フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2006年3月 | メイン | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月29日 (土)

【ポタリング日誌】大阪-京都日帰りコース

待ちに待った黄金週間。
が、中国からの黄砂のせいなのか天気は今一歯切れの良くない雲行きだ。GW1日目は、ダイエットも兼ねて近場でポタリング、と決めていたのでとりあえず淀川方面に行くか!とチャリチャリ。
 
 

9:30、珍しく早めに大東市自宅出発。
曇っているのでぽかぽかまでは行かないが、特に寒くはない。
bicycle
いつものように鶴見にあるブロッサムあたりで中環に出る。門真→大日と順調に北上。
bicycle
淀川の自転車道着10:10と順調。ロードレーサーに乗った本格派自転車乗りがとても多い。ウチラはマイペースでとろとろと。
あちこちからバーベキューの良い香りが漂ってくる。smile
bicycle
寝屋川、枚方と淀川上流に。向かい風が結構強くトロトロ進む。枚方大橋着11:00チョイ前。
bicycle
樟葉近くになると、土手にたくさんの菜の花が。虫を取るためにぐんぐん低空飛行するツバメを追いかけつつ更に上流に。
bicycle
とてもお腹が減ってきたので、早めにご飯!くずはモールに。
なんちゃらという中華屋さんで普通に旨い酸辛湯麺などを食す。
食後、色々とお店を冷やかしていると2Fに京都のイノダコーヒーの支店があるのを発見。
既に25kmほど走ってきたので甘いものでも食べるか!と定番のレモンケーキを頂き至福のひと時。
bicycle
元気が復活したのでとりあえず京都に足を踏み入れるか!と更に上流の岩清水八幡宮を目指す。
京阪八幡市駅前にチャリを停めて、ケーブルカーで男山山頂に行き、お参りを。
大阪よりも多少気温が低いためなのか、八重桜が満開。茶店があったのでちょっと休憩。あたたかい甘酒を頂いてポカポカと。
bicycle
天気が怪しくなってきたので、マッハで嫁の寝屋川の実家を目指して出発。
それほど強くないが小雨がぱらっと。酷い降りにならないうちに嫁実家に到着。助かった!
嫁、会社宴会用の仕込みに浴衣セットを持ち帰る事に。
(なんでも、マツケンサンバを踊るらしいshockshock
bicycle
小一時間世間話をして大東自宅に帰宅。結局お天気は持ってくれました。途中、リアタイヤのスポークが一本折れているのに気づいたのでかなりヒヤヒヤでしたが、なんとか帰りついた17:30。
はー、しんど。が、なかなか楽しかったです。smilesmile

 
 
 
■本日の走行距離:60.73km
■本日の平均速度:15.6km/h
 
帰ってから近所の自転車屋に駆け込んだが部品が無く、このGWはチャリ活動はお預けに。shock 多分、明日は何もせず、一日だらーっとしそうな予感。(どうせ、体も動きませんが。。。。。。。shock
 
で、本日の写真はくずは周辺の菜の花です。そばに行くと濃い春の香りが。(が、あまり良い香りとは言えませんなsweat01
Loddbqth

お米ギャラリー梅田を覗きに

水曜ネタ。こちらにランチに行くために、梅田までチャリチャリとおでかけ。少し早めに着いたのでヨドバシを冷やかしていると、「会社のTさんに教えてもらったスポットが近くにあるから行こう!」と嫁。
 
Gf3fmawp で、着いたのが梅田ヨドバシと道路を挟んだ東側にある「お米ギャラリー梅田」なり。
 
お米の消費拡大のためにJAがやっているお米のショールーム。Tさん情報によると、ご飯が美味しくいただけるレシピのカードが色々置いてあり、無料で貰えるので良いよ!とのこと。詳しい情報はこちらのHPをご覧ください。(結構凝っていて感心。こちらにお米やおかずのレシピが色々あります)
 
もともと心斎橋にあったそうなのだが、2年ほど前に梅田に移転して来たとのこと。元の心斎橋の場所はAPPLEストアになっている。そういう一等地なので賃貸料も大変だ。shock
 
それほど大きな箱ではないが、お米を使った色々な食品や土鍋やお茶碗などお米に関するグッズ販売コーナー、お米レシピやお米に関することをパソコンで勉強したりするコーナーなどなど、結構楽しめる作りになっている。
 
ギャラリーには「ごはん亭」なるおにぎりなど米食をメインにしたカフェテリアが併設されている。黒米を使ったものなど色々なおにぎりやカレー、お米を使ったデザートがあり、なかなかお安いしウマそうだ。メニューはこちら。 丁度お昼時で近所のビジネスマン諸氏のランチ場所になっていて、結構席が埋まっていた。
 
Zdrrh6b9 で、嫁がやってきた主目的、レシピカードを頂いていく。大きさはシステム手帳の聖書サイズ(95×170mm)で50種類以上はありそうな感じだ。
 
平日のお昼時なのに我々以外にも結構若い女性のお客さんが来ていて同じようにレシピを貰っていく。簡単に綴じるためのリングも無料でくれるのだが、¥240でカード専用フォルダも販売している手回しの良さだ。
 
9qxfld7lカードを一通り頂いて嫁も「お弁当レシピのネタが増えた〜」と大満足。
 
お土産には写真のお米ギャラリーキャラクター「ごはんぢゃワン」shockのイラストが入ったまな板シート(¥200なり)を購入。このキャラクター、なんというか発想の大元はアンパンマンと近いところにあるのかもしれませんな〜。
 
なかなか楽しめるスポットでした。お料理好きなら梅田で時間つぶしのネタにぜひ。smile

2006年4月28日 (金)

ビストロ・ド・ヨシモトでランチ(2)@中津

珍しく平日ネタ。8日間連続出勤明けの嫁と休みをシンクロさせて、チャリでどこかにランチを食べに行こうか〜という作戦。平日のお昼のランチ、という我々はほとんど経験したことの無い時間帯だ。
 
Rrtsdtg4 この機会にしか行けないマニアックなお店は無いかと考えるが木津市場のカレーうどんしか思い付かずsweat01。(ま、その程度の記憶力。。shock) 暫し考えて前、ディナーが気に入った中津のビストロ、Yoshimotoに当日予約を入れ席を確保。
 
もうかなり予約が難しくなっている、という話だったのでラッキーかも!と、ほくそえみつつお店に。smile 前回記事はこちら。
 
12:00チョイ前にお店に到着。前はカウンター席だったのだが今回はテーブル席。2人テーブル8席で妙に天井の低い秘密基地めいた小さな部屋。既に先客は2組で、30分ほどでカウンターも含めて満席に。男性客は俺を含め2人だけでマダムの集会場状態だ。sweat01

メニューを暫し検討し、前菜と肉メニューが3種から選べ、主菜に魚も付いてくる¥2500のを頂くことに。
 
9jo9jvwo
左が俺チョイス、鯵のカルパッチョ。ビネガー、それにダイコンおろしに和えられて登場。上にU型に切られた野菜が乗っかっていてナンだろうと思ったらウリだとのこと。変わった組み合わせですな。しかし特に違和感もなくまろやかでウマウマ。
右が嫁チョイスで、初鰹の炙りマリネ、サラダ仕立て。これも酸味がやわらかで美味しいですな〜。Yy4clbnf
パンは吹田の名パン屋、シュクレクール製。お昼はバゲットのようだ。小麦の香り濃厚!で、ビストロでこんなん出てくるのは反則のようなウマさだ。幸せ。(追加もお願いできるぞ!)
本日の魚料理は舌平目のムニエル。しかしビストロっぽくない材料チョイスですな。
あわ立てたカプチーノ風超軽いクリームソース。平目も表面がパリッと仕上がっていてソースと良く合いとても旨い。heart
更に驚くのが、ただのムニエルじゃなくエビのすり身でつくったムースを挟みこんで焼いてあること。仕事丁寧ですな〜、と大感心。
 
Swridh3o
で左が俺チョイスの白金豚のロースト。塩コショウのみでばっとオーブン焼きしました、みたいな感じ。付け合わせに自家製?かレバーソーセージ。ボリューム相当あり。ソースも結構しっかりしたビターな味付けで旨い。女性的な繊細な料理が多い中、やや男向けの皿、という感じ。
 
嫁チョイスはコクレ(ひな鳥)のロティ。皮パリパリで、むちゃ香ばしく、中はシットリでウマー! たまたま鳥料理を久々に食った嫁。相当気にいったらしく一生懸命頂く。smile 付けあわせのアピオス(ちっこいジャガイモみたいなの)がホクホクしてウマウマ。これは1コだけじゃなく、もうちょっと欲しいかな。
 
B2t_vetj で、デザートがどどんと登場。フランボアーズとヨーグルトのジェラート、キウイのタルト、紅茶のクリームブリュレ。相変わらず盛りが良いですなぁ。おとなりの¥1400のデザートもお値段以上に盛りが良かったけれど、この¥2500メニューのデザートも凄い。量はあるけれど酸味や甘みのバランスが良く、サラッと胃袋に治まってしまいますなshock
 
お昼を頂いてから、チャリで梅田周辺を散策をしてお茶でもしようかと考えていたけれど、このデザートを食べちゃったので、流石に何も食べる気が起こらず素直に帰る事にしました。〆に珈琲を頂いて、はー、適度に満腹、胃にももたれない軽やかで健康的なフレンチです。smile

2006年4月24日 (月)

再び、中華の一碗水(2)@中央区

先週月曜日の有給休暇から8日間連続出勤に突入したウチの嫁。先週末は、久々に京都でけっこうな散在。今週は地味に自宅でご飯〜、と思ったのだが、8日間連続ともなると流石に体力的に大変そう。忙中食アリ、な我が家としては土曜夜は中華でパワー充填!と言う事に。smile
 
で、先月行ってとても満足したカウンター中華のお店「一碗水」に前日予約を入れたら席が取れた。土曜日は朝から小雨が降ったり止んだりのいやな天気なのだが、旨い中華が待っていると思うと駅からの足取りも軽くなりますな。場所情報は前回記事を参照ください。
 
17:00店着。カウンター12席で空きが5席。調理や接待、それに鍋洗いまでお若いシェフがたった一人でこなしているので時間差を付けて客を入れているようだ。
月替わりの季節感のあるアラカルトメニューがこのお店の売り。うーん、と相当悩み注文する。
 
Meiagzrn 今回は嫁の希望でとりあえずビールから。前菜1皿目、タコの香菜青唐辛子ソースは¥680。
 
ほんのり軽めに茹でられたほぼ生ダコ、それに香菜の香りと青唐辛子のフレッシュなピリカラ感のある塩ソースがかかったもの。香菜の独特の青臭さがタコとこんなに合うなんて!と目からウロコの一品。今日はスタートから絶好調!な感じ。
 
これも前菜。筍の干しエビ、ザーサイ炒めで¥980なり。茹でて甘醤油系の下味を付けたほっこりとした筍、それを干しエビとザーサイのみじん切りと合わせてざざっと油いためしたもの。(まんまな説明ですなshock
いやー、単純な料理だが旨い。家でも試してみたくなりますな。
 
_jqzvyxu ミル貝の湯びき、香味醤油ソースかけで、¥1280。前回ミル貝の炒め物がむちゃウマかったので再度似たメニューを注文。
 
ミル貝にミョウガ、生姜、白ネギの千切りがタップリ。それに香味醤油ソースがたっぷりと。香油1、醤油1、それにスープ1、ぐらいのかなり塩分高めの醤油ソースなのだが、激烈に香ばしく旨い。ソースだけをレンゲでゴクゴクと頂いてしまうウマさ。とりあえず前回と同じ、甕出し紹興加米酒(8年物)のデキャンタ¥1500に切り替え、ニコニコと頂く。
 
お次が皮付き豚バラ肉のスモーク 蓮の葉包み蒸し。ハスの葉の独特な香りが食欲をそそる〜。豚肉はもうホロホロのプルプル、箸で簡単に切れる柔らかさ。これが¥1200とはお安いですな〜。smile
 Jpl2sgxj
黒メバルとあさりのスープ仕立てで¥1680。サイズ予想付きますかね? 写真の丼はチャーシュー麺大盛り用ぐらいの感じ。
 
アサリが入った生姜とネギの香り高い塩味系スープでメバル丸々一匹をさっとゆがいたスープ。メバルはほろッと身離れも良くボリュームも相当あり。とてもアッサリと上品なお味で旨い。smile こういうのは台湾料理になるのですかね。
 
で、まだ少し入りそうだと追加注文。前回も食べてとても気に行った黒酢で仕上げた豚肉だけの酢豚(¥880 写真は前回記事参照)を頂く。文句なしウマー!
 
仕上げはホタルイカの合え麺 魚醤風味で確か¥1000なり。香ばしい油、それにちょっと癖のある魚醤が入ったタレをまとった中華麺。油そば、みたいな感じだがもっとサラッと軽やか。それに茹でホタルイカが予想以上に合う。いやー、これも美味しいや。流石にお腹一杯になりました。
 
 
ふー!食った食った!と大満足で、支払いは¥9700なり。
色んなメニューに香菜が良く使われているので、苦手な方も居られるかもしれませんが、シェフのセンスあふれる丁寧で美味しいメニュー多数。メニューが毎月変わるので、また来月も覗きに行きたくなる良きお店ですな。大推薦〜!

2006年4月23日 (日)

京菓子資料館@京都市上京区

先週の京都行きネタ。もう相当記憶が怪しくなっているので、このネタで先週の京都ネタは打ち止めにします。sweat01
 
千疋屋でお昼を食べてから「ちょっと甘い物が食べたいよねぇ」と言う事に。久々に和菓子が良いなとMAPを広げてみると西陣から1kmほど東、京都御所の北西あたりに、俵屋吉富の烏丸店に隣接して「京菓子資料館」があるらしい。
 
Miriz03r そこにはお呈茶席があって、生菓子とお抹茶を¥500で頂けるとのこと。場所はこのあたりだが、我々の場合、京都でもあまり近寄らない地域で、チャリでやってきているこの機会に行こう!ということに。
 
千疋屋から10分もかからずチャリチャリと到着。なかなかモダンな和風建築。思ったよりも豪華な箱ですな。お昼の13:00と中途半端な時間帯。中に入ると客は我々だけだった。ほのかに香が香る、しんと静まった空間。1Fの受付で資料館は2階であることを教えてもらう。
 
Sm80b4re 階段を上がるととてもゴージャスだが、ちょっと季節外れな活け花?が。近寄って説明書きを見てみると「糖芸菓子」という砂糖で作られたお菓子とのこと。主におめでたい席を飾るために作られるもののようだ
 
花びらの一枚一枚、葉っぱの葉脈までも表現しているマニアックなまでの造形。花びらは平面ではなくほわんとつぼみから開いたような柔らかな曲面で表現されている。いや〜大したモノですな。大感心。
 
巨大な牡丹の花もあり、見ごたえ十分。展示されているもの以外にも凄いものがあるようです。写真はこちらでどうぞ。お菓子の歴史や落雁の木型などいろいろと展示があり結構楽しめます。
 
G0np0_xh 1階に降りると、お呈茶室「祥雲軒」がある。受付でお願いすると4種の京生菓子から1つ選んで、お抹茶を頂けるのだ。
 
俺は俵屋吉富と言えば大定番の雲龍(写真上)を。村雨で小倉餡を巻いたものだが甘さ控えめでとても美味しい。俵屋吉富のホームページを見ると「水加減火加減に心血を注ぎ、むっくりした味に仕上げます」と書いてある。
うーん、むっくり。思わず茶色の毛だらけの生き物を想像しちゃいますがshock、イメージは解る様な気もしますな。
 
嫁は桜と若草色の2色のきんとん。とても春らしい透明感のある色合い。中は小倉餡。 お抹茶とともに頂くと、日本人で良かったなぁ、と自然にほんわりできますな。
 
お近くに行く機会がありましたら覗きに行っても損は無い、良き観光スポット。 隣接した俵屋吉富でお土産も購入可能です。お土産で買ってきた「花のもち」もなかなかおいしゅうございました。smile
 
 

◆京菓子資料館
所在地:京都市上京区烏丸通り上立売上ル
営業時間: 10:00〜17:00 水休
TEL: 075-432-3101