フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

■イタリアン 2005年以前 Feed

2005年11月28日 (月)

ソラメンテでランチを(2)@八戸ノ里

土曜日のポタリングネタ。
今週末はもう半年ほど前から行こう行こうと考えていた司馬遼太郎記念館に行ってみる事に。
で、我々のいつもの行動パターンで言うと、その近所になんぞウマいものが食えるところが無いかをサーチすることになるのだ。sweat01sweat01
 
Cczdpbwl で、色々調べてこちらでヒットしたビストロに¥1000ランチを食べに行ってみたら12:10で既に満席。いやー甘くみておりました、また出なおしますsweat01、しかたなく、次も満席だったらお好み焼か?と向かった先はソラメンテ。前回も大変美味しかったので先ほど振られたことはすっかり忘れてsweat01、ウキウキと移動。場所情報はこちらの前回記事に。smile
 
店を覗いてみると、先客は上品そうな女性カップル2組だけで席確保。チャリで走り回る予定なのでやや軽めにということで、嫁がパスタランチ¥1500、俺がメインランチ¥1600をチョイス。どちらもしっかりサラダにパン、デザート、ドリンクが付く。 
 
本日のパスタは、小エビとフランス産茸のビアンコ、ショートパスタで和牛赤ワイン煮込みソースの2種。ショートパスタが大小色々面白い形のものが混ざったもので、嫁はショートパスタを。俺の方のメインの皿は、黒豚ロースの香草焼きだ。
 
Mwehbnmc で、まずサラダ。蟹肉と鰯の酢漬けにロブスターサラダ、それにしっかりとした量の野菜が嬉しい。おまけでは無くちゃんと一品として成立してます。ロブスターサラダにはとびっこなどの魚の卵が合わせてあってプチプチと食感も楽しい。シェフ、なかなかやりよるなー、と感心。smile
 
パンはテニスボールほどあるブール。オリーブオイルで頂く。どういう方法で加熱をしているのかぱくっと割ると、モワっと大量の湯気が。クラストザクザク、中はほわっとでウマいパンだ。
 
で、嫁のショートパスタが。牛肉は赤ワインでほろほろに煮込まれ繊維までほぐれててウマウマ。椎茸とえのき茸!が歯ごたえのアクセント。タップリのチーズと合って無茶うんまーい。
 
お次、俺の香草焼が。香草はローズマリー。黒いソースはまったりと甘くてプルーンとみた。が、なんというか洋食屋で食べるポークステーキのように懐かしい味。それにご飯がほしい感じsweat01sweat01 
 
味付けは洋なんだけど、付けあわせが焼き里芋にインゲン、金時人参のグラッセと和の食材。いつもながら面白い組み合わせですな。smile
 
Ioze_idc 食事が終わってデザートが。前回はかなり素朴かつヘルシー系なデザートが出てきたのであまり期待していなかったのだが、今回のはウマかった。
 
ジェラートはもの凄く濃厚なカボチャ味。カボチャよりカボチャらしい感じだ。それにレンズ豆で作ったアンコ風なモノが添えられている。この甘さ控えめのレンズ豆アンコがジャラートにピタリ!とハマる感じ。いやー良いですsmilesmile 
 
やっぱ、デザートが良いと、全体の印象がぐっと良くなるよなぁ、と今更ながらデザートの重要性を再認識。食材の組み合わせも面白いし、良いお店ですな。今度こそ夜、覗きにいってきます!smilesmile

2005年10月27日 (木)

トラットリア パッパでお誕生会

今日は月曜日の嫁ネタ。
嫁の同僚2人のお誕生月が10月。誕生会を企画するのでどこが良いか?と質問されたので、それなら新町のパッパへ行っときなよ、と推薦。カメラを渡しておいたのだ。
 
パッパは今、魚を食べるなら一番気に行っているイタリアン。前の行った記事はこちら俺はお呼ばれしなかったsweat01ので、嫁からのヒアリング結果をご報告。smile
 
Scjxxxasメニュー名、いつもにも増してええかげんです。sweat01sweat01
 
restaurant自家製アンチョビ
restaurant鮮魚のカルパッチョ盛り合わせ
   (さざえ、赤貝、鮪、鰹、ひらめ)
restaurant秋刀魚のパッパ風
 (秋刀魚のスモークに秋刀魚のワタのソースが。)
restaurantゴルゴンゾーラチーズの小芋グラタン
restaurantホタテ貝の野菜たっぷりのソテー
restaurantボルチーニ茸のキタッラ トマトソース
  (これウマいんよね〜)
restaurantお誕生会らしいデザート盛り合わせ。
紫芋のジェラート、チョコバナナのジェラート、クランベリーのシャーベット、無花果のタルト、ズッパイングレーゼ。

皿に書いてくれている文字は、イタリア語で「おめでとう」だそうです。smile メインだけちょっと横長写真なので、分けます。
 
Sn3rbig8甘鯛のロースト 牡蠣のホワイトソース。ぬー、おー、あー、コレは相当にうらまやしいかも。(あ、よだれsweat01
しかし、3人になると随分種類が食えてええなぁ。
 
一番ウマかったものは?と聞くとむちゃ悩んで、定番のカルパッチョやねぇ、とのこと。あと秋刀魚のスモーク、だそうな。(写真が手ぶれで失敗ですが)
 
キタッラ。1人前を3等分して持ってきてくれたらしいのですが、30cmぐらいの巨大な皿に1口大だけチョコン、と言う感じ。sweat01sweat01 ま、愛を感じるのでヨシとしましょう。
 
あいかわらず、サービス精神満点なお店で。安ワインをボトルで2(良く飲みますな)、珈琲2、エスプレッソ1で支払いは¥24000ちょい。
なかなかお得ですが、次は、俺も俺も!shockshockshock

2005年10月16日 (日)

トラットリア アミケッティ@本町

※閉店されました。
  
Uu6hyzxs 土曜日、かつ嫁お仕事の日。俺は自宅で洗濯など雑事を。秋の長雨なのか、昨晩から雨がふり続きうっとおしい天気。しかしまぁ、よく降る。rain
 
朝の打ち合わせsweat01で、晩ごはんは、第一希望沖縄料理、第二希望イタリアンということにしていて、当日予約が取れたのがずいぶん前から気になっていた本町のイタリアン、アミケッティ。大阪の地野菜とビオワインが売りのお店だ。

ぐるなびに10%OFFチケットがあり、お安くあがりそうなのでチョイス。smile 夕方も雨は止まず、どしゃ降り。ウチから駅まで徒歩20分shockなので、アルコールは諦めて車で出る事にした。予約していた19:00にお店に。外観は如何にも今風なイタリアン、と言う感じなのだが、中は変わった作りですなあ。
 
間口はそれほど大きくないのだが2つの部屋がくっ付いたような作りで結構キャパあり。手前がオープンキッチンのカフェ風で20席ほど、奥はぐっと可愛らしい感じでテーブルクロスが紅白のギンガムチェックsweat01。20席ほどあり、カーテンで仕切られている。今日は奥は使っていなかったが、手前はほぼ満席。

禁煙席の2人掛けテーブルに通される。(奥に喫煙席あり)しかし、お隣のテーブルとの間、かなり狭いっすねぇ。奥も使えば良いのに。
で、メニューを暫し検討。お腹が相当減っていたのでガッツリ行くぜ!とチョイス。いつものごとくメニュー名、とてもいいかげんです。shockshock
 
restaurantモッツアレラチーズとトマトのカプレーゼ
restaurant大阪地野菜のグリル
restaurantカカオ風味のフィットチーネ 長居春菊と魚のラグーソース
restaurant栗とゴルゴンゾーラのリゾット
restaurant小羊ロースト 加茂茄子と2種類のソース
 
3f2yuopg カプレーゼ、イタリアンのど定番ですが、バジルソースの塩加減が丁度良い。なかなか良い出だし、と言う感じ。(写真失敗sweat01
 
お次がこのお店の名物メニュー、地野菜のグリル。味付けはオリーブオイルに塩、レモンをぎゅぎゅっと絞ってどうぞ!と超シンプル。本日はしし唐に椎茸、ジャガイモに里芋、レンコンに南京、人参に何かの菜っ葉とテンコ盛り。これが¥1000。今日はコレを目当てに来ましたが、結構気に入りました。
 
Bflbfipi お次が、手打ちパスタ。カカオが入っている10mm幅ほどの手打ち麺。それに春菊の香りが合わさってなにやら薬っぽいような不思議な香りが。ソースは魚の身がたっぷりで、凄く旨みが乗っていてウマい。大推薦。

リゾットも、大阪地野菜が使われた日替わりメニュー。本日は栗とゴルゴンゾーラチーズが。(見た目、面白くないので写真無しsweat01
 
Ptplat5r お米にしっかり芯が残っていて好き嫌いありそう。ウチはリゾットのお米は硬いぐらいが好みなのですが、具の栗までゴリゴリと硬くて甘みが感じられないのは頂けないですな。味付けはチーズ押さえ目でアッサリと好きな傾向なので残念。
 
メインの小羊が。火の回り方も2種類のソース(トマトともう1つ。何かよく解らんがコクだらけの味。ウマい!)も好み。加茂茄子との相性もばっちり〜。 ニコニコと頂く。
 
Opnj0zmy あと少しだけ入りそうなのでデザートも食っとくか? でもあまり量が食えないなぁと「¥1000ぐらいで盛り合わせ出来ませんか?」と聞いてみてOK。出てきたのがこれ。 ジャラートじゃないや、なんて言ったかなぁ。ナッツとチョコが入ったアイス状のもの、それにティラミスと、リンゴとさつま芋のタルト。嬉しい〆になりました。smile
 
で、お支払いは発泡ミネラル×1、グラスビール×2、紅茶・珈琲各1で10%OFFしていただいて、1万円をわずかに割りました。ぬーんお得。
 
これ!という特徴のあるお店ではありませんが、どれもそれなりにハイレベル。地野菜のおかげで健康的なメニューが多く、長ーい間ぺちゃくちゃお喋りしていてもOK。10%OFFチケットを使えばsweat01更にお得感抜群。女性が好みそうなお店ですな〜。
 
 
◆トラットリア アミケッティ
所在地:大阪市西区西本町1-9-9
営業時間:11:30〜14:00 17:30〜21:30 日休
TEL:06-6531-6210 
 

2005年10月 2日 (日)

スフィーダでランチを@天三

434c_j8v 今日は、大阪市内で天然温泉に入れるという昨年暮れにできたスパ銭、長柄の「なにわの湯」に行くことに。
 
ウチの定番お出かけパターンでは、お風呂めぐりに行くときは美味しいランチをセットで、ということになっているのでsweat01久々にチョイスしたお店が、扇町にあるスフィーダ アル・チェントロ。大阪のイタリアン好きには説明不要の有名店。
 
実は出来たばかりに晩ごはんを食べに行った事があったのだが、本店のトラットリアと同じ感覚で機嫌よくパクパクと食べパカパカとワインを空けたら、ええっ!と思うほど支払いが。本店に3回ほど行けそう感じshockで、それ以来行ってなかったりする。sweat01sweat01 
 
が、こちらのfamaoさんのblogを読んでみると、ランチは随分とお得なようだ。とにかく大阪イタリアンをある意味代表しそうな店であることは間違いなさそう。それではお昼行ってみるか!ということに。日曜もランチをやっているのがありがたいですな。
 
当日10:00ぐらいにTEL、11:30からの席を押さえる。お店の斜め前がコインパーキング(20分¥100)なので、車で行くにも便利だ。11:30ぴったりに行くと日曜日というのにお店の前に行列あり。35,6席はありそうなのだが開店と共に5割強の席が埋まってしまい12:30には満席に。人気です。
 
Cdbvpvbmお店はシンプルでお洒落。中央にあるタイル張りの作りつけのテーブルが印象的な内装。客の平均年齢は意外に高めで40歳は軽く越えていそう。近所のファミリー、小学生2人連れも居るんですけどね。smile カウンターに通される。

お昼はプリフィックスのランチが¥1500。前菜系の皿が10種類くらい、パスタ、メインの皿が5種類ぐらいあって、それから2種類をチョイスする方式。パンにデザート、お茶も付いているので随分とお得ですな〜。 それに+¥500すると3種類チョイスできるというのでそれをチョイス。料理をシェアする場合はとりわけて持ってきてくれるので人数がいると色々試せますし、楽チン。
 
料理の名前はいつもにも増してエエ加減ですが、食ったもの2人前。
 
restaurantカンパチと山芋サラダ(写真上)
restaurantグリーンアスパラのオムレツ
restaurant本日の手打ちパスタ(イカ墨を練りこんだタリアテッレみたいなの 写真2)
restaurant鴨と栗、木ノ子のスパゲッティ(写真3)
restaurant豚ローストにミョウガ甘酢が付け合わせ(写真下)
restaurant牛ほほ肉赤ワイン煮込み
 
ホワイトバランス狂いまくりで見苦しい写真ですなぁ、我ながら。bearing
めんどくさいだろうに、シェアすると全ての料理を2等分してくれるので、1皿のボリュームはほんの少し。延々とつまみ食いしているような感じなのだが、6皿も食べると相当満腹だ。
 
どの料理も塩加減が押さえ目でいやみなく、そつなく美味しかった。組み合わせの妙、というか面白い組み合わせがありますな。鴨と栗、木ノ子のスパゲッティは普通ラグーソースにしそうなのにオイルソースだ。
 
鴨も軽めにソテーしてあり鴨の野趣を感じるのだけれど意外に上品。なかなかウマかったです。豚のローストにミョウガ、それも寿司屋で出てきそうな甘酢漬けを付け合せているのも、あ!やられた!と言う感じで旨し。smile
とにかくメニューの選択肢は多いので、ま、どれかは好みの物があるだろう、という感じだsweat01
 
Pj_filap デザートは蒸しチョコケーキに、パンナコッタ、キウイのジェラートで量も結構しっかり。嫁のカプチーノもなかなか可愛い仕掛けが。このお茶が付いているのですから相当お得感がありますな、流行るわけだ。
 
最近、1、2人で切り盛りしている小さなお店ばかりに行っていたので、デザートやお茶まで目が届いている中箱ぐらいのお店に行くと、やっぱ分業の意味があるよな、という感じです。偏見持たないで、早めにランチに行っとけばよかったと若干、反省smile

 

◆sfida al centro(スフィーダ アル・チェントロ)
所在地:大阪市北区同心2-4-25 T.D.M.1F
営業時間:11:30〜LO14:00 18:00〜LO22:00 不定休
TEL:06-4800-4888

sign01famaoさんTB! 

2005年9月 4日 (日)

ソラメンテ@八戸ノ里

いやー、とてもよいランチでした。近鉄八戸ノ里駅徒歩7分という立地sweat01や、料理とはかなり不釣合いなアルプスの山小屋風喫茶店みたいな箱sweat01を差し置いても、とても印象的な、ハイレベルなお料理。 まだNETでも、ほとんど情報が無いのに既にお客さんで一杯だったので、「書かれると余計に席が取れなくなるのでヤメとけよ!」と定連さんに怒られそうだけど、いつものごとく書いちゃいます。smile
 
Ehbhlg3h と、はじめに感想を言ってみたくなるお店が、今回ご紹介するsolamente cucina di koji(ソラメンテ)。店名のソラメンテとは伊語で「ここだけ」と言う意味で「イタリアンと和食の融合」がテーマだそうだ。
 
たまたま、こちらのエッセイでシェフの経歴を読んで、行ってみたくなったのだが、それからすっかり忘れていてshock本日、行ってみることに。昨日に続きイタリアン2連チャンだけど、気にしないったら気にしないshock
 
午前中、嫁の実家方面の用事を済ませてから、お店に電話して12:30の席を押さえ、八戸ノ里方面に車で向かう。大東市民のウチらは普段近寄らない場所だが、それほど遠くはない。場所はこのあたりで、ウマウマお好み焼屋、伊古奈もすぐ近く。
 
お店にはPAが2台分。が、一杯でそばにあるコインパーキングに駐車。先にも書きましたが、チロルの山小屋風、というかなにやら可愛らしい外観。
 
D0bq5y2uで、お店の中に。ぬー、やはりちょっとくたびれた喫茶店そのものの感じ。去年の12月オープンしたそうなので、元喫茶店だった模様。CPは20席だがカウンターは実質使用していないようなので16席?。真ん中に8人組の奥様グループがにこやかに談笑中。あと1組、奥様カップルが。皆さん流石、というか美味しい店には鼻が利きますなぁ。
 
メニューを確認。ランチは¥1000のパスタランチを初め、¥1300・1600・2600があり、予約すると¥4000のディナーコースをお昼に¥3600で頂けたりする。¥2600がランチコースで、前菜、今日のパスタ2種から1つ、メイン、デザートとパン飲み物付きなのでそれに。
 
restaurantロブスターサラダと鯛のカルパッチョ、たっぷりの野菜サラダ
restaurantフレッシュトマトとモッツアレラチーズの冷製パスタ(俺)
restaurantひじきと海老&小柱のビアンコパスタ(嫁)
restaurant和牛ほほ肉の白ワイン煮
 
いやー、イタリアンと和食の融合、というテーマどおりに確かにヒネリが利いてますが、最近大阪でイタリアンというと和食と融合(いや、和の食材との融合、かな)しているのが当たり前っぽいので、それほど突飛な感じはしないのですが、どれも大変にウマかったっす。
 
まず、前菜。塩の利いたカルパッチョ、まろやかな酸味のロブスターがウマー! たっぷりの野菜が嬉しく、おうおう!次の皿はどんなんかいな、と期待の高まる一品。
 
で、パスタが。体型から判断していただいたようで、俺のパスタは嫁の分の1.5倍ぐらいありました。気を使わせてすみませんねぇshock 
お味のほうも丸みのある味でトマトとオリーブオイルがウマウマウマ〜! ドライトマトなのか、濃厚な酸味の隠し味が大変GOOD。(まさか、梅干?)冷製なんて普段ほぼ食わないのですが、むちゃ気に入りました。smile
 
嫁のパスタも、海老、小柱の火入れは中心に熱が回ったよ、ぐらいのギリギリさ。旨みが活性化していてブリブリ、大変美味しい。パスタ自体もスパゲッティーニよりはチョイ太目ぐらいでしっかりした腰で良!。
 
で、メインが。しっかり煮込まれたほほ肉。ナイフですっと切れるほどの柔らかさ。ソースが変わっていてベースは白ワインだと思うのですが、酸味は控えめで甘めの味付け。
付け合わせが、インゲン、オクラに里芋! 里芋蒸したのとオリーブオイルって合いますなぁ、感心。
 
あと、デザート(黒ゴマのジェラートとエスプレッソ味の素朴なチョコケーキみたいな)と濃厚珈琲が。デザートは、ま、特筆すべきものは無いけれど(カロリー控えめなデザートを売りにしてましたし)、とにかくパスタ、メインは大感心! 
 
ちょっと辺鄙な場所にあるワザワザ感高いレストラン。夜コースも¥3500〜5000とお手ごろなので、次は夜覗きにいってきます!(こんなことばかり書いているので、ウチのTO-DOリストはいつも一杯sweat01) 
 

◆solamente cucina di koji(ソラメンテ)
所在地:大阪府東大阪市中小阪5-2-20
営業時間:12:00〜15:00/18:00〜22:00 木休
TEL:06-6725-2539
 
sign01このお店も、シェフと奥様の2人で切り盛りしておられるので、流石にちょっと待たされる時もありますが、飲む人やおしゃべりで時間つぶせる人なら無問題でしょう。
支払いの時にPA代です、と¥200返金してもらい、¥5000/2人にして頂きました。すんません〜。
 
しかし、名店の予感!smile