フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2004年12月 | メイン | 2005年2月 »

2005年1月

2005年1月31日 (月)

チョコがけバナナバウム@無印良品

今日のおやつは、無印良品の「チョコがけバナナバウム」
京橋京阪の無印で購入。名前のとおりあの、バナナバウムにチョコレートをかけてクランチビスケットのフレークをくっけたもので、¥160ナリ。
 
Nw420lrlウチでオキニの無印バナナバウム、発売から140万個も売れたヒット商品だそうだ。更に、定番のスイートポテトバウムも130万個。やっぱ食品は当たるとスゴイですなあ。(数字うろおぼえなので、話半分で読んでsweat01
 
当然、このチョコがけバウム、それだけでもウマいバナナバウムにチョコレートをかけて「チョコバナナ化」したわけだから、不味かろうはず無し。
 
確かにチョコは安物で、チョコの油脂分が蝋燭噛み噛み的ではあるが、なかなかおいしい。クランチビスケットはクランチ、というよりしっとりな感じで、余計にカロリーを感じさせるボリューム感sweat01
 
くそ、ダイエット中で、平日は甘いものを抑えるはずが、また食っちまったい!!。
とりあえず「腹筋30回3セット」で罪悪感を消し去ることにしますshock

2005年1月30日 (日)

メロンごろんごろん@シェ・アオタニ

先日、かすたどんさんに「アオタニでメロンてんこ盛りのやつ食べて、エントリを!」とコメントを頂いた。
 
Pgbgapwp初めて読む方が居られるかもしれないので、一応アオタニを説明しておくと、ここ関西どっとコムの一部メンバーに人気絶大の、新石切にある洋菓子店&カフェ。 「生クリームが軽くてウマくて!」とか「しつこく無いのでなんぼでも食える!」とかあちら、こちらでレビュー多数。
遅まきながらウチらが行ってきたレビューは、こっちのエントリに。(ふう、長い前置き)
 
で、コメントを読んでから嫁に「アオタニに行く?、おごっちゃるぜ」と言うと即OKsweat01。ドライブがてらお茶しにいくことに。
 
先日行った時は近所の市営駐車場に車を止めたが、今日、アオタニが入っているマンションの駐車場内に5台ほどPAがあるのを発見。
13:30ごろだったが店内は結構凄い人。ショーケースを見ると、かすたどんさん、例のブツありましたぜ!!! カフェは意外と空いていたので即席確保。
 
当然、俺は「静岡マスクメロンの森(ハーフ)」¥630を。嫁は随分あーだこーだ悩んだ末に、「いちごと小豆のおやつ」¥347を。
 
どーです、結構インパクトあるでしょ?
種を取ったメロンをくりぬき皮の上に盛り付けてあるので、これでメロン半個分。1個分を半分に切った皮に乗っけてある「丸」¥1050もあり、こちらは直径がCDほどもあり更にインパクト大。でも、人目に付くカフェで食うのはなぁsweat01、と思いパス。(小心者でスマソsweat01
 
メロンは透明ゼリーでつるつると輝き、生メロン以上のシズル感。下手な描写はここらへんにして早速一口。
 
ほー、ウマいメロンだ、これは。特に何かが付加されているわけでなく自然でジューシーなメロンそのものだ。
でも、これだけじゃケーキじゃ無くて水菓子だよなぁ、と食っていると、皮とメロン玉の間に生クリームとスポンジ層が。うわー、凝っているなぁ。アオタニさん、もう無条件降伏です。
 
嫁の「いちごと小豆のおやつ」は米粉で作ったロールケーキに苺と生クリームのトッピング。中には甘くて柔らかい小豆が隠されている。
ロールケーキは超上質なカステラのようにしっとり、柔らかいのに弾力というかコシがあってしっかり。文句無しウマウマ〜。
しかし、こういう上質なお菓子に「おやつ」という日常的な名前を付けるのですなぁ....挑戦的だ。
 
とにかく、コストパフォーマンス抜群です。石切までお茶しにいきましょう。
 
sign01かすたどんさんTB!

カトマンドゥ、再び(2)@京橋

今日の晩ごはんは、以前ちゃりんこでランチを食べに行った京橋のネパール料理屋「カトマンドゥ」へ。ランチに行ったときの記事はこちらに。(実は、うずら屋に行こうとして、フラれたんですけどねsweat01
 
Ygdxhjw519:00ごろに店に到着。店を覗くと宴会の予約客があるようで、テーブル席に先客6人、窓側のカウンタ席に2人、他のテーブルも15名ぐらいが並んで座れるようにセッティング済み。
「カウンターになるけれど良いか?」と、中川家の弟sweat01にそっくりな店員さん。で、タンドール前のカウンタ席を確保。smile
 
で、夜は初めてなので2人用のBセット¥5000を注文。サーブされるとき親切に料理の名前を教えてくれるんだけど、まったく覚えられなかった。shock 
 
■エビチリとピリ辛野菜いためみたいな(写真上)
これはしっかり辛い。野菜炒めはピーマン、パプリカ、タマネギ、青ネギ、パイン。野菜炒めに甘いものが入っているのは、普通好きじゃないんだけど、この野菜炒めはなかなかな辛さで、甘酸っぱいパインを口直しにするとホッとできる。
 
■タンドリーチキン、マライティッカ(骨無しの辛くないチキン)(写真中)
タンドリーチキン、ウマー!。添えられている青唐辛子のソースをかけると更にウマい。小麦粉のせんべいのようなものが添えられているが、これも後引く辛さ。山盛りのサラダがうれしい。
 
■モモ(ネパール風餃子。具は、エビ・ミンチの2種)
なぜか中華風な感じ。普通にウマいです。これは辛くない。
  
 

■ネパール風うどんのトゥクパ
麺は、柔らかめの沖縄すば、のような。野菜たっぷりでスープが何故かサッポロ一番sweat01のような感じでなにやらナツカシ系の味。これも辛くない。
 
■カリーは4種類から2種類をチョイスできる。今日はチキンと日替わり(レンコンとインゲンのカリー)を。それにスーパーでかいナン。今日はガーリックを。(写真下)
 
見よ!この巨大なナンを!
 
ランチより更に1回りでかい。外周部は厚めでふわふわ、中央部の薄いところはサクサクと2度おいしい。
カリーは一口目はまったく辛くなく野菜の甘みを感じる優しい味、と思ったら、時間差攻撃でじわーと辛い! お腹一杯なのについつい後引くウマさ。
 
■飲み物(チャイ・ラッシー・コーヒーからチョイス)

Bzhrukbn 生ビール(¥400)やネパールのラガービール「エベレスト」(¥680)を飲んで良い気分になっていると、予約客(なぜか欧米系外国人さんの団体)がどんどん入ってきて、あっという間に一杯になり、店内はめっちゃインターナショナルな雰囲気に。sweat01
 
多くの料理にパクチー(この呼び名はタイ式だな。中国の香菜のこと)が添えられているので、苦手な人も居るかもしれない。
けれど、激辛ではないので、カリーが好きな人なら、問題ないと思う。なかなかウマいし、ボリュームもたっぷり。ちょっと変わったものが食べたい時に、ぜひ!
ちなみに、ビール×3で支払いは¥7000弱でした。


2005年1月29日 (土)

ちゃんこ朝潮@徳庵

本日は、会社でうちの部署に異動してきたYさんの歓迎会。10名ちょいでこじんまり宴会。
 
0zvlrxm_で、JR学研都市線 徳庵駅そばの「スーパー コノミヤ」4Fにある「ちゃんこ朝潮」で鍋、ということに。個人的にもタマに出かける結構オキニの店。
 
ちゃんこ朝潮は、昭和60年に優勝したこともある、笑顔がキュートなsweat01大関朝潮関(若松親方)が引退したのちに経営されているちゃんこ鍋屋で、徳庵、鴫野、弥刀のコノミヤに出店しているようだ。
この店、「相撲博物館」というサブネームのとおり、店内に力士の写真を壁という壁に所狭しと展示している。
 
店内は広ーい1フロアで、掘りコタツ風のテーブルがずらずらーっと並べられ、テーブル間にはパーテーションもほとんど無い。実際に相撲部屋で食うちゃんこはこんな感じなんだろうなぁ、というにぎやかな雰囲気で気の合う仲間とワイワイやるにはうってつけ。
 
で、早速鍋。ダシは2種類あり、高砂部屋風の醤油味、若松部屋風の味噌味。今回は醤油をチョイス。
鶏ガラベースで、野菜の味がフンダンにする醤油味。たっぷり生姜が利いていてウマウマ。
 
具はエビ、貝柱、鱈、鮭、豚、鳥、つくね、かまぼこ、薄揚げ、とうふ、餅、うどん、糸こんにゃく、白菜、ゴボウ、えのき、しいたけ、小松菜、ニラ、ワカメなど。写真で3人前でボリューム満点。ちなみに一人前は¥2800。
 
ゴマをすりすりしながら、鍋が煮上がるのを待つ幸せ。
で、久々でつくねを一口。
にんにくしっかりでホクホクのウマウマ。とにかくダシがウマいのですわ。しかし意外にアッサリで飽きのこない味。こういうのを毎日食うと確かに太りそうですなsweat01 とりあえずみんな、無言で箸が進む進む。
 
〆の雑炊がこれまたウマウマ。このために鍋やってんねん!という感じだ。本日の鍋奉行Fさんのおかげで、上手にトロトロ卵に仕上がった雑炊をふーふーとカッ込んでしっかり満腹。 ふう、ウマかったでぇ、食いすぎましたけどsweat01
 

◆ちゃんこ朝潮 徳庵店
所在地:東大阪市稲田上町2丁目2番1号
    スーパーコノミヤ4F
営業時間:良く分からないのでtelして確認(スマソbearing
TEL:06-6746-3939

2005年1月27日 (木)

今日の晩ごはん@050127

珍しく2日連続、今日の晩ごはん。
 
6hxdyqqfこの前、このエントリで書いた焼売太楼の「グリーンチャーハン」、炒飯のくせに意外にアッサリしていてとても気にいった。ようやく油モノを自宅で作ってみる気になったので再現を試みてみる事に。(ま、昨日も油モノですけど。。sweat01
 
まず、水分の多いほうれん草を入れてベチャらないように、ほうれん草は洗ってからペーパータオルでふき取り乾くまで放置。表面の水分が乾いたら3mm程度のみじん切りに。葉っぱの部分もしっかり刻んでみた。
 
焼売太楼では、ほうれん草以外の具は白ネギ、卵のみ。ちょっと寂しいsweat01ので豚ミンチをほんの少量入れることに。
 
炒め用フライパンにゴマ油、煙が出るまでガンガン加熱。うなれ!ハイカロリーバーナー!sweat01 
で、具の白ネギみじん切りと豚ミンチを。ウエイパー、ガーリックパウダーをいれ、ざっと味を付けとく。
 
予め電子レンジで温めておいた冷凍御飯を投入。お玉でつぶしつつガッガッ、と炒める。ざっと溶き卵を鍋肌に回し入れ、更に鍋を振るべし!振るべしだ!。(プロとは順番逆ですが、アマなので許せよ)
 
最後に、塩コショウ、隠し味にオイスターソースをほんのチョイ。ぱらっとしてきたら、ほうれん草を入れフライパンを煽ると更にパラッパラに。
チャーハンの仕上げに少量のお酒をいれると上手にパラパラになるけれど、ほうれん草の水分でもそれと同じようになるようだ。なんや結構簡単やん。
 
で、早速試食。お!結構パラパラ。2人前で御飯1合にほうれん草小さめ2束を入れ、みじん切りにした時は「こりゃ多いかな?」と思ったが、丁度良いぐらいに。
味は豚ミンチのおかげでアッサリ系では無くなったけど、こりゃうめえや。 
 
ついでにモヤシ炒めも作って今日は中華の日、となりました。ほー、幸せ。