フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2005年1月 | メイン | 2005年3月 »

2005年2月

2005年2月28日 (月)

街の湯治場 上方温泉一休@此花区

日曜日、会社の同僚の勧めで此花区に昨年末OPENしたスパ銭、「上方温泉 一休」に行ってきた。
 
Qvvi3ng2混むのがヤなので、着いたのは12:30。大きなPAに車が半分ほど。建物は純和風。新しいだけあってエントランス前に坪庭を設えてあったりして、入る前から温泉気分が盛り上がる空間。
 
男湯と女湯は日替わりで入れ替わり、石の湯、木の湯がある。本日は石の湯に。
 
ここの売りは豊富な湯量、かつ50.3℃となかなか高温の温泉で、単純泉だがかけ流し。水で薄めず熱交換器で温度調整を行っているとのこと。志の高いスパ銭である。(ま、湯量が豊富なので出来るんですな)
お湯の色はけっこう濃い黄褐色だが、ほとんど無味。しかしお湯につかるとヌルヌルと肌に良さそうな感じだ。
 
内湯は低温38℃、中温41℃、高温43℃の浴槽に分かれていて、好みの温度をチョイスできる。露天風呂も大きく、最近定番になりつつある1人用の壺湯が2。それと、巨大な大理石をくりぬいた岩風呂が大、小各1。運び入れるの大変だったろうな〜、と単純に感心。sweat01
大きい方は大人が無理すれば6人は入れそうな巨大さ。今日はすいているのでゆったりと1人占めに。良い天気で湯面に太陽がきらきらと反射し、むっちゃ良い気分に。smile
 
高温サウナの方は96℃と高温でたっぷり発汗できるが、結構広めなのに1段だけ16人ほどのCP。ちょっと寂しい。
 
しかし!特筆すべきは塩サウナ。赤釜風呂と言い超微粒子ミストで充満しており、3分も座っていると「うおー、あちー!」。
温度計はないが80℃越えは確実。塩も使い放題だし、湿度が高い分こっちのほうがキキますぞ。3セットだけで2kg体重が減りびっくり。(後で水飲んで直ぐ戻りましたが。。shock
 
お湯自体は、こちらの「美人の湯」のほうがよいかなぁ、と思いますが、施設が新しく空いていれば温泉気分が満喫できる良きスパ銭。
 
いやー、気に入りました。大お勧めです!smilesmile
 

 
◆街の湯治場 上方温泉一休
所在地:大阪市此花区酉島5-9-31
営業時間:10:00-3:00 (無休。3月は15日が休み)
TEL:06-6467-1519
 
sign01MAPはこちら
 
入浴料は、平日が大人700円、小人350円。土日祝で大人800円 小人400円。安くはないがこの設備とお湯で納得価格。噴射系のエステ浴設備はほとんど無いので、そういうのが目的なら別のスパ銭をどうぞ。

大阪城公園梅林に行ってみる

本日は、上方温泉 一休で昼湯を堪能。帰る途中で「ついでなので城公園に寄って梅でも見ていくか」ということに。
 
Ca5tfkas14:00過ぎだったのだけれど、丁度大阪城ホールでやっているミュージカル「十戒」が終わったところで城ホールから溢れてくる人・人・人。
 
梅林は、城ホール周辺より随分とマシ。それでも梅林に入ると梅を愛でる人が沢山いた。(屋台目当てや宴会目当ての人、カラオケ流して踊っている人も結構いますけどsweat01
 
ほとんどの梅は満開だが、色んな種類があるのでまだ5分咲きのものや、咲いていないものも沢山あります。
 
まだまだ行けますよ。 集まってくるめじろや山鳥を観察しながらまーったり。
(でも、結局、屋台の大判焼¥100が目当てだったりしてsweat01

2005年2月27日 (日)

醤油そば 一信@此花区春日出

本日は、ウチら夫婦がスパ銭めぐりをしているのを知っている同僚に「あそこはええでぇ〜。スパ銭マニアshockなら押さえな」と教えてもらった此花区にある「上方温泉 一休」にお湯しにいく事に。
 
ウチらは此花区といえばUSJぐらいしか浮かばないsweat01大阪東部住民。自宅から車で1時間弱かかる日頃近寄らない地域。shock
 
まったく土地勘がないのでNETを見ながら作戦を練る。
で、一休の近くにラーメンマニア諸氏に評判が良いラーメン屋さんがあることが分かり、お昼を食べることに。
 
大阪東部から行くなら、1号線をどんどんと西へ行き43号線を越えて300mほどの左手の路地奥にある。右側に此花郵便局があるのが目印。(とりあえずMapFunあたりで調べるべしbearing) 尚、PAが無いので、近隣の住民に迷惑がかからないところに止めてください。sweat01
 
で、お店に。ほぼ開店時間だったので先客は無く、御夫婦2人(多分)で切り盛りしているお店。まだ新しそうで15席ほどか。
お昼のメニューは、醤油そば¥650、醤油チャーシューそば¥850とご飯¥200しかない潔いメニュー構成。あと煮卵を入れてね、とお願いできる。(¥50だったかな)
Dito1nzd

嫁が醤油そば、俺がチャーシューそばとご飯を。麺が変わっていて見た目、黒っぽい日本蕎麦のような細麺。黒小麦を使っているそうだ。ぶりりん、とした固めの食感で小麦の旨みもある。これ、かなり気に入りました。 
チャーシューは薄目だが、いったいどういう手法なのか分からないが凄く味の乗ったものでこれも気に入った。
 
スープは豚骨、鶏がら、煮干の合わせ。舌で言い当てたわけでなく店内に大きな張り紙が。sweat01 醤油濃くなく色も半透明ぐらいで脂分控えめ。確かに旨み・深みのあるもので麺とも合っていると思う。が、もうほんの一寸だけ塩分薄目の方が良いかなあ、とも思う。
コッテリ脂たっぷり、が好きな人にはお勧めできないが、旨みがあるのにさらっと食える「飲みすぎた次の日のお昼ご飯」に最適なそばですな、これは。smile
 
ご飯についてくる漬物がめっちゃウマかったり、なかなか「出来るな」と思わせる店でした。ウチでは、また一休にお湯しに行ったら寄る可能性大。
 
 
◆醤油そば 一信
所在地:大阪府大阪市此花区春日出中2-14-23
営業時間:11:30〜13:30 18:00〜22:30
     木曜・第3水曜休
TEL:06-6460-8566

【急募】誰か教えてやってくれ!

Bzay3n_z駅で見かけた「教えて goo」の壁広告。
 
様々なバージョンがあり身につまされるものやら、結構真面目なものもあるが、これが一番アホらしかったバージョン。
 
誠にすまんが、
誰か教えてやってくれ。

2005年2月26日 (土)

ビストロ 羽山料理店@靱公園

今日の晩ごはん。夕方からそこらじゅうに予約TELを。比較的ご近所の数店にフラれて自宅からどんどん遠方に。sweat01 そういえば、と思い出し、ようやく席をゲットできたのがビストロ「羽山料理店」。
 
場所は靱公園の南側、ブランジェリータケウチ前をずんずんと西に行き、なにわ筋を越えてちょい。今日はめちゃ寒かったので地下鉄本町駅からの10分でほっぺたが凍えるほど。
 
新しい店、シンプルな店内。カジュアルだがごちゃごちゃしておらず好印象。テーブル席4×4、カウンター4。カップルでも空いていればテーブル席になるようなのでゆったり座れる。(ウチはカウンターでも良いか、と確認されてOKを。)
 
hanakoの「美味しい店グランプリ」に載ったそうで年齢層低めか?、とか思ったけれど意外に高めで30代中盤という感じで、意外にしっとりと。(偏見ですなsweat01
 
ディナーはアラカルトのみ。皿単価も¥2500ぐらいまでで初めてでも安心価格。
初めに2人なら4皿ぐらいでと言われ、4皿の中にこの店の名物「カスレ」(土鍋でソーセージや豆類、野菜を煮た田舎料理)を頼もうとしたら25cmぐらいのでっかい土鍋を見せられ「3皿にしたほうが」とか言われたのでカスレは諦め4皿にする。

 Sowbtriq
いつものごとくメニューの名前、超ええ加減です。shock
 
restaurant豚耳のブーダンノワール(豚の血ソーセージ)
restaurant鹿肉、フォアグラ、いちじくのテリーヌ
restaurantめだいのポアレ サフランのソース
restaurant牛ほほ肉の黒ビール煮
 
ブーダンノワールはナツメグや黒胡椒など香辛料キキまくり。豚耳のコリコリ感と豚の血のコッテリ感のハーモニー。なんのイヤミも無くウマいです。これが¥500だったかな。お安いですなぁ。
 
テリーヌもどどん!と。「シェフの故郷(兵庫県の山のほうだったかな)で取れた鹿です」とのこと。なんしかボリュームアリアリ。
 
Fs1e0ahf この店、パンは自家製ではなく近所の超人気ブランジェリー タケウチのパンらしいのだが、パンに塗り塗りすると更にウマウマ。フレッシュなオレンジマーマレードも合いますな、の¥1600。

めだいもデカイ。火加減も良好。付け合わせのキャベツ(小さいのが1/4個)が柔らかく煮てあってとてもウマくて¥2000。(しかし、メダイってどんな鯛だ?)
 
で、楽しみにしていた牛黒ビール煮。うっはーでか。200g近くありそうだ。肉はいわずもがなのホロンホロン。ナイフも抵抗もなくすっと入る柔らかさ。黒ビールの渋みが合わさった甘めのソースがもう! 、たっぷりの野菜の付け合わせが別皿でついてきて¥2000。(シェフのおばあちゃんが作った野菜、だそうだ。ええ話sweat01
 
で、デザートを盛り合わせで注文し¥1200。あさぎり茶のプチポ(プチポって何、と聞くとプチポットのことです、とのこと、だはは。ものは蜂蜜がかかった濃厚なお茶味のプリン)ブランマンジェ、ガトーショコラ、苺のシャーベットと生姜のシャーベット。

このプリンがむっちゃ旨し。抹茶色ではなく見た目はプリンそのものなのだが、爽やかな苦味のお茶の味が口中に広がる絶品。むちゃくちゃ気にいった。単品で¥350とお安くて良い。
はー、お腹一杯で満足満足〜。
 
食いすぎたのでとりあえず寝る前に腹筋50回3セット!shockshockshock
 
 
◆ビストロ 羽山料理店
所在地:大阪市西区靭本町2-5-1 丸文靭ビル1F
営業時間:11:30〜14:00 18:00〜22:00 日・第4月曜休
TEL:06-6449-6369

ウチらは、フレンチとか肩凝るので普段は避ける傾向にあるんだけど、なんしか京都で気に入ったビストロ、スリージェと狙い目は同じ。
こういう肩のこらない店がお好きなら大お勧め店。 このメニューでワインをグラスで4、支払いは¥12000弱。 ま、とにかくお値打ちです。
 
tawasiさんTB!