フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

2016年5月16日 (月)

Blogを引っ越しします~!

珍しく、食べ歩きではないネタを1つ。
blogを始める前からメモとかが非常~に苦手な人間で、自分のための日記も三日坊主な私です。が、2004年8月に今は無き関西どっとコムで無料blogを始め、プロバイダの合併で現在使っているeo-blogに引っ越ししたのが、2008年。気が付けば丸12年近く、食べ歩きblog(というか日記ですな)を書き続け、2400ネタになったのに1週間ほど前、気が付きました。


何事も、好きなジャンルであれば、なんだか続くなぁ、と素朴に感動中。

eo-blogも無料で長らく使わせて頂いていたのですが、容量制限が2GB。とうとう、あと残存容量3%に。 昨日、eoの運営に「過去データを消さないで対処する方法がありますか~」と問い合わせするも、無料サービスなので過去データや写真を消してねという連れないお返事。(回答は非常に早かったのがGOODです!汗) 


で、またまた無料であること、容量制限が10GBなことが決め手になり、こちらのアカウントをとりました。今後、新しいネタは随時、そちらで更新いたしますので、ブックマークして頂いている奇特な方におかれましては、変更頂きますと嬉しいです。

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

今後とも、代わり映えのしないblogになる予定ですが(滝汗)、宜しくお願い申し上げます。表紙ページにこの記事を暫く張っておきますので、各料理別INDEXページには、下記から入場ください。

他のメインコンテンツ、

京都のフレンチ・イタリアンのインデックスはこちら。
京都の和食ネタのインデックスはこちら。(日本酒ネタもこちら)
京都の麺類ネタのインデックスはこちら。
京都の四季と自転車散歩ネタがこちらです。

danger 最近、キュレーターとして、京都情報HP「キョウトピ」に参加しています。
書いている「まとめネタ」がこちら(現在:3)

【京和食まとめ】京情緒を満喫できる「和食店4選」¥5000ランチで大満足!
【京中華まとめ】少人数向け!はんなりと?お酒が美味しい中華料理店4
【京風居酒屋】使い勝手良好!日本酒でしっぽり~、肴も美味しい激ウマ居酒屋5選 NEW!

キョウトピのスイカ記事INDEX

1_4

2016年5月13日 (金)

中国料理 菜格でディナー(2)@二条通堺町西入

昨年からFacebookにハマりだし、呑み会にも参加するようになって同好の士と呑むのはなんだか面白いではないか!と気が付いて、自分でもそういう会合を仕掛けたりしている今日この頃。(私の担当は20名以下のこじんまり会)

今回もそろそろ次の呑み会の場所を決めようか~と、気になっているお店を目指す。お店の名前は菜格。四川料理など辛い物がお得意なお店で、なんだかお酒のラインナップが超豊富なのは一回目のネタで書いたのだ。貸し切りとかお願いできるのかなぁ、と予約してお店に向かう19:00。

1
今日も予約で満席です~と表示が。相変わらずの人気。2人掛けテーブル1に4人掛けテーブル2、カウンター席も2席が満席。我々が入って満席に。(が、一周目のお客さんの食事が終わられる21:00ごろなら飛び込みでもOK。)

2

紹興酒だけでも10種類以上スタンバっている雑食酒呑みには非常に嬉しい中華店。今日は冷やし甕出し紹興酒グラス¥600からスタートなり。しかし、お酒は盛り良しですな。150ccほどありそうです。

3

お決まりの前菜盛り合わせがお得且つ面白いものを出されているのだが、今回は気になっていた単品前菜を2種お願いする。まずは四川料理の前菜と言えば大定番!なよだれ鶏で¥850なり。 柔らかい蒸し鶏に、あとからぐっと辛くなるソースが絡む絡む。辛さは程よく上品なのだ。。

4
雲白肉(うんぱいろう)ではなく、蒜泥白肉といい¥850なり。今回初体験。確かに辛さは控えめで、甘まろやかな大蒜ソースが非常に旨いのだ。これは鉄板ですな。

6
実は四川料理でかなり好物な酸辣湯で¥1000なり。

60
この量で4人前は楽々。具はたっぷりのふわふわの玉子、豆苗にシイタケというような布陣。上品な清湯ベースで、酸味も辛みも控えめ。これも過去頂いたことがない傾向。なんだか非常に美味しいです。

5
紹興酒は前回一通り呑んだので、今回は紹興貴酒(上の甕の写真に写り込んでいるボトル。5年、8年、10年モノあり)やら、写真の赤楼夢(6年物の上澄みだけを使用した紹興酒)などを呑み比べ。紹興貴酒は甘さ控えめスッキリ系で、上記の赤楼夢はまろやか系かな。いやー、なかなか楽しいのだ。

7
エビチリソース¥1500なり。激ウマ!ではありませんがこのお店の良心のようなお味。ぽったりしたソースがたまりませんな。皿まで舐めまわしたい! 白御飯とともに頂くと良さが三乗倍されるかも。

8
牛肉の辛味香味炒めで¥1600なり。茄子とアスパラ、柔らかいお肉もしっかり。これまた白御飯に着地させていただきたいかも~なお味なのだ。

9

で、今回は嫁リクエストで甘いもので〆てみた。杏仁豆腐にオレンジ?のソルベ、クルミの飴掛けにでっかいあんずで¥850。中華感大満載でした。


以上で〆て(紹興酒をとっかえひっかえ計5合近く呑んだかな。。。)計¥11000なり。御馳走さまでした! また来月、大勢でお邪魔する予定です~。
 

 

中国料理 菜格
住所:京都市中京区二条通堺町西入観音町76
営業時間:11:30〜13:30(L.O) 17:30~22:00(L.O) 月休
TEL:075-744-0435

2016年5月12日 (木)

きゃんでぃ@松尾

まだまだ続くGWネタ、その10です。
遊び疲れでへたばっていて(汗)、お天気もあまり麗しくなかったので、嵐山近隣のお気に入りスーパー銭湯でまったりしに行こう!ということになった日。ま、当然ランチはどこぞで頂こうということになったのだ。目指すのは松尾大社から南に徒歩5分ほどにある、「きゃんでぃ」というファンシーな名前のお店。出典はグルタク岩間さん、いつもお世話になっております~!。事前に予約がOKなので、予約して伺いました。

10

物集女街道ぞいではなく、ちょっと奥まった一方通行の道沿いにあるので、車で来ると結構苦労するかもです。(車で来ました) このような景色を確認されたら直ぐそば。
PAはお店の隣に契約駐車場を2台分確保されている模様。そちらに駐車できたのだ。(満車なら、近所に観光駐車場がありますが1日¥1000です。苔寺や、鈴虫寺、松尾大社とセットなら良いかもですな。)

1
アイスクリームとたこ焼きの店!とでっかい表示があるが、それは先代までで、バトンタッチされた現在のご主人からは、なんと鰻系和食店に転進されているのだ。実は再開店されてから、まだ一年ほどのニューカマーなのだ。しかし、面白いですな~。ご主人は祇園四条にある「かぼちゃのたね」なる鰻店で修行されていた模様。

3
店内雰囲気。カウンターが9席、奥に広くはない4人掛けのテーブル席が2で、なんとも秘密基地的な感じ。まだまだ新築感強し。奥のテーブル席に通される。

2
当日は髭のご主人とフロア担当の女性2人で回されていました。ランチメニューは、上記の3種。ちょっとありえない高CPなのだ。嫁は、鰻丼定食、私は上鰻丼定食をチョイス。ちなみに特上含め、鰻丼以外の違いはないようだ。

4
まず出てきたおばんさい3種に出汁巻き1切れ、お造り2貫。お造りは多分ハマチとかそういうの。ちゃんと新鮮で旨し。おばんざいは赤こんにゃくとひじき、大豆の煮物、切り干し大根煮物、薄揚げと水菜のお浸しという布陣。そんなに濃いお味でなく、好印象。

6
時間差で、八寸です!と出てきたこちら。赤こんにゃく煮物に、なにか野菜系な白和え、ピーマンとちりめんじゃこのピリ辛煮的な。こちらはしっかり味で、うわぁ呑みたい~と思ったが、今日は車なのだ(微泣)

5
で、揚げたての自家製コロッケとなんだかコース仕立てで次々に出てくる。いやー、驚きですな、これは。コロッケは日替わりのようなのだが、今回は肉じゃがのような甘醤油で煮たものをベースにしていて、なかなか美味しい。。

7
で、いよいよ鰻丼登場。嫁のミニ丼で普通のお茶碗の1.3倍分ほど、私の丼はたしかに丼サイズ。

8
で、じゃじゃーんと鰻丼とご対面~。蒸し工程アリ、という関東系優しいお味。たれも関東系としては、そんなに重くなく好印象。量は¥1900で、且つおばんざいを食べたあとでは、かなりシッカリ量。嫁チョイスのミニサイズの倍ほど。

9

嫁チョイスのミニ丼でも鰻を食べたよ~という感じは十分にあるのだ。女性ならこちらでも十分なのでは~という感想。

非常~に頑張っておられますなぁ。いやー、この周辺でランチをする機会はあまりありませんが、こちらはまた機会があったら使わせてもらいます~。

◆きゃんでぃ
住所:京都市西京区松室北河原町2-1
営業時間:11:30~14:00 18:00~24:00 不定休
TEL:050-5571-6795 

 

2016年5月11日 (水)

西冨家コロッケ店@河原町松原下ル

GWネタ、さらにその9です。
河原町松原下ルにある「西冨家コロッケ店」は、揚げたコロッケや揚げる前のコロッケを買い求めることができる名前の通りコロッケ屋さんなのだが、夜はコロッケや気の効いたアテでワインなどを呑めるコロッケバルになるという人気店。

実は開店して4年目で、開店当初から認識していて、過去幾度と無く飛び込みで入ろうとして失敗しているお店。で、今回は事前に予約を入れて席を押さえた18:00。1時間30分制限ですが!なのだが、食べるのは早いので全然無問題!な我々だ。

1_2
お店はカウンター席と2人掛けテーブルが1で座れるのは10名分ほど、残りは立ち飲みスペースだが、ま、20人は入らないだろうなぁ、という感じ。ごらんのように、明らかにコロッケ屋ではない垢抜けた外観。平日は20:00までだが、土日祝は24:00まで営業。今日は4名のスタッフの皆さんが忙しそう。

2_2
メニューの一部。あー、これは期待が持てそうなフレンチバル的なメニュー編成。それに非常にお手頃なのだ。これは悩ん煮ますなぁ。。
コロッケは、8種類スタンバっていて、プレーン・バジル・ブルーチーズ・スモークサーモン&ディルなど凝ったものが色々で、1個¥180~¥250ぐらいのプライスゾーン。季節代わりで色々出てくる、客を飽きさせない工夫が素晴らしい。

3_2
グラスワインは¥450から。お手軽ですな。他にも無いですか~とお願いしたら、後で2本抜栓してくれました。

4_2

で!一目見て、あーここは繁盛するわ!と確信した前菜6種盛り。エストラゴンとアンチョビが入ったポテサラ乗せパン、鰯のマリネ、ホタルイカの乗ったダブレ(クスクスのサラダ)、グリーンサラダ、レバーパテ、自家製厚切りハム、まんなかにキャロットラペというてんこ盛りな布陣。いやー、これは嬉しいですな。。

5_2
で、コロッケが登場。当初は全部制覇するぜ!とその気満々で、まずは半分。プレーン・バジル・ブルーチーズ・スモークサーモン&ディルから。

6_2
割ってみたサーモン&ディル。衣はざっくり、中は非常にソフト&ジューシー。うは、これは冷えた白ワインにピッタリじゃん!という発見。旨しですな。。

7_2
うわこれ旨い!とまたまた嬉しくなったブルーチーズ。芸細やか&これも赤ワインに合わせたい~なお味。サイズはピンポン玉より一回り大きいぐらいなのだが、流石に1人、3個も食べれば大満足できそうな量になりますな。。。(ランチはコロッケ2個と、サラダのセットものなどもある模様。我々は、多分、夜狙いになりますが)

8_2
で、コロッケあと4個追加で!とお願いする作戦が木っ端みじんになった蒸し鶏。ネギと生姜の黄金ソース、パクチー乗せで¥900なり。これは!ちゃんとした創作系中華料理店で出てきてもまったくおかしくないお味。非常に柔らかくて味がしっかり乗っていて、ボリュームも十分過ぎ・・驚きました。

GWで食べ過ぎている、というのもありますが(滝汗)流石にお腹一杯で御馳走さま!ということに。で、白3、赤1とワインもそこそこだったので¥5000なにがしという、この充実感にしては非常にお得なんじゃないの、という感想。いやー、確実にまた来たいのですが、なかなか席が取れないのが唯一の欠点~。

 

 

 

◆西冨家コロッケ店
住所:京都市下京区河原町松原下ル植松町735
営業時間:[月~木]11:30~20:00(ランチ12:00〜15:00) 不定休 FB
    [金・土・日]11:30~24:00(ランチ12:00〜15:00、酒場営業18:00〜)
TEL:075-202-9837

2016年5月10日 (火)

麺処 雁木(2)@中立売通智恵光院通下ル

更に続く、GWネタその8です。
今日は久々にポタリング!となった五月晴れの一日。10:00ぐらいからゆったりと、桂川方面に。自転車道は、GW中なので自転車乗りダーの皆さんで大盛況。ロードレーサーの車列御一同にぐんぐんと追い抜かされながら、のんびりと嵐山にやってきた。

9
なんとも緑が目に心地よいですな。。実は、本当の目的地は、上賀茂の大田神社にカキツバタを見にいく!ことなのだが、春風も気持ちよいのでついつい遠回りしてやってきたのだ。

で、お腹も減ったのでどこぞで御飯でも食べようよ!ということに。嫁はこのラーメン店が良い!というのだが、やってきたらGW中はお休みのようで、それならあそこがあるじゃない!とやってきたのが、中立売通智恵光院通下ルにある、麺処 雁木なり。今回2回目の訪問。

1
私は豚骨の濃厚系がお気に入り、嫁は淡麗系なものがあったら食べるわ~とのこと。つけ麺に淡麗、魚ダシの合わせなど、メニューはかなり多いお店。

2
と、GW中は限定で「鯖節と秋刀魚節の醤油拉麺」¥800がスタンばっているのを発見。嫁は速攻で、そちらをチョイスしたのだ。

3
で、自転車なので、ちょこっとだけ冷たい飲み物で咽喉を潤して・・・(¥350なり。)

4
アテに頂いた鶏チャーシューの天ぷら、3個で¥350なり。いやー、これも初体験なお味ですな。鶏チャーシューを1cmほどの肉厚に切って、唐揚げ的衣をつけて揚げてあるのだ。なかなかオツなお味でした。

5
チャーシュー増しが+¥300なので、計¥1100の濃厚拉麺なり。鶏チャーシューと肩ロースあたりのレアチャーシューが以前よりしっかりたっぷり入っているように思った。柔らかい穂先メンマも好みだ~。

6
多加水若干ちじれ麺。やや細いかな。箸が立つ一歩手前ぐらいに濃厚なスープとも良く合っていて旨し。塩分の乗せ方がお上手なので、最後まで疲れずに頂けます。

7
で、これも相当に良いなぁと思った限定の魚ダシ麺。非常~にダシ味濃厚だ。が、うどんではなくちゃんと拉麺だ!と主張している感じ。醤油の風味が強い。油も浮いているが魚由来?

8
麺はちょっとちゃんぽん的なニュアンスのあるぶりんとした腰が強い麺で、これもダシのキャラに良く合っていると思った。いやー、これは旨いではないか!と大満足。(濃厚よりも、こちらを押したいのだが、限定なのだ。。。)

期待通りお腹一杯で大満足でお店を後にしたのだ。また来ます~。

◆麺処 雁木(GANGI)
住所:京都市上京区多門町434 コスモ星の子ハイツ 1F
営業時間:11:30~14:30 18:00~22:30 火休
TEL:075-432-6011

10
大田神社はまだ少し早かったようで、カキツバタが3分咲きほどでした。。