フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2005年8月 | メイン | 2005年10月 »

2005年9月

2005年9月28日 (水)

鍋物の季節もやってくる@050928

近所のスーパー、鴻池サティに食材を買いに。
この1週間でぐっと秋らしくなったので、とりあえず、鍋だ鍋だ鍋だ鍋だ!と、昨シーズンひちははさんに教えていただいてから、すっかり我が家の定番鍋の地位を獲得したという「まつやのとり野菜みそ」が入荷していないか味噌売り場を確認。
 
H8fecn8nふふふふふ、昨シーズンに随分沢山買い込んだおかげか、今年はもう置いてありました。やるな、サティ仕入れ担当者の人!!smilesmile
 
で、今回は鶏ゴボウ鍋で。つくねにはネギとおろし生姜たっぷり、ピーラーできしめん状にささがきにしたゴボウと人参を大量投入。もちろんニラと白菜、もやしもたっぷり。わすれちゃいけない油揚げ、〆は太目の中華麺! いやたまらん。
 
はふはふはふ、もちろん、黒七味を入れて頂きます。汗をふきふき食べる鍋。ふはー食った食った。今年もシーズン中に20鍋、いや30鍋は平らげそうな勢いっす。smile 
 
しかし、とり野菜みそ、知らない人は一度チャレンジしておく値打ちありあり。お近くのイオンのお店とかで探してみてください。

2005年9月27日 (火)

奥処庵@大阪城北詰

Vx1hsuka 金曜日のネタ。京都に行った帰りに「晩ごはん作るのも面倒なので京橋でなんぞ食べよ」ということになって、ぺらいちさんのblogで見た、最近片町に出来た焼き鳥屋に行ってみようということに。お店の名前は奥処庵(おくどあん)。
 
HPによると、八女炭蘇鶏(やめたんそどり)なる福岡県は八女産の地鶏、おくどさんで炊いた無農薬米のごはんが売りだったりするこだわりのお店だ。
 
なんと、古民家を改造したお店の改装もスタッフ自らやったそうで、HPにお店の製作記録があって何やら楽しそうだ。場所はJR大阪城北詰駅の1番出口の階段上がって徒歩30歩という超駅近物件。盲点のような場所なのでご注意。このあたりです。
 
Pxn1viq1 ビルの間に挟まれた一軒家。田舎風なのになかなかお洒落な感じに仕上がっていますな。「のらや」を更にスタイリッシュに仕上げた、ような感じ。(ヘタな例えでスマンbearing
結構キャパのある店で、カウンターやテーブル席で1Fは30席ほどあるだろうか。2Fに個室が2つ。8人、20人だそうだ。カウンタ前の2人掛けテーブル席に陣取る。
 
で、初見なのでメニューをしげしげと観察。売りの地鶏は刺身も色々、焼き物も一通り以上。それに野菜メニューも力が入っていて面白いメニュー構成。とりあえずお刺身5種盛り(¥1300だったかな?)に串5種類、野菜サラダに、いんげん胡麻和え、〆に大好物!の鶏釜飯を。
 
鶏釜飯は大中小とサイズが3種類。中でお茶碗に軽く3杯分ほどで¥1050。30分ほどかかるのでご注意。
 
お刺身が。ほー、綺麗ですな。白ギモウマウマ! その他の刺身もなかなか良い。焼き物もなかなか。写真は白子で1本¥280だったかなぁ。相当、お値打ちですな。他の焼き物もアッサリ目の押さえた味付けで好きな感じ。一本が¥170で安くはないけれどなかなかウマい。
 
で、釜飯。具はゴボウにたっぷり鳥肉!という感じ。薄目の味付けで好印象。2人だったのでお味噌汁2つつけてくれました。近所の居酒屋が釜飯メニューをやめたので、釜飯食いたくなったらここにこようっと。smile
 
嫁が焼酎お湯割り1、ウーロン茶2で計¥6000ほど。ま、妥当な線だと思います。お昼がお得だ!ということなので、次はお昼に行こうかな。
 
 
 
◆地鶏料理 京橋 奥処庵
所在地:大阪市都島区片町2-8-12
営業時間:11:30〜14:00 17:30〜24:00 無休?
TEL:06-6354-7028

2005年9月26日 (月)

フール・ドゥ・アッシュ1周年記念

本町周辺は美味しいパン屋密度の高い地域だが、そこでもウチらがお気に入りのパン屋、フール・ドゥ・アッシュがこの9月27日で一周年だそうな。
 
3dn1qrqxで、どなたかのblogでセールやっているよ、というのを読んだので嫁が久々に会社帰りに買いにいった。
 
嫁がチョイスしたのは、いつものようにバゲットと、写真のセーグルフリュイセック¥380と、イチジクと胡桃がたっぷりの¥190。
 
セーグルフリュイセックはパン対ドライフルーツの割合が1:1ぐらいで、よくもまぁくっ付いてパンの形になっとるなぁ、と感心してしまうほどだ。薄くスライスして頂くと、パンと言うよりお茶菓子、という感じ。
 

イチジクのはまだ未食。が、当然ウマかろう良かろうでsmilesmile
情報が遅くて申し訳ないが、セール期間は9/24、9/26、9/27の3日間。 ハード系パンが20%オフだそうな。今日も結構在庫がたっぷりあったそうだ。あと1日なので気になる方はお早めに。

2005年9月25日 (日)

ヴィラージュ川端@奈良 生駒

音の花温泉に向かってR168を南下。第2阪奈の南に移動すると、回りの風景がみるみる農村の雰囲気になってくる。田んぼで頭を垂れる稲穂や道端に揺れるススキがすっかり秋の雰囲気だ。
Kpizznmg 音の花温泉まであと少し、というところで回りの雰囲気に溶け込んだウッディな造りのカフェのような建物の前を通り過ぎる。看板に「洋菓子」の文字が見えて、なにやら美味しそうな波動が漂ってくるので帰りに寄ろうということに。
 
温泉をゆったり楽しんで先のお店に寄ってみる。お店の名前はヴィラージュ川端。川端風太朗、という変わった名前のケーキ屋が奈良にある、ということは知っていたので系列のお店か!と納得。オーガニックな材料をふんだんに使ったこだわりのお店らしい。
 
帰ってきてから調べてみると、奈良県の生駒周辺は意外にケーキ屋激戦地域らしく、ハイレベルなケーキ屋さんが沢山あるようだ。(で、参考になりそうなこんなページを発見。自分用にBookmarkをsmile
 
Cbqrrmuq お店は田んぼの真ん中、といってもよいのどかな所にある。お店の中に。天井が高い広々した空間。ガラス張りでケーキ工房が良く見える今風な作り。カフェは20席ほどか。ご近所の皆さんでほぼ満席。
 
ショーケースを観察。初めに¥500、という値段から決まったと言う感じ。ケーキは15種類ほどあったが、ほぼ一律で¥525とお安くはない。が、デコレーションの果物は大きく食べでがありそうだ。しかしこの山の中でこのお値段とは、チャレンジャーですな。smile 
 
で、俺が「二十歳(はたち)」というブランデーたっぷりのサバランにイチジクが乗っているもの、嫁がロールケーキに洋ナシがででん!と乗っている「洋ナシ紀行」を。コーヒーは¥400、紅茶はポットサービスで¥400。ケーキにはお隣の建屋にあるジェラート工房のミルクジェラートがサービスで添えられている。
 
ちなみにお店のHPの「新作紹介」の写真、なかなか凄いっす。ここまできちんと商品を紹介したページはあまりありませんな〜。俺の写真よりよほど良いので、詳しくはそちらをご覧くださいshock
 
で、二十歳。スポンジに染み込ませたブランデーの香り高くアルコールがしっかり感じられるほど。食べてから運転すると、検問にひっかかりそうな感じだ。(ちょっとオーバー?sweat01)。その上に軽めの生クリーム、イチジクがどっさり。お値段なりにボリュームあり。しかしネーミングの勝利ですな。
 
Tombox8m 嫁の洋ナシは果物の量が半端でなくたっぷり。それにとても瑞々しいですな。食欲の秋!、という感じ。(ま、ウチではいつもなんですがsweat01)なかなか気に入りました。
 
お土産に焼き菓子などを色々購入して、ちょっと幸せな気分で帰宅。しかし、試食コーナーにあった「わらびもち」、むっちりしているのに口解けが良くて、とてもウマかったです。買えばよかったかも。
 

  
◆ヴィラージュ川端
所在地:奈良県生駒市小平尾町1499-3
営業時間:9:00〜20:00 火休
TEL:0743-76-0591 

音の花温泉@奈良 生駒

3連休のお風呂めぐりネタ。土曜日は金曜の京都行きの疲れが出てsweat01、家でゆっくり読書。
今日は近場でお風呂にでも入りに行こうか!と言う事になって、Niftyの温泉情報を検索。チョイスしたのが奈良県生駒市にある「音の花温泉」という日帰り温泉施設。
 
場所は、大阪方面から行く場合は、第二阪奈を奈良方面へ、壱分ランプで下りてR168を南下。そこから10分ほどの位置。最後の入り口がちょっと解りにくいかも。MAPはこちらに。
行きは阪奈道路から行ったのだが、大東市からノンビリ50分ほどの距離。第二阪奈を使うと30分ほどと意外に近場だ。
 
Pwkiswut 付いたのが12:00チョイ前。かなり大規模な駐車場が2つあり建物に隣接したPAは一杯。第2駐車場に。車を停め建物に歩いて行くと、野菜や果物を売っている売店があり、なぜか、ハマチやイセエビが泳いでいる大きな水槽が置いてある。
 
で、下駄箱に靴を預けて(コイン不要)、券売機で入浴券を購入。大人が¥700、小学生まで¥300だ。シャンプーや石鹸は設置されていないが、フロントで売っている。
 
ここの売りは天然温泉、それに超でかい露天風呂。内風呂はジャグジー風な泡風呂と大きな風呂、水風呂、6人入れば一杯のサウナしかない。今風のスパ銭のようにジェットバス、とかその手の施設はない。
が!、露天風呂はやたらでかいですなー、スパ銭でこの規模の露天があるところは知らない。ざっと15m四方以上ありそうだ。ゆったりした石造りの露天で、背の高い屋根も付いている。10人ほど入っていてもガラガラ、という感じ。smile
 
温泉自体もけっこう塩素臭はあるが、うっすら白濁したヌロトロ感のある肌当たりの良いお湯で、こちらほど濃厚ではないが、なかなかによろしいかも。露天風呂の周囲にはゆったりと緑を配置してあり、温泉で温まった体をクールダウンできる寝椅子も5基。ごろんと横になると爽やかな秋の風が吹き込んできて、とても癒されますなぁ。heart
 
Z6kkxrwj で、温泉から上がってすっかりお腹も減って、ロビーにあるお食事処でお昼にすることに。
今日のお薦めメニューの看板を見ると、イセエビ造り¥4500とか、大アワビ造り¥8000、アワビステーキ等々、高級海鮮居酒屋風メニューのオンパレード。山の中のくせに変わってますなぁ。(もちろん、うどんなどの軽食もあります。)
 
で、回りをしばらく観察しているとsweat01海鮮料理が意外にウマそうなので、奮発して鯖棒寿司¥1500と上にぎり¥1500を注文してみた。
 
鯖棒寿司、ほんまに鯖1本分出てきました。腕のよい料理人さんが居られるようで酢の〆かげんもエエ感じだし、ボリュームもお味もなかなかです。しかし「みんな幸せそうに生ビー飲んでるけど、どんな移動手段でココまで来たの?」と小一時間問い詰めたい気が。sweat01sweat01sweat01
 
帰りに、お隣の野菜、果物の売店で少し地野菜を仕入れて(あまり地野菜はないけれど、結構安い)かなり満足して帰ってきました。近場で田舎を感じるには、よい所だと思いますな。smile
 
 
◆音の花温泉
所在地:奈良県生駒市小平尾町1008-12
営業時間:9:00〜23:00(最終受付 22:00)
TEL:0743-76-3530