 〆は鯖棒寿司!で決定〜なので、もう一品あったかいものいっとこ!と追加した限定3、知多半島産浅利の酒蒸しで¥580なり。
 
こういうのにエリンギが入っているのは珍しいですな。むっちゃ酒臭が強めで大人向けに苦みばしったお味。浅利はブリブリで旨いんですが、ダ洒落ではなくもうちょっとあっさりした味のほうが良かったかな。

 
Fosruc6a
んで、〆はもちろんひでぞう特製さば棒寿司で¥880なり。どうだ!この鯖の肉厚さ加減は! どう考えてもこのお値段でこの質、このボリュームは激烈にお得ですな。青魚マニア随喜の涙の一品だ。heart
 
半分は炙りにしてあり2種類の食感が楽しめる趣向。脂もほんまノリノリだ。鯖寿司は大好物なので、高級品は一本¥4000ぐらいのから、下はくるくる回る1皿¥105のまで、いろんなお店で食っているのだがコスパでこの皿を越えるものを知らない。ほんまお得且つ旨いっす。
 
で、流石にもう食えねぇ、とお勘定。生ビー1、焼酎前割り1、お湯割り1、梅酒1で〆て¥8300なり。お若いカップルから小グループまで、近所のおっちゃんが晩酌ついでにご飯を食べていくのも全然OK、使い勝手最高のざっくばらんで旨い店です。近所に住みたいかも。。。
 
PS:お店の方に読んで頂いているようなのでリクエストを一発。寒い季節用になんぞ腹の底から温まる汁物系メニューがぜひ1つ欲しいですなぁ。魚たっぷりの赤ダシとかアラ汁あったらエエですよねぇ。smilesmilesmile

2007年10月24日 (水)

宇野製麺所@東大阪市小若江

日曜日のお昼ご飯。
前日夜がしっかり晩ご飯だったので今日は和風の麺類なんぞをずるずるーっと行くのが良いよね!ということに。で、前から気になっていた近大そばにある饂飩店が日曜日もやっているというネタを思い出し、そうだそうだ高井田のユーバスとセットで行ってみよう!とお出かけを。
  
1_8長瀬の駅から近大に続く商店街をちょっと横道にそれるとそのお店がある。お店の名前は「宇野製麺所」なり。お店にPAは無いが、周辺にコインパーキング多数あり(¥100/30分)
 
如何にも讃岐系の香りが漂うネーミングだが、讃岐ではとてもメジャーな饂飩店、池上製麺所で修行された方が、この4月OPENされた新しいお店だ。大阪の饂飩情報系blogでもとても評判が良いので期待満点でお店に。

11:00オープンの11:30、お店前に数人の行列が出来るほどの人気だ。回転はそこそこ良いほうで10分ほどの待ちで席確保。カウンターが5席、あとはテーブル席が10席?ほどしかない店内。
 
椅子はスタッキングできる丸椅子だし、店の真ん中にででんと製麺機が大きな顔をして鎮座しており、なんというかとても雑然とした雰囲気なのだが、それがまた風情ですな。旨そうな予感大! 他のお客さんはほとんどがご近所の家族連れ。既に人気店ですな〜。
 
んで、俺は日替わりのサービス定食¥750を、嫁がこのお店オリジナルだという親子ぶっかけのあったかいの¥700を。最近値上げしたようだが、ま、大阪では普通ですな。
  
3_8

お昼中は休み無く茹で上げているようで、10分ほどでででんと登場。まずは嫁の親子ぶっかけなり。親子というぐらいで玉子天と粒胡椒がぴりりと利いた鶏天が乗っているのだ。しかしなかなか盛りの良いお店ですな〜。smilesmile
 
4_5麺は扁平で表面はかなりソフト、が、適度に芯に腰が残るタイプ。軽めのグミ感、それほど腰を前面に押し出した感じではありませんな。

ダシはブッカケ用としては鰹がしっかり利いたもの。醤油味しっかりの蕎麦だしをちょっと薄くした感じで、あまり他に例が無いものですな。俺は好きです。smile
  
2_10

こちらは、本日のサービス定食ナリ。海老天と穴子天のぶっかけでこちらもあったかいダシでお願いしてみた。定食なのでシャケフレークのかかったご飯も付いてくる。なかなかサービス満点ですな。
 
天ぷらは衣しっかりだがなかなか上等、嫁はもうちょっと軽くても良いよねぇ、との意見だが学生さんの多いこの辺りでは適切なボリューム感だと思いました。
 
こりゃ旨いワイ!と機嫌よくうどんをずるずると啜っていると、「ちょっと音が出ます、ごめんなさい〜」とお店のお兄さん。麺切れになったようで製麺機がだんだんだんだんだんと賑やかに麺を切り出すのを眺めながら、これは切り立て饂飩なのは間違いないなぁと思いつつ5分ほどで完食。smile
 
製麺所というぐらいなので、生麺も売っていて1玉¥80なり。今度鍋でもやるときに買いに行こうかなぁ。良い店です。お近くに行かれたらぜひ。
 
 
 
■宇野製麺所
住所:大阪府東大阪市小若江4-11-15
営業時間:11:00〜15:00 17:30〜21:00(麺切れまで)水休
TEL:06-6725-0792

2007年10月21日 (日)

Bistro a vin DAIGAKU@東心斎橋

生きてます。5日ぶりの更新です。
1ヵ月後に会社関係で大きなイベントが控えているせいでなにやら気ぜわしく、ばたばたと過ぎ去る1週間。ま、まだ日取りはあるからと週末ぐらいはのんびりさせてもらうのだ。
 Daigaku1
んで、嫁は仕事で何時に終わるかも判らない!とのことなので。「何時ごろに終わるか判ったら電話してよ」「仕事場の近くでなんぞ食べよう!」という作戦にしておいたら、夕方「20:00のダイガクの予約が取れたよ〜!」と嫁からのメール。おお!やったじゃん、と心斎橋方面に向かう。
 
ビオワインにこだわりのある大阪のワイン好きにとても人気のお店だ。ウチでも過去幾度と無く予約にチャレンジして振られ続けていたりする。この6月に改装され3階建てになって席数が増えたようで、予約が入れやすくなったようですな。
 
1Fはカウンターで、2Fが2人掛けテーブルを中心に16席ほど。2Fに通されたので3Fは不明。ウチが入って満席に。照明をやや落としたちょっと隠れ家っぽい雰囲気ですな。お若い女性に人気のようで、16名中男性4名、そのうち旬を過ぎたおっさん1名ナリ。sweat01
 
メニューを確認。¥4200で魚・肉が両方楽しめる盛りだくさんのコースが1種、あとはアラカルトで前菜が10種類強、パスタが6種、主菜が10種ほど、デザートも10種、もちろんチーズもありなかなか種類は豊富。アラカルトなら4皿ぐらいですよ、と教えていただく。
 Daigaku2_2
アラカルトで注文してもアミューズがお任せで付いてくるシステムだ。¥500なり。まずはシュー生地にとろっとチーズが入っているもの。
 
フレンチでよくお見かけするアミューズですな。ふわっと自然に旨し。さぁ、今日はどうかなーと期待も高まるsmile

 

Daigaku3_3お次もアミューズでさつまいものポタージュなり。
 
ぬーん、秋ですな〜。ほっとする感じで旨し。smile
 Daigaku4
んで、先に暇つぶし用にチョイスした小前菜、自家製のピクルスとオリーブ盛り合わせで¥420なり。盛り良いですな。
 
こういう酸っぱいものを先に頂いておくと、俺の食欲エンジンが俄然回りだすぜ!みたいな感じ。sweat01
  
Daigaku5

更に前菜、ブータンノアールとりんごのキャラメリゼで¥1470なり。
豚の血で作ったソーセージ、巧みな香辛料の使い方でいやみな感じなくワインがぶがぶ進み系。ぴりりと粒胡椒が利いたキャラメリゼされたリンゴと一緒に頂くとうっまー。前菜メニューはコレしか眼中に無かった嫁、自然にニコニコ。
  
Daigaku7

んで、パスタ。ビストロなのに手打ちパスタが旨い店として有名な変わったお店なのだが、今日も八角を練りこんだタリアテッレがあったので注文してみた。ソースは仔鳩のラグーで¥1890なり。ちゃんと2皿に分けてサーブしてくれる。

八角の個性的な香りが、とてもエエ感じですな〜。仔鳩のラグーはほんわりとした甘みに繊維質までほろほろに煮込まれているために鳥とツナの中間ほどの食感と言う感じ。旨いです。smile
 
Daigaku8 んで、いきなり寒くなった今日、一番食べたくなったのがブイヤベースで¥3360なり。
 
アカザ海老、的鯛、ツブ貝に牡蠣、ムール貝、それにたっぷりの野菜がくつくつとでっかいオーバル形ココット鍋で煮込まれて登場。うーん、予想以上の盛り加減ですな。。。。
 
Daigaku9

お上品に盛り付けるとこういう感じ。1鍋でざっとこの3倍の量。貝類のおつゆのコク、程よい塩加減。添えられたルイユソース(おろしニンニクと卵黄で作ったマヨネーズ風ソース)を入れるとぐっとパンチが出て旨いです。
  
Daigaku10初めは足らなかったらもう1皿追加しようか!とか言ってたのだが程よい満腹感。が、デザートは当然別腹なわけで。デザートメニューが10種類もあるので目移りしますなぁ。
 
嫁チョイスが栗のパウンドケーキで¥735なり。ふわんと洋酒の香りもかぐわしく、栗がやたらたっぷり〜。おおよそ体積の1/3ほどが栗という贅沢さ。ますます深まる秋!みたいな感じですな。
   
Daigaku11で俺チョイスはイチジクのミルフィーユで¥840なり。栗のパウンドケーキの重厚感とはうって変わってさらっとナチュラルな軽さで健康的。
 
 
嫁と半分コすると丁度良い感じでした。smile
 
改装前は料理が旨いワインバー、というようなコンセプトだったと思うのですが、席数も増えしっかりビストロ料理でお腹も大満足。グラスワインが赤白計10種ほど、¥800〜1200とちょっとお高いのですが、なかなか良いお店だと思いますな。で、グラスワインを4、紅茶1、エスプレッソ1で〆て¥15000チョイという納得価格。(結構食ったので、かなり安かったという印象)
 
10人ぐらいの大人数もコースならOKなので、みなでわいわいとボトルでワインをお願いして、あれもこれもと楽しむのが良さそうですな。お隣のテーブルもオフ会!みたいな女性グループで全員デジカメ持参sweat01だったり、別のテーブルでも写真撮影にいそしんでおられる方がやたら多かったのが印象的なお店でした、だはは。
  
 
◆Bistro à vin DAIGAKU
住所:大阪市中央区東心斎橋1-4-22
営業時間: 18:00〜2:00[LO](火休)
TEL:06-6241-5431

2007年10月16日 (火)

京都でお弁当@ジェイアール京都伊勢丹

土曜日の京都ネタその2。
京都に行くと自分の行動記録代わりに「京都行きMEMO」を先に書くのですが、今回はあまりにも体力馬鹿コースなので割愛し、お昼ネタを1発。
 
すっかり秋らしい気候の京都。出町柳から鴨川沿いをちゃりちゃりと走り気分も爽快。七条まで40分ほどののんびりコース。いつものレンタサイクル店、かりおんで借りた今回の俺の相棒はコレ。やっぱ当たりですかね。smile
 
Photo

後ろの泥除けの持ち主シールに「どら」と書いてあります。smile
 
良い天気だったら今回のランチはデパ地下で旨い弁当でも買って、青空の下わっはっは!と笑って食おうや!とやってきたのがジェイアール京都伊勢丹なり。で、前から機会があったら食ってやろう!と狙っていたお弁当を数点購入。しかし¥3000〜¥5000ぐらいの高級弁当を何種類もおいてあるのが流石京都の百貨店!ですな〜。
 1_4
で、弁当を持って適当な場所は、とやってきたのが梅小路公園。丁度グリーンフェスタなるお祭り中で、コスモスなどの花盛り。
 
が、花を眺めるよりもまずは腹も減ったし、早速芝生でお弁当タイム〜!sweat01sweat01 
1つめは「紫野和久傳」の鯛ちらし¥2625なり。
いえー、サイズは小ぶりですがお値段はゴージャスですな。さぁ、それではあけますよ〜。
 
2_3

うおー、流石リッチで優雅なお弁当ですな。「醤油の香がほのかに漂うすし飯に、生姜、木の芽、きざみ昆布を添え、塩で締めた鯛の薄造りを敷き詰めました」というものです。(お店HPの記事引用)
京都らしい角が取れた薄味だ。うまいっす!が、高いのでウチでは常食はできないですな、これは。shock 
 
3_3

更に2つ目。京都市左京区にある和牛専門店「はつだ」の特選和牛弁当¥1680なり! これもかなりコンパクトなお弁当ですがインパクトありありですな。
甘辛く炊かれた牛肉の下にキャベツの千切りが敷かれているのが食感で無茶良い仕事をしています。先の鯛ちらしよりも数段判りやすいお味で、男なら絶対好みそうなしっかり系お味。不満点は大盛りをくれ!だけですなsmile
 
4_2

更にデザート。四条大宮にあるフルーツパーラー、ヤオイソのbigフルーツサンド。たしか\787なり。フルーツたっぷり、クリームはなつかし系で甘みはあっさり控えめ。結構普通に旨いです。
 
んで、ペットボトルのお茶を付けて合計¥5000越え。ちょっとお洒落なお店で結構良いランチを2人で食いにいけるぐらいのコストなのですが、ま、日本晴れじゃないけれど良い天気だしタマにはええか〜!みたいなナイスランチ。
 
京都ネタなのでヘタ写真も1発。
 
5_2

ウチが京都で一番気に入っている庭を眺めに仁和寺に。そろそろ紅葉がそこまで迫っている!みたいなほんのり赤い木々が秋の深まりを予感させる一日でした。