フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2007年5月 | メイン | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月28日 (木)

笑わず餅@新町 廣井堂

健康診断前の静けさで、先週末もカメキチ以外はつつましい食生活。いまさらながらだが、血液検査などやばげな数値が出る可能性もあるので、結構おとなしくしている今日この頃。金曜日がほぼ半日のドックイン、更に土曜日にも別の検査で他の病院に行くというなんとも地味な週末になりそうな予感。shockshockshock
 
6rsm7kqg こういうときはあっさり和菓子系のおやつが良いよね〜、ということで嫁が会社帰りに買ってきたのが、秋になると栗蒸し羊羹が劇ウマな廣井堂の「笑わず餅」なり。
 
1個¥230なりとお手ごろ価格で、涼しげな竹筒を模した容器に入っているのが気分だ。
 
しかし変な名前だな〜sweat01と思ってググって見るとありました。
なんでも江戸時代、陰暦の6月16日(新暦の7月11日)には疫病除けに、御餅やお菓子を「笑わずに食べる」という風習があったそうな。わっはっはと笑って鬼を追い払うという風習も別の季節にはあったような気がするが、だまーってお菓子を食うのはなんとも地味な風習ですなー。気分的には「巻き寿司丸かぶり」に通じるところがありますな。sweat01
 
 
M410bgly それが由来で6月16日は「和菓子の日」に制定されているそうな。丁度じめじめと暑い季節なので葛餅などがぴったりですな。先の由来にちなんで廣井堂では、この時期の限定商品として「笑わず餅」が販売されているようだ
 
モノは小豆がポツポツと入った葛餅で、ぶるぶるんとしたなまめかしい食感が楽しい一品だ。あっさりした甘みでとても上品な感じ。流石は廣井堂ですな。smile
 
とりあえずニコニコと、ただし声は立てずに地味に頂きました。(以外に信心深いかも。。sweat01
ご馳走様でした〜。

2007年6月24日 (日)

フランクスのケーキ@河内小阪

馬鹿天気だった土曜日から一夜明けると、朝からずっと雨で梅雨らしくなった日曜日。嫁が「仕事に使うで〜」と車に乗っていってしまったので暇な週末だ。たっぷり時間があるのでもう1つネタを。smile
 
先週、河内小阪のフランクスでおやつにウマウマサンドイッチをイートインした話を書いたのだ。このお店、サンドイッチだけでなくケーキや焼き菓子なども魅力的な洋菓子屋さんなので、せっかくなので何かお土産を買って帰ろうよ!ということに。
 
当日は、おやつを食べてから買い物やらに立ちよる予定だったので、数点焼き菓子を購入して帰ったのだ。が、帰ってから買い物の荷物を確認すると確か買ってきたはずの焼き菓子がない。よくよく考えると焼き菓子の包装をお願いした店員さんと、支払いをお願いした店員さんが違う方だったので、支払いだけ済ませて何も受け取らずに帰ってきてしまったのだ。(アホですな〜shock
 
電話して確認してみたら、ちゃんと品物を置いてくれてあったので木曜日休みだった嫁が再度お店に取りにいき、ようやく焼き菓子とご対面。
 
Uh4cv5br
クッキーよりフィナンシェとかマドレーヌ等しっとり系焼き菓子が好みなので、そういうのを中心に購入。「河内小阪のまごころ焼」とネーミングされている。
 
大体¥150前後ぐらいのお値段で、簡単な手土産にぴったりな感じ。お味のほうも劇旨い!とかいうものではありませんが、きっちり作ってありフィナンシェなどバターたっぷりでなかなかよいと思った。
 
Uy5he7xr
せっかくなので生菓子も買ってきたよ!と嫁がチョイスしたメロンたっぷりのケーキ。このお店では一番高いショートケーキで1個¥450なり。アオタニほどではないがメロンたっぷりでなかなか宜しいですな、はい。ソフトボール半分ほどの大きさで、カスタードクリームもたっぷり。
 
Nvwz59hk 1個¥160のシュークリームも大ぶりでなかなか美味しい。
 
シュークリームはいろんなお店があるので独自性を出すのが難しいと思うが、なつかしいふんわりしたシュー生地にたっぷりのクリームで結構お得だよな!と思った。
 
サンドイッチをイートインした際のお土産にどうぞ。smile

Kamekichiでディナー(3)@谷四

土曜日のディナーネタ。
お昼はちゃりちゃりと結局50kmちかく大阪市内を走り回り、帰宅したのが15:00ちょい過ぎ。シャワーなんぞを浴び暫しまったりし、夕方からごそごそと晩御飯用の予約電話をあちこちにかける。
 
嫁が朝出かけるときは「今日は京橋でなにか適当なものにするわ」と宣言していたのだが、ボーナスも出たことだしsmile!と過去行ってお気に入りになったお店に電話する。某イタリアンなど数軒に振られ、今回席が取れたのが、谷四のビジネス街の中にあるお洒落なビストロ、Kamekichiだ。ふー良かった、しかし暑い季節になるとフレンチは席が取れやすくなるような傾向がありますな。smile
 
嫁にメールで連絡を入れ待ち合わせ。19:00、谷四のお店に向かう。お店のドアには「本日は予約で満席」の表示が。まだ半分ほどの席しか埋まっていなかった。お若い30歳前後のカップルばかり。ウチは3回目ですが客層がどんどん若くなっているような気がしますな〜。sweat01 初回記事がこちら、2回目がこちら
 
嫁はシャンパン、俺はビールなんぞを頂きつつ、暫しメニューを検討。本日のお勧めは、とサジェスチョンしていただいた前菜とメインを軸に注文してみる。
 
一皿目は前回も頂いて気に入った「茶美豚のリエットと自家製ピクルス」で¥900なり。このお店のパン劇進み系メニューその1なのだが、やはり旨し。リエットは容器から取りやすいように容器の底からふわっと混ぜ返して盛り付けてある。ちょっとしたころですが他のお店でもぜひ真似て頂きたいサービスですな。smile (danger写真は前回分をご覧ください〜)
 
Lquhmgbc
2つ目前菜。「福岡産鯖と男爵芋のテリーヌ アンチョビバターで」¥1500なり。厚さ20mm以上ありそうなしっかりボリューム。メインの盛りも良いお店なので、ちょっと先のお腹具合が心配になりそうなほどだ。
 
豚肉とジャガイモ、それに鯖がこういう風に合うんだなぁ〜と妙に感心する一品。付け合せのオレンジとビネガーで合えたニンジンも旨し。
 
Ssqpnirf
で、お勧め頂いた前菜3皿目。「帆立貝柱、蛤、アボガド、和歌山水茄子のタルタル ガスパチョ仕立て」で¥2200なり。
 
むっちゃ盛りが良いですな〜。前菜はこれだけでも良かったかも!と思うほどの充実感。夏向けに爽やかな一品だ。
ガスパチョの上に浮かんでいる緑色のソースは、キウイフルーツで作ったジェラート。冷え冷えのガスパチョにさりさりとしたジェラートの歯ごたえが清涼感を倍加させる。それに帆立貝柱、蛤、アボガドの歯ごたえ、それに生うにのまったり感がたまらない一品。
 
Qhjyvium で、今回のメインは「茄子で包んだ子羊背肉のロースト カレー風味のソースとフライドエッグ」で¥2800なり。
 
写真がへたくそなのでなんだか良くわからないかも。開いた茄子でフォアグラを芯にした子羊背肉を包んでありソフトボール大の球状になっている。
付け合せはふるふるの黄身がソースも兼ねたフライドエッグ、それにソテーした茄子とズッキーニ。手がかかった料理ですな〜。
 
Z4v_bf1f 切ってみるとこんな感じです。よだれでまくり〜。
 
火の入りようといい、肉汁こぼれまくりで味乗りまくり。それにふんわりとカレー系の香辛料が利いたソースが予想以上に合うのだ。ボリュームもしっかりだし、ほんま大堪能しました。smile
 
 
E4nqlc9u 本当にお腹一杯で、珍しく「今日は食べすぎだからデザートは1口でよいよ!」と嫁。前菜2皿でよかったかなぁ、とか思いつつ、さっぱり系のデザートからチョイスした「河内晩柑のジュレとヨーグルトのソルベ」で¥600なり。
 
青いのはバジル。調べてみると河内晩柑とは和風グレープフルーツのようなものだそうな。確かに苦味を少なくしたさっぱりしたグレープフルーツのような感じだ。こういう脂しっかり系の食事の後にぴったりのチョイスですな。
 
で、グラスシャンパン1、ビール1、ワインをグラスで4頂いて、〆て¥12900。支払いの際、嫁と顔を見合わせて「やっすー」と小さくガッツポーズが出るお値打ち感。お腹一杯の大満足で、いつものように食後の散歩がてら大阪城方面を経由し、大阪城北詰駅まで歩いて帰りました。
 
お若い人にばんばん行ってもらいたい、お箸でもOKでちょっとお洒落なガッツリ系ビストロ。大推薦なり。
 
おまけの夜景写真。21:00、大阪城がライトアップされていて威風堂々。しんと静まった城公園もなかなか良いものですな。
Stt8i7po

カレーうどん 黄金屋@片町

今回のお題が「自転車、使っていますか?」なので、珍しく関西どっとコムの週間Tバックネタ用も兼ねて一発。smile
 
ちょっと仕事の負荷が上昇しつつある近頃。パソコンの前で一日釘付けになるか、即席の社内講師やら会議やらで結構消耗中。shock
そういう煮詰まった週末はチャリbicycleで走り回ると適度な運動効果で体調が良くなるし、景色を楽しむ以外になーんも考えないのでとてもリフレッシュできる。考えてみると4月ぐらいから毎週50kmは確実に走っているのだ。(ま、ウチの場合、ご飯を食べに回るというもう1つの目的もあるんですけどね。。sweat01
 
K2xx6twe 梅雨の晴れ間を狙って今日も一人ポタリング。スコーンと抜けるような青空の土曜日。梅雨時にしては意外にからっとしていてポリエステルのドライメッシュTシャツ越しの風がとても心地よい。
 
1人で走る時のコースは大体決まっていて、大東市の自宅を出発して第一チェックポイント大阪城公園までざっと30分、そこから大川沿いを北上し、毛馬閘門まで30分、淀川沿いの自転車道を東に。鳥飼大橋まで30分。ここでざっと20km。
 
時間の無い時は、そこで中環を南下し自宅に帰るのだが、調子のよい時は再度毛馬方面に向かい、天神橋やら京橋やらでご飯を食べて結局40kmほど彷徨って帰るのがウチのゴールデンコースだ。
 
本当ならこじゃれたイタリアンでランチ!と行きたいのだが20km走ってから行くと、この季節、汗でずるずるのどろどろで、タオル鉢巻なんかしていたりするので、「とても怪しい人に見えそう」だ。だからラーメン屋さんやうどん屋さんなどそういう格好でもおおらかに受け入れてくれそうなお店を回ることになるのだ。sweat01 (ドレスコードの厳しくないお店なら、もうちょっと涼しい季節は万事OKなんですけど。。。)
 
2duhzrfs で、今日はなぜか自宅を出るときからカレーうどんな気分。どこか行ってないお店は!と思い出したのが、都島区片町にある黄金屋。もう散々前を通っているのだが、なぜだか機会がなかったカレーうどん専門店だ。
 
お店の前に駐輪し、中に。カウンター席のみで10席ほどですかね。暫し悩んで他に類を見ないメニュー、チャーシューカレーうどん¥760と小ご飯¥110を注文。お昼のセット扱いで¥830なり。
 
Rpbvuth5
おー、確かにチャーシューカレーうどんですな〜。肩ロースと思われるラーメンに乗っていても違和感のない焼豚だ。ヘタの部分の角切りもスープにころころと入っている。後の具は薄揚げ、ネギのみとシンプル。
 
3ztbwyng スープはトマト味を感じるカレーソース系。辛さは常識的な範囲でコクもありなかなか旨いのだが、麺のボリューム感がもうちょっと欲しいかな。
大盛りが¥100アップだ。辛さが欲しい場合は¥100で辛口用のチリソースのようなものをぐるぐると回しかけてもらえる。とんでもない辛さのようなので一般人は要注意のようだ。sweat01
 
相当カロリー消費した直後だったので、ぬーん微妙に食い足りないかなぁ?ぐらいの感じで外に出る。
お店のまん前に大阪城がででーんと鎮座している抜群のロケーションだ。
大阪城好きとしては外せないお店かもしれんですな〜。ご馳走様でした。smile

2007年6月21日 (木)

ご近所のインド料理店、MILANへ(2)

日曜日の晩御飯は家ご飯、がウチの掟。が、なぜだか辛い系なものが食べたくなり、5月の連休に初めて行って気に入ったご近所のインド料理店、MILANに行こうか?ということに。初回記事がこちら
 
仕事が忙しくなると食生活が乱れてくるんですな。反省せねば、とか思いつつMILANに車を走らせる、19:00。(あまり反省していないかもshockshock
が5,6台停められる駐車場が満杯で、20:00ごろ再度出直してようやく席確保。
 
お店の中もほぼ満席状態で思った以上にお客さんが入っていてびっくり。お休みの日は繁盛しているようだ。
で、今回は単品料理を注文すると15%OFFになるぐるなびクーポンを持ってきたので、カルトで軽めに注文しようか!ということに。
 
Gitvcff5 ちょっと野菜を、と思って注文したチキンチャット¥350なり。
お安いですが量も小ぶり。さっと出てくるのでビールのアテに良さそうな感じだ。
 
なんというか、チキンと胡瓜、トマトにキャベツ等を合えたサラダなのだが、クミンやらなにやらスパイスがほわんと香りインド風な感じだ。これはゴマドレではなかったが、なかなかイケる。smile
 
Gmjkkv35 焼き物も1つだけいっとこか!とシシカバブ¥600を注文。じゅーじゅーと激しく湯気を上げながら出てくるのは、インド料理店のお約束。
 
しっとり目に焼きあがっていて、これもクミン系のハーブの香りがふんわりとして結構好み。
 
Blj6d4se
カレーは2種類チョイス。緑色のが、パラックパニールという自家製チーズがたっぷり入ったホウレン草カレーで¥850なり。玉ねぎがごろごろしているのがマトンチリで、このお店では辛い部類に入るカレー。
 
マトンチリは、煮込まないでばばっと炒めて作った!みたいな感じだ。「辛くしてくださいね!」と爽やかにお願いしてみたのだが、辛いのが苦手なインド料理人さんだったようでピリリとは来るのだがそれほど辛くはない。5段階の3番目、みたいな感じですな。味自体はガーリックが効果的に利いていて野菜の旨みが乗っていてなかなか。
 
ホウレン草カレーは塩辛くない自家製チーズがこれでもか!と沈んでいてボリュームたっぷり。ほぼ辛くないのだが旨いですな。
 
前回と同じようなコメントで恐縮ですが、通常カレーと思っていたものとは大分違うのだが、カレーだと思わなければ相当イケていると思った。smile
 
8nmsi4fq ナンは2種類注文してみた。上の写真がオニオンナンで¥400。ナン生地の間にたっぷり玉ねぎのみじん切り(多分甘くなるまで炒めたもの)が挟まっていてイ る。このお店はナンが旨いですな〜。
 
で、こちらが前回来たときに次絶対食おう、と思ったバトゥーラというナンで¥450なり。カレーパンの衣のようだとメニューに書いてあるのだが、空気でパンパンに膨れたナンでむっちりしていてこれもなかなか。(が、どちらかというとオニオンナンを推薦したいかなsweat01
 
 
デザートにアイスを1つもらって、生ビール1だけで15%OFFしてもらって〆て¥4000弱。大東市価格のお得インド料理店、辛いカレーが苦手な方、よろしかったらぜひ。