フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 天然温泉 だんぢり湯@岸和田 | メイン | めん処 てんま七福亭@天四 »

2005年8月17日 (水)

辛口で行ってみよう!楓林(2)@和歌山市神前

※既に閉店されています、残念無念。
 
和歌山帰省ネタ、その四。
世は夏期休暇。個人経営の多い和歌山の中華そば屋は、当然お盆休みに突入し、開いていた中華そば屋は、まるやまと京橋幸太郎ぐらいだった。shock
 
Jtvjhrmzで、特にコレ!という新規飯屋情報は無いのだが、大推薦の四川料理店、楓林(ふうりん)はラッキーにも開いていたので、8/16、親父たちとスパ銭前の軽めの晩ごはんに。 場所情報は、以前書いたこちらの記事をどうぞ。smile
 
和歌山市内で四川料理を出す店は何軒かあるのだが、その中でウチが一番気に入っているお店がこちら。お店は随分すすけてきて、街の気軽な中華屋さん、という感じなのだが、料理はどれもピントばっちりでウマい、それに安い。ちょっと濃い目の味付けで飯のおかずに最適な下品さだ。(当然、ビールbeerにも合う!)
 
麻婆豆腐は「すいません、辛くしてください」とお願いすると、大阪天満宮そばの小さな名店「福龍園」のレベルにかなり近いものがでてくる。(ま、大師匠が同じ陳建民氏なので、当たり前ちゅうたら当たり前ですが。。)ちょっと花椒の利きは弱めだけれど、¥850という超お得価格でいただける幸せよ。かなり辛いのでお子様にはお薦めできないが、パンチの利いた辛みが味わえ、ご飯とピッタリ。
 
今日は、それと牛肉の四川香り炒め¥1600、レバニラ炒め¥850、海老の唐辛子炒め¥850。あと、ご飯大を4人で2個頼んで分けっこして頂く。(悪い客ですなぁsweat01
 
炒め物系メニューをそこらにある街の中華屋で頼むと、どれも同じような味だったりするのだが、このお店なら大丈夫。どれも一工夫してあり飽きさせない。その他の定番、ラー油の利いた玉子炒めや、インゲンのキンピラ、ナスの炒め物などもウマウマだ。とにかく炒め物系ウマし。
 
今日も4人、お腹一杯で¥5000割れ。大阪なら¥7000は出さないと、という感じの満足感。ほんっと、お得&ウマウマですよ。和歌山の辛いもの好きならば、絶対外しちゃ駄目!。smile

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/13704851

辛口で行ってみよう!楓林(2)@和歌山市神前を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿