フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2006年8月 | メイン | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

らーめん一勢@今里

先日購入したmeets別冊「ときめきめんライフ」をパラパラと読んでいたら、結構近場で行ってない九州系ラーメン屋があることを知る。
 
金曜日、計画より冷蔵庫がたまたま早めにカラになったことを理由にラーメンでも食いに行こうか?、超細麺のこってり豚骨なんて良いよね〜!と嫁と意見が一致。晩ごはんはそこにしよう!ということに。んで、向かったのが今里にある「らーめん一勢」だ。
 
Vo9wiemm 場所は今里筋と近鉄大阪線が交差する南50m、というところ。この辺りです。PAは無いので道向かい南に50mほどのパークスに駐車しお店に。
 
回りがちょい暗めなので良く目立つ。元気の良さそうな外観ですな。お店は賃貸マンションの1Fにあり、内装も適当にすすけてきてやや年季が入ってきたかな?という感じ。お店の中は豚骨が煮込まれる独特の臭いがぷぷーんと。うーん匂いだけで旨そうな予感ですな。smile

メニューを暫し検討し、嫁が唐揚げ定食¥900を。このお店で基準になる塩とんこつラーメンとライス、鶏の唐揚げのセット物。俺が塩とんこつチャーシュー麺¥800を。追加で博多風のパリパリ餃子を2人前で¥500。スープはあと醤油とんこつ、激辛系の計3種がある。
麺の茹で加減やらネギの量など細かい調整にも対応してくれる。超細麺らしいので固めで注文。それ以外はデフォルト設定でお願いしてみた。
 
で、ラーメンがでーんと登場。
Ph2c2abn
如何にも正統派九州系ラーメンな佇まい。具は煮豚にネギ、モヤシ、それにきくらげなり。
 
Rxpctd7e 麺も本場博多直送、博多ラーメンで使われる超細麺の開発元である真鍋食品製。
概ね、とんこつ食堂とコンパチブルなストレート細麺だ。茹で加減固めにするとしこしこと旨い。いやー、流石ですな。smile
 
で、肝心要の豚骨スープはまったく脂分を加えず2日間煮込んだ手のかかったものだ。天神旗の若スープより若干ライトな感じだが、煮込みは進んでいてやや褐色かかっている。

が、決して関西系ライト豚骨ではなく、しっかりコクのある旨いスープですな。塩分も適切だ。チャーシューは普通だが全体的なバランスはかなり良いと思う。
 
Fa0fl5o6 テーブル上には、ミル式の黒胡椒や、ぴりりと刺激のある辛味噌、卸しニンニク、それに九州系ではお約束のごまと紅生姜もスタンバイ。色々入れて楽しめる。当然替え麺もあり¥100なり。餃子もパリパリでなかなかイケますな。smile
 
それと特筆すべきは唐揚げが旨い!。カチカチパリパリのビールのアテ系ではなく、柔らかめに仕上げてあり噛むと美味しい肉汁。ジューシ〜heart、これもイケる。気に入った!smile
 
天神旗やら無鉄砲はウマいけど、ちょっと重すぎてどうもね、と言う方は試してみるといいかもしれない。脂分が入っていないスープのおかげでお医者様から5kg痩せろ!と指示がある俺でも若干罪悪感が少なめなラーメンだ。なかなかイケると思います〜。推薦!smile
 
 
◆らーめん一勢
所在地:大阪府大阪市生野区中川西1-8-6 
営業時間:11:00〜14:00 18:00〜24:00
     [金土祝前日]11:00〜翌2:00  無休
TEL:06-6741-5466

2006年9月28日 (木)

ショコラカフェ ヴィタメール@心斎橋大丸

えーと、写真を整理していたら出てきた、暫しいつ頃だったか思い出すのに手間取る、秋分の日ネタ。sweat01
 
大阪再発見!ということでお昼は今井でまったりとうどんを食って、なぜか大阪府立演芸博物館「ワッハ上方」を見物に行きすっかりおのぼりさん気分。(最近、このフレーズ多いなsweat01)で、前から気になっていた「二見」で重量級ぶたまんを買って、そろそろ帰ろうかと心斎橋方面に。
 
嫁の「喉が渇いたからどこかでお茶にしようよ!」の提案で、思い出したのが心斎橋大丸のヴィタメール。超有名なショコラ&ケーキショップだが、ココにはカフェが併設されているのだ。
 2_14
じゃ行ってみようか?と心斎橋大丸B2Fに向かうオヤツにはヤヤ早い14:30。
 
席数は20席ほどですかね。テーブルが1つだけ開いていてラッキー。すんなり席確保。女性ばかりの中、おっさんは俺1人なので結構気恥ずかしかったりする。shock 既に記憶が怪しくなっているshockのでさらっとご紹介。

1_13 俺のチョイスは、ヴィタメールの定番チョコレートケーキ「サンバ」なり。見たまんま手のかかっている設計だ。
 
上は濃厚なビターなチョコソースがとろりんと。中はチョコレートムースがビター、ミルクの2層、帯状に巻かれた縞々チョコ模様スポンジがかっこよいですな〜。が、有名高級店の割りに意外にお安かったように記憶。(珈琲は、ええお値段でしたけれど。)
 

3_12嫁チョイスが夏限定?のトロピカルチョコレートドリンク。
 
¥700だったかそれぐらいのお値段。マンゴーソースとチョコレートドリンクの相性はバッチリ。酸味爽やかだが濃厚、みたいな複雑な大人の味。
 
相当濃厚なので、喉が渇いた時に適切な飲み物とは言えないかもしれないが、ちょっとお腹が減った時に嬉しいかも。
 

ケーキも美味しいお店だが、寒くなる季節、トリュフなど上等なチョコレートと温かい飲み物のセットが嬉しいお店かもしれませんな。推薦smile 
 
 
■ショコラカフェ&パティスリー ヴィタメール心斎橋大丸店
所在地:大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店本館 B2F
営業時間:大丸心斎橋店に準じる
TEL:06-6253-9770

2006年9月27日 (水)

和歌山で見かけたワンコ

珍しくご飯ネタ以外の小ネタを一発。
AiDAでランチを食べてから、紀ノ川を南に渡り、桃山町を経由して和歌山市方面にのんびりドライブ。運転は嫁。
 
で、ちょっと変わった車が前を走っている。
Fw3ojres
 
国産の某セダン車に、大きなセントバーナード犬。俺ぐらいありそうなでっかいワンコだ。写真では重なっているので一匹にしか見えないが、なんと2匹。40kmほどの速度で車は走行しているのだが、慣れているのかトランクの中に立ったまま、おとなしく車に揺られる賢いワンコだ。
 
で、間違いさがしでも無いのですが、この車おかしくありません? ワンコ専用車ですな。smilesmile

2006年9月26日 (火)

ふたたび、無鉄砲(2)@今宮戎

お休みを貰った金曜日。当然嫁は仕事。天気も良いし、お昼ついでにポタリングといこうか!とお出かけを。(ラーメンに行くまで、無駄に長文です。bearing
 
いつものようにブロッサムあたりで中環に入り北上。丁度オープンだった大日イオンを横目で眺め、鳥飼大橋から淀川に。平日で人影少ない淀川べりをスイスイと進む。天気も良いし気分は最高。smile またまた毛馬閘門から桜ノ宮、大阪城北詰まできて11:30。さて、今日は何処でお昼にしようか?と暫し悩んで、ま、とりあえず日本橋方面に行ってみようと思い出す。
 
前日、釜たけうどんのblogで、以前アミケッティのシェフだった星山シェフが新店をオープンしたとの情報。新店の名前はラ・バロッタ。場所は人気ビストロだったキュイエールの跡地だ。我々はキュイエールも結局行けずじまいだったのだが、一度場所を確認しようとキコキコと漕ぎ出す。
 
で、本町から堺筋を南下し、日本橋方面に。記憶だけで高島屋裏をぐるぐると回り、ラ・バロッタをようやく見つける。お店の写真は先の釜たけさんのblogでご確認を。
 
とても可愛らしいお店で、カウンターには数人の鼻が利くお客さんも確認したのだが、ココでランチ食って帰ってレポートすると、嫁に責められそうな予感がそこはかとなく、する。shock
 
Bquo2plf で、そうだそうだ、ここまで来たんだから、前に一度行った濃厚豚骨ラーメン店「無鉄砲」に行ってみようと更にキコキコと漕ぎ出す。
 
以前、こちらでもレポートしたが、初無鉄砲はなにか間違ったんじゃないの?というほど塩辛いラーメンが出てきて食べるのに無茶苦労したのだが、濃厚豚骨重視派ラーオタ諸氏の評判はあいかわらず上々だ。細かい調整をお願いできる融通の利くシステムなので、きっと俺に合うのもお願いできるだろう。 
 
平日の13:00ごろなので、流石にお店前に行列は無くすんなりカウンター席確保。券売機で買ったとんこつチャーシュー麺券¥850を見せて、暫し悩んで「こってり、麺普通、ネギ多め、うす味で、塩分薄めでお願いします」ということに。+ご飯中¥150。
 
塩分薄目を大アピールしておいたのだが、汗もたっぷりかいているし、片道25kmのチャリ走行でしっかり腹も減っている。何が出てきても平らげてみせますぞ、おお!
Hfxybnyf
で、出て来たのがこれです。
 
ぬーん、今まで色々なラーメンを食ってきたが、これほどビジュアルが悪いラーメンは記憶に無いですな〜。shock 上に振りまかれた背脂がなんともいえず怖い感じ。どことなく、ここは地獄沼、みたいなおどろおどろしさまで感じてしまう。sweat01 背脂に塗りつぶされた海苔がむちゃ不憫。。
 
では、一口。脂分は当然多く超重厚感のあるスープ。ゼラチンタップリであるおかげで脂分は意外に感じない。天下一品豚骨版、みたいな味だ。
おお!うす味で全然いいじゃん〜という感じだった。麺固めは相当粉っぽい感じなので、普通ぐらいで俺の口には合った。濃厚なスープが良くからみ旨い! ずるずると5分ほどで完食。ほー、旨かった。やるじゃん、無鉄砲!
 
俺はうす味で塩分がちょうど良いのですが、テーブルに置いてあるニンニク醤油ダレが活躍する場があるのですかね〜。やっぱWスープ用かなぁ、悩む。
 
お店で回りのお客さんの注文を聞いていると「コテカタネギオ」(こってりで麺固め、ネギ多め)とお呪いのように唱えておられますが、塩分濃く感じないのかなぁ、やっぱ俺が歳食ったのかなぁ、とヤヤ凹みつつ帰宅。
 
流石に、重たいラーメンなのでしょっちゅう食べに行くのは躊躇われるが、老化確認のために定期的に覗きに行きたいかも。但しチャリで行くのが自分に課した条件ですな。smile

2006年9月25日 (月)

栗むし羊羹@新町 廣井堂

和歌山の実家に帰る際は、なにかお菓子をお土産にするのが、我が家の掟。「流石、大阪は美味しいものがあるねぇ」と両親に言わせることを目的に、日夜美味しいものがないか探し回っているのだ。
 
で、今回は「玉製屋のおはぎ!」と言う固い手は次回のお楽しみにして、Meets別冊「京阪新おつかいもの手帖」やら、こちらのblogを見て「うおー!、秋になったら買うぞ!」と目を付けていたお菓子をお土産にすることに。
 1_5
モノは西区新町にある和菓子屋「廣井堂」の名物、栗むし羊羹なり。栗が出回る9月ごろから12月ごろまでの季節限定商品だ。いつものように限定モノに弱い我々。shock
 
で、先日「会社帰りに覗きに行ったら、今期、初栗むし羊羹を発見セリ!」という嫁の偵察結果! 早速実家に帰る金曜日の夕方、新町のお店に。
 
一棹¥3675と、ちょっと実家のお土産にするのには暫し悩んじゃう高級品なのだが、半分で¥1890というのもある。お店に行くと丁度一本だけ在庫があったので「栗むし羊羹を半分で」とお願いすると奥で半分にして綺麗に包装していただいた。
 2_7
あとで確認した所によると、ご主人お一人で作っておられるので1日20棹生産が限度、予約しないと入手困難らしい。(買った時は知らずに、ただニコニコsweat01
 
折角だからと一緒に生菓子を数点購入し、和歌山に向けダッシュで移動。1時間30分後、和歌山に。
 3_6
で、帰ってきて晩ごはんの後、早速お茶にでもしようよ!と栗むし羊羹を頂いて見る事に。
 
じゃ、切ります。おー、どこを切ってもでっかい栗が顔を出しますな。大ぶりの栗がごろんと羊羹のまん真ん中に収まっている。1人2切れで四人前見当というところ。
 
では、頂きます。
 
うーんんんんん、これはウンまーい!!!!!heart 
 

蒸し羊羹自体は超甘さ控えめなこし餡で、むっちりした外郎(ういろう)とお餅の中間のような歯ごたえ、質感。普通の練り羊羹とはまったく感じが違う。もちもち噛み締めるとじんわり旨い。しかし、何よりもこの栗のウマさといったら! 
 
それほど柔らかくは煮ておらず、栗のホクホク感が残るほどで、蜜も使っているようなのだが甘さは極々控えめ、自然な栗のウマさが怒涛のガブリ寄りを見せる逸品だ。いやー、暫し大人四人が無口になるほどのウマさ。¥1890がまったく高く思えなくなるほどですな。smile
 
5_3 一緒に買った生菓子も可愛らしく、とても上品な甘さ。
 
が、ここはやっぱ張りこんで羊羹の方を一棹買っておけばよかったかなー!と暫し反省。まだ2ヶ月は購入期間あり。今シーズンあと何本かお目にかかりたいですな。
 
貴方が栗好きなら本当にお薦めですよ〜。4日ほどしか日持ちしないので要注意だが、確実入手を望むなら、予約TEL必須! 


 
■和菓子 廣井堂
所在地:大阪府大阪市西区新町1-17-8
営業時間:8:30〜19:00 日祝休
TEL:06-6531-1610