フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2005年12月 | メイン | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月31日 (火)

ふなこし珈琲店@京橋

※残念ながら閉店されました。

日曜日、Aのテーブルでお昼を食べてから此花区にあるお気に入りスパ銭、上方温泉一休に。ウチの日曜日のゴールデンパターンで、ダラダラ〜まったり。
 
1時間半ほどノンビリ温泉に浸り、帰りがてら京橋に買い物のために移動。一休のスチームサウナでたっぷり汗をかいたのでなにか飲み物が欲しいよなぁ、と言う事に。
そういえば、mixiで推薦されていた喫茶店がダイエーにあるんだったなぁと思い出す。
たしか「ここがダイエーの3Fとはとても思えない異空間」とか書いてあったような、なかったような。(雑な記憶sweat01

7bparv_w 恥ずかしながら京橋ダイエーもウン十年以上利用させて貰っているのだが過去、行った事がなかったのだ。ダイエーPAに車を停め、3階に。
 
隠れた中華料理の名店、大北京のそばにいくとひっそり佇むようにありました、ふなこし珈琲店。うおー、確かにここだけ異空間ですなぁ。初めて入る時はちょっとだけ勇気が必要な感じ。
 
で、お店の中に。ふわんと漂う旨そうな珈琲の香り。10席以上ありそうな長いカウンター席が奥に向かって延びていて、一番奥にテーブル席が2つ。ウッディな民芸調の落ち着いた作り。高級そうなコーヒーカップが沢山壁際の棚に並べられていて、マスターがお客さんのキャラクターにあったカップでお茶を出してくれるようなそんなお店。古風な如何にも喫茶店、という雰囲気でむちゃ時代を感じますな〜。smile
 
カウンター内は物腰の柔らかそうなマスターがお一人。先客は3組、お喋りのボリュームも高からず低からずで、まったり午後の珈琲タイム、というところ。店内に入るだけで、この店の珈琲が美味しいな、と直感してしまう雰囲気。
 
8bgtbppr いつもは紅茶党の嫁も一緒に珈琲を注文。それにチーズケーキを1つ。
 
注文毎に1人前の豆を挽き、流れるような動作で繰り返される宗教儀式のように、ペーパードリップで美味しい珈琲を淹れてくれる。ふわーっと店内に珈琲の香りが。
 
最近、イタリアン系の圧力抽出された珈琲ばかり飲んでいる(か、インスタントsweat01)ので、上手にペーパードリップで淹れた珈琲を飲むと感動を覚えますな。大阪風の超濃厚タイプではなく、とても柔らかな口当たりで大変美味しい。肩の力がふーっと抜ける瞬間。美味しいお茶を飲みながら、小一時間ぼそぼそと世間話でもしていたい、そんな感じのお店です。
 
珈琲、紅茶は¥600、チーズケーキは¥400なり。京橋という立地を考えればちょっと高いけれど、十二分にその価値はあるお店だと思いますな。暫くは京橋でのんびりお茶したい、と言えばココに行きそうな気がします。smile
 
帰ってきてから、記事にするためにググっていると、茜屋珈琲店、なる愛あるblogを発見。神戸発祥のこのお店がふなこし珈琲店の本店になるようです。読み物として、とても楽しめましたので推薦。smile
 

◆ふなこし珈琲店
所在地:大阪市都島区片町2−3−51 ダイエー京橋店3F
営業時間:11:00〜21:00 第3水休(7・12月無休)
TEL:06-6357-2754
最寄駅:各線京橋駅

2006年1月30日 (月)

Aのテーブル@靱公園

靱公園周辺のランチ情報といえばうつほ日記。いつもお世話になっております。smile
で、そちらで見かけて気になっていたレストラン「Aのテーブル」に日曜日のまったりランチに向かう。しかし靱公園周辺は日曜日にちゃんとランチが頂けるお店がずいぶんと増えて、休日しか近寄れない人間としては嬉しい限りですなsmile
 
近所のコインパーキングに車を停め、まず靱公園に向かう。上空でヘリコプターが長い時間ホバリングしているので、ナンだろう?と考えていたら今日は大阪国際女子マラソンだったのだ。靱公園はポカポカと小春日和で、犬を散歩させる人や芝生で遊ばせる人でちょっとしたペット博覧会状態。平和そのものの風景。
 
47a7frnb 公園の北側にAのテーブルはある。
コンクリート打ちっぱなし、全面ガラス張りの明るくなかなか気持ちの良い空間。オーストラリア産の食材にこだわったカジュアルフレンチ、みたいなコンセプトのお店です。
 
12:30ごろだったが7割ぐらいの入り。1Fはカウンターが6席、2人掛けテーブルが3、4人掛けテーブルが2というところだが、2Fにも席があるようで後で予約で入ってきたお客さんは2Fに案内されていた。トイレが2Fにあるので覗きにいった嫁によると、そちらもテーブルが5ほどあるらしい。
 
日曜日のAランチは¥1200。パンにスープ、サラダに本日の皿3種類からチョイス、それに食後のお茶が付いてくる。本日のデザートを付けると+¥300だというので付けて貰うことに。 
 
060130a1

スープはカボチャのポタージュ。なぜか松の実入り。スープがちゃんと熱くて良し。パンが変わってますなぁ。フォカッチャのような感じなのだが表面はガリリと、中はふんわりと。オーブントースターでしっかり炙られて熱々なのが出てくる。これ気にいった!
グリーンサラダの上にはさつま芋から作った長ーいチップスが添えてある。きちんと量があり普通に旨い。

060130a2

で、メインの皿が。嫁が鮮魚のソテー、バジルソース。今日のお魚は鱈。「野菜がタップリで嬉しいね」と嫁。魚の下には柔らかくスープで煮込まれた白菜やキャベツに玉葱、茹でブロッコリーがごろんごろん。それにマッシュポテトが添えられている。意外性は無いけれど、健康的にしみじみ美味しいですな。
 
俺のは茶美豚ロースの香草パン粉焼。思ったよりボリュームアリ。これもコンソメのような甘みのあるスープでやわやわになるまで煮込まれた白菜がたっぷり添えられている。これがウマー! 見た目はまったく美しくないけれどsweat01、お味の方はなかなか気に入りました。

060130a3
 
で、デザートは赤ワインのゼリーとカシス?のシャーベット。オレンジたっぷりで結構量あり。
ジャーベットがむちゃ酸っぱく、ゼリーと一緒に食べると目が覚める感じ。これも凄く健康的なデザート。
 
食後の珈琲は、セガフレード・ザネッティの分厚いカップで出てくる。大阪で見かけたことなかったのですがちょっと新鮮。お味もちょっとひねたクセがある感じだけれど、結構イケる。
 
と、お値段以上のお得感。次々にお客が入れ替わりたち変わりやってくる思った以上の人気店でした。ほんま良い天気の日曜日のランチにはとても良い感じ。が、オーストラリア産の食材を駆使するという夜にもいってみたいと思いました。smile
 

◆ナチュラルダイニング Aのテーブル
所在地:大阪市西区京町堀1丁目17-7-1A
営業時間:11:30〜14:30 18:00〜23:00(LO22:00)月休
TEL:06-6445-6008
最寄駅:地下鉄肥後橋駅
 
嫁情報によると、とてもトイレが気持ち良く「私はああいうのは維持管理できないわ〜」とのこと。ぜひ行って確認してみてください。smile

2006年1月29日 (日)

PANCOTEI@福島区

土曜日の晩ごはんネタ。久々にネタの貯金ができた週末。smile MEMOなどしないので既に記憶がやばくなってきていますsweat01 早めにご報告を。
 
久々に、嫁も休みになった土曜日の朝10:00。
いつものように何処かに晩ごはんを食べに行こう!と懸案ノートsweat01に書いてある当日予約できそうなご飯処に電話しまくるが、次々と見事にふられまくる。7件目にしてようやく席が取れたのが福島区にある、お洒落で女性に人気の創作串揚げ屋「PANCO-TEI」(ぱんこてい)。
とても丁寧な電話応対で、17:30から1時間30分制限と言われて、はいはいそれでもOKですよ〜と予約を。
 
Ghavhbtr で、お昼前から自宅を出て、こちらでお昼を食べたり、梅田のお店を色々と冷やかしたり、梅田阪急の催事を覗きに行ったりして楽しんだ後、福島聖天通商店街に向かう。
お店はこじんまりした商店街の中ほどにある。とても串カツ屋には見えないお洒落なカフェかなにかのような外観だ。
 
時間ぴったりに到着。予約してあることを告げる。奥に長ーいお店で、奥に向かって30席は楽にありそうなカウンター席があり、一番奥に4人掛けのテーブルが2。
 

カウンター席の後が大きなクローゼットで荷物がタップリ置ける。コート等が嵩張るこの季節、衣装が油臭くならないのは女性向けの気配りですな。smile
 
コースは、串カツ屋らしくお任せで適当に食べてストップをかける方式に、お任せで12串に〆のお茶漬けやデザートが付くコースが¥2800。後で追加もできるし、そんなに食べないし〜と¥2800のコースをお願いする。ワインメニューも大変充実しているのだが、今日は生ビールとグラスワインで軽めに。
 

060128pancotei1

丁度天ぷら鍋の前の席になったので、あー、こうして揚げるんだなあ、と良く見えて楽しいですな。smile
  
一本目が車海老で頭は落としてあるが、足は付けてあってパリパリ、ぷりぷりと美味しい。ソースはマスタード入りのトンカツソース風なもの、出し醤油、沖縄の島マースのような超微細粉の塩、それにレモン。あれを付けろこれを付けろと串が出てくるたびに教えてくれる。
 
創作料理風な凝った串が色々とある。写真右側は貝柱に洋ナシ、それに黒トリュフが入ったマヨネーズ。上にランプフィッシュのキャビア。へーぇ、と感嘆するしかない組み合わせですなsweat01sweat01
 
060128pancotei2

右手はお餅にカラスミと海苔。左手が甘エビをスモークサーモンで巻いてあり、セロリのピューレが入っているもの。とにかく、「へーぇ」な感じ。
フォアグラとか黒トリュフとか高級食材を使っているという串も色々出てくるのだが、ま、そこはお値段なり。しかし、どれもそれなりにウマく感心しました。

060128pancotei3

途中で、見た目がほぼ同じものばかりなので、写真を撮ってもなにやら判らないなぁ、と確信し食べるのに専念shock 左手が鮭といくら。ソースが変わっていてマヨネーズと酒粕を合わせたもの。これも「ほーぉ」と言う感じ。
 
右手が後で追加注文したアスパラベーコン巻き¥350。とろけるチーズも巻いてあって無茶気に行った! 奥が大葉のつくねだんご¥200。つくねを大葉でくるみ、上に大葉とパセリみじん切りを大量に降りかけている。これもウマー。smile
 

060128pancotei4

始めに別料金だが名物のシャトーブリアン(牛フィレ肉ですな)¥400を注文しておけ!というので追加したのだが、俺はアスパラの方を推薦します。
で、〆に出汁茶漬けをさらさらと。付いてきたタクアンが異常にウマかったりするので油断ならないお店ですな。デザートはキナコのシャーベットであっさり口なおし。はー、食った食った。smile
 
久々にしっかり油モノを頂きましたが、最後まで飽きなく頂けました。揚げ油はオランダ産のラードだと、どこぞのHPに書いてあったのですが、サラリとして香りも良く美味しかったです。
 
劇ウマ〜とか力を入れるような感じじゃなく、少人数でお洒落に串でワインでも飲もうよ!と言う感じ。結構遅くまでやっているし、駅にも近く、なかなか使える良きお店ですな。で、生ビー2、ワイン1で支払いは1万を少々割りました。smile
 

◆PANCOTEI
所在地:大阪市福島区鷺州2-7-14福島聖天通商店街内
営業時間:17:30〜23:00(LO22:30)日・祝・第二月曜休
TEL:06-6455-3423
最寄駅:JR大阪環状線福島駅、JR東西線新福島駅

梅田阪急で加賀百万石の美味を

今日は、久々に嫁と休みが重なった土曜日。じゃ、ご飯食べも絡めてぇの、どこかにでかけましょうか、と計画。
 
調べてみると梅田阪急で「加賀百万石の美味と美技」なる毎年恒例の催事があることが分かる。ちょうど、前買った棒茶が無くなったところだったので買いに寄ろうか、ついでに何かお茶にマッチする甘い物でも買おうかということに。(ま、甘い物がメインになるわけですが。。。)
 
JR大阪天満宮から、天神橋筋を北上し天満駅周辺でお昼を食べて、中崎町商店街を抜け梅田まで散歩。意外に近いし、見るものも多いのでなかなか良い散歩コースだなぁ、と自画自賛。sweat01 1時間ほどで梅田阪急に到着。
 
Kzzpal01 14:00ごろだったが、催事場は大混雑。あちこちのブースを冷やかすが、色々ウマそうなものがあり目移り。。。そういえば、加賀のことならえいみ.cさんのblogで予習しておくんだったなぁ、と反省。shock
 
で、実演販売で甘い物追求魂sweat01を射抜かれたのが、柴舟小出なる和菓子屋さんのお菓子、ふくさ。
 
ま、餡巻きの一種なのだが、餡を包む皮が変わっていますなぁ。材料自体はドラ焼きとほぼ同じ。が、小麦粉に抹茶で緑色に色付けしていること、それに片面だけを焼いて皮にわざとたっぷり気泡を付けて、気泡の面を外側にしてアンコを巻いてあるのが特徴ですな。
 
職人さんが手早く、皮を焼いたり、アンコを詰めたりする作業を見て「あーこれウマそう!」と速攻で4個購入の¥525なり。お値段もお手ごろで良いですな。smile
 
Q1mejyqv で、棒茶はその隣で売っていたいづみ屋なるお茶屋さんの「加賀の香り 棒ほうじ茶」を試飲させていただいて購入。100gで¥1050と今まで飲んでいたこれより幾分かお安い。
 
とても口達者な販売員のおばさんに「これ、口に入れてみてください。良いほうじ茶は食べられるんですよ」と教えてもらった。たしかに口に入れるとすごく香ばしく、噛むとポロポロと崩れる感じで繊維が口に残らない。へー!と感心。
 
で、晩ごはんを食べて帰ってきてから、早速お茶菓子にふくさと棒茶を頂いてみる事に。
 
6bj1kt6d ふくさはもこっとした、何これ?みたいな外観。お風呂で使うスポンジのようにも見える。
が、皮はむちむちとした食感で、柔らかめで甘さしっかり目の餡とよく合っていますなぁ。見た目は全然違うのに目をつぶって食べてみるとドラ焼きと同じ傾向ですな。
 
お茶も香ばしく、また暫く楽しめそうです。なかなか良い買い物が出来ました。 阪急の催事は、1月31日(火)までだそうです。よろしかったらぜひ。smile

2006年1月28日 (土)

三ツ島 更科でウチの風邪薬を。。。

今年の風邪は、馬鹿でもひくようだ。shockshock
 
4日ぶりのご無沙汰です。火曜日夜から鼻がぐずぐずと言い出して、水曜日朝にはノックダウン。久々に会社を休ませてもらい、1日ぐっすり寝ました。ようやく概ね復活。インフルエンザではなかったようで一安心。皆さんもご自愛くださいね。
 
だるかった一週間も終わり、ようやく週末。
金曜夜は、風邪菌を追い払うために熱々のうどんをはふはふずるずるずるーと啜りこんで汗をだらだらかいて、そのまま近所のサウナで更にたっぷり汗をかいてから、帰ってきてぐっすり寝ちゃおう!という作戦を実行。
 
Plyfsufp で、向かった先が、近所のお気に入り饂飩屋の更科。うどんでホカホカと言えばカレーうどんだ!と、この店でも特にガッツ感溢れるメニュー、俺がボリュームたっぷりなカツカレーうどん¥970を、嫁が温泉卵で辛さマイルドな、ちく天温玉カレーうどん¥850をチョイス。
 
麺も盛り良し、ダシもタップリ。更にご飯小が付いてくるので、本当にボリューム満点。
はふはふと鼻の辺りを緩ませつつ頂きます! 食べるにしたがい小鼻の周囲に汗が浮いてくるのも構わずにずるずると。はー、ウマ〜。
 
 
この、風邪退治にうどんを食べる、という風習の歴史は相当古く、先日見たテレビによると、明治時代、「あつあつのうどんと共に飲む風邪薬」が大阪のうどん屋さんで販売されていたそうだ。本当にナイスアイデアですな。smile
 
薬事法の関係で今では風邪薬をうどん屋で取り扱うことはできないそうなのだが、うどん屋で風邪に利く健康ドリンクを出すと売れるかもしれませんなぁ。
 
 
(さらに余談)このお店では、およそ半数の客が注文するという変り種のカレーうどん「つるたま」が大人気。カレーうどんに山芋とろろ!と卵。香辛料を利かせたダシがかなりマイルドになり、なかなかイケますぜ〜。smile